« 初日の出爆走(自転車日誌 その1) | トップページ | My Fair Lady その2 »

2004.01.01

My Fair Lady

毎年、正月休みには「My Fair Lady」を観るのが通例になっている。
いつ観てもラストシーンで泣けるなぁ。
なんと言っても、ヒギンズ教授の無骨さと戸惑いに。
ラスト直前の歌のせつなさといったらない。

オードリーの美しさは言うまでもない。
あらためて気が付いたが、アスコット競馬の場面で、唯一衣装に赤い色が使われていたのね。

それと、ラストシーンだけど、ヒギンズ教授が椅子に座って声を聞いている場面で、まだいないはずのオードリーの影が彼の背後に見えるのだ。これも気が付かなかった。

The rain in Spain stays mainly in the plain.

|

« 初日の出爆走(自転車日誌 その1) | トップページ | My Fair Lady その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/66516

この記事へのトラックバック一覧です: My Fair Lady:

« 初日の出爆走(自転車日誌 その1) | トップページ | My Fair Lady その2 »