« 本日の収穫 その4 | トップページ | 年賀状の手渡し »

2004.01.07

新・人体の不思議展

昨日の「ダ・ヴィンチ」で思い出したのだが、先月発売の1月号の「オーイ・メメントモリ(しりあがり寿)」のテーマは、
新・人体の不思議展
についてであった。

本当は、会期は昨年末までだったのだけど、好評なためか2月1日まで延期している。
これはおすすめ!!!

人間がいったいどのような内部構造なのか知りたいと思わない?
筋肉が、血管が、神経が、骨格が、どうなっているのか知りたいと思わない?

気持ち悪いという先入観があるかも知れませんが、会場に行ってみると、皮を剥がれた人体が、プラスティック樹脂で固められた(だけど柔らかい)立ち姿であなたを出迎えてくれるのです。嬉しいじゃないですか。

日頃、外側だけに気をとられている我々は、内側にこのような物体を隠し持っているのです。

ちなみに、僕は2回いきました(笑) (ただし、1回目は会場が非常に込んでいたため、じっくりと見られなかったので)

こんな機会は滅多にないので、行くべし。
(会場は 有楽町駅前の東京国際フォーラム)

|

« 本日の収穫 その4 | トップページ | 年賀状の手渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/81394

この記事へのトラックバック一覧です: 新・人体の不思議展:

« 本日の収穫 その4 | トップページ | 年賀状の手渡し »