« 本日の収穫 その12 | トップページ | 今日の一曲 その2 »

2004.01.26

自転車日誌 その10のその後

パンクしたチューブですが、ちゃんと水を張ったバケツの中につっこんで調べたら、ホンの小さな穴(目には見えない)が2カ所あって、そこから空気の粒が「プツプツ」と出ていました。とりあえず納得。

実際にいつの時点で穴が開いたのかは分からないけど、いつも荒っぽい運転してるからなぁ。

後から考えてみると、昨日のコースの途中でパンク修理をしようとしても、どこが穴だか分からなかった可能性が高い。だましだまし走ってきたことが、結果論であるが正解であったようだ。
パンク修理セットを携帯していても、活用できるか否か、難しいところです。

|

« 本日の収穫 その12 | トップページ | 今日の一曲 その2 »

コメント

「小さな穴(目には見えない)が2カ所」ということはリム打ちパンクでしょうか?だましだまし帰れてよかったですね。私は実走中のパンクはないですが、自宅に保管中に乗ろうとしてスローパンクしていたことが2回ほどあります。パンクって嫌ですね。

投稿: nasubi | 2004.01.28 07:56

nasubiさん、はじめまして。

そうです。リム打ちパンクですね。
実は昨年末に1回パンクしていたのですが、空気を入れ直してみたら大丈夫だったので、そのときから穴が開いていたのかも知れません。
まったく、パンクしてしまうと、一気にテンションが落ちます(笑)

投稿: みそがい | 2004.01.28 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/138953

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車日誌 その10のその後:

« 本日の収穫 その12 | トップページ | 今日の一曲 その2 »