« 自転車日誌 その37 | トップページ | 今日の一曲 その9 »

2004.04.01

自転車日誌 その38

本日の走行結果

ルート: 自宅-常盤平-八柱-金町-葛西臨海公園-皇居-上野-千駄木-北千住-水元-自宅

距離: 103.03km
平均速度: 20.9km/h

今日は会社を休み、自転車に乗って花見三昧の一日。
まずは常盤平にある桜通りを往復。途中にある「切られた桜」に咲く花を写真に納める。
この木は、以前メインサイトで取り上げたこともあるもの。こういう状態のモノって、非常に気になるんですよ。

次は都営八柱霊園脇の桜並木。
これも見事です。桜のトンネル状態。平日だけど、霊園にはお墓参りの人が結構いました。いいよねぇ。
散りはじめた桜の花びらを浴びながら走るなんて、腰が抜けそう(笑)

次は江戸川を下って葛西臨海公園まで。
実は気が付いていなかったのだが、この公園の中にある200m位のブロック敷きの道の両側に桜が植えられていたのでした。この道は、いつも休憩するベンチがある場所。いやはや。
ほとんど散っていない最高の状態でした。

次は晴海、銀座を経由して皇居へ。
もう大分散ってしまっていて(それでも見かけ上は満開に近く見えるけど)、ちょっと残念。
ただ、桜田門の前にある一本の桜だけは、渋い姿を見せてくれた。

そして上野公園。
こちらも大分散ってしまっているが、本数が多いため密度が濃く見える。しかも、見物人でいっぱいなので、自転車を押しながら進むのにも非常に神経を使う。まぁしょうがない。
不忍池を通り抜け、お山に登ってみると、いるわいるわ。酒盛りだらけ。会社が退ける時間にはまだあったためか、会社の名前を書いたブルーシートが寂しげに敷かれているところも何カ所かあった。
トイレで小用を足していたとき、お山のメインストリートにひとしきり風が吹き抜け、歓声が上がった。20秒弱くらいだっただろうか。ものすごく密度の濃い桜吹雪が上野動物園の入り口先まで。いやぁ、良いもの見せてもらいました。

その後、千駄木を経由して帰途に。
人はほとんどいなかったけど、芸大の前にある桜も綺麗だったなぁ。

桜の名所以外でも、結構桜の木ってあるんですよ。
家の近くの公園、会社の前庭、いつも通る道。なんか幸せだ。

でも、こんな時間もすぐに終わってしまうのだ。あははは。

久しぶりの100kmオーバーとなったけど、そんなに走った気がしない。きっと、浮かれていたので疲れを感じる神経が麻痺していたのだろう。

|

« 自転車日誌 その37 | トップページ | 今日の一曲 その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/383245

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車日誌 その38:

« 自転車日誌 その37 | トップページ | 今日の一曲 その9 »