« 川口喜久雄『シルエット工場』展 | トップページ | 本日の収穫 その53 »

2004.05.18

今日の一曲 その12

その昔この人がオールナイトニッポンのパーソナリティを務めていたことを覚えている人はいるだろうか。
そういう人は、もうおじさんおばさんだね(笑)

「 冷たい水の中をきみと歩いてゆく 」 by 谷山浩子

アルバム「冷たい水の中をきみと歩いてゆく」(PONY CANYON PCCA-00044) より 3曲目

曲のタイトルに引っ張られたのではないが、冷たく染みるような感覚を覚える。
本当はアルバムの1曲目にある「青色帽子ツアー」のほうが希望のある内容で曲調も明るめで、サイクリング用のMDにも入れてあるくらいだから、こちらを出すべきなのだろう。

だけど、アルバムタイトルでもあるこの曲は、どこか人のいない美しい湖の、その水の下から空を見るようなイメージが強烈に浮かぶ。歌詞は悲しく、透き通るようなメロディは余計に歌を冷たい水に引きずり込む。暑い日差しを浴びながらも、冷たい汗が背中を流れ落ちるよう。そういう意味では、夏真っ盛りの中、涼しくなりたいときに聴くのも一興である。

1990年リリース

|

« 川口喜久雄『シルエット工場』展 | トップページ | 本日の収穫 その53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/615726

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一曲 その12:

« 川口喜久雄『シルエット工場』展 | トップページ | 本日の収穫 その53 »