« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004.07.31

ランスはフランス語を喋る・2

下のトピックで「ランスはフランス語を喋る」ということを書きました。
で、ブログつながりで色々と自転車関係の所を見ていたら、
「イタリア語が話せる」
と書かれていた所がありました。(残念ながら、URL失念(涙))

検索してみたのですが、それらしいところが見つかりませんでした。まだ蓄積されていないのかもしれません。

そのかわり、ダーさん(ぽたりぽたり)からコメントいただいたランス・アームストロングのフランス語の実力が書かれた記事を見付けることができました。Nacoさんのページ
これは昨年のツール・ド・フランスでの記事なので、今年はもう少し上達しているのかもしれないですね。

また、この記事には「少しスペイン語が話せる」ということが書かれていました。
う~む、ランスは何ヵ国語話せるのだろうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.28

ランスはフランス語を喋る

ツール・ド・フランスが終わって、なんだか気が抜けてしまったような気がするのだけど、それは気のせいで、いつも気が抜けているのでございます。

それはさておき。

ツール・ド・フランスのオフィシャルサイト(フランス語版)で、各ステージの様子やインタビューの動画が見られることは前にもここに書きました。それで、インタビューの動画を見ていて気が付いたのですが、

「ランス・アームストロングはフランス語を喋ることができる」
「けっこう流暢に喋っている(ように見える)」

のです。
フランスのTV記者がフランス語でインタビューすると、同時通訳ではなくランスの口からフランス語がすらすらと出てきます。動画によっては英語で答えている場面もありますが、その場合はフランス語の同時通訳が被せられています。
なんだか、サッカーの中田みたい、と思いました。
世界のトップに君臨するアスリートとして、活躍する場所の言葉を操ることができることは、とても素晴らしく、かっこいいんですよね。

8/1の「英雄たちの夏物語」で、インタビュー場面が見られることでしょう。楽しみだなぁ。

来月の自転車雑誌にもツール・ド・フランス特集が組まれるはずだから、きっと、全部買っちゃうだろうな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.26

本日の収穫 その67

パソコン関係

1.バルクメモリ (PC3200DDR 256MB) 5880円

-------------------------------------------------

確認しなかったあっしが悪いんだけれど、故障したマザーボードに載っかっていたメモリはPC133だったのだ。
なのに、新たに買ったマザーボードはDDRメモリ。会社の休み時間にセットアップしようとして、メモリを外した瞬間に冷や汗が出ましたよ(笑)

しかたなく、定時後に車で10分くらい走ったところにあるパソコンショップに飛び込んで、一番安いバルクメモリを買ってきました。追加の出費だ(涙)

で、メモリを入れ直してセッティングしました。
おめでとー、、、とは行きません。

実は、一昨日「会社で使っているが私物のパソコン」と書きましたが、会社のネットワークに接続するために「あっしが悪さしないように」アドミニ権限を取り上げられているのでした(爆)
つまり、マザーボードを交換して、いろいろとドライバを入れ直さなければならないのに、
「アドミニ権限がないから、ドライバは入れさせましぇ~ん。 ばーかばーか」
とパソコンに言われてしまうのだ。

ということで、セットアップ未完のまま、本日はすごすごと引き上げてきたのでした。
だって、システム管理者が帰った後だったんだもん。手も足も出ませんよ。くぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランス作る ツール・ド・フランス最終ステージ

ランス・アームストロングは、作った。

新しい歴史を。

最終となる第20ステージが終わり、3392.6kmを走りきり、個人総合時間トップはUSポスタルサービスのランス・アームストロング(83時間36分2秒)。
2位はTモバイルのアンドレアス・クレーデン(6分19秒差)、
3位はCSCのイバン・バッソ(6分40秒差)
4位はTモバイルのヤン・ウルリヒ(8分50秒差)

となった。

あっしとしては、ウルリヒの活躍が思ったほどではなかったのが残念だけど(個人TTではがんばったのだが)。

新しい歴史を作ってしまったランス・アームストロングは、もう無条件で拍手するしかない。
チームの仲間たちにも。

ともに戦い、そして、ゴールを走り抜けた者たちにも。

ツール・ド・フランス オフィシャルサイト(フランス語)
→ 結果はこちらで 映像もあります。


あ、そうそう。
フジTVの『英雄たちの夏物語』は 8月1日(日)深夜1:55~4:13 に決定してます。
お見逃し(録り逃し)の無いように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.25

ランス孤高 ツール・ド・フランス第19ステージ 

明日の最終日を前に、最後の個人タイムトライアル(ブザンソン55km)。

なんと、ランス・アームストロングは第16ステージの個人TTと同じく、ヤン・ウルリヒ1分1秒の差をつけてステージを飾った。

強い! 強すぎる。
昨年のように、いつ逆転されてしまうかとヒヤヒヤする場面はなく、振り返ってみれば作戦通りだったのだろう。もちろん彼一人の力もそうだが、チームの総合力に負うところも大いにあったろう。(ここらへんはリアルタイムで見ることが出来ない悲しさと、フジTVの前半戦特集では分かりにくいところ)

明日は、サドルの上でシャンパンを飲みながら走る姿が見られるはずだ。

そして、歴代の勇者たちがいる5勝クラブをやめ、一人で6勝クラブを立ち上げることになる。

なんだか、見たいような見たくないような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.24

本日の収穫 その66

パソコン関係

1.マザーボード GA-7VM400AM GIGABYTE 7318円

-------------------------------------------------

会社で使っている実験用パソコンが昇天。
内緒だが、このパソコンは私物なので修理は自分持ちとなる。
もともとは、39800円で買ったAthlonXP1800+のショップブランド品。かれこれ2年前くらいのものだろうか。

昨日の朝、電源を入れたら立ち上がるのに(実際にはBIOSが起動するまで)に大分時間がかかり「おかしいな」とは思ったのだが、OSが起動したので安心していたのだ。
そのまま電源は入れっぱなしになっていて、時々ファイルをいじったりしていた時はそれでも正常だった。夕方になり、またファイルをいじろうとしたら、なぜかモニタが消えている。「あれ?」と思い、ミニタワーの電源ランプを見ると消えている。だれかが実験でブレーカを落としたのだろうと(よくあることなのだ)、再び電源を入れてみるが、電源ランプが光り、ハードディスクのアクセスランプが点灯し続けるだけで、BIOS画面が出てこない。何度やり直しても同じ。
ケースを開けて、ケーブルの抜けやなにかを確認していたら気が付いた。
マザーボードの電源部分にある電解コンデンサが破裂している。3つ並んでいるもの全部。
つまり、マザーボードの電源部分がいかれてしまったのだ。
これはこれ以上の手当は無し。

ということで、秋葉原に行って、使えそうなマザーで安いモノを探してきたわけ。
なにか出物があるはずと思っていたのだが見つからず、結局ギガバイトの一番安いものを購入。実験用なのでビデオ性能は要求しないからオンボードで。

最近は、AthlonよりもAthlon64のほうが主流なようで、選択肢があまり無かった。

月曜日に会社に持って行って、セッティングしなければ。なんだか面倒だなぁ。
忙しい時に限ってこうだもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

ランス盤石 ツール・ド・フランス第16ステージ

ラルプデュエズを目指す、個人TT。 登り一本15.5km。

強いぞランス。2位のウルリヒにも1分1秒の差をつけ、ただひとり40分を切るタイムをたたき出した。

止める者はもういない。
ホントに、よほどのことがない限り、このままパリまでマイヨジョーヌを着たままだろう。

この強さはどこからくるのだろう。
怖いくらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.21

ランス着る ツール・ド・フランス第15ステージ

あらら、勝っちゃいました。
おやまぁ、差をつけちゃいました。

ってことは?

そうです。ランス・アームストロング、個人総合時間でトップに立ちました。

2位は前回、前々回の山岳ステージでも先頭を争ったイバン・バッソ。(1分25秒差)
ヤン・ウルリヒは6分54秒差の5位。

このまま、ランスは突っ走ってしまうのだろうか。非常に見たいのであるが、それが現実のモノとなってしまいつつあるとなんだかちょっと気が抜けてしまう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

ランス マイヨ・ジョーヌ確実!

休息日を挟んで、今日はツール・ド・フランス 第15ステージ。

ゴールまでのこり20kmを切って、ランス・アームストロングは先行していたビランクを吸収して先頭集団に。

マイヨ・ジョーヌのボクレーは6分以上後方にいるので、このまま行けばランスが奪還するのは確実。

先頭中断には、バッソ、ウルリヒもいる。

あぁ、動く映像を見たい。


と、今朝の「英雄たちの夏物語」の録画を見終わったばかりのあっしでありました。

(なお、この番組では、内容が盛り上がる前のステージまでの特集になっている。本格的な山岳ステージに入る前までなので。絶対に8/1の総集編を見ないとならない、ということが決定だ(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.19

自転車日誌 その81

本日の走行結果

ルート: 自宅-野田橋-葛飾橋-自宅

距離: 47.18km
平均速度: 24.9km/h

昨日、久しぶりに自転車で走ったからか、右の膝に違和感が。痛みが多少あり、立ち上がる際に力が入らない。
でも、今日も天気が良いので走り始めた江戸川サイクリングロード。まずは南風に乗って上流の野田橋を目指す。
追い風、人はほとんどいない。快調に40km/h弱で走る。それでも汗だくになり、野田橋の脇にある自販機で水分補給。
折り返して、下流に向かうと、そう強くない向かい風になる。いつもなら気にせずに走るのだろうけど、膝の違和感のせいでなかなかスピードが出ない。負担をかけないようにギヤを軽めにして、回転数で稼ぐ。それでも20km/hそこそこ。
ひぃひぃ言いながら葛飾橋にたどり着き、折り返す。
今度は再びの追い風になったのだが、足が回らず、スピードが出ない。なんだかなぁ。
家に戻る途中で食料と水分の補給。いくら飲んでも飲み足りない。

こんなに暑くても、サイクリングロードでは、ロード乗り、MTB乗りが何人もいた。
追い抜くことはあっても抜かれたくない、という性分は、こういう場合損だな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

自転車日誌 その80

本日の走行結果

ルート: 自宅-葛西臨海公園-銀座-お茶の水-北千住-水元-自宅

距離: 78.75km
平均速度: 23.0km/h

このところ、夕方から夜にかけて、にわか雨や雷雨の予報がちらほらと出される。
そういう場合には、潔く自転車をあきらめ、車通勤や電車で出かけることになるので、距離が伸びないのだ。

久しぶりの自転車。
天気はよく、気温が昼前からぐんぐん上昇。風はほとんど無く、今までの調子ならば問題ないはずだったのだが、走り始めて15kmくらいで、早くも暑さでヘロヘロになる。
途中の自販機で水分補給。
葛西臨海公園ではモナカアイスを食べ、さらに水分補給。その後何度も水分補給。なんか下痢しそう(笑)

お茶の水の三省堂で、下りのエスカレータに乗っていると、なんだかバックパックを引っ張られるような感じがした。どこかのガキがいたずらしているのだろうと思っていたら、なんと会社の後輩。偶然にもここで遭遇。以前にも、自転車を走らせている途中の国道4号線でも遭遇したのだ。

自宅近くに戻ってくると、ちらほらと浴衣姿が。
なんと、いつもの帰り道ルートがそのまま祭りエリアになっていて、大きく迂回。なんか、こういうのが疲れるんだよね。(あらかじめ分かっていれば別だけどさ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランス勝つ ツール・ド・フランス第13ステージ

さっき、ランス・アームストロングがトップでゴール。2着はイバン・バッソ。
昨日の第12ステージとは逆になった。

個人総合時間トップのトーマ・ボクラーとは4分以上の差となっているので、最早ランスがマイヨジョーヌを着るのは時間の問題となった。

しかし、スカパー!無しで(公式HPだけで)楽しむのは、疲れますなぁ(笑)
リロードしっぱなし。

追加:

個人総合時間、ランスは22秒差の2位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.17

ランス動く ツール・ド・フランス第12ステージ 

先ほど、第12ステージのゴールに最初の選手が飛び込んだ。
残念ながら、ランス・アームストロングはイバン・バッソに僅差で2着。
それでも後続には20秒の差を付けた。

個人総合時間でも6位から2位に浮上。(5分24秒差)

いよいよ、動き始めたようだ。
今まではじっと集団に身を潜めていたのであるが、山岳ステージに入り、貯めていた力をはき出してきたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.16

土砂降りの高速

昨日、今日と、会社は電力調整日のために休み。ということは明日から月曜日までも休みなので、5連休となる。
(ただし、明日は休日出勤確定なのだけど)

今日は、ちょっとした用事があって、茨城県北部に行ってきた。
車のエアコンがとうの昔に営業を停止しているため、暑い暑い。かといって、窓を全開にすることもできず(笑)
汗をダラダラとかきながらの運転は辛いねぇ。

どういうわけか、長距離を走るとブレーキの調子が悪くなる。踏んでいてもペダルが段々沈んでいく。理由ははっきりしないが、そういう状態になると、いきなりエンジンの回転数が上がったりして(いっしょにアクセルも踏んでしまったような感じ)、ブレーキをかけているのに「ズン」と車が進もうとする。いやぁ、ドキドキ。渋滞にはまってしまった時には、ブレーキをかけたらすぐにサイドを引くことで、極力ブレーキペダルを踏まないようにする。
あぁ、神経が磨り減る~~。

夕方、ひたちなか市あたりを走っている時に、雷雨に遭う。
稲妻がひっきりなしに走る。
大粒の雨がフロントガラスに当たる。ボディからブツブツと音が鳴る。
常磐道を千代田石岡ICから乗ろうとしたのだが、渋滞にはまってなかなか進まない。
雨は一時あがったかに思えたが、IC前あたりで再び強くなる。この中で高速を走るのは怖いので、そのまま国道6号線を南下することにした。のだが、さらに雨脚は強くなり、一刻も早く家に帰り着きたい気分が高まってきたので、次の土浦北ICから高速に乗ることにする。

常磐道を走っている時にも雨は強い。80km規制がかかっている。
にもかかわらず、周りの車はいつも通りの100km超のスピードで飛ばしている。
前を走る車のテールランプはぼやけ、車線を区切るラインは見えない。ほとんど勘で走っているようなモノ。ハンドルを握る手と、首と背中が強ばる。

守谷の手前あたりで雨は小降りになったようで、水が浮いていた道路も(これは舗装方法のためかもしれないが)解消されていた。多少力が抜ける。

なんでかなぁ。
夕方になっても前照灯は点けないし、土砂降りでもスピードを落とさない。
ケータイはかけ放題。
いつから人は想像以上の能力を身につけたのだろう。

それが想像できないあっしは、もう現代の人の能力からは落ちこぼれてしまったのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

本日の収穫 その65

CD

1.ASTROMANTIC m-flo AVEX RZCD-45123 3059円
2.SOLEIL Clemontine Epic Records ESCL2563 2520円

1.ヒヨコの猫またぎ 群ようこ著 文春文庫 438円+tax
2.遺伝子が解く!男の指の秘密 「私が答えます」1 竹内久美子著 514円+tax
3.汁かけめし快食學 遠藤哲夫著 ちくま文庫 780円+tax
4.素晴らしき自転車の旅 サイクルツーリングのすすめ 白鳥和也著 平凡社新書 880円
5.知性の織りなす数学美 秋山仁著 中公新書 760円

-------------------------------------------------

以前、CDショップに貼られていたポスターを見て、こりゃ聴いてみたいな、と思ったアルバム。しばらくすると、タイトルを忘れてしまい、アーティストさえ思い出せない。(爆)
ところが、今日FMを聴いていて、そのアルバムに入っている(と思われる)1曲が流れてきて、そのことを思い出した。あぁ、もう頭が老化しているな。
というのが、m-floのASTROMANTICというアルバムのこと。m-floは今はメインボーカルを持たないグループ(?)ではあるが、代わりに、その都度勢いのあるボーカルを迎えてインパクトのある曲を作っている。
このアルバムは、ボーカルということを超えて、収録されている17曲のうち11曲を著名なアーティストとのコラボを実現している。なので、それらのアーティストのファンであれば聴いてみたいというわけ。
はてさて、どんな雰囲気の曲が納められているでしょうか。楽しみです。

クレモンティーヌの「ソレイユ」は、というか、クレモンティーヌのアルバムが発売されると、とりあえず買ってしまう。ものすごく気に入っている、わけではなく、何となく買ってしまうのだ。不思議なアーティスト。今までのアルバムも、これといって曲の印象が強く残っているのは、そう沢山はない。強いて言えば声質であろうか。力の抜けた若干ハスキーな声で歌う曲は、聞き流すにはちょうど良い感じ。あれ?これって褒めているんだかなんだか分からんな(笑)

「知性の織りなす数学美」。
あの秋山仁さんの本である。ずいぶん前にNHKの数学講座に登場したとき、たまたまそれを目にしたあっしは度肝を抜かれたのである。この本の帯にある写真は、大分年をとってしまった感じはあるものの、当時の雰囲気に近いと思う。最近では数学検定協会から「MathMath」なる今までとは違う数学マガジンが発売されるなど、本人の数学を学ぶ人の底辺を広げるために力を入れているようだ。もちろん本書もその一環なのであろう。
あっしが文系よりも理系の方面に進んだのは、ゴミ捨て場にあった数学の教科書(たぶん大学用の)を拾って眺めたのがきっかけになったのではないかと思っている。小学校の頃の話だ。でも、それだけ、本に書かれていた数式が美しく、不思議にも心を惹きつける力があって、なぜかその力に共振してしまったんだろうなぁ。
算数や数学は、難しさを学ぶのではなく、不思議さや美しさを見付けるものなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鉄塔家族』

お茶の水の本屋をうろうろしていたら、平台にこの本が並べられていた。

『鉄塔家族』  佐伯一麦著 日本経済新聞社刊 2625円

あっしのメインHPを見たことがある人は既にご存じかと思いますが、主力コンテンツは「送電鉄塔」です。そういったわけで、こういうタイトルが付けられた本には、ツバゴックン状態に陥ってしまうのです。

ただし、今回は買いませんでした。
なぜなら、あっしは文庫専門なので。よほどのことがない限り、この本のようにハードカバーは買いません。しかも、ハードカバーを買うときには、既に文庫になっているモノを買った後だったりするのです(笑)

はたして、面白いのだろうか。
こういう悶々とした状態を持続しつつ、文庫に落ちてくるのを待つのである。
気の長い話だなぁ・・・。我ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.10

怖い話(なのかな?)

今日は休日出勤。こういう日は途中のコンビニで昼食用のおにぎりやパン、お茶などを買っていく。

買い物が済み、コンビニの駐車場から車を出そうと、キーを差し込んだとき、バックミラー越しに白いセダンが横切るのが見えた。その車は途中で止まり、一人の男を降ろして走り去った。男があっしの車の横に近づいてくるので、とりあえずエンジンをかけるのを待って、店内に入るのを見届けようとした。
すると。

「トントントン」とドアのガラスをノックする音。
え?と思い横を見ると、男がドアの前に立っていて、運転席に座っているあっしを覗き込んでいる。
よく見ると、小柄でパンチパーマをかけており、黄色系統のまだら模様がついたアロハシャツみたいなのを着ている。

「は? なにか?」
「にいちゃん、地元?」
「いや、そうじゃないけど」
「そういうなや。わしは東京から来たんだけど、途中でちょっと拾いモノをしてなぁ。 それでそれを運んでほしんやけど」
「・・・・・」
「そんな嫌な顔すんなや」
「いや、ほかあたってよ」
「そうかい」

といった会話を交わした後、男は隣の車の運転手に話しかけていた。その間にあっしはエンジンをかけ、コンビニを後にした。

いやぁ、怖ぇ~。
なんだよ「途中の拾いモノ」って。
まさか、ずしりと重くて鉛の玉が飛び出るモノだったり、小さな袋に入った粉だったり、変色した小指だったり、・・・。
見ず知らずの人間に、モノを運んでくれなんて、三文サスペンス劇場だって、そんなの今時無いぞ。

だいたい、最初に走り去った白いセダンは何で男を置いていったのだ?
男だって「東京から来た」と言っているが、なんだか関西なまりみたいだったぞ。
(上記の会話部分は、記憶を元にしていますので、若干脚色されている可能性がありますが、ほぼそのままのはずです)

開いていたドアガラスの隙間から何か投げ込まれていないかと、調べてしまったよ。

犯罪に関係ないことだったらいいのだが・・・。
こんなことで、なんかの事件に巻き込まれたりするのかなぁ。
そういう意味では、自分の周りには事件の元はたくさん転がっているっていうことか。
心配性のあっしとしては、今日はニュースをしっかりとチェックするのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

自転車日誌 その79

本日の走行結果

ルート: 自宅-会社の往復

距離: 25.08km
平均速度: 24.2km/h

寝苦しい暑さのため、扇風機を回しっぱなしにして寝ていたからか、身体がだるい。
夜中に何度も目が覚めるのも、覚めた瞬間に寝汗がびっしょりしているのにどうしようもなく疲れるのも、あぁ嫌だ。

歩くと地面からの照り返しや、よどんだ熱い空気に気分まで焼けてしまうけど、さすがに自転車で風を切っているとそれでも100倍爽快になるからうれしいねぇ。ただし、汗のかきかたも半端じゃないが。

会社で、長短兼用のズボンの話題が出た。見たことはあるけど、使い勝手や穿き心地はどうだろう。1本買ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・フランス TV総集編の日時

昨日の第4ステージ、チームタイムトライアルは、USポスタルサービスの圧勝といったところでしょうか。
ルールの変更により、時間差がそのまま自分の持ち時間には反映されないことになったので、圧勝したところで(20秒以上の差があっても)関係なくなってしまうところが痛いですね。

さて。
ダーさんから情報をいただきまして、フジTVで放送する「ツール・ド・フランスの総集編」番組について、その日時が分かりました。

↓ 放送予定が載っているページ
『英雄たちの夏物語 ツール・ド・フランス2004』

前半戦特集 7月19日(月) 深夜2:43~4:25
総集編 8月1日 深夜1:55~4:13(予定)

となっております。なお、総集編は(予定)になっていますので、録画するつもりの人は放送予定の確認が必要ですね。

リアルタイムで映像を見ることが出来ない(あっしを含めて)人は、この番組を見て少しは悔しさを紛らわしましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.07

ツール・ド・フランス 第4ステージ チームTT始まる

今日は第4ステージ。
チームタイムトライアルで64.5kmを走る。

既にこの時間では、すべてのチーム(21)は出発済み。
オフィシャルサイトでは、中間タイムを含めゴールチームのタイムを刻々と更新している。(とはいえ、初日のプロローグのように頻繁ではないようですけど)

第3ステージまでの個人総合タイムでは、注目のランス・アームストロングはマキュエンに16秒遅れの5位となっている。まぁ、序盤の難易度の低いコースの結果なので、これからの山岳コースを考えれば、この差はあってもなくてもどうでもいいことなのかもしれない。

確か、昨年はチームTTの結果によってランス優位に傾いた(ような記憶があるが、どうだったろう)。
今年もそうなるのか。トラブルがなければそうなるだろう。

今確認したら、18.9kmの中間地点経過では、ランスのいるUSポスタルサービスは、その地点トップタイムのイリェスバレアレスに対して37秒遅れの5位(21分22秒に対して21分59秒)

さて、どうなるだろう。
64.5kmを1時間15分前後で走るのだから、あっしがサイクリングしているスピードからすると、あっという間に姿が見えなくなってしまうんだろうねぇ。

なお、オフィシャルサイトには、先日ここに書いた英語版もありますが、フランス語版(こちらが本当のオフィシャル(笑))には動画も配信されています。(リアルプレーヤ)
(左側の Videos/TV から videos course をクリック)

オフィシャルサイト(フランス語版)
オフィシャルサイト(英語版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

本日の収穫 その64

本・雑誌

1.友がみな我よりえらく見える日は 上原隆著 幻冬舎アウトロー文庫 495円+tax
2.東京人 2004・8 都市出版 900円

雑貨

1.キーバックリール 冒険倶楽部 609円

-------------------------------------------------

東京人の特集は「東京みやげ」。
う~む。東京あるいはその周囲の土地に住む人にとって、東京みやげってあまり縁がないのかもしれない。
少なくとも、あっしは特集の中に登場する土産物のなかで、実際に手にしたことがあるのは「銘菓ひよこ」くらいなもんだね。

よく通る東京駅のコンコースでは「ごまたまご」「東京ばな奈」の売り子さんが口上をのべているのを見ますが、実際に買ったこともなければ、もらって食べたこともない。いやはや。

そういう意味では、自分が自分のためのおみやげとして、この本を参考にして買ってみるのもいいね。


キーバックリールがどういうモノかというと、キーホルダーにリールが付いていて、通常はキーホルダーに付いている鍵はすぐ根本にあるのだけど、鍵を引っ張るとスルスルと釣りのリールみたいにひもが伸びていくのです。で、引っ張るのを止めれば縮まってしまうわけ。
これって、便利でしょ。色々な鍵を一つのキーホルダーに付けている人にとっては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 その78

本日の走行結果

ルート: 自宅-葛西臨海公園-(水上バス)-お台場-銀座-お茶の水-北千住-水元-自宅

距離: 75.60km
平均速度: 22.4km/h

久しぶりに、葛西臨海公園からお台場(パレットタウン)までの水上バスに乗る。
春先とは違ってお客さんも増えているようだ。お客さんの8割くらいはトップデッキに上がって、強い南風に吹かれながら景色を楽しんでいたようである。

ところで、七夕が近いからか、乗船券を買うときに短冊をくれました。それにはシールが貼ってあって、色によって異なる景品が当たる。あっしはオリジナルクリアファイルケースが当たりました。
もらった短冊には願い事を書くためのマジックも用意されていましたが、あっしの願い事なんて、他人様に公開するようなことではないので、家まで持って帰ってきました(笑)
船上からは、若洲海浜公園の風力発電機のプロペラがブンブン回っているのが見えました。その先にも2機ほど風力発電機のプロペラが見えましたが、どこにあるやつだろう?

今日の服装は、昨日買ったユニクロのハーフジップTシャツにしたのだけれど、帰りの信号待ちで目の前を全く同じTシャツを着たおっさんが通り過ぎた。なんだかやな感じ(爆) (あっしがか?)

そういえば、葛西臨海公園へ向かう途中、江戸川区スポーツランドの先あたりで、細スリックを穿いた白いMTBの人を追いかける形になった。向かい風の中、約30km/h弱のスピードで走り続けた。あっしは途中でサイクリングロードに入ってしまったのだが、彼はそのまま一般道を走り続けたようだ。ところが、江戸川河口で再びサイクリングロードとすぐ隣の一般道を併走する形となり、彼は鉄橋地点で折り返してサイクリングロードに入ってきて、ちょうどあっしと行き違うというタイミングになる。
お互いに、小さく目で火花を散らした(ような気がした)(笑)
なんだか楽しかったなぁ。
だけど、疲れてその後はボロボロだったんだけどね。
今度合ったときには、すっきりと抜かせてもらいますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・フランス プロローグ ランスは2着

いよいよ始まった「ツール・ド・フランス」。

初日のプロローグ「リエージュ 個人TT」が終わり、注目のランス・アームストロングは約1秒半遅れの2着となった。

ツール・ド・フランス公式サイト(英語)

初日と言うことで、上記のサイトを頻繁にリロードしつつ(1分間隔で選手がスタート、かつ、距離も6.1kmと短いのでどんどんページが書き換わるので)、雑誌の付録と選手の名前を見比べたりしておりました。

あっしとしては、是非ともランス・アームストロングに6連覇の偉業を達成してもらいたい、と思っている。
そして、ヤン・ウルリヒとのバトルも期待している。

これから20のステージ、25日の最終日まで、目が離せない。

・・・と言いたいところだが、スカパー!契約してないし(笑)
ネットで結果を見るしかないのが痛い。
フジTVで特集をやるらしいが、いつなのか分からん(汗)

きっと、また暑い夏になる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.07.03

本日の収穫 その63

服飾関係

1.ドライコンフォライトショートパンツ ユニクロ 1990円
2.ドライメッシュハーフジップT ユニクロ 790円 x2

-------------------------------------------------

あっしのように、着るモノに頓着しない人にとって、ユニクロは無いと困るのである。

それはさておき。

夏本番を控えて、自転車チョイ乗り用に使えるモノを選びました。
ショートパンツとTシャツ。ドライ素材。
たくさん活躍できるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 その77

本日の走行結果

ルート: 自宅-某所往復

距離: 24.01km
平均速度: 23.3km/h

今朝はなんだか身体がだるくて、休日出勤を午後からにする。

会社には車で。
家に戻ってから、自転車で少し離れた場所へ移動。
風は少し肌寒く、最近の夏のような感じからは逆戻りした気分。

明日も晴れるとのこと。
久しぶりに水上バスに乗りに行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

本日の収穫 その62

役所関係

1.印鑑登録 300円
2.印鑑証明書 300円 x2通
3.住民票 300円 x2通

-------------------------------------------------

いろいろあって、引っ越ししてから大分経ってからの印鑑登録をしに市役所に。

驚いたことに、こういった証書類を扱う窓口に、案内係の「おねいさん」がいました。
引っ越し前の住所の市役所では窓口で尋ねないとならなかった記憶がありますが、ここではあらかじめ申込書を書く場所で必要なものや書き方を教えてくれるんですね。へぇ~。

市役所の窓口から少し離れた小部屋には、参議院選挙の不在者投票をする場所が設けられていました。
中にいた係員はとても暇そう。
なにしろ、あっしが窓口周辺にいた20分くらいのあいだには、一人も投票者がいなかったようです。

あっしも何年か前に1度だけ不在者投票をしたことがありますが、そのときは同時に4~5組の投票者が同じ部屋にいたような。

そうそう、投票には行きましょうね。
投票に行ってから楽しむ選挙速報の方が、何倍も面白いですよ~~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 その76

本日の走行結果

ルート: 自宅-会社の往復 (市役所への寄り道を含む)

距離: 26.06km
平均速度: 22.1km/h

今日は市役所で用事があるために、会社を3時過ぎに退社。
通勤路よりも少し外れた場所にあるため、多少は遠回りとなる。それより、いつもは使わない時間帯に自転車に乗っていると、思いの外トラックが多かったり、営業車が目に付いたりと、変化があって面白い。

雲一つ無い良い天気で、湿度も高くなく、日差しは強いのだが爽やか。
ちょっと前に日焼けした腕の皮がボロボロになってきて、毛羽だった部分に風が当たってこそばゆい。

早めに退社した分、休日出勤をして取り戻さなければならないのが、ちと痛いのだけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上半期の走行距離は

梅雨入りしたのに、なぜか雨が降っているという感覚の乏しい今日この頃。まぁ、土砂降りで被害が出たところもあるのですが、あっしの住んでいるところではそういうことも無し。


今年上半期が終了しましたが、ここまでの走行距離は

2924.69km
になりました。

4月に次いでたくさん走ったことになります。やはり雨が少なかったということが要因でしょう。
この分で行けば、年間5000kmオーバーは確実。うまくいけば6000kmにも手が届きそう。
まぁ、地道に自転車通勤の日数を伸ばしていくことが肝要でしょう。

1月:464.01km
2月:482,62km
3月:451.37km
4月:612.49km
5月:376.77km
6月:537.43km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

Yahoo!天気情報リニューアル

ピンポイント天気予報といえば、Yahoo!天気情報とマピオン天気予報であるが、そのYahoo!天気情報がリニューアルした。

どうなったかというと、今まではピンポイント天気情報のページでは、その一回り大きな地域(例えば東京都千代田区の天気であれば、東京都東京地方のこと)へはページを移動しなければならなかったのだが、リニューアル後は同じページに表示されるようになった。
さらに、マピオンでは出てこない「湿度」情報が表示されるようになった。

ということで、以前よりも詳しい情報が見やすくなった気がします。
(ただし、天気アイコンがちょっと・・・)

どちらの天気予報も3時間毎の時間帯別天気予報を掲載しているが、同じ場所でも少しずつ予報が違っていたりするから面白い(ここら辺の話は以前にも書いた記憶が・・・)

どちらを参考にするかはその時々ですけど、やっぱり「より悪い」予報に合わせてしまいますね、自転車乗りとしては(笑)

とりあえず、それぞれの(東京都千代田区を例にして)表示を見てみてくださいね。

Yahoo!天気情報

マピオン天気予報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »