« 自転車日誌 その86 | トップページ | 男は座って・・・ »

2004.08.28

帰ってきた『人体の不思議展』

今日、電車の車内広告を眺めていたら、びっくり。

『人体の不思議展』が東京国際フォーラムに帰ってくる!!

あっしは、こういうのが好きなので、過去に、国立科学博物館、横浜(桜木町駅近くだったかな)、去年の東京国際フォーラムと、何度も見に行っている。

自分の身体がどのようにできていて、皮膚の下にはどんなものがつまっているのかを見られるなんて。
知りたいと思いませんか?
決して、変な意味ではなく、人が生きている裏付けとしての身体がどんなものかを知っておいても損はありません。

気持ち悪いとか、吐き気を催すとか、そういう先入観は排除した方がいいです。
人の身体は、キズができれば血も出るし、鍛えれば筋肉も太くなる。もちろん、ガンなどができれば臓器は正常な状態から変化していきます。知らずに生きていくこともできますが、知ることによってよりよく生きることにもつながるでしょう。

なにしろ、普段見ることが出来ないモノを見られるのです。

東京近郊の方は、電車賃を払ってでも見に行きましょう。

場所: 東京国際フォーラム (JR有楽町駅前)
開催期日:   9月4日~1月16日

  絶対に、 オ ス ス メ です

|

« 自転車日誌 その86 | トップページ | 男は座って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/1296099

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた『人体の不思議展』:

« 自転車日誌 その86 | トップページ | 男は座って・・・ »