« 知らず知らずのうちに | トップページ | 車との一体感 »

2004.08.04

ツール・ド・フランス 英雄たちの夏物語(総集編)

ということで、先ほど見終わりました。

ランス、強いぞ。なんか、強すぎて現実感が無い。

番組内でも、ウルリヒがライバルとして扱われていたが、やはり残念でした。後半は調子が戻ってきていたみたいなので、見所は多かったのですが。

競技とは関係ないですけど、この番組、窪田さんのナレーションとBGMが、はまりすぎるほどはまってますね(笑)


なんか、ランスが強すぎて、他の選手たちの印象が飛んでしまっています。
頭冷やして、もう一度見た方がいいかもしれませんね(汗)

|

« 知らず知らずのうちに | トップページ | 車との一体感 »

コメント

ホント、ランスの番組になっちゃってましたね(^^)

ぼくは自転車やレースも好きですが、この「番組」大好きですね。
過去の放送すべてのDVD化を望んでます(^^;)

投稿: ダー | 2004.08.04 22:56

そうそう、そうですね。
ある時は塊、ある時は細長く形を変える自転車たちはもとより、番組の中にちりばめられているちょっとした場面も、「雰囲気」を十分に醸していますね。
これだけの空気感を伝えてくれる番組も、そうそう無いです。

投稿: みそがい | 2004.08.04 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/1115911

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・フランス 英雄たちの夏物語(総集編):

« 知らず知らずのうちに | トップページ | 車との一体感 »