« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

今日の晩飯 その38

2004113001.jpg

今日の晩飯の献立

おじや(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム


またもやダウンで、手早くおじやを作って食す。
ご飯は冷凍のまま、出汁醤油で人参、玉葱、長ネギと一緒に煮込む。最後に溶き卵を回し入れ。
こういうところに「家」の味がでるのだが、全然違う味。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.29

今日の晩飯 その37

2004112901.jpg

今日の晩飯の献立

ギョーザ(チ)
三色野菜の辛みそ炒め(手)
鶏の唐揚げ(冷)
冷や奴
豆腐とワカメのみそ汁


冷蔵庫に肉がないということは、おかずのバリエーションがガクッと減ってしまうことに等しい。
事情によりスーパーに行けなかったので、チルドギョウザと冷凍食品の鶏唐揚げを引っ張り出す。
いつもの野菜炒めは、豆板醤と甜麺醤を入れて、肉抜き回鍋肉みたいな感じに(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.28

本日の収穫 その94

電気製品

1.体組成計 InnerScan BC-539 TANITA 13800円

自転車関係

1.グローブ 8351 イエロー・XL パールイズミ 6069円
2.LEDセーフティライト SL-LD100R CATEYE 1449円

CD

1./04 坂本龍一 ワーナー・ミュージック・ジャパン 2940円
2.ホントのきもち 矢野顕子 ヤマハミュージックコミュニケーションズ 3465円
3.モーツァルト ピアノ・ソナタ集 グールド ソニーミュージックジャパン 1680円
4.モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲他 五島みどり他 1680円
5.ガーシュウィン・ファンタジー ジョシュア・ベル 1680円

本・雑誌

1.世界のロードレースが楽しくなる本 2004-2005 木世(えい)出版 1500円+tax
2.日経ソフトウェア 2005・1 日経BP 1080円
3.パワーMOS FET活用の基礎と実際 稲葉保著 CQ出版社 2800円+tax
4.らもチチ わたしの半生 青春篇 中島らも+チチ松村著 講談社文庫 448円+tax
5.早すぎた発見、忘られし論文 大江秀房著 講談社ブルーバックス 1040円+tax

その他

1.シルエットオブジェ 2625円
2.マンガンリチウム電池 CR1216 210円
3.マンガンリチウム電池 CR2025 210円

-------------------------------------------------

実家に立ち寄ったついでに、東京方面にでかける。
本当は渋谷の青山ブックセンターに足を伸ばして、川口喜久雄さんのシルエット工場・個展を見に行きたかったのだが、どうしても時間の都合が付かず。 残念! 影斬り~ (って、ギター侍か(笑))
友人へ引越祝いのお返し用に是非とも入手したかったので、神保町の文房堂で1つ購入。気に入っていただけるだろうか。

さて、今日は久々の東京ということで、ほとんど「買う買うモード」に突入していた。

初っぱなは、体組成計。 つまりヘルスメータに体脂肪や筋肉量をはかる機能の付いたもの。
実家にいた時は、体重計があったので、食い過ぎたり、運動したり、臥せったりした時など、もちろん日常でも、結構マメに体重をチェックしていたのだ。

あっしが引っ越ししたので、そういう楽しみも無くなってしまった。しかも自炊を始めたので、食い過ぎや食わなすぎを避けるためにも必要だと思ったわけ。実は、最近の晩飯は結構ボリュームがあるので、心配でもあった(汗)
まだ、箱から出していないが、まずは体重がどうなっているか確認するとしよう。

自転車用グローブは冬用のモノ。
通勤用として、反射材付きのイエローで目立つ(?)ヤツ。出勤はともかく、帰宅時は真っ暗だからね。
ついでに、バックパック用にちっちゃいLEDランプを。

CDは、矢野顕子と坂本龍一の新譜が目的。売り場でクラシックコーナーに行ってみたら、ソニーのクラシックシリーズに「ガーシュウィン」のタイトルがあったので、思わず手が伸びた。ついでに同じシリーズでモーツァルトのモノを2枚。

本は、このまえの「らもチチ」で買いそびれた「青春篇」を。
仕事関係では「パワーMOS~」を。
その他は単に興味ある本。
「ロードレース~」は来期からいろいろとレースの規定が変わるそうなので、情報を確認するためにと、目の保養のため(笑)
「日経ソフトウェア」は、ホントに興味だけ。パソコン用のソフトウェア開発ツールなんて、もう何年も(何十年?)いじっていない。付録のCDだって、たぶんインストールしないだろう(爆)


高速代、電車代含めて、今日は大分万札が財布から飛び立っていったなぁ。
お~ぃ、帰ってこ~い!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の晩飯 その36

2004112801.jpg

今日の晩飯の献立

すいとん カレー風味(手)
オムレツトーストサンド(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム


朝飯(というかブランチでんな)用に食べる予定だったパンが余ってしまった。
というのも、ちょっと寝坊してしまって朝飯をとらずに実家へ出発してしまったから(汗)

すいとんは昨日の残りだが、カレー粉をぶち込んで味を変えてみる。まぁまぁ。
オムレツトーストサンドは、あっしの休日朝の定番。今日のオムレツには玉葱と人参のみじん切りを入れた。いつもだったら、ベーコンなんかも追加するのだけど、残念ながら使い切ってしまって無し。
パンにオムレツをのせてケチャップを少々。さらにスライスチーズをのせてトースターへ。
簡単だけどボリュームがあって、オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.27

自転車日誌 その95

本日の走行結果

ルート: 自宅--水戸-自宅
距離: 27.13km
平均速度: 20.7km/h

ガス代の払い込みと、家賃を振り込むために自転車で出かける。
ノースリーブのウィンドブレーカの下には半袖と長袖の速乾性シャツを重ね着。走り出すと暑い。

水戸駅前から少し離れた銀行で家賃を振り込み、途中で中央郵便局に寄り、年賀ハガキを購入。そこから千波湖をかすめた高台にある本屋で文庫2冊。100円ショップも冷やかす。

今日はあんまり気分が乗らず、用事を済ますと部屋に帰ってのんびりしたいという気持ちになる。どうしてだろう。

帰り着くと、洗濯物を取り込んで、そのまま飯を食い、さらに気力減退。あ~ぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫 その93

郵便

1.年賀ハガキ 50枚 2500円

1.らもチチ わたしの半生 中年篇 中島らも+チチ村松共著 講談社文庫 467円+tax
2.恋する音楽小説 阿川佐和子著 講談社文庫 485円+tax

-------------------------------------------------

11月最後の週末。
まずは年賀ハガキを買う。
窓口では「インクジェット用ですか? 普通のですか?」と尋ねられる。
もうそういう時代なんですね。
かくいうあっしは、パソコンはあるけどプリンタは持っていない。(正確には、一時期あったが今はない)

年賀状はどうしているかというと・・・、プリントゴッコ(+手書き)である。
自分がもらって感動しないモノを贈ってもねぇ。 いやいや、どんなもんでも嬉しいんですよ。(汗)

「らもチチ」 え~っ、これ中年篇じゃん。
青春篇だとおもってた。同時発売なんだ、知らなかった。ガックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その35

2004112701.jpg

今日の晩飯の献立

親子丼(手)
すいとん(手)
シューマイ(冷)
ミニコロッケ(冷)
ミニエビ寄せフライ(冷)


親子丼、すいとん、ともにレシピ本から。
どちらも冷凍してあった鶏肉、豚コマ肉の処分を兼ねて。

すいとんはまぁまぁの味だったのだが、親子丼は薄味過ぎて失敗。何を間違えたのか分らない。本によっていろいろと作り方が変わるというパターンは、一見混乱するのだけど、調味料の量の比較をしてみると面白い。この点、本にある親子丼のレシピは1種類しか無いので、あっしが間違えたのか本が違うのかは分らない。おそらく自分が間違えたのだろうけど。

冷凍食品3連発は、今日のスーパーで冷凍食品半額セールがあったため。既に冷凍庫に収まっている冷凍食品を早く食ってしまわねばならんのだ。まぁ買わなきゃいいんだけどね。そういうわけにもいかないのであった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.26

今日の晩飯 その34

2004112601.jpg

今日の晩飯の献立

豚肉と白菜と長ネギと豆腐の鍋 梅じそのタレ(手)
野菜炒め(手)
ミニハンバーグ(冷)
油揚げとワカメのみそ汁


献立が全然思い浮かばなかったので、スーパーの売り場で見付けた「チューブ入り梅じそペースト」で豚肉と野菜を食う方法を考えたらこうなった。
出汁醤油を水で割って、あとは材料を放り込むだけ。
梅じそペーストは、鍋のだし汁で割る。

なにしろ、酢が苦手なあっしがとれる「酸味」といえば、レモン、スダチ、梅干しくらいなもの。
鍋物につきもののポン酢は万能選手なのだが・・・、実はポン酢のポンとは柑橘類の酸っぱさでもいいそうで。ということは、レモン醤油もポン酢の仲間ってことになるのね。ホントかな。

今日の野菜炒めは大失敗。
最近は、仕上げに鶏ガラスープと牡蠣油と水溶き片栗粉を混ぜたものをフライパンに回し入れるのだ。今日は片栗粉の量が多すぎて、フライパンに入った途端、グミ状の塊に変わってしまった。
あっしは、このグミ状の塊が大の苦手。同じように生卵の白身もそのままではNGで、溶いて腰が無くなっている状態にならないとダメなのだ。
かといって、今日の野菜炒めを食わないわけにはいかないので、まとめてだぁ~っと口にかっこむ。うげぇ。

まぁ、こういうこともあるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

今日の晩飯 その33

2004112501.jpg

今日の晩飯の献立

ヨーグルト + オレンジママレード


今日は調子が悪くてこうなったのではなく、飲み会があったため。
ご心配には及びません。

酒と脂っこいつまみでべたついた口の中を、甘酸っぱいヨーグルトが隅々まで流し去ってくれるような感じ。
もっと食べたいくらいだけど、カロリーの高い飲み会メシだったので、我慢我慢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

今日の晩飯 その32

2004112401.jpg

今日の晩飯の献立

豚の塩ショウガ焼き(手)
モヤシと人参とピーマンのツナ缶炒め(手)
鶏とハムと野菜のスープ シチューもどき(手)
冷や奴
ミニコロッケ(冷)


時間がない時は、炒め物に限る。
ということで、いつもは醤油味のショウガ焼きを塩味にしてみる。
モヤシ、人参、ピーマンの三色野菜にツナ缶をぶちまけて炒めて、簡単で彩りの良い野菜炒め。
もう3日目のスープは、以前も試してみた「カップスープ」の素を混ぜてシチューもどきに。前は牛乳の量が多すぎて、味がぼんやりしすぎてしまったけど、今回は控えめにして成功。とはいえ、もどきな味しかしないけど(笑)

豆腐は賞味期限が近い。あと2日は冷や奴を食わねばならない。冷や奴以外で簡単な調理方法はあるのかな。冷や奴は超簡単なので重宝なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

今日の晩飯 その31

2004112301.jpg

今日の晩飯の献立

ハムステーキ+目玉焼き(手)
モヤシとキャベツと人参の炒め物(手)
ホウレン草のおひたし(手)
鶏とハムと野菜のスープ(手)
シューマイ(冷)
冷や奴

今日は出勤日。
昼前くらいまで、昨日の調子の悪さを引きずっていたが、何とか昼飯を食うと次第に体調が回復してきた。まぁ、調子が悪くなるのも復活するのも、いつもこんな感じなので気にしてはいないが、その間の「どうしようもなさ」はいかんともしがたい。

さて、またもやハムステーキなのだ。賞味期限寸前。

野菜の炒め物の味付けのコツは、鶏ガラスープであることが分った。(って、常識か) 少なくとも、中華料理屋で食べる野菜炒めの味に近づくことは確か。

スープは火を強くしすぎて、ジャガイモが煮くずれてしまった。ちょっと目を離した隙に。

その他は特にコメント無し。

昨日の食事量が極端に少なかったので、反動で少々多めになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

今日の晩飯 その30

2004112201.jpg


今日の晩飯の献立

鶏とハムと野菜のスープ(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム


今日は体調が、というより、頭が痛くて会社を休む。
実は、昨日からちょっと頭が重い状態があったので、ヤバイかなぁ、とは思っていたのだが。

食事も作る気力がないので、冷蔵庫にあった鶏肉とハムステーキを切って、一旦炒めてから、玉葱、人参、ジャガイモ、キャベツの切ったヤツを放り込んで、コンソメで煮る。軽く塩胡椒で味を締めてから、火を止める。

モノの本によると、こういう煮物は温度が下がった時に味が染み込むのだそうだ。
1時間ほど置いた後、食べる直前に再加熱。

ヨーグルトは買い置きしておいたもの。同じくブルーベリージャムをのせて食す。
昔はヨーグルトは高いものだという認識があったけど、安売りしてんのね。種類によるけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.21

本日の収穫 その92

雑貨

1.親子鍋(丼鍋) TANIGUCHI 714円
2.親子鍋蓋 TANIGUCHI 346円
3.フライパン(24cm) 798円

カレンダー

1.Inspired by the art of Norman Rockwell  graphics station 1008円
2.Audrey Hepburn 1680円

本・雑誌

1.永遠の仔(四)抱擁 天童荒太著 幻冬舎文庫 533円+tax
2.永遠の仔(五)言葉 天童荒太著 幻冬舎文庫 533円+tax
3.ファンライド 2004・12 ランナーズ 690円
4.カメラマン 2004・12 モーターマガジン社 600円

-------------------------------------------------

先日、メンチカツ丼を作った時のこと。
22cmという小さめのフライパンで調理したのだが、具や溶き卵が広がってしまい、丼に盛る時に非常に汚くなってしまった。いやいや、手際が悪かったのもあるんですけど、やはり専用の調理器具というのは、さすがに上手く作ってある、ということで。
後で気が付いたけど、これって100円ショップでも売ってたような・・・。ま、いいか。

ついでに、少し大きめの(24cm)フライパンも購入。
今までは同時に炒め物調理するには、手順を考えるのが面倒だったけど、少しは緩和されるだろう。

カレンダー。見つかりました。ノーマン・ロックウェル!
先日買ったものとは違い、今現在あっしが使っているカレンダーと同じシリーズで来年版。
これまた、先日買ったジョイフル本田のアートコーナーで。単に見落としていたみたい。
レジに並んでいたら、すぐ前のおばちゃんも同じカレンダーを買っていた。
思わず「同じですね。ウフッ」なんて、話しかけそうになってしまった。バカみたい。
ついでに、ちょっと安売りしてた「オードリー・ヘプバーン」のカレンダーも。
う~む。美しいとは、このことだよ。分るかなぁ。

ファンライドには、シマノの2005年版カタログが同梱。
今年のカタログには、(既に知っているけど)新しい完組ホイールが載っている。欲しいなぁ。今使っているホイールは、うっかりしていて、スポークが錆びてる(汗) シューズもそろそろくたびれてきたし。よだれが出る(笑)

あ、そういえば、パールイズミの秋冬カタログはどこにしまったっけ?
冬用ウェア、なんか欲しいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その29

2004112101.jpg

今日の晩飯の献立

キムチ鍋(手)
サンマ蒲焼きの卵とじ(缶+手)
カボチャの煮物(手)


キムチ鍋には、豚コマ、豆腐、白菜、長ネギ、玉葱、ゴボウ、もどし椎茸。ニラなどの青物が足りないけど、まぁ仕方がない。スープは市販のものを使ったが、それなりの味。キムチ自体を追加した方が良かったかな。

サンマの蒲焼き缶詰は、引っ越し当初、安売りしていたモノをまとめ買い。ずっと使わないでいたので、そろそろ何とかしなければと思っていた。そのまま食べるのはつまらないので、フライパンで焼きつつ、溶き卵でとじてみる。蒲焼きの味が付いているので、追加の味付けはナシ。
ただ、サンマ自体が油をまとっているので、卵がはじかれてしまい、形は汚くなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

自転車日誌 その94

本日の走行結果

ルート: 自宅-那珂湊-大洗-涸沼一周-水戸-自宅
距離: 63.25km
平均速度: 23.5km/h

先週は山側だったので、次は海。
ということで、一番近場の大洗海岸を通って、水戸の南側(東茨城郡)にある涸沼(ひぬま)一周を目指す。

大洗海岸ではサーファーが何十人か。
大洗マリンタワーでは、アンコウ祭り?

そこまでは良かったが、大洗から涸沼に行く道で迷う。(こればっか)
地図は持って行ったけど、縮尺が大きすぎて細かい地名は出て無く、もちろん小さい道は出ていない。
途中で何度も確認したけど、それでもダメだった。

でも、ある場所で、ふと眼下に広がる湖。 こういう時って、ものすごく嬉しいねぇ。
細い下り道を走っていくと、涸沼のほとりにたどり着く。
そこは涸沼の南側。そばを走る県道を走るが、県道からだとほとんど水面を見ることが出来ない。
途中で右に曲がり、涸沼大橋を渡ってさらに右に曲がると、北岸の自転車道に入ることが出来る。
早速走り出すモノの、いきなり工事中で通行止め。なんだこりゃ。
一旦県道に迂回して、10分くらい走ってから再び自転車道へ。
この自転車道は湖岸のすぐそばを走るので、景色もいいし、身体を休めている野鳥の姿も間近にできる。ところが、道路状態はかなり悪い。
涸沼自体は観光地というか保養地というか、企業の保養施設もあったりするので、それなりに流行っていたようなのだけど、空き家になっている飲み屋とか施設が点在していて、寂しい感じがものすごく漂っている。少なくとも、日が暮れたら自転車では走りたくない(笑)

実は、この涸沼の北岸にある自転車道は、検索すると結構ヒットするので、有名といえば有名なのだろう。ところが、走ってみるとそのギャップが大きすぎて、ガッカリしてしまった。
土曜日の午後だというのに、サイクリングしている人とは一人も会わなかった。

走って楽しい所であれば、「いつもの」コースとして使うつもりだったけど、ものすごく微妙。
季節が悪かったのかな。 う~む、たぶんそうなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その28

2004112001.jpg

今日の晩飯の献立

メンチカツ丼(手)
カボチャの煮物(手)
ベーコンとホウレン草とモヤシの野菜炒め(手)
長ネギのみそ汁


やっぱ、どんぶりでしょう。
友人からもらったレシピ本の中で、1冊丸ごと丼モノのものがあり、作ってみたいなぁ、と思っていたのだ。
残念ながら、この本の中には今日作ったメンチカツ丼は無いのだが、カツ丼の一種であることは間違いないので、レシピはそれを参照した。(ミツバはないので省略)

う、うまい! 思わず自画自賛してしまう。わはははは。笑ってしまう。

カボチャの煮物も、別のレシピ本通りに作ってみた。
う、うまい!

ベーコンとホウレン草とモヤシの野菜炒めは我流だけど、これはまぁそこそこの出来。
実は、ホウレン草はおひたしにしようと買ったのだが、茹でる前に切ってしまったので急遽メニューを変更したのでありました。まぁ、言わなきゃ分かんないけど、そういうことなのです。


なお、昨日は主張先で夕飯を(と言うよりは酒を)ごちそうになったので、1回休みでした。
期待していた人(いるのか?)申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

今日の晩飯 その27

2004111801.jpg

今日の晩飯の献立

チャーハン(手)
八宝菜もどき(手)
タラのムニエル レモンバターソース(手)
豆腐とワカメのみそ汁


冷凍してあるご飯の、一つだけがちょっと量が多い。
そのままだと持てあますので、チャーハンにした。
あっしの持っているフライパンは小さいサイズなので、こういう場合は使いにくいことこの上ない。やはりある程度の大きさがないと、中身が飛び出たり、フライ返しを引っ掛けたりしてしまうのだ。

八宝菜もどきは、今日は、豚肉、もやし、白菜、人参、玉葱、ピーマン。だから八宝菜ならぬ六宝菜。
それでもまたまたいい出来。うれしい。

タラは先日の湯豆腐の時に使わなかったもの。
たまたまどこかのHPでタラのムニエルの調理法をみたら、レモンバターソースというのがあったので、まねしてみた。なるほど、タラの塩加減とレモンの酸味が合いますねぇ。
もともと、酢が苦手なあっしは、サラダのドレッシングとして塩+レモン汁という組み合わせを定番としているので、そういう意味でもすんなりと納得できる味。

今日で冷凍ご飯を使い切ってしまったので、これから飯を炊かなければならないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

今日の晩飯 その26

2004111701.jpg

今日の晩飯の献立

豚カツ(手)
キャベツと人参の千切り(手)
ゴボウの胡麻炒め(手)
フライドポテト(手)
プレーンオムレツ(手)
揚げシューマイ
ワカメのみそ汁


今まで手を出さなかった揚げ物。
やはりレパートリーを広げるためには、通らなければならない道だ(笑)

今日の豚カツは、冷蔵庫にあったロースの薄切りなので、見た目はデカいが、厚みは薄い(爆)
したがって、切らずにそのまま口で噛み切れる。失敗したのは、下味を付け忘れたこと。軽く塩胡椒をしていれば、もっと美味しくなっただろう。

油を豚カツだけで使うのはもったいないので、ついでにフライドポテトと揚げシューマイも。
ジャガイモは太めに切って、一旦レンジで加熱。シューマイは冷凍食品なので、これも解凍するために加熱。
どちらも豚カツを揚げ終わった後に投入。軽い感じの音に変わったあたりでちょっと火を強くして止める。キッチンペーパーで油を切れば出来上がり。

ゴボウの胡麻炒めは、ゴボウをそぎ切りして油で炒め、仕上げに胡麻をまぶしてさらにちょっと炒めるだけ。簡単。

プレーンオムレツは、豚カツの衣付けで使った余り。
牛乳を少し加えてササッと作っただけ。後で考えたら、チーズなんかを入れれば良かったなぁ。まぁいいや。

このごろボリュームのある晩飯ばかりで、食い過ぎのような気がする。
今日の晩飯 その1」と比べたら、とても同じ人間が作ったとは思えないぞ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

今日の晩飯 その25

2004111601.jpg

今日の晩飯の献立

湯豆腐(手)
ハムステーキ
長ネギとカボチャの炒め物(手)
目玉焼き(手)
ホウレン草のみそ汁


実験室で書き物をしている時、後ろ隣にいる1つ上の先輩が「昨日は湯豆腐を食った」というので、どうしても食べたくなった(笑)
そこで、前から目を付けていた100円ショップの土鍋セットを購入。なぜこれが100円で買えるのかは分らないけど、まぁ、そこはすべてが不思議の世界だから何も言うまい。

湯豆腐には白菜とタラの切り身も投入。ところが、つけダレをうっかり忘れていた。以前に書いたけど、あっしは「酢」が苦手なのだ。もちろんポン酢も。仕方なく、出汁醤油と長ネギのみじん切り、鰹節、レモン汁を混ぜてそれらしいものを作ってみたのだが、今イチ。次回はきちんとタレのことも考えよう。

土鍋を買ったことだし、今後は鍋物が随時登場することだろう。
鍋物だと、魚介類を手軽にとれるところがいいですね。

とはいうものの、今日買ったタラの切り身は2枚入っていて、1枚しか使わなかったから、明日は何か調理方法を考えなければならない。レシピ本でもひっくり返すことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

今日の晩飯 その24

2004111501.jpg

今日の晩飯の献立

豚焼き肉 牛角塩だれ味 (手)
ニラと玉葱と人参の炒り卵(手)
シューマイ(冷)
ミニコロッケ(冷)
黒豆の煮物
長ネギのみそ汁


キャベツを千切りにしようとしたら、切り口が透明になっていた。これは腐ってきていたのかどうか分らないけど、危なそうなのでゴミ箱へ。これで今日の献立の予定が狂ってしまった(笑)

とりあえずメインは豚の焼き肉。たれを絡めて焼くだけなので簡単。
2週前くらいに買ってあった牛角の塩だれ、というのを使ってみる。あっしは牛角で焼き肉したことがないので、この味がどこまで本物に近いのか分らん。しかし、塩気が強いのを除けば、まぁまぁOK。もう少しニンニクの主張があってもいい。

一昨日、ニラ玉を作ったが、今日は玉葱と人参も追加して、色味を良くする。作り方もちょっと変えて、最初に野菜を炒めて、ある程度火が通ったらフライパンの端に寄せて、空いたところで炒り卵を作る。卵が半熟くらいになったら野菜と混ぜ合わせる。それぞれの色が変に混ざって濁らず、綺麗に仕上がった。

シューマイとコロッケは冷凍食品。
小分けされているので、1つずつでも食べられるところが助かる。まぁ味はそこそこ。
あっしはご飯と一緒にレンジで加熱するので、今ひとつ時間が分らない。
こういう冷凍食品は、分量によって細かく時間が決められていて、ちょっとでも長かったり短かったりすると出来がものすごく悪くなる。
結局、ご飯を何分か先に加熱しておいてから、さらにこれらの冷凍食品を追加してまた加熱、という具合。
単独でやればちゃんと出来るのは分っているが、何度も出し入れするのが面倒だし、先にできたモノが覚めてしまって旨くないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

本日の収穫 その91

1.本の雑誌 2004・12 イカメシ筋トレ号 本の雑誌社 530円

カレンダー

1.日付だけのカレンダー(月めくり) (メーカー不明) 661円
2.サタデー・イブニング・ポスト(ノーマン・ロックウェル) (2月めくり) ZENKYO 1260円
3.卓上カレンダー(ノーマン・ロックウェル) (月めくり) DELFINO 798円

-------------------------------------------------

もうカレンダーや手帳が並んでいる。
なんだか焦ってしまう。

「本の雑誌」を買うために、わざわざ隣町まで車を走らせ、しかも最初の店は在庫が無い。さらに車を走らせ、少し離れた駅前駐車場に止めて10分近く歩いてもう1軒へ。幸い、入手できた。
いずれの本屋でもカレンダーコーナーはあったが、目当てのものが無く、本を買っただけで引き返す。

その後、ひたちなかのジョイフル本田に行ってみると、その2階のアートコーナーが充実してました。さすがに、近県からいろいろな美術芸術系部材を買いに来るという噂通り。既にクリスマス飾りがあふれんばかり。その先にカレンダーコーナー。

ひとつ気が付いたのは、カレンダーのメーカーが、お茶の水の書店が扱っているものと若干異なっているらしいこと。
毎年買っている「ノーマン・ロックウェル」のイラストが載っているカレンダーを手に入れることが出来たけど、今使っているモノとメーカーが違う。したがって、めくり方も違うし、使い終わった月の処理方法も異なっている。

だから、気になるのは、お茶の水に行くことがあって、探してみたら「もっといいノーマン・ロックウェル」のカレンダーがあるのではないか、なんてこと。
なにしろ、1年間つきあうのだから、やはり気に入ったものを飾りたいし使いたいのだ。

年末になると、取引先からカレンダーをもらったりして、あれやこれやと比べながら選んで持って帰ったりする人もいるけど、「それは本当に気に入ったものなのか?」といつも思ってしまう。
人によって、「単なる」ものか「それでもな」ものか、違うんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 外伝 久慈川サイクリングロード

昨日走ってきた「久慈川サイクリングロード」ですが、久慈川の河口の左岸を起点としているようです。
(ちなみに、川の右岸・左岸は河口に向かって右側・左側、だそうです)
下の写真は起点にある案内板。

2004111402.jpg

上流に向かって走ると、途中で里川を渡るようになっています。
あっしは昨日そのまま里川に沿って(上の案内板では)上方向に走っていってしまったのです。だから道が分らなくなってしまいました。だって、分岐点に指示板が無かったんだもん。誰だってそのまま行っちまうさ。

終点は金砂郷町。
昨日は県道166号を北上していったらしいので、一応金砂郷町は通過していたことになる。結局、サイクリングロードからは道数本分海寄りを走っていたようだ。

実際にサイクリングロードを走っていたら、この終点で舗装が切れてしまっているのか、それとも先があるのか。また、久慈川自体を上流に向かっていけるサイクリングロードはあるのか。

少なくとも、あっしが持っている関東圏の地図では分らない。地図ソフトでも分らない。やはり県別の詳細地図を買わなければならんかな。


さて、下の写真は、上の案内板のある場所である。

2004111403.jpg

サイクリングロードは国道245号の盛り土に阻まれて、ここで切れている。
久慈大橋のたもとでもあるのだが、橋からサイクリングロードに下りてもこの案内板を間近に見ることは出来ない。サイクリングロードは久慈川堤防の上にあり、案内板は数m下の写真のような状態にあるから。
(サイクリングロード自体の迂回路があるのかもしれないけど、あっしはまだ確認していません)

確認していないが、ここから下流側100m位の所に貸し自転車があると書いてあった。ホントにあるのだろうか(笑)

次回はどうしよう。
またここを走り出してきちんと終点まで行くか、それとも別のルートを探そうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その23

2004111401.jpg

今日の晩飯の献立

天ぷら月見うどん
いなり寿司
肉じゃが(手)
キャベツのツナ缶の炒め物(手)
カボチャのベーコン炒め(手)


またまた賞味期限を守ろうシリーズ。
卵とベーコン。

1把だけ残っていたうどん(乾麺)も使ってしまいたかったので、スーパーでかき揚げを買い、天ぷら月見に。つゆは市販の出汁つゆを水で割った後煮立てて、鰹節を追加。これで出汁つゆの、いわゆる「出汁つゆの味」から少しだけ変化させる。鰹節は事前に細かくすりつぶしておいて、それも一緒に食べてしまう。これはレシピ本からやり方をもらいました。

キャベツも一人暮らしでは、そうそう消費できるものではない。半玉買ってももてあます。
買い置きのツナ缶、彩りの人参と合わせてごま油で炒める。味はツナ缶自体の味に胡椒を利かす程度。非常に薄味だけど、その他のおかずの味が濃いから、かえって丁度良い。

カボチャは薄く切って、一旦レンジで温める。こうすると炒める時間が短くて済む。
ベーコンを先にフライパンで炒めて、出てくる油をカボチャが吸い込むようにすると、甘みと塩加減が合わさっていいのだ。これも胡椒をちょっと振って、味にしまりを出す程度。塩は振らない。

昨日の肉じゃがには出汁が入っていない。
たまたまちらっと見た料理番組(チューボーですよ)では、出汁をとっている場面があったので「あれ?」と思った。あっしは入れていない。それで、今日は粉末出汁をちょっと入れて温め直してみたけど、既にジャガイモも肉も昨日の煮汁をめい一杯吸ってしまっていて、食べても余り変化を感じなかった。次回は最初から入れてみよう。

で、結局腹一杯。
ちょっと量が多すぎた。

これは、早い内に体重計を買わねばならんかな。
(ある人からは、食っている量が少ない、と言われてしまったのだが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

今日の晩飯 その22

2004111301.jpg

今日の晩飯の献立

鶏胸肉のカリカリ焼き カレー風味 (手)
肉じゃが(手)
ニラ玉(手)
エビ寄せフライ(冷)
黒豆の煮物
冷や奴
ワンタン(チ)


今日はもう腹一杯。
サイクリングから帰ってきて、時間があったので、いつもよりも1品多くおかずを作ってみました。
肉じゃがは、既に1回作ったのですが、昨日も書いたように違うレシピ本を参考にしてみました。今回のレシピ本は「手抜き」に主眼があるので、どんな感じに仕上がるか不安だったのですが、前回よりも良い。味付けはレシピ本の指定よりも醤油を少なめにしたので、若干甘め。でもこれがピッタリ。あっしも結構やるなぁ(爆)

卵と豆腐(冷や奴)、ワンタンは今日が賞味期限。まぁ過ぎたからすぐにどうということも無いでしょうが、やはり使い切ってしまうほうがいいだろうということで。
卵はあまり野菜のニラとバターで。
ワンタンは昨日入れた長ネギに加えて、細切れのニラと人参を入れて彩りを良くする。
所詮、出来ることと言えば、こんなこと。

鶏はやっぱりカリカリの皮が良い感じだ。
カレー粉の量も多からず少なからず。ただ、塩の加減が甘かったようだ。

あっちが良ければ、こっちがダメ。
まだまだですな。あっしは。
でも、腹だけはいっぱいになるのだ。現金なものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 その93

本日の走行結果

ルート: 自宅-久慈大橋-下河合町-水府村-龍神大吊橋-水府村-常陸太田-東海-自宅
距離: 92.58km
平均速度: 23.7km/h

久慈川の河口から上流に向かってサイクリングコースがあるという情報を見付けたので、走ってみた。
ところが、途中でどう間違えたのか、コースを外れてしまう。しかたなく、ここから先は適当に走ろうと、うろうろしていたら、「龍神大吊橋」と書かれた案内板が目に入った。

既に20km以上走ってきていて、そこからさらに20km以上の距離がある。
初めて走る場所で、あまり遠くへ行くと帰りが心配だったのだが、まぁいいや、ということで目的地を龍神大吊橋にする。

県道を割と元気よく走っていくが、最初の内はあまり景色に変化はないので面白くない。
そうこうしていると、小高い山を横目に、アップダウンがきつくなってくる。
時期が時期なので、山の木々も赤や黄色に色づいている。良い感じ。

いよいよ目的地が近づくと、アップダウンも、アップアップアップダウンに変化。
しかし、土曜日だというのに、ここまで走ってきてあまり車が通っていない感じがする。
サイクリングの人も見かけない。
街道沿いの商店も閉まっているところがほとんど。

といっているうちに、MTBの一団が目的地方面から降りてくるのとすれ違う。
観光バスも何台か走ってきた。

目的地まで1.4kmのところで左に行く上り坂が目指す龍神大吊橋。いきなりそこから渋滞が始まっていた。
ギヤをロー側にして、トロトロと登っていくが、それでもきつくて残り1枚のギヤに設定した。
歩くよりも遅い速さで登っているのに、車をどんどん追い越していく。ホントだったら「ざまーミロ」と言いたいのだが、こっちは限界が近く、それどころではない。
残り400mあたりに駐車場がいくつかあって、一般車両は空き待ちをしていた。観光バスだけは一番上に客を運んでいくようである。あっしはバスを追うように走るのだが、ここから先が最も勾配がきつかったのだ。
ギヤを最後の1枚にし、バスを1台、また1台、と追い越していくけど、そのたびに足と腕と心臓がバラバラになるような苦しさ。ついに50m手前あたりで「押し」が入ってしまった。情けねぇ。
バスの運転手に横目で見られているかと思うと腹が立つので、10m位押した後再び走り出す。

一番上は、けっこう狭い駐車場。
すぐ脇に日本で一番大きな歩行者用吊り橋であるという龍神大吊橋がでで~んと向こう側まで渡っている。
普段は橋を渡るために料金を払わなければならない(300円くらい)のだが、今日はタダだった。ということで、あっしも渡ってみることにする。
橋の両側は既に始まっている紅葉でなかなか美しい。眼下には龍神ダムによって出来た龍神湖が静かに横たわっている。橋の途中にはガラスがはめ込まれている部分があって、遙か下の水面を見ることが出来る。なぜか遠近感がぐちゃぐちゃになる。
また、何カ所かに水抜き用(?)の簀の子がはめられているのだが、そこの下を覗いてみると、硬貨が投げ込まれている。何を考えているんだか。
橋の向こう側へ行って帰ってくる途中、結構大きな揺れを感じた。地震があったのか、元々揺れているのに気が付かなかったのか。
売店で栄養補給用のそばまんじゅう(5個いり315円)を買って、帰途につく。
既に日も傾き、気温も下がってきていて、下り坂を走っていると寒い寒い。慌ててウィンドブレーカを羽織る。

帰り道は案の定、途中でまた道が分らなくなってしまった。
ここら辺の地名はもとより、位置関係が分らないので、案内板があっても分らんのだ(汗)
県道29号線を走り、ちっちゃな峠(?)のようなところを過ぎると常陸太田に入った。ここは地名だけは知っている。少し安心。さらに国道349号線を下っていくと久慈川にぶつかった。これでもう安心。サイクリングロードを走っていけば知っている道に出るはず。
と、思っていたら、そのサイクリングロードが途中で途切れている。
実は、久慈川から分かれる里川という川側に本当のサイクリングロードがつながっていたのであった。

しばらく走っていると常磐道をくぐり、もう少し走ると(一部工事中ではあるが)国道6号線にぶつかる。
ここまでくれば、本当に安心。ようやく精神的に一息付けた。あぁ。

結局、最近の距離を走っていない状態からすると結構な距離を走ったことになる。
気温が低く、汗もさほどかかないし、サイクリングにはもってこいの季節なんだけど、ホント精神的にグッタリだった。
知らない道を事前の調査無しに走るのは(あっしの場合)やめておいた方が良いね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

今日の晩飯 その21

2004111201.jpg

今日の晩飯の献立

回鍋肉(手)
ワンタン
シューマイ(チ)
黒豆の煮物


レシピ本が数冊あって、同じ料理でも作り方や調味料の量が違っていたりする。
回鍋肉はこのパターン。
困るのは、下ごしらえが全く異なっていること。あ、別に困らないか。前回作った時の手順を覚えているわけではないので(笑)
出来上がりは前回の方が良かった。
今日は甜麺醤の甘さが控えめすぎて、豆板醤とニンニクの鋭い味ばかりがツンツンとしていた。辛いばかりが能じゃない。ちょうど良いバランスなのだ。目指すところは・・・。

ワンタンは安売りしていた2人前。今日は半分だけ。賞味期限が迫っているので、明日もまたワンタン決定。

シューマイは昨日買った冷凍食品。

笑ってしまうのが、ワンタンの具とシューマイの味が同じこと。
メーカーは違うけど、こんなもんなのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

本日の収穫 その90

本・雑誌

1.悪党 ロバート・B・パーカー著 ハヤカワ文庫 800円+tax
2.トランジスタ技術 2004・12 CQ出版社 690円

-------------------------------------------------

最近はハードカバー売り場にあまり立ち寄らないので、パーカーのスペンサーシリーズが毎年出ているのか分らない。
このシリーズはマンネリだという声も聞くが、そうだとしても、そうだから読む、ということがあったっていい。少なくともあっしはその口だ。ただし、読んだ感想がどうなるかまでは、正直なところ、わからない。

トランジスタ技術の特集は「高周波デバイス実践活用法」。
あっしの仕事には全然関係ないが、それ以外の記事には注目すべきものがあった。それが何かは言わない(笑)
いつも思うのだが、トラ技をスイスイと読みこなせるようになれたらいいな。
まぁ、読みこなせることと、仕事が出来ることは、別物だけどね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その20

2004111101.jpg

今日の晩飯の献立

カジキマグロのバターソテー(手)
三色野菜炒め(手)
ベーコンと野菜のコンソメスープ カレー味変化(へんげ)(手)
コロッケ(冷)
冷や奴
黒豆の煮物


昨日のスープはカレー粉を振って、味に変化を付けてみた。
カレー味なら、とりあえず何にでも合いそうなので助かるね。

今日は冷凍食品のコロッケを初投入。
極力使わないようにしていたけど、たまたまスーパーで半額セールをやっていたので、何種類か買ってきたのだ。
今までにエビシューマイのみが使った冷凍食品だった。
舌の肥えていないあっしにとっては、普通に食えるので助かるのは助かるのだが。
やはり、不味くても手作りの味というものはあるし、「自分の手がかかっている」気持ちの作る味は別物である。

時間が無くても、一つは自分で作りたいし、それを守ることが何かの防波堤になっているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

今日の晩飯 その19

2004111001.jpg

今日の晩飯の献立

ベーコンと野菜のコンソメスープ(手)
ハムステーキ
目玉焼き(手)
千切りキャベツ(手)
肉まんとあんまん


冷凍ご飯が切れてしまっていたので、主食をどうするかが問題であった。
いつものスーパーで見切り品のパンでも買おうかと思ったのだが、こういう時に限って無い。
うどんの買い置きはあるけど、総菜売り場に天ぷらがなかったので、これも却下。

で、目に付いたのが、うずたかく積まれていた「肉まん」「あんまん」。
これもまぁ小麦粉だし、主食と言ってしまえば主食だよな、と自らを煙に巻くあっしは大バカ者(笑)

それだけではなんなので、いつもの野菜カルテットにベーコンの細切りで味付けを追加した具だくさんコンソメスープと、休みの日に食べようと思っていたハムステーキ。目玉焼きは賞味期限切れが近いので(笑)

晩飯を食いながら、すぐそばで炊飯器が湯気を立てている。
炊きたてのご飯を食べるのは幸せだけど、それを待っている時間がもったいない。
汚れた食器やフライパンを洗い終えたころに炊飯完了。

しばらく蒸らした後に、茶碗1杯分毎にラップで平たく包む。
あら熱をさましてから冷凍庫へ。

明日になれば、時間差の炊きたてが食べられるのだ、と思いこんで食べるのだ。あっはっは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

気まずい雰囲気

出張から帰ってきて、夜10時前のスーパー。
店の出入り口で、仕事関係の知り合いとバッタリ。
彼はあっしの名前を覚えていてくれて、でもあっしはとっさには浮かばず。分かれた後で思い出す。

それはそれとして。
男が夜一人でスーパーに食材の買い物をしている時に、そういう知人と出会うのは、なんだか気まずいのだ。

昼の仕事とそれ以外の生活は、基本的に切り離しておくべきだし、思考回路だって切り替えるのだ。
でも、今日みたいな場合、それらが一瞬にしてまぜこぜになってしまう。

きっと、何度も同じような状況に遭遇すれば、慣れてしまって何でもないことになるのだろう。
自分の意識の切り替え、なんてことを言っている内は、自分の生活リズムが確立していないことの裏返しだろうし、こういうとっさの状況に対する余裕がない、ってことなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その18

2004110901.jpg

今日の晩飯の献立

八宝菜(手)
エビシューマイ(冷)
冷や奴
油揚げとワカメのみそ汁


八宝菜と言うよりは六宝菜。
豚バラ肉、白菜、ピーマン、人参、玉葱、もやし。
定番の具であるエビやイカなどの魚介類はナシ。買っていないのでしょうがない。

今日も出張で、帰り着いたのは10時少し前。
ラーメンも嫌なので、急いでレシピ本をひっくり返し、今日スーパーで買ってきた豚バラ肉ともやしが使えそうな料理を探す。ぴったしのが無かったけど、前から作ってみたかった八宝菜の作り方だけを参考にした。

肉の下味付けと、最後のとろみ付けがうまくいき、思った以上の出来上がり。
ひょっとすると、引っ越し以来の最も成功したおかずかもしれない。

なんだか、こんなことで喜んでしまうのは、少々恥ずかしい気もする。でも、人間、食べていかなければならないのであるから、これでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

今日の晩飯 その17

2004110801.jpg

今日の晩飯の献立

ベーコンと玉葱のオムレツ(手)
ギョウザ(チ)
野菜サラダ
長ネギとワカメのみそ汁


夜明け前に目が覚めた。
頭がガンガン痛く、薬を飲んで、会社宛に「午前休み」のメールを出して再び寝る。
次に起きたのが11時前。頭痛もなんとか我慢できる状態になり、部屋を出る。食欲ナシ。キオスクでおにぎりとコーヒーのみ。

会社が定時になり、仕事を切り上げて帰途につくものの、食欲のない状態が続く。
こういうときは、消化の良さそうなものと、味がハッキリとしていて少しでも食が進むものに限る。

ということで、予定になかったギョウザを。

小分けして冷凍してあったご飯は、今日は少しもてあまし気味。

明日はまた出張。早めに帰ってこれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

本日の収穫 その89

本・雑誌

1.ファインマンさん最後の冒険 ラルフ・レイトン著 岩波現代文庫 1100円+tax
2.新ゴーマニズム宣言8 小林よしのり著 小学館文庫533円+tax
3.ダ・ヴィンチ 2004・12 東京メディアファクトリー 450円

-------------------------------------------------

本当は、CDを買いに行きたかったのだ。
矢野顕子の新譜が出ているはずなので。

ところで、いつもチェックしているダ・ヴィンチの新刊文庫・新書情報のページ。
今回、講談社漫画文庫のところで「新装版 夏子の酒」というのがあった。
あっしは以前に同じく講談社漫画文庫の「夏子の酒」を揃えたのだが、これは何が変わっているのか? カバーか?
夏子の酒は面白かったなぁ。酒があまり飲めないあっしも、つられて日本酒を買ってみたりしたっけ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 その92

本日の走行結果

ルート: 自宅-(R245)-日立-(R6)-自宅
距離: 64.36km
平均速度: 25.3km/h

昨日の休日出勤(出張)の憂さを晴らすべく朝から出動、と行きたいところだったが、眠くてウダウダしていたら昼過ぎになってしまった。
こちらに来てから自転車で走れるコースを開拓していないので、時間をかけたかったのだ。
仕方なく、通勤路になるはずの道を進んでいき、ちょっと足を伸ばしてくるまでしか行ったことの無かった日立駅前で折り返してきた。
某大企業の膝元の駅であるにもかかわらず、あんまりパッとしない感じ(笑)

そこにたどり着くまで、向かい風がちょっぴりきつくて、あまり早く走れない。
折り返してからは、背中を押される感じがして結構いいペースで走れたのだけど、大甕駅入り口あたりの緩やかな上り坂で足が回らなくなる。エネルギーが切れた。

その後はトロトロとしたペースで南下していくが、ギヤがどんどん軽くなる。
重いギヤは踏めないし、軽くても回転できない。こりゃダメだ。

久々に長距離(といっても大したことないが)を走り、相当体力が落ちていることを感じた。
フラバン茶のCMではないけれど、継続は力なり、だねぇ。
サラサラっとこれくらいの距離はこなしたいモノだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その16

2004110701.jpg

今日の晩飯の献立

鶏胸肉のカリカリ焼き(手)
野菜炒め 豆板醤味(手)
ジャガイモのバター焼き チーズ載せ(手)
黒豆の煮物
ワカメのみそ汁


久しぶりにきちんとした晩飯。でも、内容的にはあまり手がかかっていない。

鶏胸肉のカリカリ焼きとは、単に鶏皮がカリカリになるまで焼いたもの。本当にカリカリの食感で、正直言って今まで食べていた鶏の焼いたものは何だったんだ、という感じの出来。レシピ本に書いてあった焼き方を試してみて正解!
今日の味付けは粗挽き胡椒と塩だったけど、これはいろいろな味付けにも適用できるだろう。

野菜炒めは仕上げに豆板醤をティースプーン1杯分投入。
それでも辛い。
これ以上入れたら、あっしは食えない(汗) ギリギリの線。

ジャガイモもチーズも(使わないので)なかなか減らないので、一緒に使って1品のおかずにしてみた。
これもまぁ、もう少し手を加えれば、メインの料理になるんだけどな。
例えば、ベーコン、玉葱なんかを加えれば。ボリュームも出るだろうし。

と、あれこれ言っていても、要はやる気と時間なんだよ → あっし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.06

今日の晩飯 その15

2004110601.jpg


今日の晩飯の献立

サッポロ一番 みそラーメン  野菜+卵
贅沢カレーパン(7-11)
梅干し焼きおにぎり(7-11)


今日は11時前に帰宅。
やはり晩飯を作るのは面倒なので、3日連続の袋ラーメン。みそ味。
例によって、玉葱+キャベツ+人参+卵 のスーパーカルテット(爆)

昼飯を食べてから何も口にしていなかったので、さすがに腹が減っていた。
コンビニでカレーパンと焼きおにぎりを補充。

しかしながら、この組み合わせはダメ。
カレーパンの味が、ラーメンと焼きおにぎりの味を殺している。
だいたい、カレーパンは夜食べるものじゃない(とあっしは思っている)のだ。

だったら、買うなよ(ってか)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.05

今日の晩飯 その14

2004110501.jpg

今日の晩飯の献立

出前一丁 塩ラーメン  肉野菜炒め+卵 のトッピング
冷や奴


やはり今日も昨日と同じ時刻に帰宅。
またもやラーメン。
ただし、具材は昨日に比べて、豚肉、白菜 を追加し、ラーメンとは別に炒めてからどんぶりに入れた。

いつもはラーメンと一緒に野菜を煮てしまうのだけれど、そうすると野菜の甘みが強まって、スープの味がぼやけてしまうのだ。特に玉葱はそう。

ちょっと手間がかかるけど、別々に調理すれば旨いことは分っている。
でも面倒なんだよね。洗い物も増えるし。


明日もまた出張だ。
ラーメン3連チャンは避けたい(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.04

今日の晩飯 その13

2004110401.jpg


今日の晩飯の献立

サッポロ一番 醤油味  野菜たっぷり+卵


今日は朝早くから出張していて、部屋に帰り着いたのが10時過ぎ。
さすがにメシを作る気力もなく、引っ越し当初にお世話になった袋ラーメンを。

玉葱、キャベツ、人参と卵。
これまたあっしの定番具材を投入し、まさに引っ越しの味(笑)

冷凍ご飯を温めれば満腹感も高まるけど、夜寝る前に腹をふくらますのは厳禁だ。

明日もまた朝早くから出張。
もしかすると、明日もラーメンか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.03

自転車日誌 番外

10月の走行結果は・・・、わずか86.36km。 うひゃ~。

よって、ここまでのトータルは 4104.97km

今月になったら走れると思ったんだけどなぁ。 いやぁお恥ずかしい。
ここまで来たら、是非とも5000kmは走りたいが・・・。


1月:464.01km
2月:482,62km
3月:451.37km
4月:612.49km
5月:376.77km
6月:537.43km
7月:276.70km
8月:294.30km
9月: 72.92km
10月:86.36km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その12

2004110301.jpg

今日の晩飯の献立

白菜と豚肉のレンジ蒸し レモン醤油味(手)
エビとイカのハンバーグ(冷) 玉葱たっぷりソースがけ(手)
黒豆の煮物
冷や奴
焼き海苔
油揚げとワカメのみそ汁


白菜と豚肉のレンジ蒸しは料理本に載っていたもの。
下ごしらえは難しくなく、レンジに突っ込んでおけばできあがり。(1人前だと10分ちょっと)
ただし、使っている最中は、オーブントースターや、炊飯器、湯沸かしポットなどを同時に使えない。ブレーカーが落ちるから(笑)
そんなわけで、作るタイミングが難しく、時間のない時にいくつもの調理器具を同時に使うなんて無理。多少の余裕が必要だ。

エビとイカのハンバーグはスーパーの魚売り場で安売りしていたもの。
それだけでは面白くないので、玉葱にみじん切りをたっぷり作り、バターで炒めてから、ケチャップと中濃ソース、ウスターソースで味付け。
ソースの方が分量が多いくらいになってしまった(爆)
それはそれで楽しいからいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.02

今日の晩飯 その11

2004110201.jpg


今日の晩飯の献立

豚肉のピカタもどき(手)
エビシューマイ(冷)
冷や奴
キャベツと人参の千切り
豆腐とワカメのみそ汁


ピカタというのは、肉(または魚)に卵と粉チーズを混ぜた衣をまとわせて焼いたもの、だそうだ。
粉チーズなんて買ってない。
そこで、余っていたスライスチーズを使うことにする。
豚肉に塩胡椒で下味を付け、小麦粉をまぶしてから溶き卵にくぐらせる。
フライパンで表裏を焼いて、また溶き卵にくぐらせる。
最後にくぐらせる前に、スライスチーズをのせてからもう一度焼く。
どうせ口の中に入れてしまえば、粉だろうがスライスだろうが関係ない(ただし、あっしの場合は(笑))

できあがりはまぁまぁ。
比較的簡単にできるわりには満足度高し。

キャベツはしなびていたけど、水にさらしておいたらパリパリに復活。
野菜の生命力はすごいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

運転中のケータイで

道路交通法が改正され、運転中のケータイ使用に反則金となった。
どんどん取り締まってほしいぞ。ホントは自転車乗りにも、とあっしは思っているのだが。

早速TVで取り締まりの様子が映されていた。
また、カメラには「今日から改正されて・・・、知っていましたか?」などとドライバーに尋ねるところも。
その答えが、

「使えなくなることは知っていたが、それが今日からだとは知らなかった。(という内容のコメント)」

まったく、ぼけた野郎だ。
つまり、罰則がなければ使い続けるということか。
その行動が他の人を危険にさらすということが全く分っていない。

かくいうあっしは、自転車に乗っていて、何度も事故寸前の目に遭っている。
ケータイを使っている最中のドライバーにだ。
こちらがいくら注意していても、所詮

どういう訳か知らないが、世の中自分の能力を過信している人が多いらしい。
一度にたくさんの行動を平行してとれるらしいね。
大したもんだ。

そういう人には、車を運転しながらケータイで話をして、漫画を読みながら細工したカーナビでTVでも見て、どこか人のいないところで自爆してくれ、と思うのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 その10

2004110101.jpg


今日の晩飯の献立

ギョーザ(チ)
鶏と野菜のコンソメ煮 + 卵
カイワレと玉葱の磯辺巻


コンソメ煮は結局そのまま。ただし卵を落として具を賑やかにする。
一昨日と比べれば、大分味が落ち着いている。これはカレーと似たような現象なのかな。

ギョーザは10個100円くらいのパック入り。
ラベルに付いていた作り方の通りにしたら、粉が膜状になり、隣のギョーザと連結する形となった。
いわゆる膜付き餃子。
気が付かないで、フライパンに放射状に並べたので、できあがりが非常に無様になってしまう。
次回からは定番の並べ方にしよう。

生野菜も食べたいので、カイワレと玉葱の千切りを水にさらした後、味付け海苔で巻いて磯辺巻(笑)
野菜自体の味が辛すぎて、海苔の味がすっ飛んでしまった。いいアイデアだと思ったのだが、こりゃ失敗策。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »