« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

今日の晩飯 118日目

2005043001

今日の晩飯

天ぷら月見ワカメうどん(手)
ネギトロ巻き
ヨーグルト+ブルーベリージャム

都内に出かけて買い物をし、夕方に実家に立ち寄ってから帰り着くと11時前。
しょうがないので、途中のスーパーでかき揚げとネギトロ巻きを買う。

例によって、かき揚げはオーブントースターで加熱して油を落とす。
うどんのつゆには、卵を落としてネギと、みそ汁用のワカメを追加。

ヨーグルトは、食ってから気がついたが賞味期限を過ぎていた。
特に味には変化無かったので大丈夫だろう。もともと発酵食品なのだから、時間が経ったら多少酸っぱくなる程度だと勝手に思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.29

自転車日誌 16走

本日の走行結果

ルート: 自宅-会社-自宅
距離: 54.01km
平均速度: 25.9km/h

久々に自転車で出勤。 休日出勤だけど。
まるで夏のハシリのような陽気で、会社近くのコンビニで昼食用のパンやおにぎりを買っているときに、汗がだらだらと流れ落ちる。

服装は、長袖の速乾シャツの上に半袖ポロシャツの重ね着。下はチノパン。やはり会社にはレーパンじゃ行けんわな(笑)

連休初日とあって、道路には車は少ない。
右側にはキラキラと光る太平洋。左側は山並み。気持ちいいなぁ。自転車サイコーっ。

帰りの頃は、雲が広がっていて、少し冷たい風が吹いていたので、雨が降るのかと心配したが、そのまま薄曇りまで回復したので、追い風に乗って国道をとばす。

昨日今日と、鼻水と咳と痰でちょっと空気の取り込み状態が悪くなっている。
帰り道、痰が絡んでなかなかとれない。そのまま走り続けると、涙目になってくる。
花粉症がぶり返しているのか、風邪をひいたのか分からないけど。

せっかくの連休に突入したのだから、なんとか回復させたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 117日目

2005042901

今日の晩飯

たらこソースの肉野菜炒め(手)
塩鯖
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物
豆腐とワカメのみそ汁

パスタソースでおかずを作ろうシリ~~ズ(爆)
ということで、最も簡単に適用できるであろう炒め物に使ってみた。

豚コマ肉は、塩、胡椒、酒、片栗粉で下味を付ける。野菜は、輪切りの茄子、ざく切りピーマン、短冊人参、斜め切り長ネギ、モヤシ。
肉、野菜の順に炒め、仕上げの段階で、生たらこ風味パスタソースを入れて軽くかき混ぜつつ炒めて終了。
味は微妙。
混ぜ方が悪かったのか、味の濃い部分と薄い部分ができてしまって、濃い部分だったら旨い。薄い部分は・・・それなり。材料が多かったので全体に行き渡らなかったのだろう。
ただ、いつもと違う味なので、量さえ注意すれば十分に使えると思う。

塩鯖。ロースターで焼いただけ。レモン汁をかけただけでいただく。旨い。焼き魚はいいなぁ。食うのは下手だけど(汗)

野菜サラダは昨日と同じ。レモン汁、胡椒、醤油で。

黒豆の煮物はパック品。
こういう煮物は、一度作ってみたいけど。たくさん作っても食い切れんしねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.28

今日の晩飯 116日目

2005042801

今日の晩飯

ピーマンの肉詰め焼(手)
ワンタン(チ)
野菜サラダ(手)
鶏と野菜の煮物(手)
冷や奴

豚挽肉。
今まで避けてきた食材。
嫌いじゃないし、ハンバーグやロールキャベツなんかは大好きである。食うのは。
正直言って、ロースやバラ肉、細切れ肉に比べて、使う分量がよく分からないのだ。しかも、挽肉は足が速いということなので、使い残しは注意しなければならない(らしい)。

ところが、今日肉売り場を眺めていたら、小分量の挽肉があるじゃないですか。気がつかなかったなぁ。
ということで、それを買って帰り、買い置きのピーマンでおかずを作ってみた。

ピーマンの肉詰め、というより、挽肉のピーマンボート。
これは実家でよく出されていたおかずであるが、作り方までは知らない。仕方ないので適当に作る。
玉葱と人参をみじん切りにして挽肉と一緒に混ぜる。塩胡椒と酒少々。そして片栗粉をパラパラと振って更に混ぜ合わせて粘りが十分に出るまで。
ピーマンはへたを切り落として縦半分に切り、種を取り、タネを押し込むように盛る。
フライパンに油をひき、肉の面から焼く。焦げ目が付いたら裏返し。

食べるときには、レモン汁と醤油で。

ワンタンはチルド品。長ネギのそぎ切りをたっぷりと追加。
安売り品なのに、付属のスープの素でちゃんと中華スープの味がするのが悔しい。

野菜サラダは、キャベツ、ブロッコリースプラウト、トマト。

煮物は味が染みていて旨い。
昨日は書き漏らしたけど、材料は、鶏胸肉、里芋、タケノコ、インゲン、レンコン、椎茸、人参、ちくわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

今日の晩飯 115日目

2005042701

今日の晩飯

鶏と野菜の煮物(手)
目玉焼き(手)
野菜サラダ(手)
鶏のカレーシチューもどき(手)
ほうれん草とワカメのみそ汁

残業もほどほどにして、ご飯を炊くために急いで帰る。それでも、炊きあがりは10時頃。それに合わせておかずも作る。

煮物は冷凍和風野菜ミックスと鶏肉を使って、だし醤油と砂糖で煮るだけ。といっても、鶏と野菜はあらかじめ胡麻油で軽く炒めてから。
旨いなぁ。炊きたてのご飯には、煮物ですよ(笑)

目玉焼きには、ソーセージの細切れを一緒に。
嫌いじゃないけど、というよりは卵は好きだけど、おかずとしてはあまり使わないなぁ。あんまりメニューが思い浮かばないからかも。

野菜サラダは、レンジで加熱したモヤシを冷やしたモノと、人参、ピーマンの細切り、ブロッコリースプラウト。
ブロッコリースプラウトは初めて買った食材だけど、カイワレ大根みたいに辛くないので気に入った。まぁ、辛くないと言うよりは、味がない、というべきか。

昨日のなんちゃってシチュー風は、いつものようにカレー粉を入れて別の味にする。
なんだか、この方が旨いので笑ってしまう。

でも、炊きたてのご飯にはかなわないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.26

今日の晩飯 114日目

2005042601

今日の晩飯

肉野菜味噌ラーメン(手)
鶏のなんちゃってシチュー風(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム

シチューもどきを作っているときに、冷凍庫を見てみたら「冷凍ご飯」が無かった(汗)
あれ~、どうするどうする。主食がない!

そこで、作ろうとしていた肉野菜炒めの材料を、そのまま袋味噌ラーメンの具に転用。
豚コマ、長ネギ、人参、キャベツ、モヤシ。そして卵。

シチューもどきは、シチューのルーの代わりにカップスープの素を使ったもの。
鶏モモを一口大、玉葱はみじん切りにして油で炒め、さらに冷凍ミックスベジタブルも入れる。軽く炒まったら、カップ1杯の水と、カップ半分の牛乳を入れて、カップスープの素も入れて煮る。
その時点では、味が薄く、とろみもほとんど無いので、コンソメ顆粒を小さじ半分と胡椒を入れ、小麦粉を振りながら大さじ2杯強入れてみた。
できあがりは、やはりとろみが少ない。
味は・・・、あまりコメントしたくないが、食えなく無い(笑) カップスープの味だね、こりゃ。当然だけど。

こういう時のお供はいつものヨーグルト。あぁ、ホッとするよ、この味は(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.25

今日の晩飯 113日目

2005042501

今日の晩飯

おでん
肉野菜炒め(手)
ツナ野菜サラダ(手)
冷や奴
長ネギとワカメのみそ汁

今日もだるくて、残業を少しだけしてさっさと帰宅。
あまり食欲もないので簡単に済まそうと、買い置きの袋おでんセットを土鍋で煮る。
追加でちくわとさつま揚げ。
このおでんのメーカーは紀文。前に違うメーカーのモノを食べたのだが、だしがいまいちだったのでわざわざ探して買ったもの。有名なメーカーだから味も信用できる、というわけではないが、少なくとも袋おでんセットに関しては、あっしの意見はこれ。

おでんだけだと寂しいので、いつもよりは少なめの量で野菜炒めを。
豚コマ、キャベツ、ニラ、人参。
ガーリックパウダー、塩、胡椒、中華味調味料。

レタスなんかは足が速いので食ってしまわねば、ということでいつものように野菜サラダ。
今日はツナ缶をトッピングして、塩、胡椒、レモン汁で。

ついでに今日が賞味期限の豆腐も冷や奴で。

・・・、なんかいつもと変わらない量に近づいてしまった。
腹一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

『笑伝 林家三平』 神津友好著 by 頑固な文庫読者

神津 友好: 笑伝林家三平

 言われているほど強い印象はない。
 亡くなったとき、僕はまだ学生であったはずだ。数ある有名人の訃報という以上のものではなく、すぐに忘れてしまう事柄の中だった気がする。
 でも、とてつもない人気だったとか、昭和の爆笑王だとか、そういう情報が強くインプットされていると、実際の芸を見ていなくてもそういうものだと思ってしまうのだ。

 落語の歴史はよく知らないが、このころの落語家の世界は、伝統から大きくはみ出ようとする者達が登場し、混沌とした時代だったのかもしれない。古典落語のシステムの中で異なる笑いを追う者の苦難。後のない芸を続けていかなければならない苦しみ。

 しかも、父林家正蔵の息子としての重圧はそれに輪をかけていただろうと思う。
 人気が出て、独自の笑いをつかもうとしているときでも、消すことのできないこと。

 本書に出てくるエピソードは、それぞれが林家三平の人柄を表し、芸を表している。ただ、残念なことには、僕の記憶がないために、動く林家三平になってくれないのだ。
 「どぅも、すいません」
 逆に言わねばならぬ。

 脳内出血から復帰し、新作「源氏物語」を通すよりもウケをとってしまったとき、
 「・・・、一生お客様に負けてきたと思います。・・・」
と作家にいう言葉に、言い尽くされている。
 負けたくなかったのだ。笑いで負けたくなかったのだ。
 手段を選ばず、古典にとらわれず、ただ自分の芸で笑ってもらうために。

 笑ってもらっていても、ずっと負け続けていたと思っていたことだけが、心残りだったのではないか。
 でも、勝てなかった人はもう一人いる。香葉子さんである。

『笑伝 林家三平』
神津友好著
新潮文庫 ISBN4-10-117231-5
本体476円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 112日目

2005042401

今日の晩飯

親子丼(手)
肉野菜炒め(手)
あじの開き
野菜サラダ(手)
油揚げとワカメのみそ汁

昨日今日と、なんだかウトウトとしてばかり。
せっかくいい天気なのだから、自転車で外に出れば気持ちいいのは分かっているのだけれど、想像するだけで満足してしまう。結局、本を読んでは居眠りをして、音楽を聴いては居眠りをする。
花粉よけのため窓は開けていないが、もう少し経てば、カーテンを揺らすいい風が通り抜けてくれるはず。

さて、そんなこんなで、あんまり腹が減っていない。
冷蔵庫の鶏肉をどうしようかと考え、久しく食っていない丼モノに。

鶏は一口大、長ネギは斜めに切って、水1/4カップ、醤油砂糖みりんを大さじ各半分を合わせて煮る。溶き卵1個を入れておしまい。簡単だけど、火加減が強すぎた、というより時間が長すぎたようで、卵がほとんど固まってしまい、食感はあまり良くない。味は少し薄い。

野菜炒めは、豚コマ、玉葱、人参、ピーマン、モヤシ。
肉には塩胡椒で下味を付け、少し先に炒めはじめて、その後に野菜。味付けは鶏ガラスープ、牡蠣油、片栗粉。この組み合わせも久しぶり。やっぱり旨い。

野菜サラダは、レタスとトマト。

あじの開きは明日にしようと思ったが、冷蔵庫から出してしまったので(笑)

食欲がないと思っていたが、一応完食。
体を動かさないでいつも通り食ってしまうと、太るな。気をつけなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.23

本日の収穫 20回目

雑誌

1.funride 2005・5 ランナーズ 700円
2.BiCYCLE CLUB 2005・5 木世出版 700円
3.CQ ham radio 2005・5 CQ出版社 750円
4.CAPA 2005・5 学研 580円

文庫

5.珍妃の井戸 浅田次郎著 講談社文庫 629円+tax

-------------------------------------------------

自転車雑誌を立ち読みしたら「!!!」というコラムが。
その内容が書かれている2冊を購入。 これについては別項で何か書くつもり。

CQ誌は、いつもは記事をざっと読むくらいだが、たまたま広告のページを比較してみると、無線機メーカのうちKENWOODはなんだか勢いがない感じ。スタンダードやアイコムと比べると。大丈夫かなぁ。

CAPAの付録に、デジ一眼用のレンズ焦点距離換算シールなるものがある。
確かに、今までフィルムカメラを使ってきて、デジ一眼を使うようになると、先ず戸惑うのがレンズの焦点距離。
でも、これは何だかなぁ。使う人いるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 111日目

2005042301

今日の晩飯

豚肉と白菜のミネストローネスープ煮(手)
ジャガイモと玉葱のベーコン炒め(手)
野菜サラダ(手)
焼さつま揚げ
サツマイモの杏ジャム煮(手)
ほうれん草とワカメのみそ汁

レトルトスープは一人分のものがあり、以前に使おうと思って買ってはあった。でも、単に温めて飲むのでは面白くないので、今日は別の材料と一緒に。
スープはミネストローネ。正直言って、あっしは飲んだことがない。どんな味だか分からない(汗)
まぁいいや、ということで、白菜をざく切りにしたものと、塩胡椒で下味を付けた豚コマ肉を鍋の中で重ねていき、スープを入れて煮込み始める。ちょっとスープの量が少ない感じがしたので、水半カップとコンソメ顆粒を少々追加。
煮えてきたらアクを取る。といっても、スープ自体のものか、豚肉のものか分からない。すべて豚肉から出たものとしてすくい取る。
できあがりは、けっこう旨い。あまり手間がかからずにこれだけのものができるのであれば、使わない手はないと思った。

ジャガイモと玉葱のベーコン炒めは、実家では定番のおかず。
それぞれ薄切りにして、ジャガイモは水にさらしておく。ベーコンをバターで炒めつつジャガイモと玉葱を追加して、塩胡椒で味付け。器に盛ったらパセリふりかけでアクセント。
単純にして旨い。ピーマンの薄切りも一緒に炒めたら、味にもアクセントがついたかも。

野菜サラダは、レタス、キャベツ、人参、トマト。
今回はトマトを小さく刻んでみた。元々他の野菜は刻んでいるので、こうした方が相性がいいし、サラダのたれともよく絡む。

さつま揚げはフライパンで軽く焼いて、醤油で。
久しぶりに食うと、やっぱり練り物も旨いねぇ。

サツマイモは昨日の残り。ちょっと煮すぎてしまい、煮くずれ寸前。煮物は目を離してはいけないのであった(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.22

今日の晩飯 110日目

2005042201

今日の晩飯

回鍋肉(手)
アスパラのベーコン炒め(手)
サツマイモの杏ジャム煮(手)
塩鮭
豆腐とワカメのみそ汁

いわゆる中華料理用のたれですな。
たまたま見つけた小さなレトルトの回鍋肉のたれがあり、こりゃひとりで食うにはちょうど良い大きさだ、とおもったんである。
早速、キャベツ、ピーマン、長ネギ、人参、豚ロースで作る。本当はバラ肉の方が旨いのだが、ロースがあるので仕方がない。先に肉を炒めてから取り出しておき、野菜を炒めてから戻してたれをかけて混ぜながら炒める。
たれをかけるとき「あれ? なんだか量が多いなぁ」と思ったのだが、実際その通りだった。
パッケージに書かれていたのは「3~4人用」であった。
味は、豆板醤の辛さが強いのは仕方がないとして、なにしろ濃い。濃すぎて、一口入れたら茶碗半杯のご飯が食えてしまうくらい(爆)
やはり、自分で豆板醤や甜麺醤を調節した方がいい。市販のたれは簡単で手軽だけど、量の問題は解決できない。

アスパラのベーコン炒めは、アスパラをあらかじめレンジで少し加熱してから斜めに切って、バターとベーコンと一緒に炒めるだけ。味付けは塩胡椒。
回鍋肉の濃さに比べれば、ほとんど味が付いていないと錯覚してしまう(笑)

サツマイモは、輪切りにしてひたひたくらいに水を張って火にかける。
砂糖を小さじ1杯ほど入れてしばらく煮込み、頃合いを見て杏ジャムを大さじ1杯くらい入れて更に煮る。
本当はオレンジママレードにしたかったのだが、日曜日にブランチで使い切ってしまったことを忘れていた。
味はほとんどサツマイモ自体の甘さ。ジャムの酸味はあまり感じないので、その点は物足りない。オレンジママレードであれば酸味と独特の苦みがマッチしていたはず。

塩鮭は88円。
晩飯に似合う食材とは思っていないが、いいのである。好きだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.21

今日の晩飯 109日目

2005042101

今日の晩飯

モヤシとチンゲンサイのツナ缶炒め(手)
鶏の唐揚げ(冷)
中華カレー味の水餃子(手)
野菜サラダ

このごろ夜の10時前頃にスーパーに寄って食材を購入することが多い。
当然、生鮮品はめぼしいものが少なく、パッと見キズが分かるものや、くたびれているモノの割合が高い。特に野菜はその傾向が高く、よく使うモヤシや長ネギなど、どちらかといえば足の速いモノは棚が空になっていることも度々。そういうときは、頭の中で冷蔵庫の中身と使えるレシピを必死に思い出すのだが、たいていの場合何かが抜けるのだ。

そんな中、今日の注目食材はチンゲンサイ。
豚肉と一緒に醤油系の味付けで炒め物にしようと思ったが、昨日豚肉を食ったことをもう忘れている(笑) まぁ二日続けてでもいいけど。やっぱり違うものが食べたい。
ということで、モヤシ半袋とストックのツナ缶といっしょに炒める。
味付けは塩胡椒中華味調味料。可もなく不可もなし。

冷蔵庫に残っている肉関係は、豚ロース、ソーセージ、冷凍鶏唐揚げ。
揚げ物久しぶりで、鶏唐揚げの勝ち(笑)
お皿にクッキングペーパーを敷いてから並べてレンジへ。
にじみ出る脂が吸い取られて、多少は食感が良くなる。味はそれなり。

昨日の水餃子は、カレー粉を小さじ半杯入れて別の味に。
入れすぎたのか、中華風の味は消え去り、カレーの香りと辛さだけになってしまう。でもまぁこんなものか。

野菜サラダは、レタス、赤ピーマン、キャベツ、トマト。
レタスと赤ピーマンは見切り品の50円カップサラダ。 カップから取り出し、細かく刻んでから別の皿に。
キャベツの千切りとトマトを追加する。
レモン果汁瓶の中身がほとんど無く、叙々苑サラダのたれだけの味。これだけだとちょっとしつこいか。

このところ、梅干しも1つずつ食べている。
残念ながら、旨い梅干しがどれだか分からない。
柔らかくて酸っぱくてしょっぱい真っ当な梅干しが食いたいなぁ。
いろいろな種類を買っているが、変に甘かったり、塩加減がゆるくて、がっかりする。
世の中減塩指向かもしれないが、こればかりは納得いかん(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.20

今日の晩飯 108日目

2005042001

今日の晩飯

豚の塩レモン焼(手)
茄子のバター炒め(手)
水餃子の中華スープ(手)
キャベツとトマトのサラダ(手)
冷や奴

久々に生姜焼きを食べようと肉を買い、冷蔵庫に入れてある生姜焼きのたれを取り出そうとしたら、その隣に未開封の塩レモンだれがあった。買ったことを忘れている(笑)
ということで、塩レモンだれを揉み込んで焼いてみた。
でも、味はなんだかパンチのない、ぬぼ~っとしたもの。食べるときに、更にたれにつけてみるといいのかもしれない。

バター焼は、茄子を縦に切り、皮の部分は包丁で切れ目を入れる。
バターをたっぷりフライパンに入れ、両面を焼く。
おろし生姜と鰹節をふりかけて、醤油を垂らしていただく。
美味。

中華スープは、先日買った「香味(シャンウェイ)」を投入。こぶママさんからは「味覇(ウェイパー)」を教えてもらいましたが、こちらのほうが安かったので(笑)
具は、玉葱、人参、長ネギ、サヤインゲン、タケノコ、キクラゲ、そして冷凍水餃子。
味は、おぉ中華(笑)
ちょっと入れる量が少なかったかもしれないが、中華屋のスープに近い味がする。ただ、そのものではない。具の味も絡んでいるのだろう。でも、今までよりははるかにいい。

茄子におろし生姜と鰹節を使ってしまったので、冷や奴には叙々苑サラダのたれを。そして、サラダは粗挽き胡椒+塩+レモン汁の組み合わせで。
冷や奴に叙々苑のたれをつけても、いけますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.19

今日の晩飯 107日目

2005041901

今日の晩飯

天ぷら卵うどん(手)
いなり寿司
レタスとカイワレとトマトのサラダ(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム

帰りの電車に乗るためにダッシュ。あぁ疲れた。
おかずを作る時間もないし、風呂にも入らなければならない。
したがって、今日は出来合いのものを多用。

天ぷらうどんは、串揚げ天を。
いなり寿司はパックのまま。
サラダはレタスのカップサラダに、カイワレとトマトを追加。
ヨーグルトはいつもの。

それでも洗い物に時間がかかるので、楽をした気がしない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.18

今日の晩飯 106日目

2005041801

今日の晩飯

アスパラとニラの豚バラ巻き(手)
モヤシと人参の梅しそ和え(手)
肉じゃが(手)
冷や奴
ほうれん草とワカメのみそ汁

仕方のないことであるが、なかなか食材の範囲を広げることができない。一度に大量に食えたり、保存が利くものであれば、というか、そういうものばかり。だから、今日買ったグリーンアスパラは買いやすい部類に入る。

豚バラ巻き。
グリーンアスパラ、人参、ニラをあらかじめレンジで加熱して柔らかくしておく。バラ肉は塩胡椒ガーリックパウダーで下味付け。
アスパラと人参は一緒に巻き、ニラはニラのみで巻く。
残念ながら、フライパンで焼いているうちに肉がほどけてきて、人参が飛び出してきてしまった(笑)
味はまぁまぁ。

梅しそ和えは、スーパーで見つけたパスタ用の和えソースを転用。
このパスタ用ソースは、1食分ずつ小分け包装されているので、あっしのようなひとり暮らしにはぴったり。パスタ自体はあまり食べないので、スーパーのパスタ売り場も通り過ぎるだけだったが、こんなものが隠れていたとは!
(って、隠れていたわけじゃないけどね)
モヤシと人参はラップをかけてレンジで1分加熱。出てきた水気を切ってからカイワレ大根をのせて、さらに梅しそソースと刻み海苔をかける。
味はパスタ用だけあって、濃い。
少量の野菜にかけるのには濃すぎて、ちょっと難儀。

肉じゃがは、二日目も旨い。

冷や奴。
いつも買う2個連結パックの1個目を流し台にぶちまけてしまって(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.17

自転車日誌 15走 桜巡り・3

本日の走行結果

ルート: 自宅-静峰公園-水戸-自宅
距離: 54.32km
平均速度: 21.9km/h

先週に続いて、今日は茨城の桜を求めて自転車でお出かけ。

桜情報によると、那珂郡瓜連町にある静峰公園が満開らしい、ということで、自転車では初めてのルートを走る。
道は間違えなかったが、舗装が悪い部分が多くあって、強い南風と相まって疲れる。

2005041702

公園に着いてみると、満開というより、既に散り始めていて2日くらい過ぎた感じ。
でも実際には、ウコン桜、八重桜といったところが開花前で、1~2週間後が第2の見頃なのだろう。

2005041703

近くに那珂変電所があり、そこへ向かう送電線がちょうどこの公園の上を横切っている。大きな鉄塔もある。
ということで、公園内で唯一(?)のしだれ桜を前に、阿武隈線鉄塔を。


公園を後にして水戸へ向かい、三の丸の県立図書館前へ。

ここも桜は既に散り始めており、すぐ隣のテニスコート脇にある桜もときおり牡丹雪を思わせるような花びらをまき散らす。
親子連れも大喜び。あっしも大喜び。
テニスコートには、それこそ無数の花びらが積もる。いつもは気がつきにくいコートの凸凹も、この花びらのおかげで美しく楽しく確認することができる。


名所と呼ばれるところや、公園、そして名もない場所の桜。
どこも、去年と同じように。そして、また来年も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫 19回目

カメラ関係

1.EF-S10-22mm f3.5-4.5USM キヤノン 87400円
2.レンズ保護フィルタ 77mm PRO 1 Digital ケンコー 4410円

雑誌

3.本の雑誌 2005・5 本の雑誌社 530円
4.大田垣晴子責任編集O[オー]no.9 筑摩書房 762円+tax

文庫

5.いいわけ劇場 群ようこ著 講談社文庫 571円+tax

-------------------------------------------------

カメラ関係の物品は先週入手したもの。
あぁ、買っちまったよ、広角レンズ。
もともと、メインサイトの被写体は鉄塔なので、どうしても広角レンズで撮りたいのだ。今までは、EF22-55USMという、もう廃番になったAPS用の標準ズームレンズを35mm用に使っていて、それはそれで十分に仕事をしてくれていたのであるが。

先日買ったデジkissNでは、手持ちのレンズでは広角域がまったく撮れなくなってしまった。(焦点距離が35mmカメラ換算で1.6倍になってしまうので、22mmであっても35mm相当になり、若干広角寄りの画角ではあるものの、鉄塔を撮るためには非常に物足りない)

デジkissNを買おうと決める以前に、超広角域を含むズームレンズが欲しいと思っていたのだ。ただ、35mmフィルムカメラの稼働率が下がってきていることもあり、迷っていた。
デジタル一眼レフ専用と、フィルムカメラと共用にするかもあって、さらに迷うことになったのではあるが。

まぁ、これからはデジ一眼だなぁ、ということで、専用の広角ズームレンズ。
もう、後戻りはできん(笑)

「本の雑誌」は、なんと創刊30周年で、「記念通常号」だそうだ。
わっはっは。さすが本の雑誌。やってくれるわい。

「O オー」の特集は、「ひとり暮らしのスタイリング」。
う~む。参考になるのかならないのか分からない(汗)
いや、参考になる部分もあります。もちろん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 105日目

2005041701

今日の晩飯

肉じゃが(手)
鶏モモのカレーカリカリ焼き(手)
ニラオムレツ(手)
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物
カニとエビのシューマイ(冷)
長ネギとワカメのみそ汁

先日炊いたご飯は2食分にしかならなかったので、今日新たに5合半炊く。

やっぱ、炊きたてのご飯には、肉じゃがだよなぁ。味の染みたバラ肉が旨いんだよね。
ということで、最初のおかずが決まり、冷蔵庫を見てみると、鶏モモ、ニラ、卵、など。
で、鶏のカリカリ焼と、ニラオムレツ。あとは残り物のパック黒豆煮物、冷凍シューマイ。

鶏は、塩胡椒で下味を付け、薄力粉とカレー粉を同量くらい(適当)入れたビニール袋の中でフリフリ。これでまんべんなく粉をまぶすことができる。
フライパンに少量のサラダ油をひいて、皮の方から焼く。焦げるくらいに焼く。(焦げるくらいのつもりで焼いても焦げるところまで行かないのが不思議である)
毎度毎度のコメントで申し訳ないが、単純にして旨い。カリカリ、サイコー!

肉じゃが、今日は味がバッチリ。前回、醤油の量が多くて失敗したのだが、からすぎず甘すぎず。こういう煮物は、きっと個人的な好みが出るから難しいと思う。これがカボチャやサツマイモだったりすると、また甘さからさの境界線が移動するんだからね。

ニラオムレツは、ニラを1cmくらいに切ったものをバターで炒めて、軽く塩胡椒。卵1個を溶いてクルクルと巻いただけ。洋食屋さんのオムレツみたいにはいかないのだ(笑) 熟つぶケチャップでいただく。 バターと卵が合わさった甘さと酸味の利いたケチャップの味がいい。

サラダは、キャベツ、カイワレ、トマト。
なんか趣向を変えたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

桜と鉄塔

2005041002

とりあえず、メインサイトに絡んで、今年の桜と鉄塔の写真です。
おそらく、ごく一部の人だけが喜ぶ被写体ですね(笑)

常磐道柏インター近くの東京東線鉄塔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 104日目

2005041601

今日の晩飯

茄子のナポリタンソースグラタン(手)
カジキマグロのバター焼(手)
ほうれん草のおひたし(手)
野菜サラダ(手)
ミニメンチカツ(冷)
長ネギと油揚げとワカメのみそ汁

けっこう期待していたのに、途方もなく違う味がしたとき、ガックリを通り越して、怒りを感じる。自分に(爆)

今日の大失敗は、茄子のグラタン。
グラタンといっても、スパゲティソースを使う「なんちゃってグラタン」であるのだが、以前に作ったときはけっこういい味だった。
茄子を輪切りにして水にさらし、ピーマンはざく切り、人参は薄切りの半月に。グラタン皿にバターを塗り、ナポリタンソースを半分入れてから野菜を並べ、さらにソースをのせて、最後にピザ用チーズを。

この時点で何か引っ掛かるものを感じていたのだが、そのままオーブントースターへ入れて加熱8分。

できあがりの、メイン食材である茄子を口に入れてみると・・・、

「うげっ、えぐっ! 生じゃん」

もちろん、ピーマンも人参もほとんど生。ソースのニンニクの利いた味もぶっとびの不味さ。
ここまで不味いと他のおかずをそっちのけで先に片付けるしかない。ソースはともかく、野菜はとにかく口の中に放り込んで飲み込む。まぁ、生でも食えるのだから、大丈夫だろう(汗)

失敗の原因は、野菜に火を通しておかなかったこと。
前回作ったときの書き込みを見てみると、グラタン皿に入れる前に、茄子を油で炒めているのでありました。こんなことを忘れるな~~自分!


気を取り直して。

カジキマグロは解凍してから塩と粗挽き胡椒で下味を付け、バターをたっぷり溶かしたフライパンで焼く。
両面を焼いたら仕上げに白ワインを少々振って香り付け。
この味、ホッとするね。特に今日は(笑)

ほうれん草のおひたし。久しぶりに食べると、単純ながら染みる味。

野菜サラダは、キャベツ、人参、トマト。
さすがに少し飽きてきた。

ミニメンチカツは冷凍庫の隅に眠っていたもの。
不味いものを食った後だけに、旨くてびっくり。あははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.15

今日の晩飯 103日目

2005041501

今日の晩飯

餃子
野菜炒め(手)
あじの開き
中華スープ(手)
野菜サラダ(手)

さぁ、ご飯を炊こう、と米びつ(といってもプラスティック製だが)を見ると、2カップくらいしか残っていない。
まぁいい。それでも、炊きたてのご飯の魅力は力強い。

そういう魅力を頭に描きながら、スーパーをうろうろしていた。
やはり、ひものだな。いやいや、餃子だろう。
まるで、白い天使と黒い天使が額の先でやり合っているようだ(爆)

よし、両方いただこう、ということで、あじの開きと餃子をいただき。

野菜炒めは、玉葱、人参、ほうれん草、長ネギ。味付けは塩胡椒中華味調味料。ニンニクパウダーを入れようとしたら、ちょうど空っぽになっていた。気がついていれば買ってきたのに。

野菜サラダは、レタス、キャベツ、人参、トマト。レタスとキャベツは残りを使い切ったので思った以上に量が多くなってしまった。でもまぁ、毎度毎度の叙々苑サラダのたれ+レモン汁+粗挽き胡椒の黄金トリオは素晴らしくうまい。

中華スープは、冷凍具材がちょっとぐったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

『黒い天使』 コーネル・ウールリッチ著 by 頑固な文庫読者

コーネル・ウールリッチ: 黒い天使

 「金網はあの人の顔を小さな升目に分け、私には一度にひとつの升目しか与えてくれなかった」

 なんとまぁ、胸が締め付けられるような文章だろう。(もっとも、原文ではなく訳者の力もあるだろうけど)
 コーネル・ウールリッチといえば、こういう甘く切なく、しかも、焦燥感の合わさった、何ともいえない口調。思う存分ひたることができる。

 夫の愛人に会うために彼女の部屋を訪れる妻。しかし、彼女はすでに何者かに殺されていて、夫が容疑者として捕まり、死刑を宣告される。妻が部屋から持ち出した彼女の手帳を元に真犯人を捜すのだが・・・。

 いわば、タイムリミットものではあるが、そういう緊張感は薄い。かわりに、妻が真犯人と思われる男に会い、会話をするときの心の動きに焦点が当たっている。読者は主人公とともに、揺れ動く心を共有することになるのだ。

 「まもなく夜が明けるはずだった。ニューヨークはまた一晩歳をとった」

 あぁ、なんてこった。
 こういう細かい言い回しが、あちらこちらにちりばめられて、どんどん主人公の心に近づいていく。
 そして、事件は解決するように見えて、違う苦悩が未来の破滅を暗示させる。なんともやるせない。甘く切ない焦燥感は、読後も引きずることになるのだ。

 コーネル・ウールリッチ=ウィリアム・アイリッシュのファンであれば、読んで間違いない。というか、読め。

『黒い天使』
コーネル・ウールリッチ著
ハヤカワ文庫 ISBN4-15-070606-9
本体760円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 102日目

2005041401

今日の晩飯

チャーハン(手)
中華スープ(手)
野菜サラダ(手)
チーズコロッケ(冷)

昨日から今日にかけて、偏頭痛でダウン。午後から会社に出たものの、5食分を完全に欠食。
どういうわけか会社で毎日測定している体重は、2.2kg減。あははは。ダイエットするにはダウンするに限るわなぁ(爆)

午後からは徐々に回復してきて、食欲も戻ってきた。

とはいうものの、食材は特に追加購入していないので、あり合わせ。

チャーハンは、最後の冷凍ご飯と、ベーコン、卵、ピーマン、長ネギ、ちくわ。ちくわは賞味期限切れ。
ご飯と卵以外は、細切れにして先にサラダ油で炒め合わせておく。味付けはニンニク、胡椒、塩。
卵2個を溶いて、サラダ油を引いたフライパンで加熱。まだ固まらないうちにご飯を投入してすかさず混ぜ合わせる。あるていど混ざったら、先ほどの炒めた具と合わせてさらに炒める。
味付けは、中華味調味料、塩、胡椒、最後に醤油。

できあがりは、なんとまぁちくわの味の力強さよ(笑)
ちくわ1本で、口の中は海鮮(爆)

中華スープは、冷凍中華野菜(キクラゲ、ヤングコーン、人参、サヤインゲン、タケノコ)、冷凍ミックスベジタブル(人参、コーン、グリンピース)と鶏モモ。
鶏モモを一口大に切り、塩胡椒してから鍋で下炒め。そのあと冷凍野菜たちを投入して水を張り煮込む。
味付けは、鶏ガラスープ、中華味調味料、塩、胡椒。
鶏ガラと中華味調味料の持っている塩味があるので、塩はほんのひとつまみ。

味は、まぁこんなものか。中華というのはちょっと言い過ぎな味。どうやったら中華料理屋のスープになるのだろうか。

野菜サラダは、キャベツ、モヤシ、トマト。
ホントはトマトなしのホットサラダにしようと思ったのだが、トマトが食いたくなったので、レンジで加熱した後に水でさらして冷やす。その上にトマトを。
水を十分に切っていなかったのか、ドレッシングが水っぽくて味が薄くなってしまった。
急いでやっちゃだめだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.12

今日の晩飯 101日目

2005041201

今日の晩飯

豚茄子の辛味噌炒め(手)
冷や奴
キャベツとモヤシと人参のホットサラダ(手)
油揚げとワカメのみそ汁

考えていたメニューが、両方ともフライパンを使うことに気がつき、がっくり。
別に2回使ってもいいのだけれど、今日も時間がないので、残念ながら片方だけつくる。

炒め物は、豚コマ、茄子、ピーマン、玉葱。
味付けは、鶏ガラスープ、豆板醤、甜麺醤、砂糖。辛すぎると困るので豆板醤を控えめにしたら、控えめすぎ(笑)味にパンチがなくて、ぬぼーっとしてしまった。

ホットサラダは、今日寒かったので。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.04.11

今日の晩飯 100日目

2005041101

今日の晩飯

サンマ蒲焼き缶のチーズ焼き(手)
カレーシチュー(手)
野菜サラダ(手)
冷や奴

11時少し前に帰ってきて、あわてておかずを作る。

サンマ蒲焼き缶のチーズ焼きは、グラタン皿にバターを塗った後、長ネギの細切りとニラの細切れを敷いてから、サンマ蒲焼きをのせ、さらにチーズをのせた後パン粉をパラパラと振りかける。オーブントースターで7分ほど加熱して終わり。
味付けは特にしなかったが、蒲焼きから出てくる甘辛い味。ただし、長ネギやニラにはその味は染みずに、油分だけが回る感じ。だから、野菜には下味を付けておくことが必要だ。(後から言ってもねぇ(笑))

カレーシチューは、昨日のシチューの残りに、牛乳半カップにカレー粉を小さじ2杯ほどを混ぜたものを追加。
ほんのりと黄色くなる程度で、あまりカレーという雰囲気ではない。しかも、カレー粉が少なかったためか、味もいまいち。次回は何とかしよう。

サラダは、キャベツ、人参、貝割れ大根、トマト。レタスはちょっと飽きたので今日は休み。

冷や奴は特にコメントなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 14走 桜巡り・2

本日(4/10)の走行結果

ルート: 自宅-千波湖-自宅
距離: 35.35km
平均速度: 16.2km/h

昨日に引き続き、桜を求めて。

近場で桜の名所を調べてみると、水戸の千波湖が有名のようで、ここならいつも走るところなので時間も分かる。
先月は偕楽園の梅だったが、今月は桜。

2005041009

都内と違って、1日半から2日ほど花が遅い感じ。まだ5~7分咲きの木も多い。
風が強く、薄曇りで、写真を撮るにはちょっとコンディションが悪い。
それでも人はさほど多くはなく、のんびりと千波湖を2周して、何枚か撮る。
水と桜は相性がいい。

千波湖の隣には桜川緑地があり、こちらにもまばらながら桜の木がある。
芝生やその他の低木の中にある淡いピンク色は、かえって趣がある。

緑地の中を走っていたら、いつの間にか護国神社のすぐ下の駐車場に来ていた。
駐車場の周りと、小高い山の上には密度の高い桜が。
山へのルートを見つけて上ってみると、そこには数多くの露天が。それも酒のつまみ系。露天が仕切っていると見られるござ席があちこちにあって、桜だけが目的のあっしのような輩には目障り(笑)

更に進んでいくと護国神社の境内の中へ。
渋い色の社と桜のコントラストが美しい。写真に撮ったが、どうもうまくない仕上がり。

残念というか、あきれてしまったのが、社が建っている場所の、一段高い石積みの場所で(なんといったらいいのか分からないが)、直に座ってたばこを吸っているあんちゃんがいたこと。
社殿といったら神聖な場所だろう。門外漢のあっしでさえ、そんな感じを受ける場所なのだ。自分中心の生き方をしているのかもしれないが、そんなことさえ受け付けることができない脳みそだとは。
最後の最後に興ざめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

自転車日誌 13走 桜巡り

本日(4/9)の走行結果

ルート: 八柱-常盤平-葛西臨海公園-皇居-上野恩賜公園-谷中霊園-水元公園-松戸-八柱
距離: 94.41km
平均速度: 18.2km/h

この土日は、会社は休日出勤禁止なので、予定してあった車の6ヶ月点検のためにディーラーまで車を持って行くついでに「自転車で桜巡り」。

まずはディーラーからすぐ近くの八柱霊園の裏側通りへ。
この通りは「桜のトンネル」。
既に満開も過ぎ、はらはらと散り始めていて、その中を走り抜けると時々花びらが顔に当たる。嬉しいこそばゆさ。残念なのは、近くに工業団地があるためか、国道への抜け道になっているためか、交通量が多いこと。
通り沿いには高校がある。そこの生徒は羨ましいね。

次は八柱から近い「五香-常盤平」の桜通り。
この道は、日本の道百選になっている有名な桜通りで、実は先週が桜祭りなのであった。天気が悪かったために見送ったのだが、結果的にはそれが正解。ここも散り始めていて、狭い通りに密度の高い桜並木が続き、満足度十分。でも、見物客の車で渋滞しているところがあり、足止めを食らうこともあった。

2005041003

この桜の木。たいした大きさではないし、花もさほどついているわけではない。
でも、あっしがこの通りで一番注目している桜なのだ。
あっしのメインサイトのこのページを見て欲しい。同じ桜の木。数年前には、ひょろ長い、今にも折れそうな枝に、申し訳なさそうに咲いている花。(ちなみに写真は2001年に公開していますが、撮ったのはもっと前です)
なんだか、ホントに泣けてくる。
毎年毎年、通り過ぎていく人に見向きもされず、桜が桜であることに胸を張ることができるまで、地下からたくさんのモノを吸い込んできたのでしょう。でも、あっしは見ていたよ。

2005041004

次に向かったのは葛西臨海公園。
名所として有名な場所ではない(と思う)が、ここも何度か桜の季節には来たことがある。
常盤平からは約25km。昼すぎに到着。ちょうど水上バスが出航する時刻だった。あぁ、時間があれば久しぶりに水の上でのんびりしたかったな。
話を戻して。
葛西臨海公園には一番か二番かくらいの観覧車があり、そこから見下ろせる場所に200m位の桜並木通りがある。桜を見上げると、観覧車も一緒に見えるという寸法。
通りの反対側はバーベキュー広場になっていて、焼き肉の香ばしい匂いが漂ってくるのが、ちょっと・・・(汗)

2005041007
次は、銀座を経由して皇居へ。混雑する内堀通りをのろのろと走り、写真を撮ろうにも人が多すぎて自転車と一緒のあっしは肩身が狭く、あきらめムード。
でも、それも毎度のことで、あっしが写真を撮るのは桜田門にある1本の桜。
北の丸や千鳥ヶ淵の人の密度に比べれば、別世界。
重厚な石とのコントラストが、なんともいえない雰囲気。

引き続き、上野恩賜公園、谷中霊園へ。でもこちらも人が多く、しかも酒盛りばかりで近寄れない。

時間もなくなってきたので、急いで帰ることに。
途中で水元公園にも寄る。
毎回毎回、この付近の道路は違法駐車ばかりで走りにくい。しかも一方通行。自転車はその一通を逆走する形になるのだが(もちろんこの一通は自転車は除外されている)、そういう認識のない車ばかりなので冷や冷やする。


2005041008
葛飾橋を渡りようやく千葉県側へ。
江戸川の堤防からすぐのところにある松戸神社。
そういえば、子供の頃には来たことあるけど、もう??年ぶりだなぁ。
久しぶりに境内に続く小さな橋を渡ろうとすると、川向こうに桜が何本か。薄暮の中でなんとか写す。
社殿の提灯の明かりがほんのりと優しい色。
近所の親子も散歩がてら見物をしていた。

ディーラーに戻ったのがすっかり暗くなってから。
車に自転車を積み込んで、常磐道で帰る。
さすがに疲れたけど、そんなことは吹き飛ぶほどの眼福であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 99日目

2005041001

今日の晩飯

クリームシチュー(手)
肉野菜炒め(手)
野菜サラダ(手)

調味料棚の奥に、半分だけ使ったクリームシチューのルーがあった。すっかり忘れていた。
ちょうど使い残しの鶏肉もあることだし。

ついでにいえば、今日のブランチ用の食パンが半斤残っているので、シチューであれば問題ない。

シチューには、鶏肉、ジャガイモ、人参、玉葱の黄金の組み合わせ。
ルーの箱に書かれているとおりのレシピで作る。
器に盛った後、乾燥パセリのふりかけを少々。

肉野菜炒めは、豚コマ、小松菜、人参、長ネギ。
このごろは片栗粉+牡蠣油の組み合わせを使っていない。ちょっと後始末が面倒なんだよね。旨いんだけど。

野菜サラダは、昨日と同様にレタスとトマト。ただし、粗挽きソーセージの細切れを軽く炒めたモノをトッピング。

なんだか思った以上に今日は腹一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

今日の晩飯 98日目

2005040901

今日の晩飯

肉野菜卵入り醤油ラーメン(手)
レタスとトマトのサラダ(手)
ヨーグルト+ブルーベリージャム
コーヒーゼリー

いやいや、今日は疲れた。(その理由は別項で)
部屋に帰り着いたのが10時過ぎ。晩飯を作る気力もなく、夕方に食ったおにぎりがまだ腹にたまっているので、簡単に済ます。

ラーメンは、豚コマ、玉葱、ピーマン、人参、卵。
サラダは昨日と同じ。
ヨーグルトはおなじみの。
今日は特別に、もう一つデザートを追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

今日の晩飯 97日目

2005040801

今日の晩飯

チーズ目玉焼きのせハンバーグ(手)
鶏と野菜の煮物(手)
レタスとトマトのサラダ(手)
黒豆の煮物
長ネギとワカメのみそ汁

金曜日は本来残業無しで帰らなければならない日なのだが、帰り際にまたもや難しい状況が。
結局、会社を出たのが9時過ぎ。部屋についたのが10時。なんだか疲れておかずを作る気になれない。

ハンバーグ自体はお湯で温めるだけのパック品。
それだけではつまらないので、目玉焼きを付け合わせにして、ハンバーグ自体にはスライスチーズをのせて変化を付ける。
やはり、ハンバーグは焼いてある方が旨い。決まってる。パック品は最終手段だ(涙)

鶏と野菜の煮物は、煮汁を捨て、水を追加して煮直し。前回も別のメニューで同じことをしたが、結果は同じで、濃い味は変わらず。最初の味付けが重要なのだ。

野菜サラダは、サニーレタスの細切れとトマト。実は、トマトの質にばらつきがあり、今日のモノははずれ品。口当たりが悪く、味が薄い。

黒豆の煮物は真空パック品であるが、買ったことをすっかり忘れていたモノ。賞味期限まであと1週間くらい。
まぁ、久しぶりに食うと、かすかな塩加減のある甘みがいいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

今日の晩飯 96日目

2005040701

今日の晩飯

鶏と野菜の煮物(手)
ソーセージ野菜炒め(手)
野菜サラダ(手)
冷や奴
ミニ春巻き(冷)
ほうれん草とワカメのみそ汁

今日の仕事では、うまくいった事柄もあって、晩飯のメニューを考えないまま自宅の最寄り駅まで来てしまった。
いつものように途中のスーパーで食材を物色。
店内のラジカセから「冷凍食品半額!」という声が聞こえたので冷凍庫の前にいってみると、9時前ということもあり、ほとんどのものが売り切れ、あるいは売り切れ寸前。その中で目にとまったのが「冷凍野菜ミックス」。
中身は、レンコン、里芋、人参、椎茸、タケノコ、インゲン。
おぉ、これは一人暮らしではあまり買う機会のない食材ばかりではないか。(人参を除く)

ということで、メニューのひとつができあがり。機能の買い置きの鶏肉と一緒に和風の煮物に。
鶏肉、ちくわ、ゴボウ天と野菜ミックス。
鶏肉は胡麻油であらかじめ炒めてから、一口大に切ったちくわとゴボウ天を入れて更に炒める。混ぜる程度に炒めてから野菜ミックスを冷凍のまま投入。引き続きだし醤油を1:4に割ったものをひたひたになるくらい入れ、砂糖を大さじ2杯、みりんを大さじ1杯追加して煮込む。
できあがりは、ちょっとしょっぱい。甘みが足りないというよりは塩分が多い感じ。
まぁ、初挑戦のおかずだから、こんなものか。でも、残り半分は明日また食うからなぁ。

野菜炒めは、モヤシ、ピーマン、玉葱、人参と粗挽きソーセージの細切れ。
塩胡椒、ニンニク、中華味調味料。昨日と同じ味付けのつもりだけど、やはり少し違う。

野菜サラダは、キャベツ、大根、人参、トマト。

冷や奴は賞味期限の処分。
ミニ春巻きは冷凍庫の奥に眠っていたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

今日の晩飯 95日目

2005040601

今日の晩飯

肉野菜炒め(手)
ツナ野菜サラダ(手)
アジフライ(冷)
油揚げとワカメのみそ汁

ローカル線は電車の本数がないから、ちょっと時間がずれてしまうと1時間待たなければならない。

結局、帰り着いたのが11時前。
本当はおかずを作るのがおっくうなのだけど、今後はこういうパターンが多そうなのでパッパと仕上げられるものを作ってみる。もちろん、出来合いの食材も活用。

肉野菜炒めは、全部手作り。
豚バラ、モヤシ、小松菜、人参。味付けは、塩、胡椒、中華味調味料、ニンニク。
適当な味付けの割には、旨い。きっと、気合いを入れて作ると同じレシピでも二度とこの味が出ないのだろう(笑)

野菜サラダは、半分は出来合いのカップサラダ。これにはレタスと赤ピーマンが入っていた。
追加で、ピーマン、トマト、ツナ缶。
やはり動物性の食材が入ると、野菜サラダは一段ランクアップするねぇ。カロリーもね。

アジフライは冷凍食品。
初物はやはり失敗するようだ。仕上がりが油っぽい。味はそんなに悪くはないのだが。

今日の調理時間は約25分。
もうすこし短くしたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.05

今日の晩飯 94日目

2005040501

今日の晩飯

ハヤシライス+トロトロ卵+ミックスベジタブル炒め(手)
野菜サラダ(手)
豆腐とワカメのみそ汁

ようやくご飯を炊くことができた。

炊きたてのご飯といえば、カレーやカツ丼が似合うのだが、どちらもちょっと前に登場したり、似たようなメニューにしてしまったので、別のもの。

ハヤシライスの本体はレトルトものなのだが、あっしとしては手を加えないわけにはいかない。
鍋にバターを一かけ入れ、玉葱のスライスを1/4玉分炒める。火が通って色が金色に変わってきたら、レトルトの中身を入れ、熟つぶトマトケチャップ大さじ2杯、さらにコンソメスープをカップ1/4追加して煮込む。
ミックスベジタブルはサラダ油少々で手早く炒めて、軽く塩胡椒。
卵は、ご飯をよそう直前に、バターで炒めてミディアムレアに(笑)

ご飯、卵、ミックスベジタブルの順に皿に盛り、ハヤシソースをかけて、ピーマンの輪切りをトッピング。

レトルトの本当の味が分からないので、旨くなったのか不味くなったのかは定かではないが、はっきり言って「旨い」。熟つぶトマトケチャップの味が生きていて、卵やミックスベジタブルとマッチした。
1200円だったら食ってもいいな(笑)

野菜サラダは、キャベツ、人参、大根、玉葱、トマト。ドレッシングはいつもの通り、レモン汁+叙々苑サラダのたれ+粗挽き胡椒。
これは毎日でもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

今日の晩飯 93日目

2005040401

今日の晩飯

メンチうどん(手)
野菜サラダ(手)
冷や奴
ヨーグルト+ブルーベリージャム

ご飯も炊かなければならないので、残業を早めに切り上げて帰ろうと思ったら、けっこう難しい問題が降りかかってきて・・・。

しかたなく、ご飯はあきらめて、うどんに変更。
スーパーで天ぷらを買おうと思ったが、売り切れ。同じ揚げ物(笑)ということでメンチカツ。
つゆには、豚バラ肉、白菜、人参、ワカメ、卵。つゆの素には水を少なめにして、濃いめの味付けでちょうど良いのだが、メンチカツ自体にも味が付いているので、ちょっとしつこい味になってしまった。

サラダは、レタス、ピーマン、トマト。
レタスとトマトは今日で使い切ってしまった。また安売りしないだろうか。やはりレタスとトマトがあるとサラダが盛り上がるからなぁ(笑)

冷や奴は、ランチョンマットの空きスペースが寂しいので(爆)

ヨーグルトは、こういう場合のお手軽食材になってしまったなぁ。まぁいいけどさ。
なにかもっと別の使い方を探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

自転車日誌 12走

本日の走行結果

ルート: 自宅-常陸太田-大和田-自宅
距離: 50.69km
平均速度: 24.8km/h

昨日は曇り空、今日は雨が降るということで、元地元の桜祭りや東京の桜見物には行かず。そのかわり、今日はちょっと自転車で、雨が降り出すまで走ろうか、と思った。
そしたらどうだ。こちらは朝から晴れているではないか。洗濯はしなけりゃならないので、今更車で出かけるわけにも行かず。なんだよ、しっかりしろ天気予報。

愚痴はおいておいて。

手近なコースとして、前にも行った常陸太田に。国道は使わず、6号線と349号の間の県道を走る。
風がけっこう強く吹いていて、あおられたりしてフラフラするのだが、幸い交通量が少ないので助かる(汗)

今日、常陸太田を選んだのは目的があって、日立電鉄の廃線後の写真を撮るため。

2005040302

まずは日立電鉄終点の駅である常北太田駅すぐ前の踏切。
線路を横切るようにロープが張られ、看板が立てられている。
よく見ると、踏切部分の線路の溝が、アスファルトで埋められている。つまり、ロープを取り去っても車両がこの駅を出ることができないのである。

奥に見える赤い車両の、その奥には線路はない。
つまり、車両は置き去りにされているのだ。
なんとも悲しい状況。

実は、この踏切にあった遮断機は取り外されており、今までとは逆に道路を塞ぐものは何もない。でも、通り過ぎる車は、既に踏切が機能していた頃と同じように線路の手前で一旦停止するのだ。

人は、形と記憶で生きている。

2005040303

これは終点から二つめの駅、常陸岡田駅から川中子方面を。

2つあるホームへと分岐する転轍機の先に、通せんぼをするロープやフェンス。
赤い電車は走ることなく、線路は主役から、その他大勢よりも低い役割へ。

常陸岡田駅は無人駅であるが、廃線になることを示している文書はどこにも掲げられていない。ホームの壁にはそれと思われる張り紙があったが、ホームへの通路はロープで塞がれており確認することができない。

既に運行することはなくても、信号機は赤い光を放ったままになっている。

線路は続くよどこまでも。
電車は走らずとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 番外

2005年3月の走行結果

174.55km

ちなみに、これは3月から始めた「自宅←→最寄り駅」間の自転車利用一ヵ月分(47.60km)も含めています。
それにしても、これだけかよ(汗)

ここまでのトータルは
552.64km

少し暖かくなって、いよいよ自転車にとっては気持ちの良いシーズンになるというのに、それ以上に花粉の猛攻撃にヘロヘロになっている。あいやぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 92日目

2005040301

今日の晩飯

ニラの豚バラ巻き レンジ蒸し(手)
小松菜のおひたし(手)
肉じゃが(手)
野菜サラダ(手)
長ネギとワカメのみそ汁

今日は器がきれいに並んだなぁ(笑)

レンジ蒸しは、ニラを豚バラ肉で巻いて塩胡椒した後、皿に並べて酒を振りかけてラップをして、4分くらい加熱。
生姜醤油で食べようと思ったけど、面倒くさいのでそのまま食べる。

おひたしは、これまたレンジで2分くらい。器に水洗いした小松菜を入れてラップをして。その後水にさらす。

肉じゃがは、昨日しょっぱかったので、一旦汁を全部切ってから水をカップ半分くらい入れて煮なおした。それでもしょっぱさはあまり変わらず。味の染みてしまったモノからそれを抜くのは簡単にはいかないようだ。

野菜サラダは、レタス、人参、ピーマン、トマト。ドレッシングはいつもの。

そういえば、晩飯のおかず作りにフライパンを使っていない。珍しいこともあるモノだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.02

本日の収穫 第18回

本・ムック

1.養老先生と遊ぶ 養老孟司まるごと一冊 新潮社 900円
2.AERA SCIENCE 理系生活のススメ 朝日新聞社 680円
3.CICLISTI Numero.2 飛鳥新社 1905円+tax

雑貨

4.ダイヤモンドシャープナー フォーエバー 1250円

-------------------------------------------------

新年度になるからか、頭を使う/頭について、の本が並んでいた。
御大養老先生の本と、パッと見なんだか内容の分からない本。でも、「理系生活のススメ」の表紙にも養老先生の名前が出ている。なんだか引っ張りだこだね(笑)

まるごと一冊といえば、以前に「椎名誠のまるごと一冊」(そのものだったかは確かではないが)というのもあったはずで、出てすぐに買って読んだ記憶がある。
さて、養老先生の方の中身は・・・、何だか難しそうであるが、高橋留美子氏との対談があるので、とりあえずはそこら辺から突き崩していこう。

CICLISTI、表紙はダミアーノ・クネゴ。 似合っているんだかいないんだか微妙な着物姿が印象的。
いろいろな記事があり、それぞれの中身までは読んでいない、でも、140-141ページの写真は何とも形容のしようがない迫力が伝わってくる。山岳コースを走る選手たちの後ろ姿。脚、腰、肩、背中。力の入った様子が素晴らしい。
じっくりと見ていこう。

ダイヤモンドシャープナーとは、包丁研ぎの道具である。
約半年使ったおろしたての包丁も、さすがに切れ味が鈍り、トマトを切るのに苦労するようになっている。
実家にいた頃は、安い包丁研ぎ機を使ってみたりもしたが、そんなに効果がなかったような記憶がある。それで、そういうものは買わずに、へらのようなものに薄い砥石が張り付いたような道具を買ってみた。
早速使ってみると、そこそこ切れ味が復活。これだったら、秋葉原駅前の実演販売にも使えそう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 91日目

2005040201

今日の晩飯

餃子
野菜炒め(手)
焼鮭
肉じゃが(手)
レタスとトマトのサラダ(手)
長ネギとワカメのみそ汁

今日は作ろうとしたおかずが、1品多かったようだ(笑) まぁ、こんなこともある。

餃子は、ホームセンターに併設されている食品売り場にあった特売品。88円。
100円の餃子はもう買わん、と思っていたのだが、この安さに思わず買ってしまった。
味はというと、まぁ値段なりであったが、100円のモノよりも旨かった。
しかし、レベルの低い戦いだねぇ。あっはっは。

野菜炒めは、白菜、小松菜、人参、モヤシ。味付けは塩胡椒。

鮭も安売り品。一切れ90円くらい。

肉じゃがは久々に作ったが、醤油を入れすぎてしょっぱい。
残り半分はどういう味の修正をしようか迷うなぁ。

サラダはまたもやトマトを。でも好きだからね、トマト。
何度も書くけど、「叙々苑サラダのたれ」、うますぎ。
レモン汁を少しかけてから、このたれをかけると、絶妙の酸味と塩加減。粗挽き胡椒なんかもパラパラと振りかければ、立派なおかずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

『春の数えかた』 日高敏隆著 by 頑固な文庫読者

日高 敏隆著: 春の数えかた(新潮文庫)

 自然科学は観察の科学。しかし、観察は感性である。

 春夏秋冬。自分の周りは自然の周期にしたがって花が咲き、蝶は飛び、鳥は羽を広げ、虫は鳴く。はたして、それに気がついているか。人間もその一員でいるにもかかわらず、自然に対する五感を閉じていないか。

 例えば、冒頭の「春を探しに」では、新春という言葉と実際のの春の現れについて書かれている。風まだ冷たいのに新春というのに、何が春なものか。なるほど、僕もそう思う。でも、著者の目には植物や虫の姿が写り、確実な春の到来を知る。
 生き物が精密な機械のごとく、巡る季節のタイミングを計っているとは、人間よりも高度で驚異の適応能力である。

 このような観察は、その人の持つ感性による。
 自分の周りにさえ注意を払わない人は、花や虫や風の変化さえ気がつかない。アスファルトやコンクリートの囲まれている生活に、自然を象徴するモノが失われていくのは仕方のないことかもしれないが、この本を読むとそういう考えが根本的に間違っていることに驚くのだ。

 さらには、我々が「自然」と思う環境が、いかに「手を入れられた」疑似自然であるのかということも明らかになる。
 心地よい自然のみが、我らが求める自然という可笑しさ。

 見ること、感じること、考えることが、本来の姿を判断するための重要な材料となる。たったそれだけのことが、十分に面白く楽しいことであることをいつの間にか忘れてしまった。あるいは、知ることなく大人になってしまったのかもしれない。

『春の数えかた』
日高敏隆著
新潮文庫 ISBN4-10-116471-1
本体400円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 90日目

2005040101

今日の晩飯

豚の生姜焼き(手)
カボチャのベーコン炒め(手)
ゴボウ天
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁

豚ロースの薄切り肉が安売りだったので、とりあえず買ってみた。メニューは後付け(笑)

生姜焼きのたれを肉に揉み込んでおき、先にフライパンで焼く。ある程度火が通ったら、玉葱のスライスとモヤシを投入し、一緒に炒める。特に追加の味付けはしない。

カボチャは一口大の薄切りにして、レンジで1分くらい加熱しておく。
ベーコンの短冊切りと一緒にバターで炒めて、塩胡椒。
カボチャの甘さが嬉しい。

ゴボウ天は、スーパーで売っていた何だかよく分からない総菜。

サラダは昨日と同じく、キャベツ、レタス、ピーマン、トマト。
ただし、トマトは桃太郎。甘みが違うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »