« 今日の晩飯 129日目 | トップページ | 今日の晩飯 130日目 »

2005.05.14

『ニッポニアニッポン』 阿部和重著 by 頑固な文庫読者

阿部 和重: ニッポニアニッポン

 主人公は引きこもり気味の自己中。自分の名字に「鴇(トキ)」という字があるので、佐渡のトキには何かを感じているのだが・・・。

 主人公鴇谷(とうや)春男という男。理由は何であれ、自分の作った論理の中に生きることを不思議に思わなくなっている、という状況にある。物語の途中から明らかにされる一人の女性との関わりも重要な伏線ではあるが、中心となるのは「人間の書いたシナリオに対する反逆」なのである。

 だれでも、お仕着せのモノには反発することがある。
 大抵の反発は日常の生活の中に埋もれてしまう。しかし、自分にとってとても引っ掛かることであり、「誰にでもあることではない」「長い期間にわたる」という状況が事態を深刻にする。

 目標は佐渡のトキ。連れ帰って自ら飼育するか、解き放つか、殺すか。
 
 自分の書いたシナリオに不確定要素が無数に含まれているにもかかわらず、そのシナリオに則って行動しようとすることに疑問を持たない。しかも自らそれを壊してしまう。

 シナリオなんて夢想に過ぎず、次々と現れる予想できない出来事にいかに対応していくかを思い知らされる。現実は予想よりも複雑で、結果は単純なモノになるという簡単なことに。

 さてさて。
 本書の解説には、物語の本質とは一見無関係な情報が盛り込まれている。
 表紙のイラストだとか、登場人物の名前だとか。
 まぁ、解説だからどんなことが書かれていてもかまわないけど、読んでいたらどんどん物語の印象が薄くなっていった。著者が潜り込ませた「遊び」部分なのかもしれないけど、それが明らかになったからといって、読んできた物語がより深く理解できるなんてことはほとんど無い。逆に白けてしまう。自分にとっては珍しい解説であった(笑)

『ニッポニアニッポン』
安部和重著
新潮文庫 ISBN4-10-137724-3
本体362円+税

|

« 今日の晩飯 129日目 | トップページ | 今日の晩飯 130日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/4115873

この記事へのトラックバック一覧です: 『ニッポニアニッポン』 阿部和重著 by 頑固な文庫読者:

» 『ニッポニアニッポン』 阿部和重 [vivi書店]
おすすめ度:☆☆☆☆ 17歳の鴇谷春夫は、自らの名に「鴇」の文字があつことからトキへのシンパシーを感じている。俺の人生に大逆転劇を起こす!・・・ネットで武装し、暗い部屋を飛び出して、国の特別天然記念物トキをめぐる革命計画のシナリオを手に、春夫は佐渡トキ保護....... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 12:48

» 読書感想「ニッポニアニッポン」 [三匹の迷える羊たち]
読書感想「ニッポニアニッポン」 ニッポニアニッポン 【評価】★★★★ [続きを読む]

受信: 2005.12.03 06:37

« 今日の晩飯 129日目 | トップページ | 今日の晩飯 130日目 »