« 今日の晩飯 125日目 | トップページ | 今日の晩飯 126日目 »

2005.05.07

本日の収穫 第22回

本・雑誌

1.『世にも美しい数学入門』 藤原正彦/小川洋子共著 ちくまプリマー新書 760円+tax
2.ダ・ヴィンチ June 2005 メディアファクトリー 450円

-------------------------------------------------

あまりじっくりとは棚を見ない新書売り場をのぞいてみると、平台に山積みにされていた1冊。
小川洋子といえば『博士の愛した数式』の著者ではないか。文庫に落ちてきていないので読んではいないけど、とても読みたい1冊である。
藤原正彦といえば『心は孤独な数学者』の著者ではないか。こちらは文庫になっているので、以前に読みました。
その両者の対談だから、面白くないはずがない。 ホントか? まだ読んでいないので分からないですけどね。

|

« 今日の晩飯 125日目 | トップページ | 今日の晩飯 126日目 »

コメント

藤原教授は、さすがに文豪の血筋を引いてらして、文章が闊達で面白いですね。特に、留学中の手記が面白かったです。

Primera

投稿: Primera | 2005.05.08 00:52

毎度です。
知りませんでしたが、父が新田次郎、母が藤原ていとのこと。両氏とも作品は読んだことありませんが、どういうきっかけで数学者になったんでしょうね。不思議なモノです。

投稿: みそがい | 2005.05.08 22:27

新田次郎氏は、山岳小説、気象に関係する小説、また、武田信玄を扱った小説が有名です。一方、藤原てい女史は、満州引き揚げの際の実体験を綴った「流れる星が生きている」が有名です。

Primera

投稿: Primera | 2005.05.09 01:21

『博士の愛した数式』は、本当に佳作でした。『世にも美しい数学入門』の感想、お待ちしてます。

余談ですが、僕は小川さんの恥ずかしい(多分)過去を知ってます(笑)。

投稿: オカダ | 2005.05.10 11:33

早く文庫になれ~~。

そういえば、プロフィールを見ると、小川さんは僕より少し(ちょっとだけ)年上ですね。残念ながら、有名な方の恥ずかしい過去に少しも心当たりがないです(笑) 僕が有名になったら、きっと腐るほど出てくると思いますが(爆)

投稿: みそがい | 2005.05.12 22:57

2日も更新がないと思ったら、大変でしたね。食生活の方は、感心するくらいキチンとしてるから大丈夫でしょうが。

僕も最近風邪をひくと頭痛がひどくて困ります。本を読むこともできないくらいに。

悪いことで有名にならないよう、気をつけましょう(笑)。

投稿: オカダ | 2005.05.13 17:55

おっとっと。面目ない。

頭痛いと、本はもちろん、TVも、音も、何もかもダメなんですよ。寝ようにも眠れず(そのうち気がつくと寝ていますが)、起きようにも動けず。トイレ行くにも清水の舞台です(汗)
偏頭痛なので、ときどき吐き気もあるんで、何ものどを通らないんです。困ったモノで。

これからは清く正しく生きていこうと思います(笑)

投稿: みそがい | 2005.05.13 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/4029144

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫 第22回:

« 今日の晩飯 125日目 | トップページ | 今日の晩飯 126日目 »