« 今日の晩飯 226日目 | トップページ | 松戸花火大会2005・その4 »

2005.08.21

ひたちなかまつり花火大会に驚く

8/20。
休日出勤するも、夕方5時前には電車に乗って帰る。
「ひたちなかまつり」の花火大会があるからだ。
あっしの部屋からは、自転車で3、40分かかるひたちなか市民球場が会場。

打ち上げ数が3000くらいと、半月前に見に行った松戸花火大会の半分未満であるので、あまり期待していなかったのだが、これが大違い。 (数字は花火スケジュールサイトによるもの)

松戸の花火が大衆食堂の山盛り料理とすれば、ひたちなかの花火は料亭の会席料理。

名前の付けられたひとまとめの打ち上げプログラム(グループ)が三十数種。
それごとに趣向が違って、しかもまとまり感の強い花火が集中して上げられる。
大体1テーマあたり1分ほどで間がとられ、次のテーマへ。
バックには音楽が流れている。JPOPなんか。

見たことがない花火がいくつかあった。
大輪の中、一粒一粒の光が恐ろしいほど細かいものや、色とりどりの尾を引く花など。

そういう花火も挟みながら、短時間ながら内容の濃い(主張のある)花火が上がっていく

ラストのテーマは「マイ・フェア・レディ」 (!)
BGMは「踊り明かそう」である。
既に半分ウルウルときながら、あの曲に合わせて、白や花束やドレスのような花火が舞っている。
なるほど、オードリー・ヘプバーンが踊っているようだ。
というか映画「マイ・フェア・レディ」の冒頭の次々とスクリーンに登場するたくさんの花束が浮かんでくる。
素晴らしい。
目尻からは、涙がツーっと流れる。

実のところ、打ち上げ花火を見て涙が出たのは2回目だ。恥ずかしながら。
一度目は、松戸花火大会で、風向きの関係で自分めがけて降ってくる(ように感じられた)花火を見たとき。
あまりの大輪に、まるで自分が地面に溶けていくような感じがしたとき。
そして今日。

花火は、それ自体だけでなく、たくさんのイメージと連動することで、心の奥深いところから湧き上がるものを作り出すことが出来ると、あらためて思いました。

なお、今大会の花火担当は野村花火工業というところで、実は土浦の花火競技大会で3年連続総合優勝しているそうだ。
どおりで、短時間で密度の濃い花火を打ち上げるわけだ。

期待していなかっただけに、圧倒的な出来にすっかりやられてしまいました(笑)
次回も見逃せない!

|

« 今日の晩飯 226日目 | トップページ | 松戸花火大会2005・その4 »

コメント

感動的な花火体験でしたね!
私も2~3年前、伊東の海で花火を見たとき、知らない間に涙が出てきてびっくりしました。
自分の真上で、まるで火の粉が降ってきそうな迫力だったんです。
だからみそがいさんの感動はわかります。

全然関係なくてすみませんが、前「JWAVE」を聴きたいなとおっしゃっていましたが、パソコンで聴けるのはご存知でしたか?

投稿: こぶママ | 2005.08.21 01:55

いやぁ、一番好きな映画が「マイ・フェア・レディ」なもんですから、それだけで感情移入しちゃいまして(汗)

光と音とタイミングの組み合わせは、それだけで何かを湧き上がらせますね。

さて、J-WAVEのやつはインターネットラジオのことでしょうか。それだったら聞いたことあるんですけど、聞きたい番組じゃなかったもんですから・・・。
それとも別の何かでしょうか。

投稿: みそがい | 2005.08.21 23:38

インターネットラジオですー。ションボリ...

投稿: こぶママ | 2005.08.22 00:30

J-WAVEは新しもの好きですから、そのうちにストリーミング放送なんかを始めるんじゃないですかねぇ。

早くそうなって欲しいです。

また情報ありましたらよろしく!

投稿: みそがい | 2005.08.23 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/5562051

この記事へのトラックバック一覧です: ひたちなかまつり花火大会に驚く:

« 今日の晩飯 226日目 | トップページ | 松戸花火大会2005・その4 »