« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.31

今日の晩飯 276日目

2005103101

今日の晩飯

炒飯(手)
鶏団子の中華スープ(手)
野菜サラダ(手)

帰りにスーパーをうろうろしていても、おかずのイメージが浮かばず、時間がどんどん経ってしまう。
そうこうしていたら、つきあいのある会社の人とばったり。なんだか恥ずかしいな(笑)

さて。
卵を消費しなければならないので、豚コマ肉と野菜いろいろで炒飯にする。
豚コマ肉を更に細かく切り、玉葱、長ネギ、人参、ピーマンはみじん切り。
サラダ油ですべてを炒め、ローストガーリックフレークと中華味調味料で味付け。
火が通ったら、小皿に移しておく。

冷凍ご飯をレンジで温め、溶き卵の中に入れてまぶすようにかき混ぜる。
サラダ油を少しひいたフライパンにあけて、じゃかじゃか炒める。
先に炒めた肉と野菜を戻して、軽く混ぜ合わせたら、胡椒、塩、醤油で味付け。

久々に作ったけど、ごく普通の出来。紅生姜がぴったり。

中華スープは味覇で。
冷凍鶏団子、ニラ、長ネギ、モヤシ。
簡単でうまし。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、カイワレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.30

本日の収穫 第39回

電気製品

1.デジタル血圧計 HEM-7000 オムロン 10800円

CD

2.「米米CLUB 米~Best of Best~」 米米CLUB SONY MUSIC RECORDS 4725円

雑誌

3.Coyote No.8 スイッチ・パブリッシング 1200円+tax

漫画

4.「のだめカンタービレ#9」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
5.「のだめカンタービレ#10」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
6.「のだめカンタービレ#11」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
7.「のだめカンタービレ#12」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
8.「のだめカンタービレ#13」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
9.「のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK」 二ノ宮知子著 講談社 648円+tax
10.「ピアノの森4」 一色まこと著 講談社 514円+tax
11.「ピアノの森5」 一色まこと著 講談社 514円+tax
12.「ピアノの森6」 一色まこと著 講談社 514円+tax
13.「ピアノの森7」 一色まこと著 講談社 514円+tax
14.「ピアノの森8」 一色まこと著 講談社 514円+tax
15.「ピアノの森9」 一色まこと著 講談社 514円+tax

新書・文庫

16.「まともな人」 養老孟司著 中公新書 700円+tax
17.「こまった人」 養老孟司著 中公新書 700円+tax

18.「黄色い目の魚」 佐藤多佳子著 新潮文庫 629円+tax
19.「コールドゲーム」 荻原浩著 新潮文庫 667円+tax
20.「新宿熱風どかどか団」 椎名誠著 552円+tax

以下、星新一特集5 (すべて新潮文庫)

21.「明治の人物誌」 667円+tax
22.「天国からの道」 476円+tax
23.「ふしぎな夢」 476円+tax

-------------------------------------------------

先日受診した人間ドックで、血圧が高いという指摘を受けて血圧計を購入。
もともと欲しかったのだが、他人から指摘されてから買うのは気分が悪い(笑)
使ってみると、確かに血圧高くてまずいですなぁ。

米米CLUBのCDはベスト盤。
これといってファンではないのだが、10年以上前にたまたまテレビで見た特集番組のなかの「KOME KOME WAR」が強烈な印象で、気にはなっていたのだ。(既に解散してしまっているのに、その言いぐさはないと思うけど(汗)) 他にもたくさんいい曲があるけどね。今更いうまでもないが。
買ったCDは初回特典?でDVDがついている。1985年から1997年までのライブの抜粋映像。いやぁ、エンターテインメントですなぁ。

本関係で、今回の大収穫は「Coyote No.8」ですね。
沢木耕太郎「深夜特急」の特集。全体の3/5。
ちらっと中身を見たら、「深夜特急」の旅のその先がどうであったか、も書かれていた。うむむ。
読まないで、楽しみにとっておきたいぞ。

漫画は、とりあえずこれで打ち止めかな。
「のだめカンタービレ」は、まとめて読むとテンポが早くて物足りなく感じる。13巻までの内容だと、物語の半分も来ていないようである。
「ピアノの森」はまだ3巻までしか読んでいないが、音楽漫画としては異色なのだろう。
なにしろ、主人公の音楽的才能の源泉がまったく分からない。なんなんだ。不思議な物語。


土曜日に買ったものが大半だけど、神保町では古書まつりが開かれていた。残念なことに雨が降っていたのでほとんどの露店は閉まっていた。あっしは古書が苦手なのだが、いつも露店に並べられている本を眺めている。

さらに、夕方、三省堂書店では北方謙三氏のサイン会があり、ちらっとだけ様子をみた。
けっこう恰幅が・・・。
ず~っと前に、ビッグ・ウェンズデイというTV番組のナビゲーターをしていたころは、もっとスラリとしていた記憶があるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 275日目

2005103001

今日の晩飯

マグロのハンバーグ
モヤシニラ炒め(手)
きんぴらゴボウ(手)
卵のココット(手)
豚野菜汁(手)
トマトサラダ(手)

ご飯を炊く。
米を研ぐときの水の冷たさは、そろそろ秋も深まってきたのかと思わせる。
これが冬になるとつらいんだよね。

さて。
マグロのハンバーグはレトルトパック品。100円。
ご飯を炊いている間は他の電気調理器が使えないので、フライパンで焼く。(パックには電子レンジで温めると書いてある) フライパンの方がパリッと出来るし、味も締まるのだ。それなりだけど。

付け合わせの炒め物は、モヤシとニラ。油で炒めて、中華味調味料と胡椒だけで味付け。

ココットは、キャベツとピーマンを細切れにしたものをグラタン皿に入れ、卵を上から割り入れる。
塩、胡椒を振って、トマトケチャップ、パルメザンチーズを振りかけたらオーブントースターへ。約5分。
ちょうど白身は固まり、黄身は半熟程度に仕上がる。
野菜は焦げ付くかと思ったけど、自分の水分で蒸し焼き状態になっていた。
初めて作るので味付けがいまいち。
レシピ本に載っていたものを適当に作ったのだが、「ココット」って何?

豚野菜汁は、ダシ醤油で作ったつゆに、大根、エノキダケ、長ネギ、小松菜、豚コマを入れて煮ただけ。
ダシ醤油のダシ加減が甘かったので、少しダシを追加した方が良かったな。
汁というよりは煮物に近いくらいの具の量。ひとり暮らしも一年を超えるのに、いまだに分かってない(汗)

きんぴらゴボウは、ゴボウと人参。
いずれも細切りにして胡麻油で炒め、七味唐辛子とダシ醤油で味付け。
唐辛子を入れすぎた上、炒める時間が短く、辛くてボリボリとした食感だった。
おかずというより、我慢大会に近い(笑)

サラダはトマトのみ。乾燥パセリふりかけでちょっとだけ色味を加える。

まぁ、何が旨いって、炊きたてのご飯が一番だったよ。今日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.29

今日の晩飯 274日目

2005102901

今日の晩飯

きのこと茄子の和風スパゲティ(手)
野菜サラダ(手)
サツマイモのヨーグルト和え(手)
ソーセージと野菜のコンソメ煮(手)

月末の週末は実家に寄らなければならぬので、ついでに東京方面へ。
いろいろ買い込んで帰宅するともう10時。

ご飯を炊く時間がないので、またまたスパゲティ。
先日、スーパーのパスタソースコーナーで見つけた「きのこの和風ソース」に手を加える。
茄子の細切れ、玉葱スライス、ベーコンをオリーブオイルで炒め、ソースと絡める。
茹であがったスパゲティと、フライパンで混ぜ合わせる程度に炒めたら出来上がり。
うん、今までのトマト味と違って新鮮な感じ。けっこういける。
できあいのソースだけだと、きっと物足りなく思うだろうな、あっしの場合は。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、セロリ。
セロリの香りが鼻を抜けると、サラダを食ってるな、と実感するぞ。

サツマイモは細切れにして、ラップをかけてレンジで1分ちょっと加熱。
冷めてからヨーグルトと混ぜ合わせる。
ほんのり甘い。でも、プレーンヨーグルトを食べ慣れていないと物足りない味かもね。

コンソメ煮は昨日の残り。
温めなおしたら、玉葱はほとんど煮くずれてしまった。
まだ残っているので、明日のブランチでは卵でも落としてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

今日の晩飯 273日目

2005102801

今日の晩飯

梅じそのスパゲティ(手)
ソーセージと野菜のコンソメ煮(手)
イワシ缶の卵とじ(手)
野菜サラダ(手)
キャベツとセロリの即席漬け(手)
黒豆の煮物

ご飯と炊こうと思ったら、米びつには1カップちょっと分しかなかった。
仕方なく、スパゲティに。
考えていたおかずとは微妙にマッチしてないけど、それはそれでいいのだ。

スパゲティは、茹でてできあいのソースをからめるだけ。
ずっと前に買った梅しそ風味のものの残り半分。前はジャガイモとからめて食べたんだっけか?そのときはあまり感心しない味だったけど、スパゲティだと大丈夫だった。大丈夫なだけで、バッチリではないけどね。

コンソメ煮は、粗挽きソーセージ、ジャガイモ、玉葱、長ネギ、人参。野菜はざっくりと切って、全部をコンソメスープで煮るだけ。途中でハーブソルトと胡椒を追加。
簡単なくせに食い応え有りで、手抜きなあっしも大喜び(笑)

使おう使おうとして中々使えないイワシの醤油煮缶詰。
卵も余っているので、巻いてみました。
味付けは特になく、イワシ自体の味だけ。
缶詰から直に食うとくどい感じがするけど、卵にくるまるとちょっとしたおかずに見えるから不思議である。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、かちり干し。相変わらず。

今日の即席漬けは、キャベツとセロリ。
セロリの葉の部分は手で千切って、茎の部分は筋を取ってから薄くスライス。
キャベツは数センチ幅で切る。
いりこだし2グラム、七味唐辛子適量、塩少々。
やっぱり、香り野菜はすごいわなぁ。

そして、黒豆もすごいわなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.27

今日の晩飯 272日目

2005102701

今日の晩飯

豚の生姜焼き(手)
野菜サラダ
黒豆の煮物
冷や奴
長ネギととろろ昆布のみそ汁

ちょっと遅くなったので、簡単に。

豚の生姜焼きは、残っていた豚コマ肉にガーリックパウダーと胡椒を振りかけたあとにサラダ油で炒め、更に玉葱のスライスも追加。味付けは市販のたれ。
玉葱の甘さが出てきているので、しょっぱいたれもちょうどいい。
千切りキャベツと一緒に。

野菜サラダは総菜コーナーのカップサラダに、トマトとスーパースプラウトを追加。

黒豆は相変わらず甘くて旨い。

冷や奴にはカツオ節が似合う。

なんか、訳の分からないコメントで申し訳ない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

今日の晩飯 271日目

2005102601

今日の晩飯

鶏モモと野菜のケチャップ炒め(手)
ツナサラダ(手)
カニシューマイ(冷)
白菜と大根の即席漬け(手)
豆腐とワカメのみそ汁

鶏肉の使い道をどうしようかと思って、味の素のページを見てみるとこういう料理があったので、なんとなく作り方を予想して作ってみた。

鶏モモは一口大に切って、ガーリックパウダー、胡椒、塩で下味。
野菜は玉葱、人参、ピーマン、ジャガイモ。ジャガイモのみ皮をむいてラップで包んでレンジで2分加熱したあと一口大に切っておく。
肉をサラダ油で炒め、色が変わってきたら、野菜を追加。そこにお湯で溶かした鶏ガラスープを半カップほど。少し煮込んだらケチャップを大さじ2、3杯。あっしはいつもの熟つぶ。塩気が少なくトマト味が強いので鶏ガラスープとあう。
軽く混ぜ合わせ、少し煮詰まった感じになったら出来上がり。

で、結果は・・・、ウマーっ。
これは予想外のいい出来。大成功。

ツナサラダは、レタス、トマト、ツナ。(汗)

シューマイは冷凍食品(汗)

即席漬けは、白菜と大根。大根は薄切りの一口大。
いりこだし小さじ1杯、おろし生姜小さじ1杯、塩、七味唐辛子少々。で、モミモミ。
おっ、生姜もいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.25

今日の晩飯 270日目

2005102501

今日の晩飯

肉野菜炒め(手)
塩鮭
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物
油揚げとワカメととろろ昆布のみそ汁

なんの工夫もないおかずですなぁ(笑)
いや、ちょっと時間がなかったものですから(汗)

昨日に引き続き似たような炒め物。
ただし、今日は豚コマ入り(笑) ニラも。
味付けも、久しぶりの鶏ガラスープ+味覇+片栗粉。

塩鮭は冷凍庫で置き去りになっていたもの。
いつ買ったのか覚えていないけど、まぁ大丈夫だろうということで。
塩が強めで味が濃い。良かった良かった。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、スーパースプラウト、かちり干し。

黒豆の煮物はできあいのものだけど、ホッとする味だねぇ。
大体、おかずに甘いものなんて作らないもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

今日の晩飯 269日目

2005102401

今日の晩飯

餃子(チ)
野菜炒め(手)
野菜サラダ(手)
白菜の即席漬け(手)
ほうれん草とワカメのみそ汁

どよ~んとした気分がなかなか抜けない。
必然的におかず作りも気合いが入らないのだ。

餃子は見切り品。
見切り品にしては賞味期限は明後日。なぜだろう。
味は中の下。

野菜炒めは、モヤシ、ピーマン、人参、玉葱。
ガーリックパウダー、胡椒、中華味調味料で味付け。
あえて塩は入れなかったのだが、やっぱり薄い味。その分、玉葱や人参の甘さが感じられる。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、かちり干し。
代わり映えしない。

即席漬けは、白菜の細切れに和風だしと七味唐辛子でモミモミ。
白菜の、他の使い方が思い浮かばなかったのだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.23

本日の収穫 第38回

漫画

1.「のだめカンタービレ#3」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
2.「のだめカンタービレ#4」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
3.「のだめカンタービレ#5」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
4.「のだめカンタービレ#6」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
5.「のだめカンタービレ#7」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
6.「のだめカンタービレ#8」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
7.「ピアノの森1」 一色まこと著 講談社 514円+tax
8.「ピアノの森2」 一色まこと著 講談社 514円+tax
9.「ピアノの森3」 一色まこと著 講談社 514円+tax

仕事関係

10.「パワーエレクトロニクス入門」 野中作太郎・他著 朝倉書店 2600円+tax

新書・文庫

11.「流星ワゴン」 重松清著 講談社文庫 695円+tax
12.「零式戦闘機」 吉村昭著 新潮文庫 476円+tax
13.「またたび読書録」 群ようこ著 新潮文庫 438円+tax
14.「技術屋たちの熱き闘い」 永井隆著 日経ビジネス人文庫 695円+tax
15.「茫然とする技術」 宮沢章夫著 ちくま文庫 680円+tax
16.「ナースな言葉」 宮子あずさ著 集英社文庫 457円+tax

17.「わが子に教える作文教室」 清水義範著 講談社現代新書 720円+tax
18.「畑村式『わかる』技術」 畑村洋太郎著 講談社現代新書 700円+tax

星新一特集4 (以下新潮文庫)

19.「気まぐれ指数」 514円+tax
20.「ほら男爵 現代の冒険」 400円+tax
21.「人民は弱し 官吏は強し」 438円+tax
22.「さまざまな迷路」 438円+tax
23.「カボチャの馬車」 438円+tax
24.「おみそれ社会」 438円+tax
25.「安全のカード」 438円+tax

-------------------------------------------------

読めるのかよ~(汗)
止まらないねぇ、買い込むねぇ、給料日がまだだというのに。

さて、星新一の新潮文庫版は、番号の新しい数冊を残して完了の予定。
欠番が何冊もあるのだが、いまさら探したって見つからないだろう。古書は苦手だからなぁ。
次は角川文庫版だ。

仕事関係の本。
必要なページはわずか7ページ。そのために2000円超の本を買うわけだから効率が悪い。
こういう場合、インターネット上で必要な情報が得られればいいが、そうでないと頼りになるのは本屋しかない。しかも、この目で見なければ求めている情報かどうか分からないのだ。そういう点では都心の大型書店にはかなわない。
今回は、八重洲ブックセンター、丸善、書泉、三省堂、東京堂、紀伊国屋、あたりをまわる。
買った本は、その中で1店にしか在庫していなかった。まぁ、ラッキーといえばラッキーなのだろう。それにしてはたくさん歩いたな(笑)

漫画。
「のだめカンタービレ」、3冊目あたりからテンションあがってきたかなぁ。
9巻目がなかったので、かわりに「ピアノの森」を買ってみる。こちらはまだ読んでいない。
気がついたのは、こういう音楽ものの漫画って「音楽を表現しない」ことで読む人の感情を揺さぶっているらしい、ということ。もちろん、表現しないといっても全く音楽と関係ないページが続くとか、そういうことではない(汗) 最小限の視覚的情報で、読む人の持っている音楽的経験を引き出すのである。
ここら辺は、「神童」でもそうだった。

「零式戦闘機」は、先日読んだ「零戦の誕生」で興味を持って。
吉村昭氏の抑えた文章が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の晩飯 268日目

2005102301

今日の晩飯

鶏モモとピーマンの炒め物(手)
ニラオムレツ(手)
ミニメンチカツ(冷)
野菜サラダ(手)
長ネギとワカメのみそ汁

なんかこの頃、気力というものがどっかに行ってしまっている。
でも、飯は食わねばならない。

今日のメインは鶏肉。
ピーマンと人参の細切りといっしょに炒める。
鶏モモ肉も細切りで、塩、胡椒で下味を付けておく。炒めるときにローストガーリックフレークを入れて香り付け。更に、カレー粉を二つまみくらいでほんのりと。
プリプリとしたモモ肉の食感がいい。

オムレツはニラ。
卵に1cm弱に切ったニラを追加して混ぜる。味付けは軽く塩、胡椒。たっぷりバターで。

冷凍食品のミニメンチカツには、千切りキャベツをたっぷりと。

野菜サラダは、レタス、トマト、かちり干し。
かちり干しは、しらすを更に乾燥させたものみたいな感じであるが。
しらす、かちり干し、ちりめん、小女子は同じ売り場に並べられていて、いずれも似た感じの魚加工品であるけど、どういう違いで呼び方が変わるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

『日本百名町』 嵐山光三郎著 by 頑固な文庫読者

嵐山/光三郎〔著〕: 日本百名町

 なぜ町が気になるかといえば、人がいるからである。

 序章として「いい町の条件」が書かれている。
 町に必要なものはもとより、いらないものもあげられている。どの点に同感するかは人それぞれであろう。
 最初に登場する条件は「豆腐屋」である。さすが嵐山光三郎。確かに活気ある町にふさわしい。朝を飾る象徴だ。続いて、魚屋、八百屋、花屋、米屋、・・・。今では大型スーパーにその機能を取り込まれてしまった店ばかりである。
 町を殺すにゃ刃物はいらぬ、大型スーパー来ればいい。 ってやつですな。

 そして、川、港、花、緑と自然にまつわるもの。
 物心ついてから川のある町に住んでいるので、納得です。 

 町は、人だけでなく、自然やそれと調和する力が必要。そのためにいるもの、いらないものが導き出される。ただ、社会の変化が外力として加わってくるので、いつまでも最適な状態でいられるかどうか。町自体の強さが試されるところでもある。

 さて、紀行文として16カ所、リスト形式で100カ所の町が紹介されている(前後で重複あり)。日本全国なので、自分やあの人のの住んでいるところがあったり、近くだったりすることが多いだろう。その町を見直したり、訪れてみるための指標にもなるはずだ。

 百名町はともかく、町や自然を描写する文章は、秀逸。嵐山節炸裂である。
 百名町がスーパー百名町に見える。
 これだけでも読む価値がある。

『日本百名町』
嵐山光三郎著
知恵の森文庫 ISBN4-334-78353-8
本体629円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 267日目

2005102201

今日の晩飯

カジキマグロのガーリックバター焼き(手)
カボチャと玉葱のソテー(手)
カニシューマイ(冷)
鶏団子と冷凍和風野菜のみそ汁(手)
野菜サラダ(手)
冷や奴

ブランチ抜き。で、今日の晩飯が1食目。

カジキマグロは冷凍の切り身。半月くらい前に買ってあって、そのまま冷凍庫の肥やしになっていたもの。
解凍して、ローストガーリック、胡椒、塩を振ってしばらく置いたあとに、たっぷりのバターで焼く。
もう少しニンニクの風味が強いと良かったかな。

カボチャの薄切りと玉葱のスライスは、カジキマグロと一緒のフライパンで。
軽く塩、胡椒で味付け。
カボチャの甘さがグー。

みそ汁は久しぶりに作った。(いつもはインスタントです(汗))
冷凍鶏団子、冷凍和風野菜(里芋、人参、椎茸、レンコン、インゲン)、長ネギ。
ダシを利かせて、たっぷりの具、旨い。やっぱり違うなぁ。

野菜サラダは、レタス、トマト、ピーマン、粗挽きソーセージ。
ソーセージは輪切りにしてラップで包み、レンジで加熱したもの。
余計な油が落ちて、さっぱりめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.21

今日の晩飯 266日目

2005102101

今日の晩飯

トマトと茄子のスパゲティ(手)
野菜サラダ(手)
サツマイモのレモン煮(手)
卵とワカメのスープ

今日はなぜだか知らねど会社が休み。
ちょうど運転免許の更新をしなければならなかったので、実家近くの免許センターへ。
そのあと東京方面に出かけて書店をはしご。やっぱり専門書は東京に出ないとダメだと再認識。
帰宅は10時過ぎ。
またもや簡単に済ます。

スパゲティは、前回作った「レトルトのナポリタンソースに玉葱、ピーマン、茄子、ベーコンを追加したもの」にさらに湯むきしたトマトを追加。どんどんソースの具が増える(笑)
生まれて初めてトマトの湯むきをしたけれど、ホントに簡単に皮がむけますね。すごいすごい。感動です。

さて、味はというと、追加したトマトのせいか、酸味が強くて・・・・、大成功ですな。
このトマトの酸味はあっしの壺だ(笑) 
もともとのレトルトの味と、追加した野菜の味が相乗効果。

野菜サラダは、レタス、トマト、玉葱、野沢菜シラス。
今日は、レモン汁、醤油、胡椒で食す。油抜きだとあっさりしていて、これもまたいいですね。

昨日のサツマイモのレモン煮をレンジで温めなおしたら、時間が長すぎてひび割れてしまった(汗)
でも、味は逆に濃厚。

卵スープは、インスタントに乾燥ワカメを追加したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

本日の収穫 第37回

漫画

1.「のだめカンタービレ#1」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax
2.「のだめカンタービレ#2」 二ノ宮知子著 講談社 390円+tax

文庫

3.「ブラック・ジャック・ザ・カルテ1」 B・J症例検討会著 秋田文庫 743円+tax
4.「ブラック・ジャック・ザ・カルテ2」 B・J症例検討会著 秋田文庫 743円+tax

 星新一特集3 (以下新潮文庫)

5.「午後の恐竜」 400円+tax
6.「だれかさんの悪夢」 476円+tax
7.「盗賊会社」 362円+tax
8.「どこかの事件」 476円+tax
9.「ご依頼の件」 514円+tax
10.「ありふれた手法」 438円+tax

-------------------------------------------------

漫画雑誌は買っているけど、漫画単行本を買ったのは??年ぶり。
評判の「のだめカンタービレ」。
笑える音楽漫画ということらしいのだが、雑誌の記事などで画をみるとさそうあきら氏が著者であるという先入観が出来上がってしまい、なかなかその間違いを訂正できないでいる(汗) (ちなみに、さそうあきら氏の「神童」も面白かったです)
さて、1~2巻はというと、まだスピードに乗っていない感じがしますね。今後の展開に期待です。

「ブラック・ジャック・ザ・カルテ」
単行本で出たときにも買いたいなぁと思ったのだけど、「解説本としては無粋、でも興味有り」といった感じであった。結局は無粋が勝って買わなかった。今回文庫になったので迷わず購入。
やっぱり無粋。いわゆる解説本が、原作を加工する形になってしまうことはある程度避けようがないが、実は思い入れのある人にとっては危険なことでもある。つまり、自分が作り上げたイメージを崩しかねないということ。
気合いを入れて読むと、アブナイのである。

星新一シリーズ。
実はもう数冊ダブりが出てしまった(爆)
入手した本はチェックをつけていたのだが。あ~~、ダメダメ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の晩飯 265日目

2005102001

今日の晩飯

焼き鳥丼(手)
水餃子(手)
サツマイモのレモン煮(手)
キャベツと野沢菜シラスの即席漬け(手)
トマト

朝から取引先へ車で。
ガソリン警告ランプがついて、あまり使わない街道沿いでいつも入れているガソリンメーカーのスタンドを探したのだが見つからず、どんどん針がストッパーに近づいていくので焦る(笑)

さて、長時間運転すると、どうもくたくたになってしまうので、今日もまたあまり手をかけずに。

丼は、総菜コーナーの焼き鳥を使ってみる。
ねぎまの串を3本分、アルミホイルを敷いたオーブントースターで温めたあとに串から外してほぐしておく。
丼つゆは、ダシ醤油を4倍に薄めて砂糖を大さじ1。焼き鳥自体に味が付いているから、いつもよりは薄味に設定。
長ネギ半本をスライスして丼つゆで煮て、ほぐした焼き鳥を投入。火が回ったところで溶き卵を回し入れて、半熟くらいで出来上がり。
おぉ、旨い。焼き鳥の、焦げたたれの味がいかすぜっ。

水餃子は、長ネギ、玉葱、人参、小松菜。味付けはいつもの味覇。

煮物は、サツマイモを1cm弱の厚みに切り、それをひたひたになるくらいの水と砂糖大さじ1で煮る。途中でレモン汁を大さじ1追加。
どちらかといえば甘みよりも酸味が勝っているのであるが、そこがまたレモン好きのあっしにはちょうど良い。
しかも簡単。

即席漬けは、キャベツ、玉葱、ミョウガ、野沢菜シラス。
これにいりこだしと七味唐辛子を追加して、いつものようにビニール袋でモミモミ。
今回は野沢菜シラスに塩味がついているので塩は入れなかったが、いりこだしの塩加減が強い。今日の丼にはちょっと強すぎ。白飯ならばちょうど良いくらいだったのだが。

でも、トマトと一緒に食べたらいい感じだった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.19

今日の晩飯 264日目

2005101901

今日の晩飯

月見天ぷらワカメうどん(手)
野菜サラダ(手)
グラノーラフレーク+ヨーグルト

人間ドックから帰ってきたものの、なんだか食欲がない。
冷凍うどんが残っているので、ご飯の代わりに。

天ぷらは総菜コーナーのかき揚げ。
いつものようにオーブントースターで加熱して油を落とす。さらにクッキングペーパーでも。
つゆは関西風のできあい。長ネギ、小松菜、乾燥ワカメを一緒に煮る。卵も落とす。

つゆが予想よりも薄味に仕上がってしまったので、七味を多めに入れてごまかす(笑)

野菜サラダは、レタス、トマト、ピーマン、人参、野沢菜シラス。
レタスが中途半端な量残っていて、全部使ったら器に山盛り。
いつものように、レモン汁と叙々苑サラダのたれで。

それといつもの、グラノーラフレーク+ヨーグルト。
これもまぁ旨いけど、変化をつけたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

今日の晩飯 番外

2005101801

今日の晩飯

ハムチーズサンド
きのこベーコントマトパン
鶏五目おにぎり

昨日今日と、どうにも調子が悪く会社を休む。
ところが、明日人間ドックに行かなければならないのに、受診票を会社に置いてきてしまって、夕方車で取りに行く。自分ではアクセルを踏んでいるつもりなのだが、前の車にどんどん離されていってしまう。頭がボーッとしている証拠だなぁ。

さて、受診票を見てみると、晩飯は午後7時までと書かれていた。
既に6時半を回っていたので、あわててコンビニで食料を買う。
何も手を加えるところがないので、今日は「番外」とします(汗)

なんだか、食った気がしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

今日の晩飯 263日目

2005101601

今日の晩飯

カレー丼(手)
スペイン風(?)オムレツ(手)
カボチャの野沢菜シラスまぶし(手)
ツナサラダ(手)
ほうれん草とワカメのみそ汁

カレーも3日目にはいると、飽きてくるのは否めない。
そこで今日は、ヨーグルトを鍋に追加し、コンソメで味を整えて丼に。丼には特に意味はないですが(笑)
味の変化は・・・、よく分からん。
とにかく、今回のカレーはすべて食いきった。次にカレーを作るのはいつだろう。

オムレツは記憶を頼りに作ったもの。
本屋の料理本コーナーで立ち読みしていたら、スペイン風オムレツというのがあって、記憶が確かならばこんな感じのものになるのであった。ただし、材料くらいしか覚えてなくて、作り方は適当。
ジャガイモは1cm弱のさいころ切りにしてからアクを抜き、ラップで包んでレンジで2分。
玉葱のスライスとベーコンの細切りをバターで炒め、ジャガイモも追加。軽く塩胡椒で味を付ける。
溶き卵を回し入れて軽く混ぜ合わせたら、オムレツの形にする。
・・・はずが、ボロボロになってしまった(汗)
はたしてこれは、記憶の中にあるオムレツなのだろうか?
まぁそれなりの味だからいいや。わっはっは。

カボチャは5mm角の拍子木状に切ってレンジで加熱。
冷ましてから、野沢菜シラスと混ぜ合わせ、カツオ節をパラパラとふりかけ、醤油を少々。

サラダは、レタス、トマト、人参、ツナ缶。
ツナ缶だけでサラダが豪華に見えるから偉いねぇ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『悪党』 ロバート・B・パーカー著 by 頑固な文庫読者

ロバート・B.パーカー著: 悪党

 スペンサー・シリーズの24作目。
 スーザンやホーク、あるいは事件で出会う人々との会話は、いつものように軽妙で頭を回転させている様が見て取れる。ただし、何作も読んでいるともはやそれだけでは期待を担うことは難しい。

 今回の物語では、二つの状況を組み込むところで打破しようとしている。
 スーザンの変化と、スペンサー自体の危機。

 スーザンについては物語自体の中でも空回りしている感じがあって、こなれていないし不満がある。もう少し突っ込んだものにしても良いはずだが、それを追ってしまうとサイドストーリーの範疇を越えてしまうから難しいのかも。

 スペンサーは物語の後半で事件の裏方との対決で危機に陥り、そこから復活をかけることになる。この段階で、すべての問題はその一本に絞り込まれ、なんとか大団円をむかえる。

 スペンサー自身の鍛錬のさまは、今までもジムでのトレーニング風景などで少しは触れられているが、今回は比べものにならないくらい厳しいものである。閉塞を余儀なくされ、最小限のサポートの中、じっくりと身体を作っていくのは、彼ならでは。

 ただし、メインのストーリーとしてはさほどひねったものではないので、初めてこのシリーズを読む人でもわかりやすいと思う。逆に、ずっと読み続けている人には物足りなく感じるとも言える。


 さて、本書の前半で、スペンサーが名前を尋ねられるシーンがある。

 『 「名はなんというの?」
   教えた。        』

 う~む。スペンサーシリーズの七不思議のひとつである「スペンサーの名」はいつになったら明らかになるのであろうか(笑) 

『悪党』
ロバート・B・パーカー著
ハヤカワ文庫 ISBN4-15-075683-X
本体800円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

本日の収穫 第36回

カレンダー

1.ノーマン・ロックウェル 2006月めくりカレンダー graphic station 1008円

雑誌

2.本の雑誌 2005・11 本の雑誌社 505円+tax

文庫

3.「黒龍の柩(上)」 北方謙三著 幻冬舎文庫 686円+tax
4.「黒龍の柩(下)」 北方謙三著 幻冬舎文庫 648円+tax
5.「幸福の軛」 清水義範著 幻冬舎文庫 724円+tax

星新一特集2 (以下すべて新潮文庫)

6.「妖精配給会社」 514円+tax
7.「白い服の男」 400円+tax
8.「ひとにぎりの未来」 514円+tax
9.「未来いそっぷ」 476円+tax
10.「ノックの音が」 362円+tax
11.「夜のかくれんぼ」 476円+tax
12.「たくさんのタブー」 476円+tax
13.「なりこそない王子」 438円+tax
14.「安全のカード」 438円+tax
15.「どんぐり民話館」 400円+tax
16.「これからの出来事」 362円+tax
17.「つねならぬ話し」 362円+tax

-------------------------------------------------

10月に入ると、来年用の手帳やカレンダーが一斉に並ぶ。
と、同時にあっしも何だかソワソワとしてしまうのだ。

去年はタイミングを逸して見つけるのに苦労したノーマン・ロックウェルのカレンダーがあったので、早速購入。
憑いていたのかいないのか。
このところ忙しい日々が続いていたから、誰かが気を利かせてくれたのかもしれないし、単に早めにチェックしたからかもしれない。もちろん後者だね(笑)

手帳はここ数年使っている能率手帳と同じものにしようかどうか迷っている。
これまた年末が近づくにつれて品物が捌けていくから、時機を逸すると苦労するしなぁ。


星新一文庫は徐々に買い足しているが、地元の本屋では店頭に置いていないものが増えてきている。
品切れ状態なのか、単に並んでいないだけなのかは分からないが。
今は新潮文庫版だけだけど、角川文庫版もあるしなぁ。

細切れの時間を利用して、少しずつ読み進めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 262日目

2005101501

今日の晩飯

串カツカレー
ミックスベジタブルとふわふわ卵のスープ(手)
ソーセージ野菜炒め(手)
カボチャのヨーグルト和えとトマト(手)

昨日のカレーは当然のごとくまだ残っていて、でも、そのまま食すのは面白くない。
総菜コーナーの串カツを買ってきて、キャベツの千切りと一緒に皿に盛る。
もちろん一緒にご飯とカレーも。

このカツとカレーの組み合わせは誰が考えたんでしょう。絶妙ですな。

スープは、ミックスベジタブルをコンソメスープで煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけたあとに、泡立つくらいに溶いた卵を入れる。このとき、スープは菜箸で鍋の中で回転させておくと卵同士がくっつかないのでいいですよ(笑)
まぁ、本当に出来上がりがふわふわ状態だったかは、自分だけが知っているんですけどね。
言ったもん勝ちということで(爆)

野菜炒めは、ソーセージ、長ネギ、人参、ピーマン、ブナピー。
ガーリックパウダーをきかせて炒めたあと、味付けは鶏ガラスープと牡蠣油。
ちょっとしょっぱい。

カボチャは1cm角くらいの短冊状に切ってからラップをかけてレンジで2分ほど加熱。
冷ましたらヨーグルトと混ぜ合わせるだけ。
ほのかな甘みが感じられる。子供にゃわからんよなぁ、あっしもわからん(笑)
トマトは一緒の器にのせただけ。味付けせずにそのまま食す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.14

今日の晩飯 261日目

2005101401

今日の晩飯

チキンカレーライス(手)
野菜サラダ(手)
キャベツの即席漬け(手)
メンチカツとクリームコロッケ(冷)
ワカメスープ
焼きプリン

ごっはんだ、ごっはんだ、たっきたってだ~~~。
ということは、やっぱカレーでしょう。

買ったまま冷凍してあった鶏モモ肉をぶつ切りにしてチキンカレーに。
まずは玉葱のみじん切りをバターでじっくり炒め、ほどよく色が変わってきたら鶏モモのぶつ切り、人参、玉葱、ジャガイモのざく切りを投入して炒め続ける。肉に少し焦げ目が付いてきたら、水を追加して煮込む。
30分くらい煮たらルーを割り入れて、弱火でじっくりと。

う~む、自分で作ると、レトルトや総菜コーナーのものとちがって深い味がするなぁ(笑)
思い入れという調味料が入っているからね、わっはっは。

野菜サラダは、レタス、トマト、カイワレ。

即席漬けは、キャベツ、ミョウガ、大葉。
いりこだし、七味唐辛子、少々の塩といっしょにビニール袋に入れてモミモミ。
しばらく冷蔵庫で寝かして、余分な水を切って器に盛る。
塩気が少ないのに、十分に旨い。
これだけでもご飯一杯以上いけるね。

揚げ物は冷凍食品。
加熱しすぎて、クリームコロッケの中身がデロリンと噴出(爆)

デザートに、焼きプリン。
甘くないカラメルってあるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.13

今日の晩飯 260日目

2005101301

今日の晩飯

肉野菜炒め塩ラーメン(手)
野菜サラダ(手)
枝豆(冷)
パン

ご飯がないのに帰りが遅いと、やっぱりなんですなぁ。

仕方なくいつものやつ。

豚バラ、人参、ピーマン、玉葱、長ネギを炒めて胡椒と中華味調味料で味付け。ラーメン丼にあけておく。
そのあと卵を入れつつラーメンを煮て、ちょっと早めに火を止めて丼へ。
今日は、サッポロ一番塩ラーメン。
まぁ、慣れた味というのは、こういう場合ホッとしますね。

サラダは、レタス、トマト、カイワレ、ミョウガ。

冷凍枝豆は、夏に買ったものが出てきたため(汗)
秋に食ってもなぁ。

パンは、果物とクリームがのっかったやつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

今日の晩飯 259日目

2005101201

今日の晩飯

ペペロンチーニ
小松菜とベーコンのバター炒め(手)
コロッケ
野菜サラダ(手)
卵スープ

昨日もそうだったけど、どうも頭痛がひかなくて困る。
今日は午後から外出予定があったのだが、午前は半休として直接先方へ。話の内容が半分も入らない(汗)
それが終わると会社に戻って少し長い打ち合わせ。
帰ってきたのは10時過ぎ。

ご飯を炊いている時間もないし、またまたパスタで。
外出から戻るときに、同行の上司から「生パスタは旨い」という話しを聞いた影響もある(笑)
あまり売っているとことが多くないと言うことで、確かにいつものスーパーには置いていなかった。

さて、ペペロンチーニは前回とメーカーの違う簡単ソースを使う。
でも、味はほとんど同じだった。なんだか魚系の何かを感じる。なんだかなぁ。

炒め物は、冷蔵庫で半分凍っていた小松菜をざく切りして、ベーコンといっしょにバターで炒める。軽く塩胡椒で味付け。

コロッケは総菜コーナー。ジャガイモがわりとホクホクしていて、期待していなかったが○。

野菜サラダは昨日と同じで、レタス、トマト、人参、カイワレ。
何か変化をつけたいなぁ。

卵スープは、安売り品。四角い真空凍結乾燥のパック。少ししょっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

今日の晩飯 258日目

2005101101

今日の晩飯

ミニカツカレー丼
野菜サラダ(手)
シュガートースト(手)
ワカメスープ
焼きプリン

懇親会があったので、簡単に済ます。

ミニカツカレー丼は、総菜コーナーで。
カツが油っぽくて×。

サラダは、レタス、トマト、人参、カイワレ。

トーストは、休みのブランチ用が余っていたため。
シュガートーストペーストを塗って焼くだけ。

ちょっと腹一杯になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

今日の晩飯 257日目

2005101001

今日の晩飯

中華丼(レ)
イワシ缶と茄子のチーズのせ(手)
水餃子(手)
野菜サラダ(手)

朝から眠くて、音楽を聴きながらウトウト、パソコン画面を眺めながらウトウト、テレビを見ながらウトウト。結局、ブランチを食べたあとどうしても我慢できなくなり布団に戻ると、次に目が覚めたのは8時頃。う~む、何をやってんだか。

さて、そんな感じなのでスーパーに行く気もなく、あり合わせの材料で晩飯を作る。

中華丼はレトルト。最後の冷凍ご飯で。

グラタン皿にのっているのは、イワシの醤油煮缶と茄子を並べてチーズをのせ、オーブントースターで加熱したもの。茄子はあらかじめ切れ目を入れてラップをしてレンジで加熱。
出来上がりは・・・、ちょっとバラバラ。それぞれを単独で食べた方が旨いかも(笑)
きっと、トマトなんかと一緒にすれば味がまとまったんだろうなぁ。

水餃子は、長ネギ、人参、小松菜を入れる。味付けは味覇と胡椒。
味覇とか香味があると、こういう汁物は味付けが楽だね。

サラダは、レタスとトマトだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.09

本日の収穫 第35回

CD・DVD

1.「/05」 坂本龍一 ワーナー・ミュージック・ジャパン 2940円
2.「100曲モーツァルト」 avex CLASSICS 3000円
3.「THE BEST OF JAZZ PIANO」 V.A. 東芝EMI 2300円

4.「ER 緊急救命室 IX (1~3)」 ワーナー・ホーム・ビデオ 2352円
5.「ER 緊急救命室 IX (4~6)」 ワーナー・ホーム・ビデオ 2352円

新書・文庫

6.「ショートショートの世界」 高井信著 集英社新書 660円+tax
7.「大人のための読書法」 和田秀樹著 角川oneテーマ21 724円+tax

8.「ふたりのシンデレラ」 鯨統一郎著 光文社文庫 590円+tax
9.「新解さんリターンズ」 夏石鈴子著 角川文庫 629円+tax
10.「ハッピー・バースディ」 新井素子著 角川文庫 590円+tax
11.「椿山課長の七日間」 浅田次郎著 朝日文庫 600円+tax
12.「ローマ人の物語 危機と克服[上]21」 塩野七生著 新潮文庫 400円+tax
13.「ローマ人の物語 危機と克服[中]22」 塩野七生著 新潮文庫 438円+tax
14.「ローマ人の物語 危機と克服[下]23」 塩野七生著 新潮文庫 438円+tax
15.「味」 秋山徳蔵著 中公文庫 762円+tax
16.「日本詣で」 嵐山光三郎著 集英社文庫 552円+tax
17.「寿司問答 江戸前の神髄」 嵐山光三郎著 ちくま文庫 740円+tax
18.「こちら本の探偵です」 赤木かん子著 ちくま文庫 700円+tax
19.「達人の日本語」 北原保雄著 文春文庫 552円+tax
20.「ハル」 瀬名秀明著 文春文庫 590円+tax

星新一特集 (以下すべて新潮文庫)

21.「ボッコちゃん」 476円+tax
22.「ようこそ地球さん」 552円+tax
23.「ボンボンと悪夢」 476円+tax
24.「悪魔のいる天国」 438円+tax
25.「マイ国家」 438円+tax
26.「宇宙のあいさつ」 552円+tax
27.「妄想銀行」 514円+tax
28.「ブランコのむこうで」 400円+tax
29.「おせっかいな神々」 514円+tax
30.「エヌ氏の遊園地」 438円+tax
31.「凶夢など30」 438円+tax

雑誌

32.「大田垣晴子責任編集O[オー]no.12」 筑摩書房 762円+tax
33.トランジスタ技術 2005・11 CQ出版社 690円

-------------------------------------------------

やっぱ、ストレスもあるのかなぁ。
すべてを読むことは出来ないだろうけど、買ってしまうんだよな(汗)

前にも書いたけど、星新一のショートショートを読み直そうかと思い、本屋に並んでいるものをぼちぼちと買い始めたところ。さすがに棚に並んでいるものをまとめて買うのはナンなので、何軒かの本屋で何冊化ずつ。まだまだ先は長い。(「ブランコのむこうで」は長編)

先日、「あのころの未来 星新一の預言」を読み終わり、読みのがしてなるものか、という思いが強くなった。

今回買った「ショートショートの世界」もそうだけど、ブームなのか?


それ以外で注目は、「新解さん」「味」「日本詣で」。
「新解さんの謎」は、書物は人格を有する、ということをあらためて明らかにした書である。辞書でさえ思わず人間性を露呈してしまうのである。すべての本は単なる文字の羅列ではなく、薄い紙の、その奥深くに血を通わせているのだ。だから、あっしが本のページを破いたり、折ったりするのが嫌いなのは、そういうことを感じていたからに他ならない(爆) 今回、辞書が第6版に改訂されたことをうけ、変化した人間性を見つけ出すという難事業をした結果を著した本である。大げさだけど(笑)

「味」は、天皇の料理番として有名な秋山徳蔵氏。あっしは堺正章の演じたドラマの印象がとても強い。
前から彼の書いた本を読んでみたいと思っていたのだ。内容はどんなものかは確認せずに分からないまま買った。

「日本詣で」は、嵐山光三郎である。ハズレなわけがない。


残念なことに、O[オー]は今回のno.12をもって休刊だとのこと。発売日を楽しみにしていたのになぁ。
筑摩書房は、以前に「頓智」という雑誌を出していたと記憶しているが、それが休刊になったときも残念だったな。面白い雑誌だったのに。
あっしが面白いと思う雑誌は万人受けしないのか?


モーツァルトのCDは、休日のBGMにでもしようかと思って買ったもの。10枚組で3000円だから、1枚300円。安いというかナンというか。
その1枚目は、映画「アマデウス」で登場する曲が納められているが、演奏者が違うのでイメージがだいぶ異なる。違和感出まくり。少なくとも映画を見た人は、そのイメージをダブらせない方が良いだろう。

坂本龍一「/05」のみっけものは、1曲目の「Tibetan Dance」だね。元曲は大好きだけど、こちらも感激だ。
あと「Happyend」「Thousand Knives」など。こりゃええわ。


でもね、これらを消化する時間も必要なんだなぁ。
ページをめくる時間。聴く時間。観る時間。がね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯 256日目

2005100901

今日の晩飯

鶏のカリカリ焼き(手)
キャベツとソーセージのコンソメ煮(手)
野菜サラダ(手)
豆腐とワカメのみそ汁

やっぱりご飯だよな、と何度も言っているけど、やっぱりそうだよね。
晩飯に麺類が続くと凹みますよ、あっしの場合は(笑)

さて、しばらく作っていなかった鶏のカリカリ焼き。
実は、時間があれば作ろうとして、モモ肉は買ってあって(でも時間がとれなくて)冷凍していたのだが、今日買い物に行く前に自然解凍させるのを忘れてしまって、新たに購入。
味付けは、ガーリックパウダー、粗挽き胡椒、ハーブソルト。両面に振ってしばらく置いてから皮側を焼き始める。皮側9に対して身側1の割合の焼き時間。

旨いね。旨い旨い。これでなくてはいけません。

焼いている途中で出る油で、いっしょに茄子の短冊切りを焼く。
カツオ節と少しの醤油で。

煮物はキャベツ。
本屋で立ち読みしたレシピ本を参考にした。本では鶏ガラスープだったけど、コンソメで。
キャベツは半玉を二等分して鍋へ。
人参は3cmくらいの長さで。
粗挽きソーセージは3本。まぁ何本でも良いけどさ(笑)
それらをカップ1杯半の水とコンソメ一かけで。途中で胡椒も追加。
キャベツが甘くてびっくり。コンソメとソーセージから出た塩気で引き立っている。

サラダは、レタス、トマト、人参、フライドオニオンフレーク。
今日でフライドオニオンフレークを使い切ってしまった。一度にそんなに大量に使うものではなく、風味つけの役割が大きいので、無いと少し寂しい。
買ったスーパーでは売り切れて久しく、他のスーパーでは見かけたことがない。単発の入荷だったのかもしれない。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CEATEC JAPAN 2005 に行ってきた

毎年必ず見に行く「CEATEC JAPAN」に行ってきました。最終日。

2005100802

朝から頭が痛くてどうしようかと思ったけど、なんとか薬で押さえ込み、常磐道をつかって実家近くに車を置き、さらに電車で海浜幕張まで。3時間強。行くだけで疲れる。
引っ越し前ならその半分くらいで行けたのだが。

会場の幕張メッセに着いたのが11時前。駅からはぞろぞろと歩く人が続く。
実は今までは平日にしか来たことがなかった。会社を休んで。でも今回は仕事の都合もあり、なんとか最終日の土曜日に滑り込むことが出来たという感じ。

インターネットで事前登録をしてあったので、とくに面倒なこともなく入場。
2005100805
パスケースには職種、会社名、名前がプリントされていて、それぞれのブースの受付に差し出せばバーコードを読み取って記録が残るという寸法。あとで登録してあるメールアドレスにお礼のメールが来たりすることもある。

このようなシステムになったのは割と最近のはずで、それまでは名刺を大量に持ち歩かなければならなかったので、枚数の見込みを間違えると大変だった記憶がある。

とはいえ、今回は頭痛の余波が残っていて、ブースの受付でCDカタログや景品をもらったりするのはやめて、展示品をぶらぶらと眺めるだけにした。車できていれば入手した資料を持って帰るのは楽だから良いのだが、電車では疲れるのだ。宅配サービスもあるけど、そこまでする必要もあっしにはない。

この催し物は、いわゆるエレクトロニクスの、具体的にはディジタル・モバイル・ユビキタス・ホームエンタテインメントの先端技術を公開するのが目的(?)なのだが、年を経るごとに「先端が先端である期間が短くなっている」感じがする。

技術の進歩が早い、ということもあるが、先端だったものがすぐに入手可能になる、という時間のギャップが無くなったこと(あるいは無くなりつつある)が大きいだろう。
逆に、だからこそ「先端が先端であることを感じられない」というつまらなさも、あっしは感じるのだ。
毎年毎年、その感想は大きくなっている。

そうは言うものの、目玉のひとつである話題の大容量のコンテンツが収納可能なディスクは外せないだろう。

2005100803

2005100804

ブルーレイディスクとHD DVDの戦いである。
ユーザ不在の争いとか、βとVHSの二の前とか、いろいろ言われているけど、会場ではホンの数十m離れたブースで火花を散らしていた。
よく分からないけど、両対応の再生機が出てくれればいいや(笑)
もっとも、どちらかが必要になるコンテンツって、今のテレビや音響再生手段では不十分?
高画質、高音質など、官能に訴える部分は結局のところブルーレイディスクでのHD DVDでもなくて、そういうところに負う部分が非常に大きいのでは? 元のデータ自体が悪ければ仕方ないけど、良くたって出口が悪けりゃねぇ(汗)

仕事柄、会場の半分弱を占める電子部品関係のブースの方が面白い。泥臭くて(笑)
でも、モバイル、車載関係の部品が大半で、ちょっと分野の違うあっしとしては、これまたあまり収穫のないものであった。ここ数年こんな感じなので分かってはいたけど、めぼしい展示品が全部でほんの数点というのは・・・。

午後2時過ぎには会場をあとにして東京方面へ。
CD、DVD、本などを買いあさって帰宅。


関係ないけど、常磐道は眠いぞ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.08

今日の晩飯 254~255日目

昨日、今日の二日分です。

10/07分
2005100701

またパスタだよ。
帰りが遅いときは麺類でいいや。もう。

先日とほぼ同様の内容。
違うのは、ミートソースがナポリタンソースに変わっていること。
でも、こちらが正解。
茄子とトマトは、ばっちりだね。

お供は、卵野菜スープ、野菜サラダ、湯葉つつみ、焼きプリン。

10/08分
2005100801

朝から幕張に出かけ、そのあと東京で買い物をして帰ってくるともう10時。
また麺。久しぶりのラーメンである。

肉野菜炒め味噌ラーメン。

冷蔵庫の野菜を処分がてら使ったら、麺よりも多い(笑)
見た目は麺の方が面積広いけど、その下は肉野菜炒めが敷き詰められています。食べても食べても減らないよ~。

お供は、グラノーラフレーク+ヨーグルト、トマトのパルメザンチーズサラダ。
写ってないけど、野菜ジュースも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.06

今日の晩飯 253日目

2005100601

今日の晩飯

カレーうどん
コロッケ
グラノーラフレーク+ヨーグルト

今日は飲み会があったのだが、諸々の事情で行かずじまい。会費は寄付金に化けてしまった(笑)
結局、なんだかんだで昨日と同じ時間の電車に乗って帰宅。
だらんとした気分のまま、今日の献立に突入。

カレーうどんは、レトルトのカレーうどんのルーを。
いつもそうだけど、レトルトの中身はけっこう貧弱なので、具を追加することがある。
今回は、豚バラ肉と長ネギを炒めて、それにレトルトのルーを合わせて煮込んだ。

うどんは冷凍もの。
細めのものなので、なんとなく食い応えがなかった。

コロッケは見切り品。
付け合わせはキャベツの千切りとトマト。

グラノーラフレーク+ヨーグルトはいつもの。
オレンジママレードを追加して、いつもより甘め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.05

今日の晩飯 251日目~252日目

二日分です(汗)

10/04の晩飯

2005100401

茄子とミートソースのスパゲティ(手)
鶏の香り揚げ
野菜サラダ(手)
コーヒー牛乳

またもや終電だったので、またもやスパゲティ。

昼に、会社の別部署のひとから、トマトと茄子とベーコンの和風パスタの話しを聞き、いつか作ってみようと考えていた。でも、帰りが遅いので、トマトと茄子の組み合わせだけを借りる。もっとも、トマトはレトルトのミートソースだけど(笑)

オリーブオイルで茄子とピーマンを炒め、茄子に火が通ってきたらミートソースを投入して軽く煮込む。
その間にスパゲティを茹でておいて、いい頃合いで合わせて出来上がり。簡単。

なるほど、茄子とトマトの組み合わせも良い感じ。

鶏の香り揚げは、スーパーの総菜コーナーの見切り品。
唐揚げかと思ったら、ころも自体にはそんなに味が無く、肉側に味が付いている。
不味くはないが、とりたてて旨いと思えるほどではない。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、スーパースプラウト、しらす。

まぁ、夜中に食べるには十分な量だけど、翌日少しもたれるのである。


10/05の晩飯

2005100501

肉野菜炒め(手)
いわしフライ
野菜サラダ(手)
冷や奴
ほうれん草とワカメのみそ汁

今日は昨日より少しだけ早く帰ることが出来た。

やはりご飯である。
でも、時間がたっぷりあるわけではないので、手抜き。

炒め物は、豚バラ、モヤシ、人参、ピーマン。
肉から炒めはじめ、ガーリックパウダーで香り付け。すべてに火が通ったら、味覇と鶏ガラスープをお湯で溶いたものに片栗粉を混ぜたいつものやつで味付け。と思ったら、牡蠣油を入れるのを忘れた(汗)
でもまぁ、中華風の味で、これはこれでおかずにぴったり。微妙なとろみも上手く決まった。

いわしフライは、総菜コーナー。
今日は揚げ物と焼き鳥しか並んでいなかった。イカフライと迷ったが、きっとそっちが正解だっただろう。
今日のキャベツの千切りは、最高に上手く刻めた。あっはっは。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、しらす、薄焼き卵。
最近卵の料理を作っていないので、いつも冷蔵庫に卵が余っている。そのまま生ゴミの日に供出するハメに。
先日買った卵をそういうパターンにすることもなんなので、薄焼き卵を作ってサラダのトッピングにしてみた。
いつもは無い色なので、けっこう驚き。たまには良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.04

今日の晩飯 250日目

2005100301

今日の晩飯 (10/3日分)

たらこスパゲティ
シラス野菜サラダ(手)
ミニコロッケ(冷)
冷や奴
コーヒー牛乳

また終電ですよ。
でもまぁ、気分的にはだいぶ楽ですけどね。

時間がないので簡単に済ます。

スパゲティは、茹でてたらこソースを混ぜるだけ。
付属の刻み海苔のほかに、わけぎ振りかけを。
たらこの感じはあまりしなくて、少ししょっぱい。食えなくはない。

サラダは、レタス、トマト、人参、スーパースプラウトにしらすをトッピング。
例によって、レモンと叙々苑のサラダのたれで。

ミニコロッケは冷凍食品のあまり。
加熱しすぎて水分が飛んでしまった(汗)
付け合わせはキャベツの千切りとピーマンの細切り。

冷や奴は、カツオ節とおろし生姜。


スパゲティは、まぁ、かやくご飯といった役どころですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

ユニクロのCMで

今流れているユニクロのコマーシャルで、中央アジアのひと(?)が歌っているような、合図を送っているような、不思議な声を出しているシーンが流れている。

これは『ファインマンさん最後の冒険』の中で触れられている

「二声独唱」 または 「喉音歌唱」

なのでしょうか。

一人で高音と低音を同時に発声しているらしいのですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今日の晩飯 249日目

2005100201

今日の晩飯

焼き春巻き(チ)
エビとカニのシューマイ(冷)
小松菜と人参のおつゆ(手)
キャベツの即席漬け(手)
野菜サラダ(手)

今日は良いけど、明日以降の予定が不明確なので、食材もそんなに買い込めない。いきおい、チルド品や冷凍食品に頼ることが多くなり、生野菜や魚関係が寂しくなる傾向にある。なんとかしたいが、もともと食材の消費量も多くないから、買い物の加減が難しいですね。
意地でもコンビニ弁当だけは避けたいし。

さて、今日は何だか似たようなおかずが並んでしまった。

春巻きはチルド品。
箱に書いてある調理方法は油で揚げるものしか書かれていなかったけど、基本的に揚げ物はしないので、ちょっと多めの油で(大さじ1杯半くらい)で、フライパンで焼くことにした。
表、裏(どちらがどちらかわからんけど)を焼いて、更に側面にも火を通す。
もとより油で揚げたパリパリ感は期待できないけど、しっとり感のある皮と熱々の餡の組み合わせもいいんじゃない?

シューマイは、ランチョンマットに並べるときに気がついたけど、春巻きと似たようなおかずだねぇ(笑)
(もっと早く気がつけよ>自分)

つゆは、小松菜、人参、豚バラ肉を水で割ったダシ醤油で煮ただけ。
みそ汁ばかりじゃ飽きるしね。
スイトンにしても良かったかな。

即席漬けは、キャベツ、大葉。
荒く切って、いりこだし、七味唐辛子、塩で揉む。しばらく冷蔵庫で寝かして、出てきた水分を絞ったら出来上がり。
旨いねぇ。即席漬けは香りのある野菜があると引き立つ。その点、大葉はピッタシの食材。
セロリなんかも使えるかな。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、しらす。
しらす旨い。あんまり日持ちしないこともあって、そう度々は買わないけど。


さて、あしたのおかずは何じゃらほい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 28走

本日の走行結果

ルート: 自宅-東海-鮎川-佐和-自宅
距離: 55.01km
平均速度: 26.4km/h

ひと月以上もロードバイクに乗らないと、ちょっと勘が鈍る。

MTBは朝晩の駅までの足として使っているが、ポジションやギヤ比、タイヤや固い足回りなど、全然違う。案の定、走り始めてすぐに、車の幅寄せをよけるために歩道側の縁石そばに寄ったら、ホンの1~2cmのコンクリート舗装の段差にタイヤをとられて転倒寸前(笑) いやいや、笑い事ではない。

今日はそれ以外では危険なことは無かったのでよかったが、気をつけるに越したことはない。

本当は、前に買ったノートパソコンが故障した(と思ったので)、また東京まで出て修理を依頼しようとしたのだが、故障が再現しなかったので出かけるのは取りやめて、久々の自転車となったわけ。
天気は良いし、というよりも暑くて難儀したが、風も強くなく、絶好の日和でんなぁ。

とりあえず、目的地を会社からそう遠くない場所にあるCD屋に決めた。
残念ながら目的のCD、DVDは店頭に並んでいなかったので、本当に単なる目標地点になってしまった(笑) まぁいいけどさ。

行きは国道245号で、帰りは国道6号。
245号は日立港から北側に走り抜けるときの海の眺めがいい。
海岸近くではじける波が、去ってしまった本隊から遅れた夏の残りを表しているかのよう。殿隊どの、早くいってしまってください(笑)

鮎川で折り返し、6号に入ってからは暑くてたまらない。
補給した水分がどんどん抜けていくのが分かる。あっはっは。たまらんけど、楽しいなぁ。

ひたちなか市内に入って、さすがに水分だけでなく当分も必要かと感じたので、アイスクリームとアイスコーヒーを補給。もう10月なのに。


結局、距離は伸ばせなかったけど、まぁ普通に走れるのでホッとした。
ただ、明日以降の筋肉の悲鳴がどうなるかは、まだ分からない(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.01

今日の晩飯 248日目

2005100101

今日の晩飯

ハンバーグ(冷)
塩鯖
ジャガイモとミックスベジタブルのコンソメ煮(手)
野菜サラダ(手)
長ネギととろろ昆布のみそ汁

今日もまた休日出勤。
それでもひと頃のように終電で帰れるか心配するようなこともなく、帰ってくることが出来た(汗)

あんまり下ごしらえの必要なおかずを作る気分でもないので、簡単なおかずを並べる。

ハンバーグは冷凍のレトルト品(なんていえばいいのだろう)。鍋で温めるだけ。ついでにゆで卵も作って添える。
味はデミグラスソースが渋い味で、大人(笑) もう少し明るい味だと良かったのだが。

ご飯には焼き魚ですよ。
久々に塩鯖。焼きたては外側がパリッとして、でも身からは油がしたたり落ちるほどしっとりしていて旨いなぁ。社食で出る同名のおかずとはまるで違う。

コンソメ煮は、当初は塩肉じゃがにしようとしたもの。
冷凍庫にミックスベジタブルがあるのを思い出し、路線変更。
ジャガイモ、玉葱、ミックスベジタブル、ベーコンをチキンコンソメ1かけで煮ただけ。
それでも火が通ってホロホロの少し手前になったジャガイモは十分に旨い。ベーコンの味も染みている。

野菜サラダは久しぶりに手作り。
レタス、トマト、人参、ピーマン、スーパースプラウト、フライドオニオンフレーク。
レモン汁と叙々苑サラダのたれの組み合わせで、もう最高(笑)


いやぁ、ホント、しばらくぶりの充実した晩飯 って感じだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯 244日目~247日目

今日の晩飯

いやぁ、また少し間が開いてしまいました。
仕事も大山を越えた感じで、終電で帰りつつも精神的には余裕が多少出来てきたかなぁ、ってなところ。

今週の晩飯は、スパゲティが並びました。
もともと晩飯にスパゲティを食べるということが無く、自分で作ったこともなかったので、晩飯候補としては全く考えていませんでした。

ところが、沈んでいる最中に、しかたなくマカロニにレトルトミートソースをかけたものを食べたら、そんなに違和感がなかったものですから、機会があったらスパゲティも作ってみようかと思っていたところなのです。

利点としては、おかずを作る点数が減らせるということ。
時間があればご飯を食いたいけどね(笑)

さて、今週のスパゲティシリーズはこんな感じになりました。

2005092701

初日は、レトルトのナポリタンソースを使用。
スパゲティは1.6ミリ、7分茹でる。以下同文。
茹であがったものに、玉葱のスライスとピーマンの細切り、豚バラ肉の細切りを加えて、オリーブオイルで炒める。
なぜ豚バラ肉かというと、先日買ったベーコンを冷蔵庫に入れ忘れていて、それを使おうとしたら、糸を引いている状態になっていたからである(汗) しかたなく冷凍庫の豚バラ肉を。
炒まったら、レトルトのソースをそのまま入れて再び炒め、火が通ったら出来上がり。

お供は、リンゴクリームパンと野菜サラダ、牛乳。

2005092801

二日目。
ベーコンは買ってきたものの、パスタソースがミートソースしかなかったのでそれを使用。
昨日と同様に玉葱スライスとピーマン細切り、ベーコンと一緒にオリーブオイルで炒めてソースをかけて軽く炒める。ナポリタンもどきというか、変形ミートソースというか。
どういう命名だか分からないけど、昨日よりは旨い。ベーコンの威力か。

お供は、グラノーラフレーク+ヨーグルト、野菜サラダ、きな粉コーヒー牛乳。

2005092901

三日目。
初日とは違うメーカーのレトルトナポリタンソース。
オリジナルブランドの安売り品だけど、これがまためっけもの。トマトの味が強くてあっしの好みに合う。
引き続き、玉葱スライスと細切りピーマンとベーコンとオリーブオイルで炒め、ソースを混ぜて軽く炒めて出来上がり。
結果的にはこれが一番いい組み合わせだった。

お供は、カレーパン、野菜サラダ、きな粉コーヒー牛乳。

2005093001

今日(9/30)は、さすがにトマト味にも飽きたので、ペペロンチーニに。
レシピを覚えてこなかったのでスーパーで何を買ったらいいのか分からず、仕方なくお手軽ペペロンチーニソースを買う。
茹でたスパゲティに混ぜるだけなので簡単だが、味が気にくわない。
何かの魚の味がして、ちょっと期待していたシンプルでニンニクの利いたものと違ってがっかり。
次回は市販のソースではなくて、レシピにしたがって作ってみよう。

お供は、フルーツロールパン、鶏の唐揚げ、野菜サラダ、コーヒー牛乳。


でも、やっぱりご飯の方が良いかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »