« 今日の晩飯 307日目 | トップページ | 『珍妃の井戸』 浅田次郎著 by 頑固な文庫読者 »

2005.12.04

本日の収穫 第43回

雑誌

1.東京人 january 2006 no.222 都市出版 900円
2.このマンガがすごい!2006・オトコ版 宝島社 752円+tax
3.このマンガがすごい!2006・オンナ版 宝島社 752円+tax

文庫

4.「世直し源さん ヨシイエ童話1」 業田良家著 竹書房文庫 648円+tax
5.「世直し源さん ヨシイエ童話2」 業田良家著 竹書房文庫 648円+tax
6.「世直し源さん ヨシイエ童話3」 業田良家著 竹書房文庫 648円+tax
7.「博士の愛した数式」 小川洋子著 新潮文庫 438円+tax
8.「時代小説 読切御免第三巻」 新潮社編 新潮文庫 476円+tax
9.「時代小説 読切御免第四巻」 新潮社編 新潮文庫 476円+tax
10.「ぶっかけめしの午後」 椎名誠著 文春文庫 467円+tax
11.「やすし・きよしと過ごした日々 マネージャーが見た波瀾万丈回想記」 木村政雄著 文春文庫
12.「虹の家のアリス」 加納朋子著 文春文庫 571円+tax

-------------------------------------------------

「東京人」の特集は、1986-2005「東京人」が見てきたもの。
お買い得(笑) 
20年間雑誌が継続するだけでえらいことである今日この頃。凝縮されている本号だけ買っても損はない。

「このマンガがすごい!」 
最近こういう雑誌が多いですなぁ。買ってしまうあっしもあっしだけどさ。
でも、毎週買っているマンガ雑誌が、読めないうちに何冊も何十冊もたまってしまっている昨今。さすがにこういう状況だとマンガ雑誌を買い続けるのは無駄な行動なので、単行本に切り替えることにしようかと思っていたのだ。
そうなると、マンガに関する情報をどこから仕入れればよいのかという問題が出てくるわけで、参考になるかなぁ、ということなのである。
ただ、こういうまとめ的な書物になった時点で、既に過去の話題、情報なんだよなぁ。

文庫。
なんといっても「博士の愛した数式」でしょう。待ってたんですよ。
これを読めば、既に読み終わっている「世にも美しい数学入門」の中で話されていた内容が、もう一度脳みそに響いてくるかなぁ。

「世直し源さん」 上野駅の中にある書店をぶらぶらしていて見つけた。しかも竹書房である。「自虐の詩」という怪書を出しているところだ。中身も確認せずに購入。電車の中でとっかかりの部分だけ読んだけど、なんだか展開が読めない(笑)

「虹の家のアリス」 この本、先月どこかの本屋で見かけた気がするのだけど、幻だったのだろうか。「螺旋階段のアリス」と見間違えたのかなぁ。きっとそうなんだろうなぁ。


またもや時間もないのに本ばかり買い込んでいる。
これでボーナスが出たら、またたくさん買ってしまいそうで心配だ。
(別に大金が入って来るということではないけどね(汗))

|

« 今日の晩飯 307日目 | トップページ | 『珍妃の井戸』 浅田次郎著 by 頑固な文庫読者 »

コメント

「博士の愛した数式」,もう文庫になったんですんね。僕の方は「世にも美しい数学入門」、まだ買ってません。やっぱり天然文系なんで(笑)。

投稿: マホ | 2005.12.05 12:01

まいどです。

まだだと思っていたんですが、やっぱり嬉しいですね。
「世にも美しい数学入門」は、きっと文系理系関係なしに楽しめると思いますよ。
でもやっぱり「博士の愛した数式」を先に読むべきでしょうね。

投稿: みそがい | 2005.12.05 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/7466534

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫 第43回:

« 今日の晩飯 307日目 | トップページ | 『珍妃の井戸』 浅田次郎著 by 頑固な文庫読者 »