« 本日の収穫’06 第3回 | トップページ | 『なぜ起こる鉄道事故』 山之内秀一郎著 by 頑固な文庫読者 »

2006.01.22

今日の晩飯’06 22日目

2006012201

今日の晩飯

鶏モモのカリカリ焼き(手)
野菜の高菜炒め(手)
大根とがんもの煮物(手)
イワシ味噌缶と卵のココット(手)
野菜サラダ(手)
キャベツの即席漬け(手)
エビワンタン(チ)

ファンヒータの前でウトウトしていたら頭がぼ~っとしてしまい、そのまま献立を考えていたら、何だか作りすぎてしまった。

鶏モモはいつものカリカリ焼き。
両面に、ガーリックパウダー、粗挽き胡椒、塩で下味を付けてから少量の油で焼く。もちろん皮側から。
いつもながら「サクッ」とした皮の食感は抜群だ。なんだったら、皮だけでも良い(笑)

皮から出た油を使って、野菜炒め。
高菜漬け、モヤシ、ピーマン、人参。
先日半分だけ使ったブナシメジには白いカビ状のものが発生していて、使う直前でゴミ箱行き。シメジ自体の新たな胞子群だったのかもしれないけど。
味付けは、軽く塩胡椒。油自体に鶏モモ下味が移っているはずだから、強い味付けにはしなくても大丈夫だろうと考えたのだが、味が薄すぎた。高菜の酸味だけが際だっていて変な味(涙)

煮物は大根とがんもどき。
酒3、醤油3、砂糖2、みりん1(各大さじ)を2カップ弱の水で沸かして煮るだけ。途中で、大根に味が染みこむように一旦火から下ろす。食べる直前で再加熱。
大根の色は褐色に変化して、味が染みこんでいるように見えるけど、実際にはまだだった。もう少し煮詰めれば良かったかも。

ココットは、イワシ味噌缶、長ネギスライス、卵。
ココット皿にはバターを塗っておき、長ネギ、イワシ、卵の順にのせていき、軽く塩胡椒。
オーブントースターで7分ほど加熱して完成。
イワシの味が、イワシだけにしか感じられず、長ネギと卵には味がほとんど付いていない。いったい何をやっておるのだ、あっしは。
イワシ缶の煮汁を入れたり、長ネギへの下味、卵への味付けなど、もっとやることがあったはず。
ボケとるなぁ、今日は。

野菜サラダは、レタス、トマト、水菜、人参。
いつものレモン汁+叙々苑サラダのタレで。これだけは安心の旨さ。

キャベツの即席漬けは、キャベツと人参。
いりこだしと七味唐辛子、乾燥柚子でもむ。これも安心の旨さ。
乾燥柚子はフリーズドライで、袋から出しただけでは香りがあまりない。
ただ、他の材料と一緒にもんでしまうと、その香りが強すぎて、これまた香りがどこかに行ってしまっていた。
別にもどしてから最後にのせるくらいでいいのかもしれない。

エビワンタンは、88円の特売品。
長ネギのみを加えて。

2006012202

さて、一部で話題の男前豆腐店の商品があったので、買ってみました。(←こぶママさんありがとう)
先日は別のスーパーで「厚揚げ番長」を見つけたのですが、今日買い物したスーパーではこの「がんも番長」だけがありました。

売り文句は、  「男泣き望郷仕込み」  だそうで(汗)

曰く、 「がんもを食って涙が出ました。 おふくろ元気かな・・・」

だって。うむむむ。素晴らしい。
涙が出なかったあっしは冷たい人間か(爆)

これらのスーパーは、いったいどういう基準で商品を仕入れているのでしょうか。どうせなら話題作りで一通りのシリーズ商品を並べてみればいいのに。

とりあえず、今日は煮てみましたが、次回は焼いてみますか・・・。

|

« 本日の収穫’06 第3回 | トップページ | 『なぜ起こる鉄道事故』 山之内秀一郎著 by 頑固な文庫読者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の晩飯’06 22日目:

« 本日の収穫’06 第3回 | トップページ | 『なぜ起こる鉄道事故』 山之内秀一郎著 by 頑固な文庫読者 »