« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.26

常盤平の桜祭りは

2006032602

毎年恒例、常盤平の桜祭りは、4月1~2日です。

お近くの方は是非ご覧になってください。

昨日、実家に寄るついでに、八柱から五香にかけて様子を見てきましたが、咲き始めといったでした。
若い桜の木が、やはりというか、先に花をつけています。老木はどっしりと構えて出番を待っている感じ。
桜祭り当日はに見頃と重なって、見事なものになるでしょう。

2006032603

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯’06 85日目

2006032601

今日の晩飯

ベーコンエッグ(手)
ほうれん草のバター炒め(手)
塩鮭
水餃子(手)
トマト
韓国海苔

せっかくご飯を炊いたのに、やっぱり食欲万全までは遠い感じ。
軽く食べられそうなものをイメージしたら、ホテルの朝定みたいなメニューになってしまった(汗)

ベーコンエッグは見ての通り。
付け合わせは、千切りキャベツとほうれん草のバター炒め。
ほうれん草は、ガーリックフレークでバターに香り付けしてから投入。
食べてみたら、かすかな塩味しかしない。味付けを忘れていた(笑)

塩鮭は78円のもの。買ってからしばらく冷凍庫で寝ていたもの。
いつもと違って塩気が足りないため、ご飯に混ぜて、韓国海苔と一緒に食べる。

水餃子は、冷凍中華野菜ミックスと一緒に。
味付けは、いつもの味覇に、金華火腿(ハム)スープの素、帆立だしの素を追加。
これらは昨日実家近くの大型スーパーで見つけたもの。
混ぜて使ってしまったので、それぞれの味がどうなのか分からない。間抜け。
旨かったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

今日の晩飯’06 84日目

2006032501

今日の晩飯

ビーフポークカレー(レ手)
野菜サラダ(手)
ネギワカメスープ

月一で実家に帰る日。
なんやかやで、戻ってきたのが10時前。
ちょっと疲れたし、まだちょっと食欲万全までにはなっていないが、それでも食えるものということでカレーライス。
急なのでレトルトを使う。

しかしながら、そのまま使うのはしゃくなので、玉葱のみじん切りをバターで炒めたものと、豚コマを炒めたものを混ぜる。玉葱はニンニクと一緒に先に炒め、色が変わってきたところで肉を追加。多少焦げ目がついたころにカレー粉を小さじ半分入れ、レトルトも入れる。ビーフカレーなので、合わせてビーフポークに(笑)

辛口だったけど、玉葱の甘さでちょっとまろやかになってちょうど良い。

サラダは、レタス、トマト、人参、水菜、舞茸、韓国海苔。
舞茸はラップに包んでレンジで30秒加熱。韓国海苔はハサミで細い短冊に切る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片頭痛の薬

どうにもこうにも頭が痛いのであった。
収まりつつあったのだが、会社の診療所に行き、「片頭痛に効く薬をください」と頼む。

最近はよく効く薬があるそうで、だけど高いらしい。

「1錠1000円しますよ(笑)」

というのであったが、半分冗談だろうと思いつつ5回分の処方をしてもらう。
家に帰り、どんな薬か調べてみたら、確かに1000円する。いやぁびっくり。
あまりの値段に飲むのを躊躇してしまうぞ。
(効かない場合は2時間後にもう1錠飲め、ですと)

また、薬効を確認すると、全員が効くわけではないらしい。まぁそれはそうだろう。でも、あっしが効かないグループだったらやだな。

ちなみに、今回はなぜか一緒に
「あなたの片頭痛に役立つハンドブック」
という小冊子をもらった。
それによると、片頭痛の自己診断チェックがあって、

1)脈打つようにズキンズキン痛む
2)頭痛とともに吐き気があったり、実際に吐くこともある
3)頭痛があるときは、静かなところでじっとしていたい
4)頭痛が始まる前に視野にチカチカした光が現れる
5)仕事や家事などに支障があり、ひどいときは寝込んでしまう
6)体を動かすと頭痛がひどくなる
7)その頭痛を過去何度か経験している
8)頭痛は数時間から3日間持続する
9)家族に同じような頭痛持ちがいる

で、ひとつでもチェックがついた場合は片頭痛持ちかもしれません、だって。
特に1~6についている場合は可能性高し、だそうです。
あっしはほとんど該当する(涙) 助けてくれ。


まぁ、1錠がバファリン1箱分の値段より高くても、効けばいいんだけどさ。


小冊子には、緊張型頭痛との混合型頭痛というものも説明があり、振り返ってみるとこれにも当てはまるようだ。
(緊張型頭痛は風呂にはいると痛みが和らぐことがあるけど、片頭痛は逆。あっしは両方経験有り)

うむむ、奥が深いぜ。
なんて言っている場合ではないのだ。・・・が。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.03.24

今日の晩飯’06 81~83日目

2006032401

今日の晩飯(3/24)

きのこのスパゲティ(レ手)
野菜サラダ(手)

引き続き食欲は回復せず。
ご飯だとおかずを考えなければならないので、昨日に引き続き簡単にパスタにする。

ソースは前にも使ったきのこの和風味。
それに、舞茸、ピーマン、茄子、ベーコンを追加。
サラダ油で炒めたあとにソースを追加してあたためておき、茹であがったスパゲティを混ぜれば出来上がり。
たっぷりの舞茸で満足。
少し塩気が強かったので、玉葱も追加しておけば良かったな。

サラダは、レタス、キャベツ、トマト、人参、スーパースプラウト、卵。


2006032301

今日の晩飯(3/23)

ミートソースのグラタン(レ手)

食欲がないので簡単に。
レトルトのミートソースには、茄子とニンニクを炒めたものを追加し、茹でたマカロニと混ぜてバターを塗ったグラタン皿へ。パルメザンチーズをパラパラと振りかけてオーブントースターで7~8分加熱。
出来上がったら、パセリふりかけを少々。

まぁ、旨いけど、今日のあっしにとってはしつこい。
食いきるのに苦労した(涙)


【写真無し】

今日の晩飯(3/22)

欠食 (強いて言えば、カロリーメイトと牛乳)

休み明けだというのに、頭痛襲来でダウン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

『お菓子放浪記』 西村滋著 by 頑固な文庫読者

西村滋〔著〕: お菓子放浪記

 本当のこと、本当のモノ。きっとある。

 この本のタイトルを見た瞬間、昔見たドラマの1シーンがすぐに浮かんできた。

 戦争の影響が濃い中、
 「お菓子あります」
 と掲げられた喫茶店に入り注文すると、紅茶とともに運ばれてきたのは「にんじん」だった。

 お菓子に恋い焦がれ、甘みに飢えた生活の中、ホンモノと思い期待していたモノがニセモノだったときの怒り。それは、オトナの世界に渦巻く汚さの象徴。
 主人公のシゲルは、本当のことと偽物のなかでもがき苦しむ。唯一とも言える感化院の富永先生の言葉を心の拠り所として。

 幼くして孤独の中にあり、大人にも負けぬよう生きていかなければならぬ日々には、たったひとつの強い思いが必要だ。それがお菓子であって何が悪い。何かが無くてはやっていけないことは、この物語を読まなくたって分かる。

 お菓子が光であることは、子供だからなのかもしれない。
 だけど、無条件で嬉しく、おいしく、心を満たしてくれる共通の存在は他にあるのだろうか。大人になれば、それは形を変えてしまうこともあるだろう。大きさを変えてしまうこともあるだろう。

 求める心が強ければ、叶わぬときの辛さが身にしみる。辛さを知ることは生きていくすべに力を込めることであり、同じ思いを持つ人々とのことを知ることでもある。

 富永先生はこう言う。
 「キミがお菓子になればいいのよ」

 このことにさえ気がつけば、こんな世の中にならずに済んだのかもしれない。
 今必要なのは、自分がお菓子になる方法を模索すること。誰もが誰かのお菓子になれるし、幸せのタネになることができるのだ。

 自分が何をしているのかを見失っているとき、ヒントにつながる何かが分かる物語。


『お菓子放浪記』
西村滋著
文庫 ISBN4-06-275141-0
本体695円+税

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯’06 80日目

2006032101

今日の晩飯

茄子とピーマンの味噌炒め(手)
鶏団子のスープ(手)
カボチャの煮物(手)
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物

買い物をする時間が遅いこともあり、ばら売りの野菜は買うのに苦労する。質の悪いものが多いからだ。
それが顕著なのは、茄子。
箱に残っている茄子は、色つやが悪く、へたをすると誰かの指のあとがついていたりする。
その点、袋入りならばそういう可能性が低いのではあるが、本数が多い。そんなに食えないって(笑)

というわけで、茄子消費週間です。
昨日は1本。今日は2本。
味噌炒めにする。
豚コマは、細かく刻んで酒、胡椒、醤油で下味をつけてから炒めはじめる。
そこに、半月切りした茄子、細切りピーマン、モヤシを追加。中華味調味料で軽く味付け。
味噌、豆板醤、砂糖をお湯で溶かしたものを回し入れ、味を絡ませたら出来上がり。
豚コマを刻んでいるので、少ない量でも多く見える(笑)
味はちょっと薄め。水溶き片栗粉でとろみをつけておけば良かった。

鶏団子のスープはコンソメ味。
玉葱スライス、ミックスベジタブルと一緒にコンソメスープで煮て、さいごに水溶き片栗粉でとろみをつける。
玉葱の甘さが効いていて旨い。

カボチャの煮物は昨日の残り。
レンジで加熱し直したら適度に水分が抜けてホクホクに。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、水菜。

黒豆の煮物も先日の残り。
旨いなぁ。たまに食べるからだろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

自転車日誌’06 3走

本日の走行結果

ルート: 自宅-偕楽園-三の丸-自宅
距離: 32.16km
平均速度: 18.0km/h

2ヶ月半ぶりの自転車ですよ。
いったいあっしは何をしているんでしょうか。

ホイールを新調したのはいいのだけれど、一緒に交換したブレーキシューが干渉してしまうのでケーブルの調整も必要になった。よく見るとさびが出ているので交換が必要。で、ブレーキケーブルは入手したけど、ケーブルカッターが無く、とりあえず長さの調整だけして走り出す。

案の定、シューがホイールに干渉して、シュッシュッと音がする。まぁこれはケーブル長だけでなく、アームのバランスが悪いのが主であろう。でも、なるべく引き代は少なく設定するのが好みなのだ。

もう一つの問題は、ブレーキが利かないこと(笑)
新品同士だからなのだろう。当たりが出ていないのもあってか、シューが滑っている感じがしてスピードが出せない。
幸い、というかなんというか、久しぶりなので元々スピードを出せないから、止まれなくて焦ることはなかった。

あとひとつ。
ビンディングペダルのバネが甘くなっているようで、ねじる方向に動かすとユルユルとする。
急にこうなることは考えにくい。しばらく前からの現象なのだろう。靴が外れるところまではひどくないので、注意しつつそのまま出発。


さて、今日の目的地は偕楽園。
梅見物です。

11時頃に部屋を出発したときは風は弱かったけど、到着するころには時々強い風が吹くこともあるくらいに。
園内に入ってしまうと、どういうわけか風をあまり感じない。空は青く、所々に雲が浮かんでいる程度で、絶好の写真日和といったところか。

旗日だったこともあり、千波湖の駐車場に車があふれているという状態ではなく、偕楽園に続く橋を渡る人もそう多くない。


2006032002

園内は白梅が7割強、紅梅が3割弱、でしょうか。
カメラやケータイを構える人は、どうしても紅梅に目がいってしまうことが多く、かくいうあっしもそういう人でした(笑)

2006032003

紅梅といっても、ほんのりと色がついているものから、深紅に近いものまで、いろいろとあります。
古木も多く(当たり前か)、大きな「うろ」があるのに、よく花を咲かすよな、と感心してしまう木もありました。


2006032004

花の厚みがあるものも、淡泊なものも。

実際には、園内は8~9分咲きで、まだまだ蕾が固そうな枝も目立っていました。

2006032005

偕楽園から千波湖方面を見下ろすと、右側にも梅の木が散在しています。
芝生もあって、家族連れであればこちらの方が子供とはしゃぎ回ることもできるにもかかわらず、観梅する人が少ないので穴場ですね。若い木が多いようですが花の元気さということであれば負けていません。

しだれ梅だってちゃんとあります。


2006032006

深紅に近い梅。
何という種類かは全然分かりませんが、薄い色の梅たちを付き従えている、という感じもします。


2006032007

偕楽園には好文亭という建物があり、大人は190円で見学することができる。
時期が時期だけに、多くの人が亭内にいて、落ち着いて見学することはできないと思い、早々に諦める。

梅越しに見上げる好文亭も、まぁ風情があるということで(汗)


その後、三の丸の弘道館裏の梅林を見て帰途へ。
既に夕方となり、風が強く、スピードに乗れないわ、あおられてふらつくわで、気を遣う。

そろそろ、自転車の季節ですから。
来週あたりは桜の声も聞こえてくるでしょう。
それを聞きに、走りに行きたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の晩飯’06 79日目

2006032001

今日の晩飯

チキンカツ丼(手)
マグロハンバーグ(チ)
野菜炒め(手)
カボチャの煮物(手)
野菜サラダ(手)
白菜の即席漬け(手)
長ネギとワカメのみそ汁

偕楽園で梅の花を眺めたあと、一旦部屋に戻ってスーパーへ。
総菜コーナーででかいチキンカツが並んでいたので思わず購入。そのあとに思いついたのがカツ丼。

カツはあらかじめオーブントースターで加熱。カリカリになったところで短冊状に切っておく。
玉葱スライスを、砂糖大さじ1杯弱を入れて4倍に薄めただし汁で煮て、そこにカツを並べる。丼鍋がカツで埋まってしまった(笑) 少し煮立てたら溶き卵1個分を回し入れてフタをし、固まったらさらに溶き卵1個分を回し入れ、今度は少し蒸らす程度で火から下ろす。

本当のカツ丼に比べれば淡泊な味になった。でも、ボリュームという点では負けていない。さっぱりとしたチキンカツでもそれなりにいけます。

マグロハンバーグはチルド品。
軽くフライパンで焼いて、レモン醤油で。
付け合わせの野菜炒めは、キャベツ、ピーマン、茄子。ニンニクのみじん切りと一緒に炒め、胡椒と醤油だけで味付け。

カボチャの煮物は、醤油1砂糖1塩少々を薄めた汁で煮ただけ。
カボチャの種類によるものか分からないが、皮の部分が煮くずれて剥離したものが多かった。
火加減が強すぎたのかも。
味は普通。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、水菜、明太ちりめん。
水菜がパリパリとしていい感じ。

即席漬けは、白菜、人参、塩昆布、七味唐辛子。
白菜からの水分がたくさん出たためか、絞ったあとの味が薄い。次回からは強めの味付けにしなければ。


今日も腹一杯。満足満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.19

『電子と原子核の発見』 S・ワインバーグ著 by 頑固な文庫読者

S.ワインバーグ: 電子と原子核の発見

 我々が望んでいるのは理論ではなく、それをつかみ取るまでの物語である。

 著者はノーベル賞を受賞した物理学者であるが、目は一般の「ちょっと物理学に興味のある」人々にも向いているようだ。嬉しいことである。特筆すべきは、我々の知りたいことの大部分が「いかにして物理学の理論は発見されたのか」という点の方に興味があることを見抜いていることである。

 だからこそ、本書は力学ではなく、物質は何からできているかという、原子のなりたちや、素粒子、クオークへと続く最新の物理学トピックを柱にしている(原子核の構造を解明するあたりまでが本書の大部分である)。力学などの理論はそれを説明するための道具としてほんの少し顔を出すくらい。潔い。

 なぜ電気は起きるのか。

 そんなことさえ分からなかったのに、今は原子が究極の物質では無いことを突き止めている。
 そこに至る道のりには、現象の観察、思考、実験、裏付け、など多くのハードルがある。発見は「観察&思考」の賜物だろう。凡人には、なぜその発見がなされたのか、が知りたいのだ。

 リンゴが落ちることは誰でも知っている。でも、物理学が裏側に控えていることに気がつくのはニュートンがいたからで、(その話が本当かどうかは別として)追体験することで内容をより自分のものとして取り込むことができるのだ。

 電子や原子核がいかにして現代の物理学につながっているか。
 実験道具が無くても、読めば雰囲気の一端くらいは感じることができる。ほんの少しの紙上の体験が、目に見えない物理学の形を脳味噌に刻んでくれる。

 おそらく、本書とともになんらかのビジュアル教材を組み合わせれば、オトナも子供も楽しめるものになるのではないか。
 誰だって、不思議なモノやワクワクする出来事は大好きなのだから。
 それが、この世界を形作る究極の物質につながることに気がつくのならば、なおさらである。

 途中で分からなくなっても読み切るべし。
 当たり前だ。そう簡単にすべてが分かるはずがない。
 先人が切り開き歩いてきた道を、易々と走れるわけがない。
 時折現れる「見晴台」に立ち寄るくらいがちょうどいいのだ。

『電子と原子核の発見』
スティーブン・ワインバーグ著
ちくま文庫 ISBN4-480-08967-5
本体1500円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’06 78日目

2006031901

今日の晩飯

肉野菜炒め(手)
塩鯖
キャベツと大根の即席漬け(手)
野菜サラダ(手)
小松菜と卵のみそ汁(手)
黒豆の煮物

せっかくの日曜日だったのに、朝からダラダラとしていた。
洗濯機を3回回し、トイレ掃除、冷蔵庫の整理などをしつつブランチを食べ、さらにボ~っとしているとあっという間に2時近く。会社近くの本屋までドライブがてら。強い風で波立つ茨城の海はとてもきれいだった。
その後、ホームセンターで日用品を買い、イチゴどら焼きとぼた餅を食ったらもう日が暮れた。

肉野菜炒めは、豚コマ、白菜、人参、ピーマン、もやし。
肉はあらかじめ酒、胡椒、塩、醤油、片栗粉を合わせたもので下味付け。炒めるときにくっつかないようにサラダ油を入れて混ぜ込んでおく。
肉から炒めはじめて、野菜を追加。味付けは、鶏ガラスープ、牡蠣油、片栗粉を合わせたもの。
今回はとろみはほどほどの出来だったが、味自体は薄め。まぁ他にも塩加減の強いおかずがあるから、まぁいいか。

塩鯖は、買ってから1週間弱冷凍庫で寝ていたもの。(だって、焼いて食べる時間がなかったんだもんなぁ)
それでも、ふっくらとした焼き上がり。レモン汁を少しだけかけて。

即席漬けは、キャベツ、大根、人参、乾燥柚子。
いりこだし、塩、七味唐辛子でモミモミ。柚子がほんわかと香ると、口の中が落ち着くね。

野菜サラダは、スーパーの見切り品(レタス、玉葱、パプリカ、水菜、大根、人参、プチトマト)に、レタス、トマトを追加し、明太ちりめんをトッピング。
明太ちりめんは初めて買ったが、特に明太子の味がするでもなく、損した気分。

みそ汁は久々に手作り。
余っていた小松菜に溶き卵を回し入れたもの。ダシは多めに入れて正解。

黒豆の煮物は、冷蔵庫の奥から発掘したもの。
一昨日で賞味期限が過ぎていたが、もちろんおいしくいただきました(笑)
黒糖の甘さがすばらしい。


あぁぁ、食った食った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらが と しかめっつら

ちょっと仕事がごたごたしている今日この頃。

「最近しらがが増えたねぇ」

「このごろ、ずっとしかめっつら」

などという関係各位から(笑)、ご指摘をいただいた。
まぁ、自分でもそうかなぁ、とは感じていたけど、実際に言葉で言われるとショックだわ。

良くも悪くも、変化している部分があるのは時間や周囲の状況に対する反応なわけだから、否定すべきものではない。ないのであるけれどもね。

もみあげ部分に目立つしらがはまぁいいが、鼻毛にしらがが混じっているのに気がついたときには愕然としたものである(笑)(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.18

今日の晩飯’06 74~77日目

2006031801

今日の晩飯(3/18)

餃子(チ)
野菜炒め(手)
鶏団子汁(手)
野菜サラダ(手)
茎ワカメ
冷や奴

なんか、久しぶりの晩飯、ってなかんじ。
休日出勤したものの、日が暮れる前には帰途につくことができた。しかし、改札を出ると雨がポツポツ。
本屋に寄り、スーパーに寄って買い物をすると本降りになっていた。先日に続き、びしょ濡れで部屋に戻る。

それでも、ご飯を炊きつつ、おかずを作ることができるのは幸せだなぁ。単純なヤツだ、あっしは。

餃子は今まで買ったことのない(知らない)メーカーのもの。小粒で12個入り100円。
余計な味付けをしていないようで、かえって旨い。

付け合わせの野菜炒めは、ミックス野菜(モヤシ、キャベツ、人参)にさらに、人参(増量)、ピーマン、粗挽きソーセージを追加。味付けはニンニクみじん切り、胡椒、中華味調味料。最後にほんの少しの醤油。

鶏団子汁は、いつもの冷凍鶏団子を使って。
ダシ醤油を薄めたモノに、さらにダシを追加し、鶏団子、大根、人参、長ネギ、小松菜。
鶏団子自体は、一月前近くに買って、半分くらい使ったあとそのままにしてあったので、水分が抜けてパサパサ。冷凍物でも早めに食わねばならんのだ。

野菜サラダは、レタス、トマト、クレス、スーパースプラウト、野沢菜ちりめん。


2006031701

今日の晩飯(3/17)

鍋焼きうどん
鮭おにぎり
野菜サラダ
焼きプリン

今日も終電。
しかも、強風のため常磐線のダイヤが乱れており、終電も40分遅れ。寒い中、ホームで立ち続けるのはつらい。
座席に座りウトウトしていたら、いつの間にか反対側の席にいつもお世話になっている仕事関係のK氏がいた。お互いに苦笑い。

さて、当然のごとく食事を作る気力もないので、簡単に。


2006031601

今日の晩飯(3/16)

麻婆春雨丼(レ)
おでん(レ)
ホットサラダ(冷)

土砂降りの雨の中を自転車で帰る。傘は差さない。よってびしょびしょになる。

それでもご飯は食べなければならないので、最後の冷凍ご飯にレトルトの麻婆春雨丼の素をかけ、色のバランスを良くするためにピーマンのスライスをのせる。

さらにレトルトのおでん、冷凍食品のホットサラダを追加。

しっかし、あっし的にはサイテーなレベルの晩飯だ。
手をかけない晩飯というのは、何ものにもまして、気分を重くするのに役に立つ(涙)


2006031501

今日の晩飯(3/15)

野菜炒めラーメン(手)
ホットサラダ(冷)
グラノーラフレーク+ヨーグルト

こう帰りが遅いと、何もしたくない。
何もしたくはないが、飯は食わねば。

昨日が焼きそばだったので、麺類以外にしたかったけど、まぁ仕方がない。

炒め野菜ミックス(キャベツ、モヤシ、人参)にピーマンと豚コマ肉で野菜炒めを作り、丼にあけたら同じ鍋でラーメンを煮る、といういつものパターン。
個別に味の調整ができるから、おすすめの作り方です。

でもなぁ。
寂しい晩飯だよ。トホホだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

今日の晩飯’06 72~73日目

2006031401

今日の晩飯(3/14)

焼きそば(手)
水餃子(手)
野菜サラダ(手)

会社を休んで確定申告へ。それも実家まで行かなければならなかったので。
実際には、源泉徴収票を会社に忘れてきてしまったため、一旦会社に行き、すぐに引き返してきたのではあるが(汗)

さて、道路も混んでおり、帰ってくると8時前くらい。もちろん途中でスーパーに寄る。あまり買うものが無く、レタスとキャベツくらい。

豚コマとモヤシ、キャベツ、ピーマン、で焼きそば。
ごく普通の味で、ごく普通に満足。

水餃子は、いつもの味覇で味付け。
冷凍中華野菜ミックス(人参、インゲン、タケノコ、ヤングコーン、キクラゲ)、長ネギ、小松菜。
ごく普通の味で、ごく普通に満足。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、目玉焼き、野沢菜ちりめん。
黄身が半熟で、サラダのたれと混ざってまろやかな味。
普通に満足。

2006031301

今日の晩飯(3/13)

メンチカツ
カレー野菜炒め(手)
小松菜とベーコンの煮浸し(手)
野菜サラダ(手)
豚汁(手)
冷や奴

確定申告書の下書きをしなければならないので、終電1本前の電車で帰る。

メンチカツは総菜コーナーで。
挽肉と玉葱の割合がちょうど良い。
付け合わせの炒め物は、刻みニンニクを油で炒めてからモヤシ、人参、キャベツと投入し、塩、胡椒で味付けしてから最後にカレー粉を振りかけて軽く混ぜ合わせて出来上がり。

煮浸しは、これも刻みニンニクを使い、胡麻油で炒め、それに粗く刻んだ小松菜とベーコンを投入し、少し炒めたら薄めたダシ醤油をいれて火を通したら出来上がり。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、野沢菜ちりめん。

豚汁は昨日の残り。
ダシ醤油を少し追加して、落ち着いてしまった味をしゃっきりさせる。

冷や奴は、おろし生姜とカツオ節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

今日の晩飯’06 65~71日目

2006031201

今日の晩飯(3/12)

塩昆布サンド + ブルーベリージャムサンド(手)
ベーコンエッグ(手)
鶏の串から揚げ
野菜サラダ(手)
豚汁(手)

昨日に引き続き、というか、昨日の晩飯、今日のブランチとパンばかり。
冷凍しておく手もあるけど、なんとなく侘びしい感じがするんですよね。なので、なんとかその前に食ってしまうのだ。

ご飯の代わりのサンドイッチ。
具は、バターを塗って塩昆布を挟んだ物と、もう一つはバターを塗ったブルーベリージャムサンド。
知っている人も多いと思うけど、バター塩昆布サンドは旨いっすよ。塩昆布のかわりに海苔の佃煮でもいいけどね。

実はブランチも同じ具のサンドイッチだったのは内緒である(笑)

パンが主食なので、おかずも洋食寄りに。

ベーコンエッグは見たとおり。
鶏の串から揚げは総菜コーナーより。

野菜サラダは、レタス、トマト、スーパースプラウト、人参、ピーマン、野沢菜ちりめん。
このところ、葉もの野菜の値段が下がってきているので、なんだか気分がいい。だからといっていつもよりたくさん買ったり食べたりするのではないのだが。

豚汁はどうしても食いたかったので。
豚コマ、冷凍野菜ミックス(里芋、レンコン、ジンジン、椎茸、タケノコ、インゲン)、玉葱、長ネギ。
豚コマと冷凍野菜ミックスを胡麻油で炒めたあとにダシで煮る。そのあとネギ類を追加し、味噌をいれ、最後に醤油で塩加減を調整。
やっぱり味噌系のおかずはこれですなぁ。
まだ半分残っているので、あしたも豚汁決定。

2006031101

今日の晩飯(3/11)

カツサンド(手)
野菜サラダ
グラノーラフレーク+ヨーグルト
ベーコンと卵とわかめのスープ

休日出勤して終電で帰る。
スーパーで見切り品のロースカツとカップ野菜サラダを買う。

カツはオーブントースターで加熱しておき、焼いた食パンに千切りキャベツと一緒に挟む。
ソースはちょっと前に買った生ソースの中濃タイプというやつ。なんだか怪しい感じがするけど、普通の味だし、少し辛目の味付けがキャベツに合う。

カップ野菜サラダには、レタス、水菜、ミニトマト、大根、パプリカ、人参、玉葱、ミニトマト、あたりが入っていたけど、更にトマトとスーパースプラウトを追加。

いつものグラノーラフレーク+ヨーグルトには、さらにブルーベリージャムを追加。

スープはいつものインスタント。
これもさらにみそ汁の具(ワカメ、麩、豆腐)を追加。

2006031001

今日の晩飯(3/10)

茄子のナポリタンスパゲティ(手)
さつま揚げ
野菜サラダ(手)
フカヒレと卵のスープ

さすがに連続で終電、というのもいやなので、1本早い電車で帰る。
それでもご飯のおかずを作るのが面倒になったので、帰りにさつま揚げとスパゲティソース、茄子を買う。

スパゲティソースはレトルトで、ナポリタンで茄子が入っているというもの。
いつものように、こういうレトルト品の具材は期待するとガッカリするので、茄子は追加するのである。
ついでに、玉葱、ピーマン、ベーコンも追加。あらかじめオリーブオイルで炒めておいてから、レトルトをあけて混ぜておく。
スパゲティが茹であがったら、絡まる程度に混ぜ合わせてフライパンからお皿へ。

味は、・・・薄い。
いつも使うスパゲティソースに比べて、ニンニクは利いていないし、トマトの味も薄ぼけている。
もう二度と買わん。(値段につられては)

さつま揚げは、売り場に何種類か並んでいた中で、豆や根菜が練り込まれているものをチョイス。
柚子胡椒と醤油少々で。
野菜の歯ごたえがしっかりしていて、思いの外旨い。
いつも売り場に並んでいるモノではなく、極たまに見かける位の出物なので、次に見つけたら必ず買おう。

スープはインスタントのフカヒレ卵。これにみそ汁の具(ワカメ、麩、豆腐)を追加。


2006030901

今日の晩飯(3/9)

ロコモコ風(冷・手)
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁

今日も終電。
簡単に済まそうかと迷ったが、気力でなんとか。

ロコモコって、よく知らないが、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きがのっかっている、程度の薄い記憶しかない。調べてからスーパーに寄れば良かったが、そうも言っていられないので、手持ちの材料だけで。

ハンバーグはずっと前に買った冷凍のパックもの。それをお湯を沸かして加熱している間に、フライパンで目玉焼き、ほうれん草、人参、キャベツのバターソテーを作る。
出来上がりの時間を合わせて冷凍ご飯をレンジでもどし、いっぺんに盛る。
ハンバーグのソースが大人向けの(?)少し渋めの味なので、ご飯と合うような感じはしなかったのだがそこそこ旨い。

でも、なんというか、これだったら別々に皿に盛って食った方がいいなぁ(笑)

野菜サラダは、レタス、トマト、カイワレ、人参。


2006030801

今日の晩飯(3/8)

イカ天卵うどん(手)
野菜サラダ(手)
グラノーラフレーク+ヨーグルト

今日も終電。嫌になりますな。

スーパーで見切り品のイカ天を見つけ、早々にうどんに路線変更。
冷凍うどんを茹で、汁には卵とワカメを。トッピングにイカ天と刻みネギ。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、スーパースプラウト、カイワレ。

いつものグラノーラフレーク+ヨーグルトには、ブルーベリージャム。

2006030701

今日の晩飯(3/7)

炒めカレーライス(手)
春巻き(冷)
シューマイ(冷)
ツナサラダ(手)
ほうれん草とベーコンのスープ

またもや終電。

残りのカレーライスは、炒めた卵炒飯に混ぜて更に炒めてみた。
付け合わせは見切り品の串カツ。
卵のせいか、味がまろやかになりすぎて、カレーを食っている感じがしない。カレー粉とコンソメを追加すれば良かったかも。

春巻きとシューマイは冷凍食品。

ツナサラダは、レタス、トマト、人参、カイワレ。

2006030601

今日の晩飯(3/6)

カレーライス 目玉焼きのせ(手)
ほうれん草のおひたし(手)
野菜サラダ
フカヒレと卵のスープ

帰りが遅いのだ。
それでも、カレーが残っているのでなんとかご飯を食せる。
目玉焼きをのせて変化をつけるモノの、あんまり食欲がわかない。

ほうれん草は軽く茹でておひたしに。カツオ節をのっけて。

野菜サラダは見切り品のカップサラダに、スーパースプラウトを追加。
味気なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.06

今日の晩飯’06 60~64日目

2006030501

今日の晩飯(3/5)

カレーライス(手)
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁

東京方面に出かけ、9時過ぎに帰宅。
途中でスーパーに寄って、牛カルビの焼き肉用を買う。ホントは、豚コマあたりで良かったんだけど、ほとんどの肉が売り切れ。

その肉で何を作りたかったのかというと、久々のカレー。
遅くなったがご飯も炊いて、カレーライスとサラダというシンプルメニュー。

カレーは、玉葱スライスをサラダ油で軽く色がつくくらいに炒め、さらに肉、人参を炒める。水を追加して一旦煮立ててアクを取り、ジャガイモを追加して煮込む。火が通ったらルーを入れて更に煮込んだら出来上がり。
玉葱の姿がほとんど分からなくなるほどになっているので、ルーに深みが出ているように感じる。
牛肉は思った以上に柔らかく、半ば崩れかけているほど。

野菜サラダは、レタス、トマト、人参、スーパースプラウト、ピーマン、粗挽きソーセージ。
ソーセージはラップで包んでレンジ加熱したモノを輪切りに。

2006030401

今日の晩飯(3/4)

ハンバーグ+エビフライセット

休日出勤して、遅くなってから帰宅ということになったのだが、同僚(といっても彼のほうが偉いのだ)と一緒に駅から少し離れたファミレスで晩飯。

外食は久しぶり。
無難なハンバーグのセットを注文。
まぁ、無難な味。

でもね。
正直言って、自分で作った方が旨いよ。ホント。
この内容で1000円オーバーの値段なんだもんなぁ。
そりゃ、食事だけを提供しているわけじゃないから、直接比較することはできないかもしれない。
だけど、味わうことは、どこであろうと一緒だもんな。

あらためて、「飯を食う」ことの重要さを感じた。
よく分からんけど、こういうところで食べる家族、というのも何だか味気なく思えるのだ。
作る人の手間と時間を別のことに割り当てている意味もあるのは重々承知しているけど。

2006030301

今日の晩飯(3/3)

ミニカツ丼
トマト煮のグラタン風(手)
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁

最後に残った鶏のトマト煮は、茹でたマカロニと一緒にしてグラタン皿に入れ、チーズをのせてオーブントースターへ。グラタン風の食べ物にしてみた。
なお、トマト煮自体は、塩、胡椒を追加して強めの味に小変更。これがずばり。
マカロニ自体の淡泊な味とマッチして大成功。
鶏肉自体も噛めばホロホロと崩れるくらいに柔らかい。

ミニカツ丼は総菜コーナーの見切り品。
グラタンだけで量的には満足したので、買わなくても良かった。
食ったけど(笑)

野菜サラダは、見切り品のカップサラダ(水菜、大根、人参)に、レタス、トマト、ゆで卵を追加。

2006030201

今日の晩飯(3/2)

釜玉(手)
鶏のトマト煮(手)

帰りが遅くなり、ご飯も切れている。体調も戻っていないので簡単に。

釜玉は刻みネギをたっぷりと。
トマト煮は一昨日の残り。煮直して濃厚さがアップ。


2006030101

今日の晩飯(3/1)

前日の夜あたりから頭が痛く、そのままダウンして会社を休む。
本当は午後から出社するつもりだったけど、薬のせいか次に起きたのはもう夜の9時前。むぅ。
もちろん何も食べていなかったので、すこしでも補給しようと、最後に残っていた半端な冷凍ご飯を使って雑炊に。

昨日の残りの鶏のトマト煮もあったけど、とてもじゃないが食える気がしなかった。(頭痛のために)

この雑炊を食いきるのにも苦労したよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »