« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.25

自転車日誌’07 3走

本日の走行結果

ルート: 自宅-水戸-自宅
距離: 27.70km
平均速度: 21.4km/h

今日は偕楽園の梅祭りへ。
園内は七分咲きというところで、桜であれば満開近し、なのであるが偕楽園の梅は種類がたくさんあって、木によってけっこうバラバラに咲いている状況。既に花びらが落ちてしまったものから、蕾が大きくなっているものまで。
要するに、まだまだ楽しめます、というところです。

実は、昨日は湯島天神の梅も見に行ったのでした。
しかし、こちらは園内の梅はほぼ収束。満開だったのは絵馬だけだった。
それでも。

2007022402

湯島を後にして、上野駅に向かっていたら、公園入り口の交番脇の桜は花をつけていた。

2007022403

さてさて、偕楽園である。

人出は多く、園内では梅娘や水戸黄門ご一行様がたくさんのカメラに応えていた。
あっしはそれには近寄らず(笑)、早足で園内を動き回る。

2007022502

雲がほとんど無く、白梅紅梅が青い空に映える。
ほとんどの大人はデジカメかケータイを片手にしている。

2007022503


2007022504

偕楽園から下界を望むと、右側にも梅の木が花をつけている。桜川緑地。
偕楽園よりも木の密度が低いためか、ゆったりと歩きながら花を楽しむことが出来る。広々として、芝生もしっかりしているので子供連れはこちらの方がいいだろう。

2007022505

おおむね、若い木が多いように見えるがどうなのだろう。

梅祭りの間は、偕楽園臨時駅に列車が止まる。
ホームは下り方面だけ。
線路越し、見上げる方向には好文亭。

2007022506

小さく見える人間が、亭内を移動しているのがわかる。
冷たい風が吹き抜けていたはず。
花があっても、寒いものは寒いのだ。

来週、もう一度行ってみようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 56日目

2007022501

今日の晩飯

ぜんざい(手)
鶏と水菜の鍋(手)
野菜サラダ(手)
白菜漬け(手)

正月明けからずっと持ち越しになっていたぜんざい。
晩飯としては向かないけれど、まぁいいや。

小豆缶を鍋にあけて、同量の水と塩少々で煮る。
そこへ、オーブントースターで焼いた餅を投入するだけ。
うむ。普段の晩飯にはない強烈な甘さ。
ときおり、白菜漬けで甘さをぬぐう。

さて、普通のおかずではぜんざいには合わないので、鍋にする。
鶏モモ、水菜、小松菜、人参。
鶏モモは皮を剥ぐ。先にだし汁で煮ておいて、そこに野菜を投入し一煮立ちするまで。
最後に七味唐辛子を少々。
今日は寒かったので、やはり鍋にして正解。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.24

花粉なんて・・・

2月上旬から目がかゆくなり、飛び始めた花粉に敏感なあっしを褒めてあげたい(爆)

昨日は雨だったにもかかわらず、くしゃみと鼻水で、とうとう本格的にきたか!という感じ。
会社の実験室の足下には、ティッシュの山が出来、鼻の穴の周りはヒリヒリとして赤くなる。

例年、こういうスタートダッシュ(というのかなぁ)があって、その後は特にひどくなってしまうということはなく、徐々に症状が治まっていくのだが、今年はどうであろう。

今日は市販の薬を飲みつつ、東京方面に出かけた。
強い風でだいぶ花粉も舞っていたのだろう。鼻は薬のおかげでなんとか持ったけど、目と目の周りが真っ赤(笑)
いや、笑っている場合ではない。
すれ違う人が、あっしの顔を見て目線をそらすように感じてしまうのは、あっしが気にしすぎている所為だろうか(爆)

しばらくは、寝入りばなが恐怖の時間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 55日目

2007022401

今日の晩飯

ママレードトースト・メロンパン風トースト
ベーコンエッグ(手)
鶏と根菜の煮物(手)
野菜サラダ(手)
ワカメスープ

週末のブランチ用食パンが余ってしまうので、ご飯の代わりに。

ベーコンエッグなどはいいのだが、煮物はやはりパンには合いにくいなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

今日の晩飯’07 54日目

2007022301

今日の晩飯

ハムカツ
鶏と根菜の煮物(手)
小松菜ベーコン炒め(手)
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁

訳の分からなかった現象の原因を見つけ、ホッとしたので早めに帰宅。
一日中雨だったので、近場のスーパーで買い物。

ハムカツは総菜コーナー。
もちろんオーブントースターで油落とし加熱したが、総菜にしては珍しく衣がサクサク。
ハムもそれなりの厚さがあって、けっこう満足。
いつもと違う中濃ソースを使い始めた。こってりとして深い味がみっけもの。

煮物は鶏モモに冷凍和風野菜ミックスを合わせて。
鶏をぶつ切りにして胡麻油で炒め、野菜ミックスをそのまま投入。出てきた水分を一旦切ってから、ダシ醤油、みりん、塩、砂糖で煮込む。味見をしなかったので心配だったが、いい味に仕上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

今日の晩飯’07 52~53日目

2007022201

今日の晩飯 53日目

ドライカレー(手)
モヤシワンタンスープ(手)
野菜サラダ

今日も終電1本前。


2007022101

今日の晩飯 52日目

肉野菜炒め味噌ラーメン(手)
黒豆+ヨーグルト
野菜サラダ

終電1本前につき。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.20

今日の晩飯’07 50~51日目

2007022001

今日の晩飯 51日目

卵雑炊(手)
エビ春巻き(チ)
ホットサラダ(冷)

あんまり食欲はなかったけど、ほぼ2日メシ抜き、というわけにはいかなかったので簡単に。


今日の晩飯 50日目

欠食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

今日の晩飯’07 49日目

2007021801

今日の晩飯

豚と茄子の味噌炒め(手)
ニラとエノキダケのオムレツ(手)
野菜サラダ(手)
冷や奴
豆腐とワカメのみそ汁

雨のために自転車もジョギングも無し。
うだうだしつつ、夕方にスーパーへ。

豚は刻みニンニクと一緒に炒めはじめ、縦切りの茄子、細切りピーマン、スライス玉葱も追加。火が通ったら、味噌、豆板醤、甜麺醤、水溶き片栗粉でまとめる。味噌の味はするが、塩加減が物足りない。鶏ガラスープを忘れていた。

オムレツには、刻んだニラとエノキダケ。バターで炒め、塩胡椒で味付けしたあとに溶き卵に牛乳を追加したもので形を作る。こちらはふわふわで満足の出来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『七つの黒い夢』 乙一・恩田陸・北村薫ほか著 by 頑固な文庫読者

乙一・恩田陸・北村薫ほか: 七つの黒い夢

 誰もが忘れてしまうけど、子供の頃にこんな能力があったなら。

 7人の著者による不思議な短編集。
 乙一、恩田陸、北村薫、誉田哲也、西澤保彦、桜坂洋、岩井志摩子。

 このなかでは、乙一「この子の絵は未完成」、誉田哲也「天使のレシート」。

 描いた絵から「におい」が出てくることを制御できない幼稚園路の息子と母親のドタバタ。
 起こる事件は他愛もないものばかりである。その後に隠されているのは、制御できない状態がいつまで続くのか、息子が事の善悪を判断するまでに生じる軋轢はどうなるのか、というジワジワとした圧迫感である。
 架空の能力が示しているのは、僕らが子供の頃に持っていた何の力なのだろう。今は思い出せないけど、大人になるために、知ってか知らずか引っ込めてしまったもの。

 「天使のレシート」は、ラストシーンに尽きる。
 物語終盤の出来事で一旦「そうきたか」と思わせたあとの「!」。物語をもう一つ上の視点から読んでいれば予測できないこともないが、感情移入していると足下をすくわれる。
 こういうパターンは嫌いではない。いや、かえって気持ちいいものだが、物語の中身としては救われないのが玉に瑕(笑)

『七つの黒い夢』
乙一・恩田陸・北村薫他著
新潮文庫 ISBN4-10-128151-3
本体400円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.17

『父が消えた』 尾辻克彦著 by 頑固な文庫読者

尾辻 克彦: 父が消えた

 「そもそも旅行の楽しさというものは、乗り物が動くということではなかろうか」

 そうだ、そうだったのだ。家族旅行、修学旅行、一人旅、その他諸々、すべては乗り物が動くことで成立しているのだ。しかも、いつもとは反対方向に移動する。
 意識していなくても、これらのことが成り立っていれば旅行なのだ。だから、見慣れた車両に乗っていても、景色が変わるだけでワクワクするのは当たり前だったのだ。

 亡き父の墓を選びに行く。
 いつもとは逆の方向に。
 目的は、乗り物が動くことによって希薄になり、動くことが生きている自分につながる。移動した記憶は、生活を浮かび上がらせる。生きていたときの記憶。まだ生きている記憶。写真のように静止している記憶はあり得ない。たとえ写真が記憶の引き金であっても、なにかしら動きが付随しているはずだ。

 墓を選ぶことは悲しみを、旅行は楽しさを伴っている。
 物語は、悲しみを追い越してしまい、思い出と楽しさが混ざったものに変化する。人は悲しみを遠ざけたいという無意識の方向付けがなされているのではないか。だから、墓は郊外にあったり、遠いふるさとにあったりして、あまり身近には無いようにしているのかもしれない。

『父が消えた』
尾辻克彦著
河出文庫 ISBN4-309-40745-5
本体880円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 48日目

2007021701

今日の晩飯

アジの開き(手)
ベーコンとキャベツのコンソメ煮・トマト風味(手)
野菜サラダ(手)
ミックスベジタブルワンタンスープ(手)

目が覚めると頭が重く、腹は下る。
夕方くらいまで何度もトイレを往復し、ぐったり。何が原因だか分からん。

結局、まともなメシはこれだけ。
アジは前回買ったときのあまり。冷凍しておいたものをそのまま電気ロースターへ。それでもうまく焼けるのだから大したものだ。

昨日のコンソメ煮は、トマトケチャップを追加して煮直し。ケチャップは塩分の控えてあるものなので、仕上がった塩加減もちょうど良い。それだけでは面白くないので、冷凍ハッシュドポテトを焼いたものにかけて。
汁気と混ざってばらけていくジャガイモのつぶつぶが面白い食感。

ワンタンは市販の袋入りをそのまま作ったものだけど、ミックスベジタブルと長ネギを追加してある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

今日の晩飯’07 46~47日目

2007021601

今日の晩飯 47日目

焼きエビ春巻き(チ)
ベーコンとキャベツとエノキダケのコンソメ煮(手)
ホットサラダ(冷)
長ネギとワカメのみそ汁

春巻きはチルド品をフライパンで焼いただけ。
でも具はプリプリとしてそこそこの味。

コンソメ煮は、あらかじめフライパンで焼き目をつけたベーコン、千切ったキャベツ、スライス長ネギ、エノキダケを重ねて鍋に入れ、胡椒と顆粒コンソメを振りかけて、カップ1杯の水で煮ただけ。
ベーコンの油は最初に落としてしまったので、あっさりとした味。胡椒でピリッと。エノキダケが甘い。


2007021501

今日の晩飯 46日目

鍋焼きうどん
ピザトースト(手)
野菜サラダ
コーヒー牛乳

終電。
しかも風のため20分くらい遅れて到着。
いつものスーパーの閉店時間が迫っていたので、近場のスーパーで鍋焼きうどんとサラダを購入。
冷凍しておいた食パンでピザトーストを作って一緒に食す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

今日の晩飯’07 44~45日目

2007021401

今日の晩飯 45日目

カツ丼(手)
ほうれん草のおひたし・ごまがけ(手)
野菜天
野菜サラダ(手)
ワカメのみそ汁


2007021301

今日の晩飯 44日目

ツナとキャベツの炒め物(手)
カボチャの煮物(手)
鶏の唐揚げ(冷)
野菜サラダ
韓国海苔
豆腐とワカメのみそ汁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.12

自転車日誌’07 2走

本日の走行結果

ルート: 自宅-水戸-自宅
距離: 35.48km
平均速度: 23.3km/h

今月あたまに湯島天神に寄ったところ、既に一部の梅は咲き始めていた。
それから1週間経って、そういえば偕楽園はどうなのだろう、と思い自転車を走らせる。
目的はそれだけ。

日差しはそれなりにあり、風はあるもののそんなに強くない。
千波湖が見えてくると、既に渋滞している。駐車場はいっぱい。こういう光景を見ると、自転車は小回りが利いていいなぁと思うわけです(笑)

自転車を止めて偕楽園を見上げると、既に紅、白に色づいている。
連絡橋を渡り、園内に入る前に甘酒で小休止。生姜がピリッとしていて疲れた体に染みる。(たった15km強だけど(汗))

園内の梅は、まだ一分咲き未満といったところか。

2007021202

木によってはほとんどの花が開いているものもあるが、だいたいはふくらんだ蕾の出番待ち。
それらの木をぬって、気の早い人々が(あっしを含めて)ぞろぞろと歩いている。

2007021203

青い空に、濃い紅色。


奥側の梅園はほとんど蕾。
あと2週間経てば見頃になるだろう。

その後、三の丸の弘道館脇の梅園にも寄ったが、こちらも咲き始め。

楽しみは、まだまだ始まったばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 43日目

2007021201

今日の晩飯

煮込みハンバーグ(手)
カボチャの煮物(手)
ホットサラダ(冷)
冷や奴
韓国海苔
長ネギとワカメのみそ汁

ビーフシチューは具を食べてしまって、残ったソースを活用するために、ハンバーグ入れて煮込むことに。
ハンバーグは、合い挽き肉に細かく刻んだピーマン、塩、胡椒を混ぜる。つなぎのパン粉は使わないので、代わりの小麦粉を少々。フライパンで焦げ目が付くように両面を焼く。
それをシチューソースの中に入れて、回しかけながら煮込む。

いい感じで完成、と思いきや、胡椒が利きすぎてシチューソースとけんかしている(爆)
裏を返せば、やっぱりシチューの重みが無い、ということだろう。

カボチャは、砂糖、醤油、塩で煮ただけ。
水を少なめ、蓋を開け目にしていたのが良かったのか、ホクホクの出来上がり。

ホットサラダには、トマト、スーパースプラウト、かちり干しを追加。

炊きたてのご飯に、韓国海苔。合いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.11

『まともバカ』 養老孟司著 by 頑固な文庫読者

養老 孟司: まともバカ―目は脳の出店

 生老病死は人の自然であるにもかかわらず遠ざけられているのは、社会は脳で作ったモノだからである。

 脳は自分の思うとおりにしたがる。自分の都合の良い方向に物事をもっていく。それが社会化、都市化である。生老病死は都合が悪い。自分たちの計算通りにならない。特別なこととして目に触れなくなっていく。

 簡単に言ってしまえばこういうことなのだろう。
 例えば、大雨で川が氾濫する。人や建物が被害を受ける。人間にとっては都合が悪い。川を加工してしまえ。ダムだ、堤防だ、コンクリートだ。
 でも、自然はそんなことお構いなしに、雨を降らし、地を揺らす。人間は意固地になって対抗し、思い通りの世界を築こうとしてその関係を悪化させていく。

 自然と、脳が作る世界。
 本当はその間の距離を近づけることが最善の生き方なのかもしれない。無理だけど。
 自分の体は自然。なのに脳は都合良くそれを働かそうとする。
 少なくとも、その部分に気がついていれば、生きていく上で余計な摩擦や衝突は減っていくだろう。大きな期待はしていないけど、ろうそくほどの明かりは灯せるのではないか。今一度、振り返ってみて、本書の言っていることを照らし合わせてみると面白い。
 
 ところで、副題として「目は脳の出店」と掲げられているが、これは今ひとつ意味が分からん。本文にはそういう記述もあるが、副題とするまでのことはあるのかな。そういう意味では、タイトルの「まともバカ」は、相応しいと言えるか疑問である。ただ、他のタイトルが浮かぶかと言われると、何も浮かばないけど(汗)

『まともバカ』
養老孟司著
だいわ文庫 ISBN4-479-30046-5
本体743円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車日誌 番外(ジョギング3)

どうも、日曜日は眠い。

洗濯や風呂場の掃除などをして、ちょっとお茶を飲んでいたらたちまち居眠り。
そのまま夕方まで(汗)

食材の買い物もしなければならなかったので、ジョギングの途中でスーパーに立ち寄ることにした。
そのため、スーパーまでの行程を少しのばして約3kmを15分かけて。買い物後は早歩きで1.6km。

汗が噴き出す前にスーパーに着いてしまったので何だか物足りない。
しかも、トレーニングウェア姿で買い物するのが気恥ずかしい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 42日目

2007021101

今日の晩飯

ビーフシチュー(手)
ほうれん草とカボチャのソテー(手)
コロッケ
野菜サラダ(手)

シチューは一日経ってもこれといった変化がなかったため、市販のデミグラスソースと顆粒コンソメで調整したものの持っていきたい方向にはいかず。あきらめる。
不味くはないので、コクと深みがないことを抜かせば及第点となるのかもしれない。でもなぁ。
これがカレーだったら、思い切り辛くしたりして楽しむということもできるけど。

その他は、特にコメント無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.10

自転車日誌 番外(ジョギング2)

休日出勤はしなかったけど、仕事で使う物品を会社近くの別会社に届ける。
当然休日なので守衛所に預ける形になり、最初は断られたのだがなんとか頼んで受け取ってもらった。
なんか疲れるな、こういうのは。

さて、車で往復約2時間。
帰ってきてから、先日から始めたジョギングの2回目。

今日は前回よりも距離を伸ばして、約5.7kmの行程を約31分。
時速約11kmで消費エネルギーは420kcalくらい。

ほんの少し筋肉痛が残っているところへさらに負荷を加えたから、明日はどうなることでしょう(爆)

ともあれ、汗が気持ちよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 41日目

2007021001

今日の晩飯

ビーフシチュー(手)
ほうれん草のおひたし(手)
サツマイモの煮物(手)
鶏の唐揚げ(冷)
野菜サラダ(手)

先日、会社で若手と無駄話をしていたとき「ビーフシチューはどうやって作るのか」と聞かれた。
もちろん一から作るのは無理なので、市販のルーを使って、というようなことを話す。
そういえば、しばらく作っていないので、そろそろかなぁと思い、安売りしていた角切り牛肉を使って。

牛肉は刻みニンニクと一緒に炒め、ついで人参、玉葱を投入。一通り火が通ったら水を入れ煮立たせてアク取り。赤ワインを追加してしばらく煮込む。途中でジャガイモも追加。
1時間くらい経ったら一旦火を止めてルーを溶かし入れ、再び赤ワインを入れて煮込む。
とろみがついてきたらできあがり。

う~む。いまひとつコクというか、どっしりとした何かというか、物足りない。
肉や野菜は十分に柔らかく、申し分ないのだが・・・。
さて。残りの分は味をどう調整しようか。一日おけば何とかなるか?

サツマイモの煮物は、一日経ったら更に旨くなったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

今日の晩飯’07 40日目

2007020901

今日の晩飯

餃子(チ)
モヤシのカレー炒め(手)
サツマイモの煮物(手)
ホットサラダ(冷)
油揚げとワカメのみそ汁
韓国海苔

帰る頃には雨がポツポツ。
ここしばらく、会社帰りには少し遠いスーパーに寄っているのであったが、さすがに今日は近いスーパーへ。

もともと、おかずのアイデアが浮かんでいなかったので、目に付いた餃子を。
1本売りしていたサツマイモも。

餃子はこの頃うまく焼くことが出来るので、うれしい。
安いものでもそこそこいける。

サツマイモは、水、砂糖、酒で火を通し、ダシ、醤油で味付け。
ホクホクとはならなかったが、ねっとりとした感じもまた良し。

炒め物は、モヤシ、ピーマン、人参、カニかま。
刻みニンニクで炒め、中華味調味料、粗挽き胡椒、塩、カレー粉で。
カレーの香りが鼻をくすぐる。くしゃみが出た(笑)

ホットサラダには、トマトとカリカリベーコンを追加して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

今日の晩飯’07 38~39日目

2007020801

今日の晩飯 39日目

野菜炒め塩ラーメン(手)
野菜サラダ
黒豆+ヨーグルト
野菜ジュース


2007020701

鶏団子雑炊(手)
野菜サラダ
白菜漬け(手)
豆腐とワカメのみそ汁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.06

今日の晩飯’07 36~37日目

2007020601

今日の晩飯 37日目

豚の生姜焼き(手)
野菜サラダ
白菜漬け(手)
冷や奴
ほうれん草とワカメのみそ汁


2007020501

今日の晩飯 36日目

アジの干物
肉じゃが(手)
焼きがんも
野菜サラダ(手)
長ネギとワカメのみそ汁

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.02.05

自転車日誌 番外

全然自転車に乗ってません。
今日も天気が良かったのに、うだうだとしていて、体がなまってます。

ということで、晩飯の買い物をしたあと、近くをランニングしてきました。

頭で描いたルートだと大体3kmちょっとくらいで30分くらいかければいいかなぁ、と既に日が暮れて真っ暗になっていたけど走り出す。

普通に走ることなんて、ここしばらく無かったので、どれくらいのペースになるか全く不明。
多少のアップダウンがあって、途中には砂利道もある。
それでも、出発から帰着まで約20分。少し物足りない感じ。

あとで地図サイトでルートを測ってみると、3.6kmの距離だった。そうすると時速10km位のペースとなる。消費カロリーも出るのだが、300kcal弱。
このペースだったら、もう少し距離を伸ばしてみてもいいだろう。
じわりと吹き出す汗が、なんともいいです。

それ以前に、自転車で走らねば(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

本日の収穫’07 第4回

本日の収穫

雑貨

1.ステンレスボトル THERMOS JMK-350 350mL 1980円

CD

1.組曲「王様と私」 /テッド・ローゼンタール・トリオ VENUS RECORDS TKCV-35378 2800円
2.ALL SINGLES BEST /スガシカオ AUCK-18014/14 3465円
3.Greateset Hits-Chapter One /backstreet boys 1300円

漫画

1.「マエストロ(1)」 さそうあきら著 双葉社 619円+tax
2.「マエストロ(2)」 さそうあきら著 双葉社 619円+tax

文庫

1.『たまたま地上に僕は生まれた』 中島義道著 ちくま文庫 840円+tax
2.『裁判狂時代 喜劇の法廷★傍聴記』 阿曽山大噴火著 河出文庫 680円+tax
3.『この一冊で読んで聴いて10倍楽しめる クラシックBOOK』 飯尾洋一著 王様文庫 695円+tax
4.『間違いだらけの健康常識』 米山公啓監修 永岡書店 486円+tax

-------------------------------------------------

ステンレスボトル、つまり水筒です。
この頃、昼飯は社食じゃなくてキヨスクのおにぎりとパンに野菜ジュース、というパターン。
キヨスクでは小さいボトルで158円。
ちなみに、よく行くホームセンターでは3倍の量で178円なり。
こりゃ、自分で詰めていった方が断然安いなぁ、というわけで。

漫画は「マエストロ」。
確か夏目房之介氏がどこかですすめていたので。
ぱっと見、うまく見える絵ではないのだが、中身は深い。面白い。「神童」とは違う音楽の世界。
もちろん「のだめ」とも違う。
ところで、どの雑誌で連載しているのかと思ったら、Webで公開されているものをまとめたということらしい。
詳しくはこちら

文庫は中島義道氏のモノ以外は立ち読みで選択。
クラシックの本には8cmCDが付いている。これはお得?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’07 35日目

2007020401

今日の晩飯

肉じゃが(手)
ミニカツ
水餃子(手)
野菜サラダ(手)
白菜漬け(手)

せっかくいい天気なのに、また昼に居眠り。目が覚めると日が暮れかけている(汗)

あわててスーパーへ。
豚肉、チンゲンサイ、トマトなどを購入。

その豚肉を使って久しぶりの肉じゃが。
ジャガイモ、人参、玉葱を油で炒め、そこに豚肉を投入し、色が変わったらだし汁、醤油、みりんで煮る。
アク取りは十分に。
やっぱり、ホッとする味ですな。肉じゃがの甘くてしょっぱい、優しい味は。

カツは総菜コーナーで。
揚げ物は作らないので、スーパーまかせなのではあるが、なかなか旨いカツには巡り会えないのだ。

水餃子には、チンゲンサイ、長ネギ、竹輪。
味玉で味付けし、ラー油を少したらして味を締める。

野菜サラダは、いつものスーパースプラウトを切らしてしまったので、変わりの青身として細切りのピーマンを。
カニかま、ベーコンビッツも追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

今日の晩飯’07 33~34日目

2007020301

今日の晩飯 34日目

豚と鶏とピーマンの牡蠣油炒め(手)
塩鯖
野菜サラダ(手)
白菜漬け(手)
長ネギとワカメのみそ汁

昨日、在庫があるにもかかわらず買ってしまったピーマンと、冷凍してあった豚肉、鶏肉を使って炒め物。
肉、ピーマン、人参を細めに切る。
肉には、牡蠣油、醤油、胡椒、おろし生姜、酒で下味をつけ、片栗粉を混ぜておく。
刻みニンニクを使って炒めはじめ、色が変わったら野菜を投入。
野菜に火が通ったら、鶏ガラスープ、牡蠣油、胡椒、醤油、紹興酒、片栗粉を混ぜたたれを回し入れて、まんべんなく絡まったら出来上がり。

くは~っ。 旨いよ。ご飯がすすむ。 ちょっとしょっぱかったけど(汗)


2007020201

今日の晩飯 33日目

鍋焼きうでん(レ+手)
肉まん(チ)
野菜サラダ(手)
野菜ジュース

会社を9時前に出て、そのままカラオケへ(笑)
終電まで。

歌いながら、おつまみとビールを口にしたけど、物足りないので閉店間際のスーパーでレトルトおでん、チルド肉まん、レタス、トマトなど。

おでんだけだと面白くないので、それを土鍋にあけ、だし汁を少々追加して煮立ったところで冷凍うどんを投入。
いつもより長めに煮込んで、仕上げに刻んだ万能ネギをちらす。

おでんとうどんなので、「おどん」「うでん」なのかな?
味は、いつも食べるうどんとは違う。当たり前だけど。
おでんの具を抜いて出したら、知らない人は変な顔をするかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.01

今日の晩飯’07 32日目

2007020101

今日の晩飯

スパゲティナポリタン(レ+手)
イワシの竜田揚げ
野菜サラダ
卵ワカメスープ

会社から駅まで猛ダッシュして、ヘロヘロ。
こうなると、まともにおかずを作る気力もなく、簡単にスパゲティ。

ベーコン、茄子、玉葱、ピーマン、ほうれん草を刻みニンニクで炒め、ついでレトルトのナポリタンソースを入れて温めておく。
そこに茹でたスパゲティを入れて絡めれば出来上がり。
パルメザンチーズを少々。

部屋が寒いままで食べたので、麺がどんどん冷めていくのが悲しい。

イワシの竜田揚げは総菜コーナーの見切り品(涙)
キャベツの千切りを添えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »