« 今日の晩飯’07 292日目 | トップページ | 今日の晩飯’07 293日目 »

2007.10.19

鉄道博物館に行ってきた

ということで、今日はどういうわけか会社が休みなので、朝早くから車、電車と乗り継いで開館したばかりの鉄道博物館を見学してきました。

茨城と埼玉はお隣なのに交通の便が悪い。3時間半くらいかかって到着。すでにぐったり。
というのも、最寄り駅はニューシャトルの鉄道博物館(大成)駅なんですが、へそ曲がりなあっしは大宮駅から一駅分歩いてみたんです。時間にして20分くらい。その経路沿いにはJR東日本の総合車両センターがあります。

本当は何か面白いもの(街中の劇物系)があるかなぁ、と思って歩いたんです。すると、鉄道博物館の開館と合わせてか、元々あったのか、歩道のすぐ脇にSL丸々や車両のカットモデルが置かれていて、誰でも見られるではありませんか。これはニューシャトルに乗ってしまうと見ることができませんよ。

2007101902

さて、博物館内はさすがに新しい雰囲気に満ちています。
旧型の車両も、ほんの一部を除いてきれいにお化粧されて(というか垢を落として?)いますし。
驚くべきは、多くの展示物を間近に見ることができ、触ったり、座ったりできるのです。中には、車両の中で弁当を使うことができるのもあります。

中央にあるターンテーブルにはC57があります。このターンテーブルは単なる飾りではなく、展示物の入れ替え等に使用できるようです。というのも、放射状にならぶ展示車両はすべて線路上にあり、それにつながっています。さらにそのうちの1本は会場外と敷地を経由して外部の線路とつながっているのです。
したがって、ターンテーブル周りの展示車両はすべて交換することが可能、ってことになると思います。

いろいろと見所はありますが、じっくり見ようとしたら丸一日あっても足りないですね。

ここで困った点。
開館したばかりとはいえ、平日だったのに結構な人出でした。
目に付いたのが、食堂、売店が人をさばききれていないということ。
食堂は2カ所ありますが、11時頃から長い列ができ、駅弁の販売コーナーも同様。
ターンテーブル近くのプラットホームでも臨時の駅弁コーナーが作られていましたが、それも長い列。
売店は入場制限。
これじゃだめです。何らかの対策が必要ですね。


鉄道とは関係ないのですけど、気がついたところが一つ。
2007101903
最上階はパノラマデッキとなっていて、眼下には在来線や新幹線、ニューシャトルの走る姿をみることができます。
で、出入り口のすぐ脇は展示スペースの屋根があるのですが、多くの部分が芝生で覆われています。屋上緑化なんですね。来年の夏になったら効果が現れるのでしょう。


あっしからのアドバイス。
カメラはストロボが必須でしょう。館内は思ったより暗いです。手ぶれ補正機能があればなお良し。
三脚は混雑時に邪魔になるのでなるべく避けた方がいいと思います。なにしろ、幼児が多く、走り回ってます(笑)足を引っかけたりすると危険ですから。(せいぜい一脚かな)

シミュレータ等をやってみたい人は、相当早い段階で予約しないとダメみたいですよ。

飲食するスペースは結構ありますので(展示車両内でも飲食可能な場所がありますし、上階には誰でも利用できるテーブルスペースあり)、食堂や駅弁にこだわらなければ持ち込みしたほうがいいかも。


ではでは。

|

« 今日の晩飯’07 292日目 | トップページ | 今日の晩飯’07 293日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/16812923

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館に行ってきた:

« 今日の晩飯’07 292日目 | トップページ | 今日の晩飯’07 293日目 »