« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.27

本日の収穫’08 第3回

ムック

1.Ubuntu7.10ではじめるデスクトップLinux / ローカス / 1500円+税

文庫

1.『経験を盗め 奥の深い生活・趣味編』 糸井重里著 中公文庫 724円+税

--------------------------------------

パソコンを新調してから約半年。
使っていたモノはそのままにしてあるが、データは移行してしまっているのでここしばらく立ち上げていない。

書店でちらっと「Ubuntuで~~」という表紙を見かけ、パラパラと見ていくと簡単にLinuxをインストールできるらしい。
最初は、ふぅ~ん、という感じで買わなかったんだけど、また目の端に飛び込んできたので、「ダメ元でやってみるか」と買ってみた。

早速インストールしてみると・・・、それ自体は難しくなく完了する。
操作もWindowsを使っていれば、なんとなく分かる。
特に設定しなくても、インターネットに接続でき、自分のページも確認できた。

と、ここまではいいけど、たかだか100ページちょっとのムックですべてを分かるのは困難だ。
いざ、どこからかソフトを持ってきてインストールする段になって、どうしたらいいのかお手上げ。
書かれているのかもしれないけど、斜め読みしているあっしは気がついていない。

まぁ、詳しくは別の資料にあたらなければならん、ということですな。

ひとつ気がついたのは、最初グラフィック周りが遅くてこんなものかと思ったのだが、ドライバをインストールすればそこそこの速さに。

一応、Firefox、Open Office.org、が最初からインストールされるので、あっしとしてはとりあえずOK。
ただ、フリーセルの操作がWindows版と異なるのが、今のところ一番のストレスだったりする(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島の白梅

土曜日は有楽町から上野まで歩いた。
このところ運動していなかったためか、右足の小指にマメが。

お堀端、皇居、北の丸公園、神保町、秋葉原、湯島、上野。

日が傾いてくると、少しの風でも寒い。毛糸の帽子を引っ張って耳たぶを隠す。
のども渇いたので湯島天神で甘酒でも飲もうと、長い坂をのぼって参道にはいると・・・、ほとんどの露天は店じまいで湯気も無し。参道脇の池には氷が張っており、梅のつぼみも小さく堅いようで、なおさら寒さがしみる。

池之端側から恩賜公園へ抜けようと拝殿裏に歩いていくと・・・。

2008012602

なんと、もう梅が咲いていました。
写真では一輪だけですけど、他の木では満開近いものもありました。
拝殿裏の梅に集中していた理由は分かりません。

ともあれ、これで少しは温まった、とはいきませんでしたけど。

ちなみに、

湯島梅祭り 2/8~3/8

です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと違う場所で

土曜日は月最後のということもあり、実家へ。

実家に近いところにあるディーラーで半年点検するのも兼ねていたので、いつもより早めにこちらを出る。
常磐道にのって、途中のPAでトイレに入ったあと、飲み物を買おうと店内に入ろうとしたら、すぐ前に見たことがある後ろ姿。

「うっ、B長ではないか」(心の声)

知らぬふりはできないので、挨拶をして、そそくさとお茶を買って車へ戻る。
会社以外で会社関係者と会うと、どうしたらいいのかよくわからん(汗)

実はクリスマスイブの日にも昼間に大型スーパーの店内で、お世話になっている会社関係者とばったり。
お互い一人で、「こんな時に何をしてるんですか」などと話したりした。
こちらは連休中で髭も剃らずにいたから、みっともない姿を見られてしまったなぁと、嫌な汗をかいた。

近隣に住んでいる人は、休みの日に出かける場所がバラエティに富んでいるわけではないので、人が集まっているところでバッタリと出会う確率も高いらしい。飲み会では毎回そういう話が出て、誰々は誰々をどこで見かけた、だの、見つかっただの。

あっしはいつも一人でプラプラしているので、家族連れとかで偶然会ったりすると、何をしゃべっていいんだか分からなくなるのだ(爆) だいたい、心にもないことを話すのは苦手だし、ってか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 26~27日目

2008012701

今日の晩飯 27日目

鶏のトマトソース煮(手)
揚げシューマイ
なめたけやっこ
野菜サラダ(手)
豆腐と小松菜の味噌汁(手)

いつ買ったか覚えていない「チキンカチャトーラ(?)」というレトルトが見つかって(笑)、ちょうど鶏肉を買っておいたので使ってみる。要するに、鶏のトマト煮込み。
鶏モモ、タマネギ、人参、ピーマンを使う。
鶏は一口大に切り塩胡椒で下味。刻みニンニクと一緒に焼き色がつくまで焼き、次いで野菜を投入して火を通す。
レトルトのソースと水を追加して煮込むだけでできあがり。
まぁ、普通の味ではあるが、トマト感は強くない。そこが少し残念。
明日、残り半分を食す。


2008012601

今日の晩飯 26日目

野菜炒めラーメン(手)
揚げシューマイ
トマトサラダ(手)

実家へ。
帰り着くと10時過ぎ。
例のごとく、ラーメンとする。
追加はスーパーの見切り品だった揚げシューマイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

今日の晩飯’08 21~25日目

2008012501

今日の晩飯 25日目

豚キムチ鍋(手)
カニ味バーグ(チ)
野菜サラダ(手)
韓国海苔

とうに賞味期限の切れたキムチを使って鍋。
とりあえず単品では変な味はしなかったので(通常よりも酸味が強い気がしたけど、それはそういうものということで(笑))、豚コマ、白菜、人参、大根、タマネギと土鍋に山盛りして、白味噌スープ。
まぁ、普通に旨い。
もう少し辛くても良かった。豆板醤を追加していればなぁ。

ともかく、食欲は戻りつつあり。


2008012401

今日の晩飯 24日目

釜玉(手)
野菜サラダ

腹は減っているような気もしたが、いざ台所に立つとどこかに行ってしまう。
釜玉をかっこんでおしまい。


今日の晩飯 23日目

欠食


今日の晩飯 22日目

欠食


2008012101

今日の晩飯 21日目

五目塩焼きそば(手)
野菜サラダ
ほうれん草とワカメの味噌汁

午後から調子が悪く、晩飯を作ったものの完食ならず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.20

今日の晩飯’08 20日目

2008012001

今日の晩飯

けんちんうどん(手)
カボチャの煮物(手)
野菜サラダ(手)
缶フルーツ+ヨーグルト

いやぁ寒いっ。
暖まるものが食いたい、となるとうどんですかね。
普通のうどんでは面白くないので、けんちん風にしてみました。
鶏モモ、サツマ揚げ、ゴボウ、人参、大根をだし醤油、みりんで作ったつゆで煮込む。
そこに冷凍うどんをそのまま投入し、火が通れば出来上がり。仕上げに万能ネギを散らす。
うどんに味が染みていて旨し。
次からは冷凍うどんをレンジで火を通すよりも、つゆで火を通した方がいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

『ヤッターマン』 Gyaoで

ということで、30年ぶりに再アニメ化された『ヤッターマン』ですが、元祖をGyaoでやってます。
(週2話ずつ公開。今は第1・2回を公開中)

リアルタイムで見たような記憶もありますが、改めて第1話を見てみると・・・、

「展開が速い!」

問答無用で話が進んでいく。
元々そんなモンなのかもしれないけど、つまらない前置きやだれるところが少なくて、これはこれでいい感じでした。
でも、第1話でバックグラウンドが不十分なまま2話以降のつながりは大丈夫なんでしょうか。余計な心配か。

今のアニメーションと違って、荒い感じの絵で、色の具合も不安定なところが何となく安心してみられる気がします。(色が不安定なのは、元映像を取り込む際の影響なのかもしれませんが)
これって、フィルムカメラで撮った写真を見るのと似てるのかな。

ちなみに、新しい『ヤッターマン』は見てません。というか時間的に見られませんし、見るつもりもありません。
DVDレコーダのハードディスクの残り領域はとうの昔に数時間分を切っているし、中身をDVDに落とすのも面倒なので、半年くらいはスイッチも入れてません(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 15~19日目

2008011901

今日の晩飯 19日目

鶏の豆鼓醤照り焼き(手)
野菜炒め(手)
カボチャの煮物(手)
冷や奴
野菜サラダ(手)
卵とワカメの味噌汁

上の写真には写っていないカボチャですが・・・、出し忘れました(汗)

2008011902

ということで。

鶏は一口大に切り、軽く塩胡椒。
皮から焼きはじめ、両面に薄く焦げ目がつくくらいになったら、豆鼓醤、牡蠣油、鶏ガラスープ、唐辛子、砂糖で作ったタレを回しかけ、煮詰めたら出来上がり。
普通の醤油、砂糖などで作る味と違ってピリッとしたところがあって、ご飯がすすむ。
ちなみに今日は炊きたてでございます。


2008011801

今日の晩飯 18日目

春巻き(チ)(手)
鶏団子の中華スープ(手)
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物
韓国海苔

餃子を食いたかったけど、売り切れ。
仕方なく、隣にあった春巻きを。


2008011701

今日の晩飯 17日目

豚のショウガ焼き丼(手)
おでん(チ)
野菜サラダ
ほうれん草とワカメの味噌汁

時間がないので、残っていた豚バラ肉でショウガ焼き。
洗い物を少なくするために、別盛りではなく丼に(笑)


2008011601

今日の晩飯 16日目

塩鯖
肉じゃが(手)
冷や奴
野菜サラダ(手)
油揚げとワカメの味噌汁
梅ゆかりふりかけ

今日で食いきる肉じゃがには卵を落として変化を付ける。
塩鯖は冷凍物だけど、まぁそれなりに旨い。
昨日と違って和風のおかずの組み合わせですな。


2008011501

今日の晩飯 15日目

ベーコンと小松菜のスパゲティ(手)
肉じゃが(手)
鶏の唐揚げ(冷)
野菜サラダ(手)
ワカメスープ

久々のスパゲティに、付け合わせが肉じゃが(爆)
まぁ、そういうのも有りということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マンガの深読み、大人読み』 夏目房之介著 by 頑固な文庫読者

夏目 房之介: マンガの深読み、大人読み


 「夏目さんが、そうして深読みしてくれて(笑)。僕は本能的に描いているだけで」(ちばてつや談)

 何気なく読み飛ばしてしまいがちなマンガ。
 ページの中の、人物の動きや台詞、背景の描写や組み立て方などが、いかにしてできあがっていくのか。単なる技法の問題ではなく、陳腐な言い方ではあるが、マンガに命が吹き込まれるバックグラウンドが何であるのかを解明するのが本書の目的だ。

 第1部は「マンガ読みの快楽」。
 第2部は「『あしたのジョー』&『巨人の星』徹底分析」
 第3部は「海の向こうから読むマンガ」
となっている。圧巻は第2部。

 残念ながら、あしたのジョーも巨人の星もリアルタイムで読んでいない。逆に、アニメが先にあって、相当後になってジョーだけを読んだ。
 あしたのジョーを読んだ感想はといえば、力石との対決と死の前後で物語の色合いが変わるなぁ、といった漠然としたモノだった。もちろん、熱くなるほど面白かったことは言うまでもないが、なんとなくモヤモヤとした感じは残っていた。

 物語には、そのまっただ中にいるときには見えないことがある。原作者やマンガ家でさえも。
 書名にある「大人読み」とは、「大人買い」に対応する言葉なのだろう。一つの物語を一気に集中して読むことができるのは、連載や定期的に出版される単行本のような流れの中ではなく、自分が立ち止まることができる、あるいは、物語のポイントを自由に動き回れる、という利点をつくる。俯瞰や時間移動できることが、批評や分析をする点で重要なのだ。
 だから、冒頭に書いた言葉が出てくるのである。
 漫画家だけでなく読者も同じで、流れのまっただ中では見えないものがある。


 僕が感じていたモヤモヤ感は本書の中で明快に分析されていた。
 それを読むまで気がつかないということは、マンガ読者としてのスキルが不足しているとも言えるが、まぁその通り。

 もう一つ言えるのは、漫画誌を読むことに苦痛を覚えるような年齢になってしまったことにある。いくつもの連載漫画を毎週追えなくなってから「大人買い」「大人読み」するしかないのだ。
 それは、面白い漫画と出会う機会を減らしているのと同じであるのだが。


『マンガの深読み、大人読み』
夏目房之介著
知恵の森文庫 ISBN4-334-78448-8
本体781円+税

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『江戸っ子だってねえ』 吉川潮著 by 頑固な文庫読者

吉川潮: 江戸っ子だってねえ 吉川潮芸人小説セレクション 第2巻 浪曲師廣澤虎造一代 (ランダムハウス講談社 よ 2-2 吉川潮芸人小説セレクション 第 2巻)

「次郎長伝」で知られる浪曲師廣澤虎造の一代記。

 本当のことを言えば、浪花節が一世を風靡していたなんてことが信じられない。

 自分の生きている時代が、浪花節の時代とはほとんど接点がないということであるのだが、それでも、
「旅~ゆけば~ぁあ、駿河の国に~茶ぁのぉ~香り」
なんていうフレーズが苦もなく浮かんでくるから、不思議である。

 廣澤虎造の名前だって、記憶にあるような無いような、心許ない状態だ。なのに、読み進めていけば、浪花節の世界が生き生きとしていた状況をすんなりと受け入れることができる。
 さらには、浪花節の中の文句がいかに練られたものであり、人々の心に入り込むだけのことがあるのかが分かる。しかも、時代を超えてまで。

「馬鹿は死ななきゃ直らない」

 森の石松は死んでしまったけど、馬鹿は直っただろうか。
 廣澤虎造は死んでしまったけど、浪花節も死んでしまったのだろうか。

 たぶん、興味がない人々にとっては死んでしまったも同然のことだろう。僕もそう感じている。ただ、虎は死んでも皮を残す、のだ。
 その皮が、浪花節だということに気がつかないままで。 

『江戸っ子だってねえ 浪曲師廣澤虎造一代記』
吉川潮著
ランダムハウス講談社文庫 ISBN978-4-270-10139-1
本体740円+税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

イルミネーションを撮ってきました

先日入手したレンズ(シグマ30mm/F1.4)で、某駅前にあるイルミネーションを撮ってきました。
夜中の1~2時あたりに(笑)
だって、余計な車なんかが来るじゃないですか。まぁ車はほとんど無かったけど、寒くて手先が痛くなりましたよ。

最初の写真。
駅の階段を登り、ロータリーを一望できる場所から。F1.4。
2008011402

ここから5枚目まではイルミネーションの近くに寄って。
2008011403

いろいろなところで、点光源は厳しい、ということは知っていましたが、やはり厳しいです。
2008011404

周りが暗すぎて、ピントが合っているのか外れているのか、よくわかりません(笑)
2008011405

点光源の形状は、写真の場所によって変化しています。
2008011406

この写真だけは、別のズームレンズを使いました。
シャッタースピードは1秒。その間にズームリングを回しました。
2008011407


あぁ、寒かった。
三脚の足が冷たくて、痛くなる。
でも、こういうイルミネーションを撮るのは楽しいですね。期間限定なのも。
普通の被写体で撮ったらどうなるか、はやいところ試してみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.14

本日の収穫’08 第2回

漫画

1.『アオバ自転車店01』 / 宮尾岳著 / 少年画報社 / 524円+税
2.『アオバ自転車店02』 / 宮尾岳著 / 少年画報社 / 524円+税

雑誌

1.本の雑誌2008・2 / 本の雑誌社 / 505円+税

文庫

1.『遺伝子が解く!アタマはスローな方がいい!?』 / 竹内久美子著 / 文春文庫 / 524円+税
2.『文学賞メッタ斬り!』 / 大森望+豊崎由美著 / ちくま文庫 / 740円+税
3.『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』 / 中島義道著 / ちくま文庫 / 700円+税
4.『不良定年』 / 嵐山光三郎著 / ちくま文庫 / 680円+税

----------------------------------------------------

『アオバ自転車店』は、『並木橋通りアオバ自転車店』(全20巻)に続くもの。ひとかたまりのストーリーにかかるページが増えていて、基本的に一話完結だった前作よりものびのびと描き込んでいる感じ。

文庫は4冊。
竹内久美子、中島義道、嵐山光三郎、と、出ればとりあえず買っておく著者のもの。

『文学賞メッタ斬り』はタイトルで(笑)
ところが、注目はROUND10に登場する「ファンタジーノベル大賞」。
第1回の大賞受賞作『後宮小説』(酒見賢一著)は、あっしも読んでぶっ飛んだのですが、それはさておき、『鉄塔 武蔵野線』ですよ。第6回の大賞受賞作です。

その中に、

「その後、長尾直樹監督の手で映画化もされたし、世の鉄塔おたくな人々にとっては今もバイブルみたいに読まれている本です。」 (太字はあっしが付けました)

と書かれています。
それ、あっしです(笑)

しかも、

「送電鉄塔ウェブリング」のURLと、「世界鉄塔調査学会」も開かれている、なんてことが書かれています。

その学会員の一人があっしです(爆)
(もっとも、ウェブリングというサービス自体は送電鉄塔だけでなくすべての分野で既に停止されていますので注意)

しかしなんですな。
この文庫の表紙、どうにかならんものですか(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 14日目

2008011401

今日の晩飯

肉じゃが(手)
エビハンバーグ(チ)
小松菜とエリンギのベーコン炒め(手)
野菜サラダ(手)
長ネギとワカメの味噌汁
韓国海苔

久々の肉じゃが。
作り方は前回とほぼ同じ。
ただし、ジャガイモは皮付きのまま煮る。事前にたわしを使って流水で土を取るように洗う。この方法はゴボウでも使えます。
皮付きだと噛んだときのプチっという感触がいいんですよ。
ただ、今日の分は煮込み時間が足りなかったので、芋自体が若干固め。明日に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

メインサイト更新のお知らせ

久々にメインサイトを更新しました。

今回のネタは『街中の劇物 (その130)』です。

興味ある方だけご覧ください・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 13日目

2008011301

今日の晩飯

ロールキャベツと冷凍洋野菜ミックスのデミグラスソース煮(手)
フライドポテト(冷)
バター塩昆布トースト

寒くて、一日中部屋でうだうだ。
ブランチを食ってから大分時間が経っても腹が減らないので、冷凍庫の余り物で煮物。

ミニロールキャベツ、冷凍洋野菜ミックスをコンソメスープで煮て、タマネギを追加したあとにデミグラスソースを追加して煮詰める。それだけ。
最初は水分が多くてユルユルで心配したが、煮詰めるといい具合のとろみ加減。
少し塩気が強かったけど、まぁ適当に作った割にはまとまった。

御飯の代わりのトーストは、バターを塗って塩昆布をパラパラと。
少しおいてから食すと、昆布の塩気がしっとりとしてパン側に移って美味になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしの映像(youtube)

先日の新年会で、若手のJazzファンから「youtubeでチック・コリアのいいのがありましたよ」という話を聞き、あぁそうかと今更ながら気がついた。

あっしがいつチック・コリアを知ったのか思い出せないけど、ファンになった大きなきっかけは、
Live under the sky '86
というのをTVでやっていて、そこにチック・コリア・エレくトリック・バンドのライブ映像があったのだ。
それを録画してあり(βで(涙))、何度も観たものだ。

その番組には、あの「Spain」のギターデュオなんてのもあって(こちらはアル・ディ・メオラ、ラリー・コリエル)、チックファンには嬉しい選曲だったりする。

話を戻すと、検索したら出てきましたよ、この二つが。

チック・コリア・エレくトリック・バンド
アル・ディ・メオラ、ラリー・コリエル

いやぁ~~、懐かしい。
チックのパートでは、キーボードに指先が触れるまでの時間が何とも言えない緊張感を誘います(笑)
それに、体型がスリムだし(爆)

ギターデュオもいいなぁ。
正直なところ、このSpainを越える高揚感のあるSpainに会ったことがない。

もっと残念なのは、録ったテープを処分してしまっていることだ。
おぉβよ。何故におまえは・・・(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

今日の晩飯’08 7~12日目

2008011201

今日の晩飯 12日目

豚とゴボウの卵とじ(手)
塩鮭
野菜サラダ(手)
ネギとワカメの味噌汁
ゆかりごまふりかけ

豚コマに軽く胡椒をしてからフライパンで焼き、カリカリ感をだして余計な油はクッキングペーパーで取っておく。
ゴボウは笹がきにしてあく抜き。
だし醤油と砂糖で作っただし汁でゴボウから煮始め、次いで、タマネギ、エリンギ。
火が通ったら焼いた肉を投入し、溶き卵を回しかけて一煮立ちさせる。
器に盛ったら万能ネギを。

ゴボウとエリンギの食感がいいですね。


2008011101

今日の晩飯 11日目

ミートグラタン(レ)(手)
野菜サラダ
グラノーラフレーク+ヨーグルト

新年会だったモノの、食べるものがあまりなくて腹が減る。
いつものように宴会の終わり頃は、アルコール性頭痛のためにジワジワときていたのだが、それよりも食欲が勝っていた。

とはいえ、ガッツリ食えないことは分かっていたので、レトルトミートソースを使ったマカロニグラタンを。


2008011001

今日の晩飯 10日目

焼きそば(手)
いなり寿司
ビーフカツ
野菜サラダ(手)
ワカメスープ

2食分で78円の特売焼きそば。
一緒に炒める野菜を大量投入するために、付属のソースに加えてウスターソースも。

昨日のビーフカツの残りは、オーブントースターを低温に設定してじっくりと加熱。
あらためて食ってみると、肉に所々隙間ができている。食感はフワフワに近い。これはいわゆるサシが入っていたものが熱で溶け出したモノだろうか。そういえば、衣には油がにじんでいた。


2008010901

今日の晩飯 9日目

ビーフカツ丼(手)
野菜サラダ
黒豆の煮物
小松菜とワカメの味噌汁

閉店間際のスーパーには、見切り品のカツが。
それじゃカツ丼にしようと、作っては見たモノの、口に入れたら豚じゃない味。ビーフカツだった(笑)
やっぱ、カツ丼は豚肉じゃないと・


2008010801

今日の晩飯 8日目

イカ天卵にゅうめん(手)
スティックピザパン
野菜サラダ
グラノーラフレーク+ヨーグルト

閉店間際のスーパーにあったのは、見切り品のイカ天。
まだ食いきっていない素麺を使ってにゅうめんに。


今日の晩飯 7日目

新年会のため欠食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

本日の収穫’08 第1回

カメラ関係

1.30mmF1.4 / シグマ / 49000円
2.レンズ保護フィルタ(62mm) / marumi / 2835円

雑誌

1.東京人february 2008 / 都市出版 / 900円

書籍

1.『白川静さんに学ぶ 漢字は怖い』 / 小山鉄郎著 / 共同通信社 / 1300円+税
2.『北斎展図録』 / 2500円

-------------------------------------------------------------

フィルムからデジカメに替わって一番不満になったのは、使っていた50mmの単焦点レンズが80mm相当になってしまい、散歩写真用としては長すぎ。かといって、ズームレンズは暗いし。
ということで、発売当初から欲しいなぁと思っていたデジ一眼専用の単焦点レンズを。
APSで30mmなので35mmだと48mm相当。だいたい50mmの標準サイズになる。
しかもF1.4。
これがポイントですな。
使っていた50mmはF1.8だったので、更に明るくなってます。
もっとも、値段は5倍弱ですけど。

とはいえ、いろいろ調べてみると、結構当たり外れのあるレンズらしいので、そこら辺が心配ではあります。


「東京人」の特集は地下鉄。
地下鉄開通から80年だとのこと。
「鉄」の血が少しは混じっているかと思っているあっしにとっても楽しみな特集である。
ページをめくっていくと、古いポスターがいい味だしてます。
でも、その中の1枚はホームにあふれる人の中でたばこを吸っている男が描かれています。昔は禁煙じゃなかったんですかね。(p63)


『漢字は怖い』は、『漢字は楽しい』の続編。
怖いか楽しいかは別として、面白いのは確かだ。
実は、別の出版社から似たようなシリーズが出ていて、それも欲しいなぁと思っている。(確か5冊目が最近出たはず)


『北斎展図録』
いつもこういった展覧会があると面白くても期待はずれでも図録だけは買うようにしている。
展示物が素晴らしいと、図録も光って見えるから不思議だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 6日目

2008010601

今日の晩飯

鶏のカリカリ焼きのせ野菜炒め味噌ラーメン(手)
ホットサラダ
グラノーラフレーク+ヨーグルト

今年最初の麺はラーメンでした。
あまっていた鶏肉は、塩胡椒で味付けしてカリカリ焼きに。
野菜はモヤシ、ピーマン、人参、キャベツ、チンゲンサイ、にナルトを追加して炒めておく。
ラーメンを煮て、丼にいっぺんに盛る。
鶏を別に焼いたのでカリカリ感は保ったまま。うまい。

付け合わせはいつもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

北斎展(江戸東京博物館)へ

いろいろと用事があり東京へ。前にも使った東京週末フリーきっぷで。

11時くらいに上野に着いたので、事前に調べておいた『北斎展』を見に行く。
江戸東京博物館に来たのは、前回は鉄道のものだった。その前は兵馬俑。1年に一度くらいは来ている勘定だ。

2008010502

さて、葛飾北斎といえば・・・、あっしは「赤富士」と「なんとか沖(浪の形がすごいやつ)」しか思い浮かばないのである。ただ、それでも実物を見ることができるとなれば話は別だ。
さらに、今回は肉筆画も展示されているそうな。

展示会場に入ってみると・・・。

肉筆画のなんとも見事なこと。
冨嶽三十六景の構図の秘密。
美人画もいいなぁ。
かといえば、踊りの振り付け帳なんていうのも。

いやぁ、すごいですよ。
(「なんとか沖」は正確には「神奈川沖浪裏」でしたが。(汗))

特に、冨嶽三十六景の構図については、ひとつ気がつくとびっくりし、もう一つ気がつくと背中がしびれる。またひとつ気がつくと目頭が熱くなります。
天才だ。

ただ、正確には、(版画は)北斎一人の仕事で成り立っているわけではなく、取り巻く人々の技術の高さが素晴らしいわけ。こういうものが海外に流出してしまっているのは誠に残念だし、理解している人がほとんどいなかったという状態は、結局現代と変わっていないように思われる。

ただひとつ言えることは、「見て損なし!」

「江戸東京博物館開館15周年記念特別展 北斎 ヨーロッパを魅了した江戸の絵師」
~1月27日(日) まで


一緒に、常設展では「北斎漫画展」をやっているとのことなので、今まで一度も入ったことがない常設展会場へ。
ここは江戸と東京の建物から風俗までを展示している。一通り見学したが、結構面白いですよ。じっくり見ようとしたら時間が足りません。ミニチュア模型や実物大展示など、なかなか作り込んであります。

「北斎漫画」は今で言うとイラスト集みたいなもんでしょうか。
特別企画展と一緒に見ると、硬軟取り揃えてというか縦横無尽というか、なんと形容していいか分かりません。

眼福眼福。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の晩飯’08 5日目

2008010501

今日の晩飯

シューマイ弁当
ホットサラダ(冷)
ネギとワカメの味噌汁

上野駅の売店でのシューマイ弁当を。で、晩飯としては作らず。
ただ、それだけでは足りないのでホットサラダと味噌汁を追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

自転車日誌’08 1走

本日の走行結果

ルート: 自宅-那珂湊-大洗-涸沼-広浦-千波湖-水戸-自宅
距離: 75.54km
平均速度: 24.7km/h

今年最初の自転車。
代わり映えのないいつものコースで(笑)

前半は多少の追い風基調、後半は向かい風という、持久力の落ちているであろう今のあっしにはもってこいのコンディションだった(涙)

まずは那珂川河口にかかる海門橋から一枚。

2008010402

天気が良く、空と海の境界線がよくわかる。
那珂湊までの道路は各地から来た車で渋滞。こっちはスイスイ。
いやぁ、申し訳ないっス(笑)


那珂湊から大洗に向かう途中にある大鳥居。
よく考えてみれば、こちら側からじっくり見たことがなかったのでありました。

2008010403

今回初めて気がついたのですが、左側の山の上あたりに海洋博物館というのがあるそうで。
いつか時間があるときに見に行ってみましょう。


大鳥居から少しいったところにあるのがフェリー乗り場。
ちょうど、さんふらわあ号が停泊していました。
たくさんの帰省客を乗せて、帰ってきたところでしょうか。
あっしには全然関係ないことですけど(笑)

2008010404

国道51号を越え、涸沼南岸を走る。
涸沼駅で給水休憩。
ちょうど鹿島神宮行きの列車がホームに入ってきたのであるが、カメラを取り出す時間が無く、そのまま行ってしまいましたとさ。

そのまま南岸を走っていると、ありましたありました。
「イルカ有ります」

2008010405

前にも書いたかもしれませんが、あっしがよく行くスーパーでも「イルカ」の切り身をたまに売っていたりします。
肉が赤黒く、鯨に似た感じ。
いずれにしても、「なごり雪」は歌ってくれません。


涸沼の西端にある涸沼大橋を渡ってすぐ右に行くと自転車専用道500号線。(左側もです)
とはいえ、路面状態は良くない。
亀裂が間断なくあり、雑草が生えている。うっかりすると手首にダメージが。
そろそろ向かい風の影響が・・・、じわじわと。

広浦漁港には野鳥がちらほら。
どういうわけか、足踏みしているのもいた。

2008010406

なにかが足に引っかかっているのか、怪我をしているのか。
同じ動作を繰り返していた。


広浦にある神社の鳥居から湖面を。
鳥居の奥からまっすぐに涸沼を見ると、ちょうど太陽が鳥居の上に位置する。
湖面はキラキラとまぶしく、そのまましばらく休憩。

2008010407


その後、涸沼北端から県道106号から県道40号とつなぎ、ロックシティで給水休憩。
県庁脇の本屋でぶらぶらするモノの収穫なし。
千波湖の遊歩道をかすめて水戸駅前経由で帰宅。

いやぁ、途中で左膝に力が入らなくなって、枝川から市毛の坂道が辛かった。
まだ後ろの枚数が残っているか心配になってしまったよ。
へろへろのまま自宅着。

今日の出で立ちは、長袖シャツ2枚にウィンドブレーカ、冬用レーパン。
走っているときはいいけど、信号待ちなんかで汗が冷えるとさすがに寒い。あっという間に体が冷えていく感じというのは、なんとも言えず焦りますな。

さて、今年はどれくらい走れるでしょうか。
できれば去年以上に(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯’08 4日目

2008010401

今日の晩飯

麻婆あんかけ炒飯(手)
鶏と根菜の煮物(手)
フライドポテト(冷)
野菜サラダ
ワカメスープ

昨日の麻婆豆腐のあん部分を水を追加して薄めて煮直し、水溶き片栗粉で再度とろみ付け。
炒飯本体は、卵、豚コマ、タマネギ、人参、ピーマン、なるとで。あんに味がついているのでこちらは軽く胡椒と中華味調味料で。
油と卵の具合が良かったためか、御飯がパラパラに仕上がった。
なお、豚コマは更に刻んで野菜と一緒に炒めたら別にとっておき、改めて卵と御飯を炒めたあとに戻しています。
薄味の炒飯と昨日にも増して深い味になったあんがいい感じの組み合わせになっていました。

煮物は味が染みていてグー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.03

今日の晩飯’08 3日目

2008010301

今日の晩飯

麻婆豆腐(手)
鶏と根菜の煮物(手)
野菜サラダ
ほうれん草とワカメの味噌汁

すっかり普通のメニューです(笑)

麻婆豆腐は豚コマをみじん切りにして刻みニンニクと炒め、豆板醤甜麺醤と炒め合わせる。
鶏ガラスープ、醤油、胡椒を追加して煮たら、豆腐を投入。
火が通ったら、刻んだ長ネギ、ニラを入れ、ひとかきまわしし、山椒をふり、水溶き片栗粉でとろみを付けて出来上がり。
ちょっと塩気が勝っているものの、おかずとしては十分。
豆腐以外のあん部分は全部食えなかったので、肉味噌として冷蔵しておく。

煮物は、鶏モモ、人参、レンコン、ゴボウ、こんにゃく。
砂糖、醤油、みりん、だし。
少し甘めの味付けで、麻婆豆腐と対照的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.02

今日の晩飯’08 2日目

2008010201

今日の晩飯

土鍋キノコ御飯(手)
豚キムチ炒め(手)
鶏と小松菜と卵のつゆ(手)
野菜サラダ
栗きんとん

新年最初の御飯を炊こうとしたら、1カップ強しか米がなかった。ありゃりゃ。
仕方なく、昨年買っておいたキノコ御飯の素を使って、1カップだけ土鍋御飯を炊く。
追加食材は、エノキダケ、人参、ゴボウ。仕上げは万能ネギも。

前回は水加減が少々足りなかったようなので、今回はレシピよりも1割くらい多めに。
出来上がりは見た目良い感じ。
しかし、混ぜてみると、土鍋の底に大量の焦げ付きが!
お焦げというよりも、焦げ付き。あ~~ぁ。

2008010202

とりあえず、食える部分だけを見れば、いい出来ですね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

元日の犬吠埼

あけましておめでとうございますということで。

雑煮を食って、早々に実家を退散(笑)
さぁ、正月の特売でも見に秋葉原でも行こうかと思ったモノの、電車に乗るのが面倒になってしまった。
どうしたものかと思案していたら、前から行ってみたかった銚子へドライブと。

昼前に出発し、途中休憩をはさみつつ、犬吠埼灯台に着いたのが4時少し前。
灯台の見学は4時まで。
あわててチケットを買い、狭いらせん階段を上っていくと・・・。

おぉ、すごい。
おぉ、寒い。

太平洋が丸く見える、とは言えないけど、水平線が少し曲がって見えるような気がする。
天気も良くて、よかった。

本来ならば、初日の出を見るためにここに来るべきなのでしょうが、そんなの関係ねぇ。
夕日だっていいじゃない(爆)
元日なんだから。

ということで。
2008010102

夕日が雲に隠れてしまったけど。
2008010103


帰り際、銚子駅によって、銚子電鉄の濡れ煎餅を買う。
知らなかったのだが、濡れ煎餅は銚子電鉄だけが販売しているわけではなくて、銚子あたりの名物みたいですね。国道沿いには何軒も濡れ煎餅やさんがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日の晩飯’08 1日目

2008010101

今日の晩飯

雑煮(手)
野菜サラダ(手)
栗きんとん

正月初日は、やっぱり雑煮でしょう。

昨日実家に帰り、2杯目の年越しそばを食い、明けて元日、雑煮と煮物を食う。

食うだけ食ったら、帰宅の途へ(笑)

そして2杯目の雑煮を。

雑煮は東京風の醤油味、鶏肉、小松菜、四角い焼き餅。
実家では入れなかった人参を追加。
味付けは適当だけど、食べ慣れた味に近づけてしまうのが面白い。

まぁ、そんなこんなで、今年も晩飯晩飯晩飯の一年になるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »