« 今日の晩飯’08 140~146日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 147~152日目 »

2008.05.25

本日の収穫’08 第18回

漫画

1.『ピアノの森15 限定版』 一色まこと著 講談社 1500円+税

雑誌

1.funride 2008・6 / ランナーズ / 750円
2.BiCYCLE CLUB 2008・6 / 木世出版 / 700円

文庫・新書

1.『隕石誘拐 宮沢賢治の迷宮』 鯨統一郎著 光文社文庫 667円+税
2.『九つの殺人メルヘン』 鯨統一郎著 光文社文庫 619円+税
3.『あすなろの詩』 鯨統一郎著 角川文庫 629円+税
4.『保科正之言行録』 中村彰彦著 中公文庫 686円+税
5.『50の生えぎわ』 泉麻人著 中公文庫 552円+税
6.『曹操残夢 魏の曹一族』 陳舜臣著 中公文庫 686円+税
7.『さよならバースディ』 荻原浩著 集英社文庫 600円+税
8.『妻との修復』 嵐山光三郎著 講談社現代新書 720円+税

---------------------------------------------

掲載誌は読んでいないので、どういうタイミングで単行本になるか分からない漫画の一つが『ピアノの森』。
ファンサイトによると、毎号掲載ではないらしい。元々遅筆気味の漫画家なので仕方ないか。
ところで、あっしが買ったのは限定版。ショパンコンクールの1次予選で主人公の海が弾いた曲をCDにしてついている。まぁ弾いた人は海ではなくてアシュケナージ。早速聴きながら読み進める。
『神童』『のだめカンタービレ』『マエストロ』などでもそうだけど、一瞬で消えてしまう音の描写に引き込まれてしまう。偶然か、これらの漫画はすべてクラシック。あっしはあまり聴かないので、作者が伝えたいモノの何分の一しか受け取っていないのかもしれない。それでも物語のうねりに飲み込まれているのである。

雑誌は久しぶりの自転車雑誌。
6月1日の道路交通法改正のタイミングに合わせてか、この2冊には「安全なサイクリスト」「自転車で”車道”デビュー」といったキャッチが表紙に書かれている。
今更言うまでもないが、道路においては自転車の立場は圧倒的に不明瞭であり、それを助長するような行政や警察の態度が拍車をかけて危険な自転車利用者を生み出している。今回の道交法改正がどのようなものか、恥ずかしながら把握していないのだが、今までの状態が急激に改善されることは無いと思う。思うのだが、なんとかして変えていかなければならないのだ。問題は、関係者がこれを問題として認識しているかどうかと、実際に自転車に乗ってみることだ。関係者とは、歩行者も含めてである。

|

« 今日の晩飯’08 140~146日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 147~152日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/41320305

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫’08 第18回:

« 今日の晩飯’08 140~146日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 147~152日目 »