« 『北京故宮 書の名宝展』 江戸東京博物館 | トップページ | 今日の晩飯’08 227~228日目 »

2008.08.15

自転車日誌’08 9走

本日の走行結果

ルート: 自宅-ひたちなか海浜公園-阿字ヶ浦-平磯-那珂湊-大洗-水戸-自宅
距離: 57.40km
平均速度: 22.7km/h

盆休み中に一度は走らねば、ということで、暑さ爆発している中走り始める。

勝田駅前からひたちなか海浜公園前まで直進し、左折。そのまま火力発電所手前まで走ったところで警備員に呼び止められる。火力発電所手前を右折すると、海岸沿いを阿字ヶ浦まで出られるのだが、立ち入り禁止だとのこと。今まで何度もそのコースを走っていたのだけど、何で今日はダメの?
まぁ、ここでトラブってもしょうがないので、1本山側の道路に戻って抜けようとしたら、そこも通行止め。
さらに1本山側の道を走り、ようやく常陸那珂港インター近くに出ることが出来た。

阿字ヶ浦の海水浴場を横目に道なりに行くと、磯前神社につながる急坂。
この坂は細くて、車がいると前に進めなくなるため、タイミングが肝心。後ろに車がきていても知らぬふりして走らなければならないのだ。車だってエンジンを吹かさなければあがれないのだから。
あがりきると、右に折れて阿字ヶ浦駅で給水休憩。
駅舎には、おばあちゃんと孫二人、若者一人だけという寂しい状況だった。

さて、海岸沿いを走ると、そろそろ帰る海水浴客が駐車場から車を出し始めるころ。
こういうときは十分注意しなければならないし、路駐している車のドアが急に開くことも念頭に置いておかなければならないので緊張する。

とはいえ、波打ち際で遊ぶ家族連れや、バーベキューの煙など、楽しそうである。

那珂湊から大洗にかけてはあちこちで渋滞。
大洗から国道51号線に入り水戸に向かうが、途中の水戸大洗インターまで渋滞。ご苦労様です。

この頃から、日立方面の空が暗いことに気がつく。
ダイジョウブかなぁ、と思いつつ水戸駅前の本屋に。
目当ての本がなかったのですぐ帰途につくが、空の半分が暗く、残りはまだ明るい状態。でも風は強くなってきている。
目指す方向は更に暗く、時折縦に稲妻が走る。
気は急くけど、風は向かい風、そろそろ50km位なので足も回らない。
国道6号線に入ってもスピードは上がらず、雨がポツポツと当たる。雷鳴が響いている。

それでもなんとか部屋にたどり着き、すぐにシャワーを浴びていると、雨と雷がひどくなる。
あと5分遅かったら、土砂降りの中で走らなければならなかったことだろうと思うと、ラッキーだった。

途中で、フロントギアが不調なことに気がついたが、対処できず。
アウターにならなくなってしまった。
やはり、あまり自転車に乗らないので、拗ねてしまったのだろう(笑)

|

« 『北京故宮 書の名宝展』 江戸東京博物館 | トップページ | 今日の晩飯’08 227~228日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/42169867

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車日誌’08 9走:

« 『北京故宮 書の名宝展』 江戸東京博物館 | トップページ | 今日の晩飯’08 227~228日目 »