« 今日の晩飯’08 293日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 294~298日目 »

2008.10.19

「激動の昭和鉄道史」 水戸市立博物館

世の鉄っちゃん程ではないにしても、鉄道関係は好きなんですよ。

ということで、水戸市立博物館で開催されている、

激動の昭和鉄道史 -時代を走り抜けた軌跡を追って

という特別展を見てきました。
水戸市立博物館は、南町3丁目交差点を那珂川方向に少し歩いたところにあり、中央図書館(県立図書館ではなく)の隣です。入り口は2階にあり、展示会場は4階。

2008101902

あっしが入り口を通ると、受付のおばさんに、
「今ちょうど始まったところだから、早く!」
と促されて早足で階段を登る。
すると、入ってすぐのところにNゲージのレイアウトがあって、説明員の女性が常磐線の歴史(みたいな)を説明していた。それを聞きつつ、入場料を払い、引き続きレイアウトを眺める。1週間ごとに走る列車が変わるそうだ。11月はじめには、模型クラブの大型レイアウトによる展示もあるそうだ。

さて、水戸での特別展だけあって、展示の半分以上は常磐線に関するモノ。
市立博物館という規模からすると、結構な分量の展示物。もちろん、鉄道博物館とは比べものにはならないが、興味のある人なら、入場料との兼ね合いからして満足度が高いはずだ。しかも、地元ネタふんだんだし。
戦前から戦中、戦後、JRへの変化まで。

展示は4階のワンフロアだけでなく、3階のフロア半分も当てられていた。
鉄道関係の資料の他、ホーロー看板も。両方を収集している人の協力があったようだ。

2008101903

会場には、日曜日ということもあってか、親子連れが半数程度。結構賑わっていた。
子供向けに、会場をめぐりながらクイズの答えを書き入れるラリーが行われていた。また、スタンプコーナーも。


帰り際、展示図録を購入。1500円。
100ページに満たないのではあるがこの値段。
なんと、DVD付きです。珍しい。(もっとも、DVD-Rですが)


水戸市立博物館
11/23(日)まで

|

« 今日の晩飯’08 293日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 294~298日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/42843569

この記事へのトラックバック一覧です: 「激動の昭和鉄道史」 水戸市立博物館:

« 今日の晩飯’08 293日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 294~298日目 »