« 今日の晩飯’08 315~320日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 321日目 »

2008.11.16

本日の収穫’08 第39回

漫画

1.弱虫ペダル1 / 渡辺航著 / 秋田書店 / 400円+税
2.弱虫ペダル2 / 渡辺航著 / 秋田書店 / 400円+税
3.弱虫ペダル3 / 渡辺航著 / 秋田書店 / 400円+税
4.大場電気鍍金工業所/やもり / つげ義春著 / ちくま文庫 / 760円+税
5.龍-RON-11 / 村上もとか著 / 小学館文庫 / 714円+税
6.龍-RON-12 / 村上もとか著 / 小学館文庫 / 714円+税

文庫

1.『危機の宰相』 沢木耕太郎著 文春文庫 571円+税
2.『テロルの決算』 沢木耕太郎著 文春文庫 638円+税
3.『孤独について 生きるのが困難な人々へ』 中島義道著 文春文庫 524円+税
4.『知に働けば蔵が建つ』 内田樹著 文春文庫 619円+税
5.『桃仙人 小説深沢七郎』 嵐山光三郎著 ランダムハウス講談社文庫 680円+税
6.『お天気おじさんへの道』 泉麻人著 講談社文庫 590円+税
7.『ゆかいな理科年表』 スレンドラ・ヴァーマ著 ちくま学芸文庫 1300円+税
8.『手塚治虫大全3』 手塚治虫著 光文社知恵の森文庫 838円+税
9.『緊急の場合は』 マイクル・クライトン著 ハヤカワ文庫 1000円+税
10.『酒肴道場』 荻原和歌著 王様文庫 648円+税

雑誌

1.本の雑誌2008-12 / 本の雑誌社 / 505円+税
2.トランジスタ技術2008-12 / CQ出版社 / 780円

------------------------------------

なんか買いすぎ。

漫画は『弱虫ペダル』
自転車漫画はいくつか読んだけど、すんなりと入り込める面白さという点ではピカイチかと。
まだ序盤だけど、先の展開を予想させるネタをチラホラと混ぜ込んでいるので、とりあえずは安心して読める、ともいえる。
主人公は、秋葉原まで往復90kmをママチャリで走るという設定。あっしはロードで同じように往復したりしたから、似ている(笑) 

文庫は、まずは沢木耕太郎。
『テロルの決算』は先月に旧版を読んだばかり。これが出ると分かっていたら、ちょっと待ったかも。
で、何でまた買ったかというと、新版で追加されたあとがきを読みたかったから。
もう一冊の『危機の宰相』、ノーマーク。単行本で出ていたのも知らなかった。
これについては、本筋とは関係ないところで、ちょっと疑問があるので、別に書くかも。

先日、マイケル・クライトンが亡くなった。ハヤカワではマイクルと書くみたいだが。
ER緊急救命室の原案者でもあり、『五人のカルテ』を読んだことがある。昔から医療ミステリ系は好きなジャンルなので本書は読み逃しているといえるなぁ。
逆に、有名なジュラシック・パークやその他は読んだことがない(汗)
まだ六十半ばだから、ちょっと早すぎるよね。

|

« 今日の晩飯’08 315~320日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 321日目 »

コメント

まいど。
確かに今週はたくさん買いましたね。
『知に働けば蔵が建つ』が目に留まりました(^_^.)。読みやすいけど読み応えがあると思います。

『テロルの決算』、積ん読状態です。いつか読もうと思いながらはや幾星霜(^_^;)。新版も出たんですね。そのうち読みます。

マイクル・クライトン、確かに今どきなら早世ですね。もっといっぱい映画の原作を書いてもらいたかったです。児玉清さんも悲しんでおられるでしょうね。

投稿: マホ | 2008.11.17 17:47

まいどです。ストレス買いです(笑)

『知に働けば蔵が建つ』は、タイトルに惹かれてというのが50%、のこりは「はじめに」の数ページを読んでみて、おぉ、と思いまして。
まだそこまでしか読んでいませんが、オビに書かれているように目からウロコが落ちまくるのか、ほっぺがが落ちるのか、はたまた、冷や汗が滴り落ちるのか、楽しみです。

『テロルの決算』はもっと早く読んでおけばと思いました。単なる政治家刺殺事件といった面ではなく、その時点を、二人それぞれの立体同士の接触点として表していることが深い読後感につながっています。(新版の方が、字が大きくて読みやすいです(汗))

児玉清さん、『寝ても覚めても本の虫』の中では何度もマイクル・クライトンに言及していましたから。その人、その作品、残念に思われているでしょう。

投稿: みそがい | 2008.11.17 23:52

中島義道さんを読まれるのですね~
本の旅人の連載を読んでいるのですが、なかなか大変です(^^;

投稿: グーグー | 2008.11.18 21:24

どうもどうもです。

きっかけは『うるさい日本の私』でした。
この人、よほど神経が太いのか、あるいは細すぎるのか、どう考えればいいのか分からないけど、そういうのもありかな、などと思いました。
日常の、意識にものぼらないことが、根本的な疑問の生ずるタネになろうとは。
でも、生きにくいだろうなぁ、と思うのです。本人はそう思っていないのでしょうけど。

投稿: みそがい | 2008.11.18 23:21

お久しぶりです。
僕は『ジュラシック・パーク』読みました。
凄く面白かったです。
面白い,と言うよりはおぞましいと言ったほうがいいのかな?
いい意味で期待を裏切られました。

投稿: ほんだ | 2008.11.27 20:56

どうもどうも。
正直なところ、登場人物がカタカナだと覚えにくくてねぇ(笑)
だから、カバーに付いている一覧表が役に立ちます。

昨日行った本屋では、文庫が平積みになってました。
そういえば、クローン技術が小説に近づいてきた、という感じですね。

投稿: みそがい | 2008.12.01 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/43133875

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫’08 第39回:

« 今日の晩飯’08 315~320日目 | トップページ | 今日の晩飯’08 321日目 »