« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.26

本日の収穫’09 第4回

DVD

1.ER 緊急救命室XI (Discs 1-3) / ワーナーブラザーズ / 2615円
2.ER 緊急救命室XI (Discs 4-6) / ワーナーブラザーズ / 2615円

雑誌

1.Design Wave Magazine Feb.2009 / CQ出版社 / 1450円
2.CQ ham radio 2009・2 / CQ出版社 / 890円
3.BiCYCLE CLUB Feb.2009 / 木世出版社 / 700円

漫画

1.ぴっぴら帳 1 / こうの史代著 / 双葉文庫 / 552円+税
2.ぴっぴら帳 2 / こうの史代著 / 双葉文庫 / 552円+税

文庫

1.『筒井版 悪魔の辞典<完全補注>(上)』 アンブローズ・ビアス著 講談社+α文庫 838円+税
2.『筒井版 悪魔の辞典<完全補注>(下)』 アンブローズ・ビアス著 講談社+α文庫 838円+税
3.『生き方の鑑 辞世のことば』 赤瀬川原平監修 講談社+α文庫 724円+税
4.『迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3』 毎日新聞科学環境部 講談社文庫 581円+税
5.『円を作った男 小説・大隈重信』 渡辺房男著 文春文庫 619円+税
6.『かつどん協議会』 原宏一著 集英社文庫 457円+税
7.『町工場巡礼の旅』 小関智弘著 中公文庫 762円+税
8.『水滸伝と日本人』 高島俊男著 ちくま文庫 880円+税

------------------------------------

「ER緊急救命室」は唯一買っているDVDのシリーズ。
シリーズXIは既に発売されて大分経つけど、今回買ったのは50%offになっていたから。
とはいえ、DVDで観たのは、まだシーズンIIかIIIあたりまで。あとは買っただけ(爆)
いつになったら・・・。

雑誌ではDesign Wave Magazin。
いつもはパラパラと立ち読みするくらいで済ましてしまうけど、今号は仕事に使える部分があるかな、と思って。
内容は、フリーツールによる設計支援。実際に活用できるかは別として、こういうモノがあるということを知っているのが重要なのだと思う。

CQ誌は久々に購入。
年末に、JARL NEWSのNew Year Party記事を読んで、そういえば最後に参加したのはいつだったっけ、などと思い、引っ越しで持ってきているはずのリグを探したのだ。結局、積んであるダン箱の下の方にあって取り出せず。
それから、アマチュア無線機メーカ各社のHPをつらつらと眺めたりして。
今更ハイパワーでガンガンQSOするのもなんなので、買うんだったらハンディかなぁ、なんて考えていたら、ちょうど今号がハンディ特集だったので。

BiCYCLE CLUBは、綴じ込み附録のパールイズミ春夏ウェアが目的(笑)


漫画、「ぴっぴら帳」は単行本で買おうかと思っていたのでちょうど良かった。

文庫では「悪魔の辞典」。
一番の驚きは、オビの筒井康隆写真が、大分若いときの。
どうしてだろう。
その頃から翻訳作業に入っていた、という意味なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

今日の晩飯’09 19~25日目

今週は帰りが遅くなった日が多く(朝帰りもあり(笑))、少々しょぼい内容。
こんなこともあります。



2009012501

今日の晩飯 25日目

ハヤシライス(レ)
サツマイモの煮物(手)
野菜サラダ
フカヒレとワカメの中華スープ


2009012401

今日の晩飯 24日目

豚コマとタマネギの卵とじ(手)
サツマイモの煮物(手)
野菜サラダ
シジミとワカメの味噌汁
韓国海苔


2009012301

今日の晩飯 23日目

サンドウィッチ
おにぎり
野菜ジュース x2


2009012201

今日の晩飯 22日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜ジュース x2


2009012101

今日の晩飯 21日目

野菜炒めラーメン(手)
豚まんパン
野菜ジュース


2009012001

今日の晩飯 20日目

サンドウィッチ
おにぎり
野菜ジュース
コーヒー牛乳


2009011901

今日の晩飯 19日目

鍋焼きうどん
里芋と鶏モモの煮物(手)
野菜サラダ
ココア牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

本日の収穫’09 第3回

雑誌

1.本の雑誌2009・2 / 本の雑誌社 / 505円+税

漫画

1.龍-RON-(15) / 村上もとか著 / 小学館文庫 / 714円+税
2.龍-RON-(16) / 村上もとか著 / 小学館文庫 / 714円+税

文庫

1.『三国志 きらめく群像』 高島俊男著 ちくま文庫 880円+税
2.『本と中国と日本人と』 高島俊男著 ちくま文庫 950円+税

------------------------------------

実は、先月発売の本の雑誌で、発行人のコメントとして「経営危機」にあることが明らかにされていた。
とりあえず、無事に次号が発売となり、安堵。
色々な雑誌を読んできたけど、本の雑誌は、今では5本の指に入る長期購読雑誌になっている。
文庫読みのあっしには、すぐに参考になるという部分は多くないけど、なぜか買わずにいられないのである。

休刊してしまった雑誌では、『O(オー)』『ダカーポ』『頓智』『The BASIC』あたりはとても残念だったなぁ・・・。

文庫では、高島俊男著の2冊。
去年の秋辺りから『お言葉ですが』シリーズを読み続けていて、早い話が、気に入ってしまったのだ。
前回の収穫でも、ちくま文庫の2冊を買ったけど、なかなか全部が揃っている本屋も見つからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’09 13~18日目

2009011801

今日の晩飯 18日目

里芋と鶏モモの味噌煮(手)
ほうれん草とベーコンのバター炒め(手)
野菜サラダ
キャベツの即席漬け(手)
マイタケとワカメのスープ

里芋が安かったのでとりあえず買ってみた。
昨日の鶏モモも半分余っているので、合わせて使った。

里芋は皮をむき、よく洗ってから一度茹で、ぬめりを取るため水で洗う。
ごま油で一口大に切った鶏モモを炒め、次いで里芋も炒める。
水、砂糖、酒、みりんを入れて煮始め、しばらくしたら人参も。
火が通ったら、味噌、醤油少々を入れて、煮汁が半分位になるまでゆっくりと弱火で。

出来上がりは、甘辛い味噌がいい感じ。里芋もねっとりと食感もイイ。
鶏モモも軟らかく仕上がっていた。


2009011701

今日の晩飯 17日目

鶏の唐揚げもどき(手)
ほうれん草と卵の中華スープ(手)
野菜サラダ(手)
キャベツの即席漬け(手)
韓国海苔

結局、二日酔い(涙)
昼過ぎまで痛む頭とモヤモヤする腹を押さえつつ。
本当は、会社の机周りを整理するために出社する予定だったけどとりやめ。

さて、今日はご飯を炊く日。
おかずはナニにしようかな、などとメニューを考える。
作りたての唐揚げ!
とはいえ、揚げ物はしないので、前にも使ったフライパンで、油なしで出来る唐揚げもどきを。
まぁそれなりの味。


2009011601

今日の晩飯 16日目

ミニケーキ
菓子パン
ワカメの味噌汁

新年+α会のため、晩飯というより夜食。
とはいえ、ほとんど空きっ腹にビールを注ぎすぎたため、会がお開きになる前にクラクラしてしまい、帰ってきてから夜食を食べるまで3時間くらい経っている。

何はともあれ、血中アルコール濃度を下げるために甘い物、二日酔い防止のための味噌汁という組み合わせ(笑)


2009011501

今日の晩飯 15日目

メンチカツと串カツ丼(手)
野菜とワカメの味噌汁
野菜サラダ
キャベツの即席漬け(手)

カツ丼を食いたかったけど、閉店近いスーパーにはメンチカツ1枚と串カツ1本。
仕方がないので、それを使う。
実は、メンチカツを使うと、丼つゆを多少吸うので、メンチカツ自体の味の変化も面白いのです。


2009011401

今日の晩飯 14日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜ジュース
コーヒー牛乳

帰るのが少し遅くなってしまい、テンションがものすごく下がった(笑)
晩飯を作る気も失せてしまったので、コンビニ食でござる。


2009011301

今日の晩飯 13日目

トマトコンソメのスパゲティ(レ)(手)
野菜サラダ
卵スープ
グラノーラフレーク+ヨーグルト

新製品らしいトマトコンソメ味のスパゲティソースを大分前に買っておいたものを、ようやく使ってみる。
ただ混ぜるだけでは面白くないので、いつものように具材を追加。
SPAM、タマネギ、ピーマンをあらかじめオリーブオイルで炒め、少し早めに麺を取り出して一緒に炒めてからソースを投入。なお、ソースはレトルトのまま、途中で麺と一緒に温めておいた(笑)
ソースを絡めながら1分ぐらい炒めたらできあがり。

コンソメの味が強く、トマトトマトしていないのがいいのか悪いのか分からないが、食は進む味。
次回は、生トマトを追加してみるのも面白そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

本日の収穫’09 第2回

パソコン関係

1.DT-H30/U2(PC用地デジチューナー) / バッファロー / 9980円

CD

1.モーニング・イン・リオ / セルジオ・メンデス / ユニバーサルミュージック / 2200円
2.ラヴ・ミュージック / セルジオ・メンデス&ブラジル'77 / BMG JAPAN / 2310円
3.ヴィンテージ'74 / セルジオ・メンデス&ブラジル'77 / BMG JAPAN / 2310円
4.ベスト2002-2006 / 小野リサ / EMIミュージックジャパン / 3150円

漫画

1.弱虫ペダル(4) / 渡辺航著 / 秋田書店 / 400円+税
2.近所の景色/無能の人 / つげ義春著 / ちくま文庫 / 760円+税
3.アドルフに告ぐ(1) / 手塚治虫著 / 文春文庫 / 600円+税
4.アドルフに告ぐ(2) / 手塚治虫著 / 文春文庫 / 638円+税

文庫

1.『味』 秋山徳蔵著 文春文庫 762円+税
2.『舌』 秋山徳蔵著 文春文庫 781円+税
3.『昭和天皇のお食事』 渡辺誠著 文春文庫 524円+税
4.『セカンドウィンドII』 川西蘭著 ピュアフル文庫 700円+税
5.『漱石の夏やすみ』 高島俊男著 ちくま文庫 780円+税
6.『しくじった皇帝たち』 高島俊男著 ちくま文庫 680円+税
7.『インパクトの瞬間 清水義範パスティーシュ100 二の巻』 清水義範著 ちくま文庫 950円+税
8.『世間のドクダミ』 群ようこ著 ちくま文庫 460円+税
9.『志の輔・宗久 風流らくご問答』 立川志の輔・玄侑宗久共著 文春文庫 590円+税
10.『空ばかり見ていた』 吉田篤弘著 文春文庫 629円+税
11.『78』 吉田篤弘著 小学館文庫 638円+税
12.『パラドックス学園 開かれた密室』 鯨統一郎著 光文社文庫 552円+税
13.『KAIKETSU!赤頭巾侍』 鯨統一郎 徳間文庫 590円+税

------------------------------------

またもや買いすぎ(汗)

まずは、パソコン用地デジチューナー。
キッチンと寝室にあるテレビはアナログの現役。
横長画面なのはパソコンの液晶モニタと、ノートパソコンのモニタだけ。
調べてみると、パソコン専用ならば1万円を切る地デジチューナがあるではないか。
もともとノートパソコンにワンセグチューナでも付けてみるかと、そっちばかり検討していたんだけど、これだったらフルセグでもあんまり値段が変わらない。

実際に使ってみると・・・。
もともとアパートのアンテナ性能が悪いのか、アンテナ線を分配したのが悪いのか、信号レベルがギリギリで一部の放送局が検知できない。
(一応、中継局はアナログと同じ場所なので向きはあっているのだが、アナログだってゴーストだらけで見られたものではないのだ。まぁそれが地デジにしようと思った理由のひとつなのだけど)
仕方なく、以前に使っていて今は休眠状態のUHFアンテナを別の中継局に向けてみることに。
あっしの部屋からだと、2カ所の中継局のサービスエリアになっている。
ベランダにポールを立てて、アンテナの向きを大体合わせてみたら、とりあえず全ての局を認識。ただ、やはり受信レベルが低く、途中で途切れる場合もある。原因は、アンテナの向きのすぐ近くに屋根(自分のアパートの)があって、影になっているから。これなら次の機会に調整できるので、しばらくこれで様子を見ることに。

地デジの画像は、アナログと比べれば雲泥の差ですね。
赤色の出方がすっきりしていて。
ひとつ気がついたのは、CMが横長ではないこと。
こればかりはアナログ視聴者を無視するわけにはいかないんですね。

CDはセルジオ・メンデス。
いつの間にか、新譜がでていた。(旧譜の再発売も含めて)
「モーニング・イン・リオ」は、前作(「TIMELESS」)でもプロデュースしているウィル・アイ・アムも再度登場。
前作よりは落ち着いた仕上がりではあるが、カバー曲のアレンジは結構跳んでいる。

漫画。
まずは「弱虫ペダル」。
燃えてるなぁ。
こういう話の展開には弱いのだ。ただ、いわば素人が秘めた能力を爆発させて最終的に勝ってしまう、という単純なストーリーじゃなくて良かった。
「アドルフに告ぐ」はハードカバーも持ってるし、全集にだってあるので買う必要ないのだけど、やっぱり買ってしまった。
手塚治虫生誕80年没後20年なので、今後もたくさん出てくるだろう。


文庫では「味」「舌」。
その昔、「天皇の料理番」という堺正章が主人公をやっていたドラマがあった。「天皇の料理番」は杉森久英の小説であり、ドラマを見た後に読んだ記憶がある。
その主人公が実在の人物で、秋山徳蔵。
前々から本人の書いた本を読んでみたいと思っていた。たまたま「舌」が平台に並んでいて、チラ見したら既に「味」も文庫になっているとのこと。何軒か本屋を探してようやくこちらもゲット。
そのながれで、「昭和天皇のお食事」も。

さらに、吉田篤弘の本。
この人、クラフト・エヴィング商會の片方の人。
なぜか2つの出版社から同時に文庫が。
複数の出版社から同時に同じ著者の文庫が出るということがままある。
それが多作の人ならばまだしも。

とにかく、一度に買いすぎて(しかも東京で)、バックパックの肩ベルトが食い込んで痛かった。あははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’09 11~12日目

2009011201

今日の晩飯 12日目

スパムとチンゲンサイの中華カレー風炒め(手)
茶碗蒸し(チ)
野菜サラダ
キャベツと水菜の即席漬け(手)
長ネギとワカメの味噌汁


2009011101

今日の晩飯 11日目

鶏団子と白菜の鍋(手)
野菜サラダ

寒いときには鍋ですね。
ということだと、ず~っと鍋になってしまうので、適当に間を開けて。

冷凍鶏団子、白菜、長ネギ、チンゲンサイ、人参をだし醤油ベースの味付けで。

ご飯はよそったけど、実際にはこの時点では食わずに・・・。

2009011102

雑炊にしました。
溶き卵を回し入れ、万能ネギを散らしてできあがり。
うむ。
からだまります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.10

今日の晩飯’09 10日目

2009011001

今日の晩飯

天玉うどん(手)
おにぎり
野菜サラダ

東京週末フリーきっぷを使って買い出し。
荷物が重くて(本ばかりで)、スーパーに寄るも手持ち出来るのは少しだけという状態。
かき揚げ、大根サラダ、おにぎりのみを買う。

東京も茨城も風が強く、寒くてたまらんかった。
温かいモノをとうどんになった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

今日の晩飯’09 9日目

2009010901

今日の晩飯

シューマイの酢豚(手)
豚汁(手)
野菜サラダ(手)
白菜漬け(手)

安売りしていたときのシューマイが賞味期限切れ近いので食ってしまうことに。
ただ温めて食うのでは面白くないので、酢豚風の味付けにしてみた。

シューマイはあらかじめレンジで温めておき、片栗粉をまぶしてからサラダ油で全面に焼き色を付けておく。
続いて、タマネギ、ピーマン、レンジで火を通した人参を炒め、シューマイと合わせて更に炒める。
味付けは、鶏ガラスープ、ケチャップ、砂糖、醤油、塩、紹興酒、レモン汁を合わせたモノ。
酢は使わない。
炒めた具材に合わせダレを混ぜ、次いで水溶き片栗粉でとろみ付け。

大成功! と言いたいところだが、普通に豚肉を使っておけば良かった。
なぜなら、シューマイを口に入れると、甘酸っぱい餡の味と、シューマイの具の味が喧嘩してしまうのだ。
いいアイデアだと思ったんだけどなぁ。

まぁこんなこともありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

今日の晩飯’09 6~8日目

2009010801

今日の晩飯 8日目

豚汁雑煮(手)
トマトサラダ(手)
白菜漬け(手)

新年会があったのだが、調子悪いのでキャンセル。
晩飯はカロメにしようかと考えたが、さすがにそれはと思いとどまり、味噌汁系でまとめた。

豚汁に餅を入れて雑煮に。
豚汁の味付けは、味噌に唐辛子味噌を合わせたモノ。
ダシも利かせてなんとか口に押し込める。


今日の晩飯 7日目

欠食

二日続けて頭痛でダウン。
カロメが晩飯代わり。



今日の晩飯 6日目

欠食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

本日の収穫’09 第1回

雑貨

1.マイクロファイバー敷きパッド(シングル) / ニトリ / 990円
2.トイレマット / ニトリ / 699円

新書

1.「分かりやすい教え方」の技術 / 藤沢晃治著 / 講談社ブルーバックス / 800円+税
2.「汚い」日本語講座 / 金田一秀穂著 / 新潮新書 / 680円+税
3.「品格バカ」が多すぎる / 島村洋子著 / ヴィレッジブックス新書 / 740円+税

文庫

1.『数学の楽しみ』 テオニ・パパス著 ちくま学芸文庫 1200円+税
2.『幕末維新秘史』 伊藤成郎著 新潮文庫 476円+税
3.『かけがえのないもの』 養老孟司著 新潮文庫 400円+税
4.『彰義隊』 吉村昭著 新潮文庫 705円+税
5.『押入のちよ』 荻原浩著 新潮文庫 552円+税

------------------------------------

寒いんですよ。
布団に入ると足先が。

ということで、前から気になっていたニトリのマイクロファイバー敷きパッド。
しかし効果は思ったほどではなく、最初のシーツのヒンヤリ感が無くなっただけ。それでも、足先の位置を変えたときに冷たさが気にならなくなった。

新書では『「分かりやすい教え方」の技術』。
教え方の技術もそうだけど、技術を教えるのが難しいわけです。
その参考になればと。
あっしが何年もかけて理解してきたことを、短時間で伝え、身につけてもらうためにはどうしたらいいのか。悩んでいるのです。

関係ないけど、今回の新書のタイトルはすべて「」が使われていますね。流行っているのかな。

文庫では『彰義隊』。
あぁ、読みたくない!
読んだら読んだだけ、読んでいない本が減ってしまうのだ。
吉村昭。残念でならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.05

今日の晩飯’09 5日目

2009010501

今日の晩飯

塩鮭(手)
サツマイモの素揚げ(手)
野菜サラダ(手)
野菜とワカメの味噌汁
白菜と人参の即席漬け(手)

サツマイモが野菜売り場にたくさん並んでいて、ホクホクの天ぷらが食いたいなぁ、と思う。
ただ、衣を付けるのが面倒だし、大量の油を使うのも処理が大変だ。
そこで、軽く小麦粉をまぶしただけの素揚げにしてみた。

イモのカサの半分くらいの少量で低温の油だけでじっくりと加熱。
油の泡が細かくなって、音が軽やかになってきたら出来上がり。

塩をほんの少しで食す。
ホックホクで甘みがじわっと。
なるほど、こういう味になるのか。
油っぽさがほとんど無くて、思いの外いい出来。

鮭は細かくほぐしてご飯に混ぜ込んで食す。
たまらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

立川談志の『芝浜』

この正月休み、あまりTVを積極的に見るということはしなかった。
でも、たまたま夜中の番組で立川談志の特集をやっていて、思わず引き込まれてしまった。

その中で『芝浜』という落語をやっていた。
始まる前に、爆笑問題の二人が「泣く」なんてことを言っていたので、どんなもんかと思っていたんだけど。

泣けた!

何だ、この話。

酒を断ち、心を入れ替えて商売に励む旦那に、そのきっかけとなった秘密を打ち明けるおかみさん。
そして旦那に酒を勧めるのだが・・・。

おかみさんが話をしている最中に、もううるうるとしてしまい、さげた途端にぼわっと涙があふれてきた。
でも、なんでしょう、このすっきり感は。
今の世の中、こんな話が成立するはず無い。
なのに、きっとこういう話を求めているのかなぁ。

ほとんど落語を見たことがないけど、少なくとも立川談志の芝浜はものすごかった。

正月休み、ほとんど唯一の収穫と言ってもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’09 4日目

2009010401

今日の晩飯

SPAM目玉焼き(手)
筑前煮(手)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁
韓国海苔

新年初の炊きたてご飯。
何か和食をと思ったけど、それよりもご飯がすすむおかずということで、SPAM(笑)
減塩タイプだけど、それでも大分しょっぱいので、一口で茶碗半分は食えてしまいそうだ。

筑前煮は味が染みこんでいくらでも食べられそうな旨さ。
今日で食いきってしまって、なんだかもったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.03

今日の晩飯’09 3日目

2009010301

今日の晩飯

お汁粉(手)
筑前煮(手)
野菜サラダ

まだまだ餅が残っているので、2年ぶりくらいの汁粉を作ってみる。

缶の小豆水煮に同量の水を加え、塩少々で煮た後に、焼いた餅を投入し更に一煮立ち。
塩味がかすかに利いていて旨い。

さて、明日からはご飯の晩飯かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

今日の晩飯’09 2日目

2009010201

今日の晩飯

けんちん風ちから蕎麦(手)
筑前煮(手)
野菜サラダ

昨日の雑煮の汁が半分残っていたので、青物を追加し、さらに餅をトッピングした蕎麦にする。

筑前煮は久々。
鶏モモをごま油で炒め、さらに根菜を追加して炒めた後に、だし汁、砂糖、酒、醤油、みりんなどを追加して煮込むだけ。
まぁ、初日なのであまり味は染みこんでいない。明日に期待。

ところで、いつも行くスーパーでは、(小容量の)みりんが売っていなかった。
みりん自体は酒売り場にあり、みりん風調味料は醤油やつゆの並びにあるのが普通なのだ。でも、みりん風調味料はたくさんの種類が並んでいるのに、なんでみりんがない? 酒売り場と調味料売り場を何度も行ったり来たりしたけど。
結局、別のスーパーで小瓶を購入できて、今日の筑前煮につながったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

今日の晩飯’09 1日目

2009年の『今日の晩飯』 はじまりはじまり。



2009010101

今日の晩飯

雑煮(手)
野菜サラダ
黒豆の煮物

今朝、実家でも雑煮を食ったけど、こっちに帰ってきて、やっぱり雑煮。
味付けは東京風で同じだが、具は鶏団子と人参、竹輪を追加。
餅はオーブントースターで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

大晦日に実家に帰り、年越しそばと鍋を食べ。
元日に雑煮と煮物と少しのおせち料理を食べ。

さっさと帰ってきました(笑)

で、昨年と同じく、犬吠埼までドライブ。

2時過ぎには到着し、犬吠埼灯台の螺旋階段を登り、少し丸まった水平線を風に吹かれたまま少しのあいだ眺めました。
ちっちゃいねぇ、あっしなんか。
2009010102


2009010103

その後、海岸そばの遊歩道をぶらぶらと。
岩にかかる波の写真を撮りつつあるいていたら、波しぶきが時折かかって濡れている部分があることに気がついた。
カメラを片手に通り過ぎようとしたら、ちょうど大きめの波が岩にぶつかり、いい感じだなぁ、なんて思った途端に「ステーンっ」と転ぶ。
あっ、とカメラは庇ったものの、右腰から濡れた遊歩道に落ち、コートとGパンがビチャビチャ。
左手に擦り傷。

あ~。
正月早々やっちまったなぁ。

帰途。
腰が段々痛くなる。

泥の付いたコートとGパンを洗濯機に放り込む。
なんだか、ちょっと情けない。
トホホな話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »