« 今日の晩飯’09 145~151日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 152~157日目 »

2009.05.31

本日の収穫’09 第17回

単行本

1.ドボク・サミット / ドボク・サミット実行委員会編 / 武蔵野美術大学出版局 / 2000円+税

漫画

1.汝、神になれ鬼になれ 自選短編集 / 諸星大二郎著 / 集英社文庫 / 638円+税
2.彼方より 自選短編集 / 諸星大二郎著 / 集英社文庫 / 638円+税
3.栞と紙魚子(1)~(3) / 諸星大二郎著 / ソノラマコミック文庫 / 各571円+税

新書

1.孟嘗君と戦国時代 / 宮城谷昌光著 / 中公新書 / 720円+税
2.国道の謎 / 松波成行著 / 祥伝社新書 / 924円+税
3.身近なアイデアを「特許」に変える発想塾 / 重田暁彦著 / 講談社+α新書 / 838円+税

文庫

1.冷たい銃声 / ロバート・B・パーカー著 / ハヤカワ文庫 / 840円+税
2.本当は怖ろしい漢字 / 小林朝夫著 / 彩図社 / 590円+税
3.砲艦銀鼠号 / 椎名誠著 / 集英社文庫 / 500円+税
4.SOKKI! 人生には役に立たない特技 / 秦建日子著 / 講談社文庫 / 676円+税
5.異端の数ゼロ 数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 / チャールズ・サイフェ著 / ハヤカワノンフィクション文庫 / 860円+税
6.スペース / 加納朋子著 / 創元推理文庫 / 640円+税
7.儒教三千年 / 陳舜臣著 / 中公文庫 / 686円+税
8.こまった人 / 養老孟司著 / 中公文庫 / 571円+税
9.さしむかいラブソング-彼女と別な彼の短篇- / 片岡義男著 / ハヤカワ文庫 / 820円+税

------------------------------------

なんといっても、今回の一番の収穫は『ドボク・サミット』でしょう。
三省堂で小さなコーナーが作られていました。
ダム、団地、工場、ジャンクション、鉄塔、水門、といった土木建築物を鑑賞する人が集まったシンポジウムの公式解説書(?)である。
2008年6月に武蔵野美術大学で行われたとのこと。
鉄塔のプレゼンターは「毎日送電線」のサルマルヒデキさんである。(実際には本名で出ていますが)
鉄塔のサイトを公開しているあっしとしては、中の発言にいちいち「ウンウン、そうなんだよなぁ」なんて、この本を読みながら呟いているのである。
ちなみに、ジャミラドラキュラなんて命名された鉄塔は、たぶん出所はあっしだと思いますが、これだけメジャーになるとは思ってもいませんでした。感慨無量。
もう10年以上も前だもんな。
対象物を「見立て」ること自体が面白いのは勿論であるけど、あっしは、その面白さを補強する物語性を付け加えることのほうに興味があります。形の面白さに、その形に至る「何か」を。

それはそれとして、鉄塔以外の方々、これまた熱い人ばかりでおもしろい!!

文庫ではひとつだけ。
『冷たい銃声』
なんだこれは。
今までの「スペンサー」シリーズとは全く異なる表紙。
ふざけんなよっ、だ。
まぁ、表紙で中身を知るわけではないので、関係ないといえばそれまでだが・・・。
どんな変化なのか知りたい人は本屋のハヤカワ文庫のコーナーへ。

|

« 今日の晩飯’09 145~151日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 152~157日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/45196837

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫’09 第17回:

« 今日の晩飯’09 145~151日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 152~157日目 »