« 今日の晩飯’09 187~193日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 194~200日目 »

2009.07.12

本日の収穫’09 第19回

漫画

1.PLUTO(1~8) / 浦沢直樹X手塚治虫 / 小学館 / 524円+税(1~7巻) 590円+税(8巻)
2.ヒカルの碁 / ほったゆみ・小畑健 / 集英社 / 952円+税
3.ギャラリーフェイク004~009 / 細野不二彦著 / 小学館文庫 / 各581円+税

仕事関係

1.電源回路設計成功のかぎ / 馬場清太郎著 / CQ出版社 / 3000円+税 (新古本2000円)
2.トランジスタ技術SPECIAL for フレッシャーズ N0.107 電子回路のコモンセンス / CQ出版社 / 1890円+税

新書

1.物語 数学の歴史 / 加藤文元著 / 中公新書 / 880円+税
2.「渋滞」の先頭は何をしているのか? / 西成活裕著 / 宝島社新書 / 720円+税
3.漢字の相談室 / 阿辻哲次著 / 文春新書 / 750円+税
4.理系思考術 / 岡嶋裕史著 / ソフトバンク新書 / 730円+税
5.快適「自転車生活」入門 / 中野隆著 / アスキー新書 / 933円+税

文庫

1.じてんしゃ女子ひとり旅 / 沼尾ひろ子著 / 木世文庫 / 880円+税
2.図書館の神様 / 瀬尾まいこ著 / ちくま文庫 / 500円+税
3.科学哲学者柏木達彦の多忙な夏 / 冨田恭彦著 / 角川文庫 / 743円+税
4.秘本三国志 / 陳舜臣著 / 中公文庫 / 686円+税
5.死顔 / 吉村昭著 / 新潮文庫 / 324円+税

------------------------------------

6月中旬から今日までの収穫。

漫画は、『PLUTO』の単行本最終刊がでたのでまとめ買い。
早速読んでみたが、浦沢節といいますか、謎を引っ張る具合なぞは毎度毎度の(笑)
でも、泣けますな。
ロボットが感情を持つ、という、人間とロボットの線引きを不明確にすることによって、読み手に対する混乱を誘います。読み手も分かっていて、なんとなくずるい展開だなとは思いつつも、物語の中に入りこんでいくのです。
明らかにされる完璧なロボットの定義。
それはそのまま人間の定義になってしまうことの不思議さ。

一回読んだだけでは、最後まで残る謎が明らかになったのかどうだか判然としない。
あるいは明らかになっていないのかもしれないが、物語の外側の物語を考えさせる方策なのかもしれません。

仕事関係の本では、毎回同じような本。
未だに10年以上前の技術書や雑誌の資料をひっくり返したりしている。
また、年々出版される同様な内容の本も買い足している。
理論がひっくり返されたり、全く新しい内容になっている、なんてことは無いけど、頭の中をリフレッシュさせるためには良いきっかけになると思っている。
多分、あっし自身が自分の技術に大きな不安を持っていることの裏返し。
電源の本は、古書店で入手。

最近は新書のジャンルが色々とばらけていて、思わず買ってしまう回数が増えた(笑)

|

« 今日の晩飯’09 187~193日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 194~200日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/45617553

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の収穫’09 第19回:

« 今日の晩飯’09 187~193日目 | トップページ | 今日の晩飯’09 194~200日目 »