« 本日の収穫’09 第44回 | トップページ | 今日の晩飯’09 355~360日目 »

2009.12.21

『顔真卿特集』 台東区立書道博物館

どこのサイトで見たのか覚えていないが、台東区にある書道博物館で顔真卿の書が展示されているという。

確認したら、会期末間近(12/23まで)だったので慌てて土曜日に出かける。

日暮里駅で降り、少し道に迷いながらも無事到着。
ここは中村不折という洋画家・書道家の所蔵物を展示している中村不折記念館が併設されている。
(というよりは、中村不折の所蔵物が台東区に寄贈されたようです)

2009121903

正直なところ、中村不折がどのような人なのか全然知らない。
でも、その人となりがどんなもんでも、書なり絵画なり彫刻なりに表れれば関係ないわけです。

顔真卿がどうか、といえば、こちらもそんなに詳しくなく、逆に先入観無く展示物を見ることができたともいえます。

記念館に展示されている顔真卿の書。
ふっくらとして、懐の深い書、とでも言えばいいのでしょうか。
ホッとする感じ。
ささくれ立つ心を、静かになでてくれます。

本館(博物館)に移ると、こちらは彫像、甲骨金文から、飾り瓦、道具類など、幅広い物品が展示されています。
これはこれで非常に面白く、墓碑などは食い入るように見てしましました。
どれもが彫られている、あるいは鋳込まれている漢字が面白くて、きっとそういうのが趣味だったのでしょう。
あっしも、元々漢字が好きで、白川漢字学に触れ、さらに漢字に興味を持つようになったので、方向性が一緒(笑)

以前行った国立博物館などと比べれば物量は負けますが、密度が濃いです。

大人入場料500円


さて、日暮里から道に迷った際、先に見つけたのが、

2009121902_2

ねぎし三平堂です。
今回は前を通り過ぎただけですが、次の機会には中に入ってみましょう。

それから、書道博物館の斜め前には、

2009121904

子規庵、があります。
残念ながら、昼休みで閉まってました。
この写真を撮って、駅に向かおうとしたら、管理人らしきおじさんに呼び止められ、
「もしかして開くのを待ってるの? あと20分くらいだから隣の書道図書館を見てきたら?」
といって、割引券を渡そうとしました。
「いやぁ、今見てきたところなんですよ。割引券遅いですよ(笑)」
「それじゃ、この裏に三平堂があるから・・・」
「通ってきたところですよ(笑)」
などという話を。

一応、また来ます、といってその場を離れ、鶯谷駅から有楽町へ。

実は、正岡子規についての知識がほとんど無く、俳人歌人、野球の命名者、晩年は寝たきりで『病床六尺』『仰臥漫録』などを残している、くらいなもの。
「坂の上の雲」も読んでいないし、ドラマも見ていない。

そういう状態で、のこのこと子規庵に立ち入ること自体が、何か失礼なことではないかと思い、この日は遠慮したわけで。


ところで、あっしは常磐線を利用して来たので日暮里駅で下りましたが、山手線を使う人だったら鶯谷駅で降りるのが正解でしょうね。
ちゃんとこういうプレートがありました。

2009121905

それにしても、書道博物館や子規庵の周りはホテルばかりで・・・(汗)

|

« 本日の収穫’09 第44回 | トップページ | 今日の晩飯’09 355~360日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/47072973

この記事へのトラックバック一覧です: 『顔真卿特集』 台東区立書道博物館:

« 本日の収穫’09 第44回 | トップページ | 今日の晩飯’09 355~360日目 »