« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.28

本日の収穫’10 第6回

AV関係

1.プラズマテレビ P42-XP03 / 日立コンシューマエレクトロニクス / 143750円
2.イヤパッド HP-A900 / オーディオ・テクニカ / 1575円

CD

1.音楽堂 / 矢野顕子 / ヤマハミュージックコミュニケーションズ / 3150円
2.5years(初回限定版) / 木村カエラ / 日本コロムビア / 3500円

単行本

1.やり直しのための信号数学 / 三谷政昭 / CQ出版社 / (古)1800円
2.基礎自動制御 / 相良節夫 / 森北出版 / (古)1300円

ムック

1.数学は楽しい 別冊日経サイエンス / 日経サイエンス社 / 2000円+税
2.文藝別冊 追悼特集 加藤和彦 あの素晴らしい音をもう一度 / 河出書房新社 / 1143円+税
3.新書大賞2010 / 中央公論新社 / 580円+税

漫画

1.シブすぎ技術に男泣き! / 見ル野栄司 / 中経出版 / 952円+税
2.毎日かあさん(6) うろうろドサ編 / 西原理恵子 / 毎日新聞社 / 838円+税
3.ヨコハマ買い出し紀行(6) / 芦奈野ひとし / 講談社 / 638円+税
4.岳(11) / 石塚真一 / 小学館 / 524円+税
5.センセイの鞄(2) / 川上弘美+谷口ジロー / 双葉社 / 905円+税

文庫

1.人生を変えた時代小説傑作選 / 山本一力・児玉清・縄田一男編 / 文春文庫 / 629円+税
2.夫婦で行くイスラムの国々 / 清水義範 / 集英社文庫 / 686円+税
3.アイディアのレッスン / 外山滋比古 / ちくま文庫 / 540円+税
4.人間の建設 / 小林秀雄+岡潔 / 新潮文庫 / 362円+税
5.海を見にいく / 椎名誠 / 新潮文庫 / 590円+税
6.グーグーだって猫である(3) / 大島弓子 / 角川文庫 / 514円+税
7.焼酎ぐるぐる / 大田垣晴子 / メディアファクトリー / 467円+税

------------------------------------

ちょっと前に地デジチューナーを買ったばかりなのに、結局テレビ本体を買ってしまった(汗)

というのも、ある年齢域になると一度だけ、何かを買ったり、自己啓発したり、家賃にしたりとか、少しだけど会社から補助金が出るのである。申請していたのを忘れていたが、3月いっぱいで締め切りになるので慌てて何に使うかを考えた。

今ならエコポイントもあるしなぁ、ということで、アナログテレビで頑張るつもりだったけど急遽。
いろいろな機種があり迷ったが、この機種(シリーズ)ではTVで録った番組をLAN経由PC視聴できるらしく、他のメーカに無い機能みたいなので決定。

画面の大きさは、とりあえず自腹で出せる金額で(笑)
ホントは3月に入ってからでもいいかと思ったが、昨日たまたま秋葉原で売り場を覗いてみたら、結構安かったので(もちろんポイント別で20%つきましたから、実質11.5万。さらにエコポイント2.3万分付くから9.2万円となる)

モノは今日届いて、TV本体のセットアップは完了。
ネットワークケーブルを準備していなかったので後回し。

29→42V だと、さすがにでかい。
でも、すぐに慣れてしまった(笑)

まぁ、使い勝手等は別途。


同時にヘッドフォンのイヤパッドも入手。
そのうち交換しなければ。


CDは矢野顕子と木村カエラ。

たまたまというか、亡くなった加藤和彦さんの追悼本も同時購入。
2度目の再結成ではサディスティック・ミカ・バンドのヴォーカルとして木村カエラが抜擢されたんだよね。
その時のアルバムは聴いたんだけど、あんまり印象は無かったんだけどな。


単行本は、半分仕事のような趣味のような。
いずれも古書店にて。


ムックでは、日経サイエンスからでた「数学は楽しい」。
分からないけど、面白い。
そのうち分かってくれば、さらに面白く、楽しいと思える域になるのだろうけど、遠い道のりだ。


漫画では「シブすぎ技術に男泣き!」。
ちらっと立ち読みして即買い。
分かるなぁ。
分かるよ、ウンウン。
等身大のプロジェクトX、といったら大げさかもしれないが。
もちろん、それでも足元には及ばないけどさ。


あぁ、それにしても金が出て行ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 53~59日目

2010022801

今日の晩飯 59日目

餃子(チ)(手)
塩肉じゃが(手)
野菜サラダ(手)
野菜とワカメの味噌汁
リンゴ


2010022701

今日の晩飯 58日目

ハンバーグサンド(レ)(手)
卵ワカメスープ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
リンゴ


2010022601

今日の晩飯 57日目

鍋焼きうでん(レ)(手)
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2010022501

今日の晩飯 56日目

カレーライス(手)
野菜サラダ
フカヒレ卵スープ
野菜ジュース


2010022401

今日の晩飯 55日目

カレーライス(手)
卵スープ
野菜ジュース
リンゴ


今日の晩飯 54日目

カロメ
野菜ジュース

引き続きダウン



今日の晩飯 53日目

カロメ
野菜ジュース

頭痛でダウン。飯食えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

自転車日誌’10 第6走

本日の走行結果

ルート: 自宅-金上駅前-弘道館-千波湖-県庁脇-千波-那珂-自宅
距離: 34.72km
平均速度: 21.6km/h

2/20の結果です。

久々に自転車。
まずは金上駅の工事状況を確認。
先週も一度写真を撮りに行って、今回も撮りましたが、大分進んでいます。
予想が正しかったと確信しました。
それは別項で。

弘道館裏の梅園の状況は、まだまだ。
多少賑やかな状態であれば偕楽園を散策しようと思ったけど、次かその次の週末あたりですかね。

その後いつもの書店で雑誌を購入。

さらに電気屋に寄って薄型TVを下見。

さらに別の電気屋でも下見。

来月に入れば値段が下がるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 52日目

2010022101

今日の晩飯

コロッケカレー(手)(惣)
大根とがんもどきの煮物(手)
鶏つみれの中華スープ(手)
野菜サラダ(手)

カレーで重要なのは塩分である。
だからというわけでもないが、あるけど、通常は福神漬けをつけるところ、あっしの家では前々から紅ショウガ。
コレがあると、多少ぼけた、コクのないカレーであってもそこそこ食えるようになるのだ。

もちろん、旨い場合はさらに旨くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫’10 第5回

文庫

1.われわれはなぜ死ぬのか / 柳澤桂子 / ちくま文庫 / 760円+税
2.働くことがイヤな人のための本 / 中島義道 / 日経ビジネス人文庫 / 571円+税
3.ワタシは最高にツイている / 小林聡美 / 幻冬舎文庫 / 495円+税
4.大数学者 / 小堀憲 / ちくま学芸文庫 / 1100円+税
5.世界ニホン誤博覧会 / 柳沢有紀夫 / 新潮文庫 / 438円+税
6.分解 / 酒見賢一 / ちくま文庫 / 760円+税
7.浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 / 鯨統一郎 / 光文社文庫 / 590円+税
8.よろしく / 嵐山光三郎 / 集英社文庫 / 743円+税

新書

1.アホの壁 / 筒井康隆 / 新潮新書 / 680円+税

手塚治虫文庫全集

1.ライオンブックス(3) / 800円+税
2.三つ目がとおる(1)~(3) / 930円+税、900円+税、900円+税
3.来るべき世界 ファウスト / 900円+税
4.きりひと讃歌 / 850円+税、880円+税

------------------------------------

買い続けている本に手をつけないうちに次の本を買ってしまうので、当然のように積ん読本が増える。

でも。

1冊読み終わると、さぁ次は何を読もうか、とその山からその時の気分にあった本を選び出す。
晴れ晴れとしているとき、物思うとき、ムシャクシャしているときなどなど。
本屋ではないけど、手近な場所、我が部屋の中で色々と選ぶ楽しさを味わえるのもまた、ホンの小さなシアワセなのだ。

文庫、最初の2冊は、まぁ最近の気分が出ていますな(笑)
次の1冊で気分が反転して、その次は学問へ。
あはははは。
なんだか笑ってしまうよ。

新書は久々の筒井康隆。
笑犬楼大通りでは何度も情報が出ていたけど、こんなに早く出版されるとは思っていなかった。
ただ、気分的には今読みたくはない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.20

今日の晩飯’10 46~51日目

2010022001

今日の晩飯 51日目

ポークカレーライス(手)
大根とがんもどきの煮物(手)
野菜サラダ
野菜と卵の中華スープ
リンゴ


2010021901

今日の晩飯 50日目

カジキマグロのソテー(手)
大根とがんもどきの煮物(手)
野菜サラダ(手)
ワカメと麩の味噌汁
韓国海苔
わさび漬け


2010021801

今日の晩飯 49日目

ネギトロ巻
鍋焼きうどん
野菜サラダ
リンゴ
野菜ジュース

ここしばらく準備していた発表が終わり、グッタリ。(あっしが発表したのではないけど)
これで少しはコンビニ飯から離れられるかな。



2010021701

今日の晩飯 48日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
牛乳
野菜ジュース
リンゴ


2010021601

今日の晩飯 47日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
野菜ジュース
リンゴ


2010021501

今日の晩飯 46日目

おにぎり
ロールパンサンド
野菜ジュース
コーヒー牛乳
リンゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

ひたちなか海浜鉄道 新旧デザイン車両の連結運行

ひたちなか海浜鉄道のHPによると、公募していた車両の新デザインの披露運行が行われるとのこと。

なんと、今日だったので慌ててカメラをもって最も近くて見晴らしのいい場所である自衛隊近くの線路際へ。

那珂湊駅で行われたイベントはとうに終わった時刻で、この車両も既に1往復か1.5往復かをしたあとだと思う。

線路脇で待つことしばし。
日工前駅近くの踏切が鳴り出した。

2010021402

2両編成のディーゼルカーが近づいてくる。

あれ?
先頭車両は現行の塗装だけど、2両目は光線の加減かよく分からない。
ひょっとすると関係ない車両?
などと焦ってしまいましたが、ちゃんと記念運行の車両でした。

なお、先頭には「五角」の「合格」ヘッドマークが付いてます。

2010021403

目の前を通り過ぎると、新デザインの塗装車両が。

クリーム色の上部に、金色の帯を挟んで、深い緑の下部塗装になっています。
落ち着いた色使いですね。

なんかコレをみてしまうと、今までの標準塗装も捨てがたい。
でも、しばらく経つと、新塗装もジワジワと浸透してきて、「顔」になっていくのでしょう。

まぁ、流鉄流山線みたいに、編成ごとにデザインが違っているのも面白いですが。

2010021404

遠ざかる車両は、次の駅、金上へ。

明日からはこの塗装の編成で走ることはないようなので、コレで見納めです。


そうそう。
金上駅の工事は、大きな変化があって、なんだか見えてきましたよ。
それはまた別項で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 45日目

2010021401

今日の晩飯

ピザトースト(手)
ジャガイモ入りコーンスープ(手)
筑前煮(手)
野菜サラダ(手)
リンゴ
野菜ジュース

またパンが余ってしまったので、ピザトーストに。
トッピングは細かく切ったスパム。

コーンスープはインスタント2杯分を、水150cc、牛乳150ccで煮る。
レンジでチンしたジャガイモを1cm角くらいに切って、スープに合わせて煮ればOK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.13

レアチーズケーキを作る

今までは炊飯器を使って焼いたチーズケーキを何度か紹介しましたが、今回は混ぜて冷やしてだけのレアチーズケーキです。
初挑戦!

出来上がりはこんな感じ。

2010021206

見た目があんまり良くないですが、これも初挑戦のため(汗)
色々と改善点も分かりましたので、その都度コメントを入れていきます。

材料

・チーズケーキ本体
胚芽入りビスケット 100g
バター 50g
クリームチーズ 200g
ヨーグルト 250g
レモン汁 大さじ2
生クリーム 200g
砂糖 70g
粉ゼラチン 5g

・イチゴジャム
イチゴ 200g
砂糖 100g
レモン汁 大さじ2
ブランデー 大さじ2
粉ゼラチン 3g

材料はいろいろなWebPageを参考にしましたが、まぁあっしの場合は適当です。
売っている材料の量を基準にしてますんで(汗)

1)土台を作る

ビスケットをビニール袋に入れ、ざっくりと折り、その後麺棒で麺を打つように砕いていきます。
(叩くよりも麺棒を転がすようにしていくと、均一に細かくしやすいです)

バターをレンジで溶かして、砕いたクッキーとまんべんなく混ぜ合わせ、ケーキ型の底に敷きます。
(スプーンの裏で叩くように、平らに固めるように)

2)本体を混ぜる

クリームチーズをレンジで30秒程度温め、柔らかくしてからボールに入れ砂糖と混ぜ合わせます。
(今回は砂糖を70gとしましたが、トッピングのジャムを考慮しています。トッピングなしであれば80~100g程度に増やした方がいいでしょう)

ヨーグルトを入れてさらに混ぜ合わせます。

レモン汁を入れてさらに混ぜ合わせます。

生クリームを入れてさらに混ぜ合わせます。
(何回かに分けて混ぜた方が混ぜやすい)

粉ゼラチンを50ccくらいのお湯で溶かし、それを混ぜ合わせます。

(粉ゼラチンは今回5gを使用しましたが、結果的にはそれでは少ないので、さらに5g程度増やした方がいいと思います)

(ゼラチン液を混ぜる前の状態)
2010021202

3)ケーキ型に流し込む

本体をゆっくりとケーキ型に流し込みます。
(今回は上にイチゴジャムをのせるので細かい泡は気にしませんでしたが、プレーンで食べる場合は濾しながら流し込んだ方がいいでしょう)

2010021203

冷蔵庫で2時間ほど冷やしておきます。


4)ジャムを作る

イチゴのへたをとり、水洗いします。

鍋にイチゴを入れ、砂糖を振りかけてそのまま鍋を振って混ぜ合わせます。

レモン汁を入れて、少し混ぜ合わせます。

そのまま30分ほどおいておきます。

赤いイチゴ液が出てきたら中火で煮ます。

煮立ったら弱火にし、ブランデーを入れます。

灰汁(白っぽい泡状のもの)を取りつつ30分ほど煮続けます。

途中でイチゴをつぶします。(← つぶさなくてもいいです)

30分経ったら、お湯30ccで溶かしたゼラチンをよく混ぜます。
(ゼラチンを入れるのは、今回のチーズケーキにのせて固めるためですので、普通のジャムとして使う場合は入れなくてもいいです。)
(ゼラチンの量は3gでしたが、これでも後述の通り不十分でしたので、5g程度にした方がいいでしょう)

 これでイチゴジャムは出来上がり

(本体を冷やしている間にイチゴジャムを作ると時間的に合います)

5)デコレーション

冷やしておいた本体がほぼ固まったら、半分に切ったイチゴを並べます。

2010021204

その上にイチゴジャムを流し込み、平らにならしたら冷蔵庫に戻します。

そのまままた2時間ほど冷やします。


6)できあがり

2010021205

ケーキ型を外したら、こんな状態に。

どうもゼラチンの効果が弱くて、チーズケーキ本体が緩くなっているようです。
イチゴジャムもまだ十分に固まっていないため、傾けると流れ始めそうです。

ただ、イチゴジャムの色がとても鮮やかで、自分で作ったとは思えません(笑)


2010021207

切り口はこんな感じ。

今回使ったケーキ型は20cmのものでしたが、分量からするともう一回り小さい型の方がいいですね。
まぁ、作ってみなきゃ分かんないこともあるわけで。


最後になりましたが、味は・・・。

旨い!!!!

チーズケーキ本体は、緩いのだけど、逆に滑らかな食感が残っていてとろけるとろける。

それにジャム!

これは驚きの旨さ。
今まで食べた市販のイチゴジャムを凌駕している、と言ったら言い過ぎかもしれないけど。

ただ、ジャムの味が勝ちすぎて、チーズケーキの味がよく分からなくなってしまった。

次に作るときは、
・クリームチーズの分量を増やす
・ジャムの量を減らす
・ゼラチンの分量は適切に
といったことを注意すればいいのではないかと思ってます。

手間からすると、混ぜるだけとはいいながら、炊飯器で作るチーズケーキとそんなに変わらない。
まぁ、気分次第でどちらを作るか決めればいいだけの話・・・、かな(笑)

お試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 44日目

2010021301

今日の晩飯

カツサンド(惣)(手)
筑前煮(手)
キャベツと卵のコンソメスープ(手)
野菜サラダ
レアチーズケーキ(手)
コーヒー牛乳

ブランチのパンが余っているので、惣菜のトンカツを使ってカツサンド。
それに筑前煮を合わせるところが???であるが、まぁそんなもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

半分リベンジの初スキー(笑)

ということで、先月急遽キャンセルしたスキーですが、昨日別チームで行ってきました。

会社の若手に混ぜてもらって、アルツ磐梯へ。

そういえば、一昨年もほぼ同じメンバーで同じ場所だったなぁ。

天気は曇りときどき雪。
風は無いものの、気温は低くてなかなか体が温まりませんでした。
ときおりガスって、すぐ前のコースが見えないくらいになることもありました。


今回もウェアだけもって、道具はレンタル。
若手衆には「いつもガンガン滑ってる」というイメージが定着しているけど、まさにその通りなので、自前の道具をもう一度そろえてもいいかなぁ。でもシーズンに1~2回だけだしなぁ。

さて、ゲレンデ。

祝日だったけど、そんなには混雑していない。
リフト待ちも数分レベル。
これなら快適。

ただし、雪の状態は、数日前あたりの天候の影響なのか、固く凍ったバーンに薄い新雪が積もる、といった感じで滑りにくい状態。いや、板が滑ってしまう状態(笑)

したがって、あっし程度の実力では流れそうになる板で踏ん張ってばかりになり膝関節がギリギリとうなってしまう。まぁこれは筋肉がおちているからと言うのも理由の80%位を占めているはずだけど。

2010021102

午前中と午後しばらくは若手と一緒に各コースを滑りましたが、2時過ぎぐらいに離脱して一人旅。
猫魔ボールI、II、あたりをぐるぐると回る。
特に、猫魔ボールIIは人が余りおらず、しかも思ったほどコブ化していなかったのであっしにも滑りやすかった。
ただし、時間がおしてしまい、ちょっと食い足りないなぁと感じつつも撤収。
これくらいがちょうどいいんですよ。

昨年のシーズンでは、あがる寸前に転倒して親指を強打してしまった、なんてこともあったが、今回は転倒無し。
怪我がないのが一番です。

2010021103


帰途。
雪が激しくなり、磐越道、常磐道とも車線に雪が積もっていた。
悪いことに、磐越道の小野といわき三和の間で事故があり通行止めのおまけ付き。
一旦一般道に下りて峠を越す。(といっても、あっしは後ろ座席でウトウトしていただけですけど。Aさん、往復の運転ご苦労様でした)
予想外に時間がかかってしまい、晩飯は会社近くの中華店で。
さらに自宅まで送ってもらって、とりあえず無事到着。

やっぱりスキーはいいなぁ。
また行きたい~~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 39~43日目

2010021201

今日の晩飯 43日目

焼きシューマイ(チ)(手)
筑前煮(手)
キャベツのレンジ蒸し(手)
野菜サラダ(手)
長ネギととワカメの味噌汁


2010021101

今日の晩飯 42日目

牛肉とピーマンの細切り炒め
餃子

スキー帰りに某中華チェーン店にて。

内心、これだったらあっしのほうが、などと。


2010021001

今日の晩飯 41日目

鶏のカリカリ焼き(手)
野菜サラダ
白菜キムチ
麩とワカメの味噌汁
リンゴ


2010020901

今日の晩飯 40日目

カップ麺
野菜ジュース


2010020801

今日の晩飯 39日目

焼きうどん(手)
シューマイと野菜の鍋(チ)(手)
トマト
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.07

『サイバーアーツジャパン展』 を見る

先月末に実家に立ち寄ったばかりなのだが、また用事ができてこの土曜日にも行かねばならなくなった。

その用事はさておき、せっかく東京方面に足を伸ばせるので、日頃は吸えない都会の空気というか、見ることのできないモノを見たいのだ。

で、Webでいろいろと探していたら、これをやっているのを見つけた。

サイバーアーツジャパン - アルスエレクトロニカの30年

紹介ページの中で、唯一知っているのが「明和電機」。

ハイテクではないがローテクともいえない、でも楽しく面白いパフォーマンス・・・、だったような気がする。
(詳しくは知らないのだ(汗))

場所は木場にある東京都現代美術館。
以前、一度だけ行った記憶がある。
何を見に行ったのかは覚えていない。
漫画関係だったかな。

さて。
サイバーアーツとは何か。

どうも、エレクトロニクスを用いた新しい芸術のカタチ、らしい。

予備知識がないまま見たので、面食らう展示が多かった。
それは、従来の美術とか芸術とかの展示とは違って、見る側がある程度参加することを要求されるからだ。

たとえば、割と大きなスペースで展示されていた明和電機の作品。
その片隅に「口パク」なるものが置かれている。
これは、タッチした位置で音程を決め、ブザーのような音を出す楽器(?)なのだが、その音が出る部分がシリコンみたいな皮で口のように開け閉めでき、音のこもり具合が調節できるようになっている。
実際、試してみると、面白い。
たぶん、回路としては単純な電子回路でしかないが、口を開け閉めするアナログチックな構造を追加することによって、単なる音が出る装置ではなく、操る面白さをより高めているのである。

別のスペースでは、巨大な煙突状のモノの中に葉っぱ状の紙を入れると、煙突状のモノの先からそれが降ってくる、なんてのもある。
葉っぱ状の紙には、閉じた目と開いた目が表と裏にそれぞれ描かれていて、降ってくるときにクルクルと回る。それは目をパチパチとしているように見えるのだ。
単純なのに、子どもから大人まで楽しくなる。
ただ、これがサイバーアーツなのかといわれると微妙なのだが。

いずれにせよ、自分がアクションしなければ楽しめない作品が多かった。
逆に言えば、自分が楽しもうとすれば、その楽しみはより大きくなるのだ。

それ以外にも、
1枚のレコードにたくさんのトーンアームが乗っかるプレーヤとか、
磁性流体をつかったオブジェとか、
タイプライターで打つ字がXXするやつとか。

展示物の数は、それほど多くないので、ある程度急いで見て回るのであれば1時間ちょっとあれば十分。


なお、この入場券で常設展も見られるので、引き続きウォーホルやリキテンスタインの作品を見に行く。

実は、時間が早かったためか、サイバーアーツジャパンもそんなに人が多くなかったけど、常設展示室はあっしを含めて二人とか三人とか(笑)
下手すると、展示室にあっしと監視員だけとか。
これでよく美術館の経営が成り立ってるよな、などと余計なことを考えてしまう。

でも、こちらも面白い。
作品の言わんとしているところは全然分からないけど、色とカタチ、造形など、勝手にあっしが感じるままを楽しめばいいのである。

アホみたいな作品だな、なんて思ったってかまわんのである。

とりあえず入館料1000円分は楽しんだ。

外へ出ると風が強く、埃が舞う。
あっという間に現実に引き戻された。

そうそう。
残念ながら、サイバーアーツジャパン展の図録は無し。
まぁ、図録にはしにくいし、したところで面白みは激減だろうしね。

2010020602

東京都現代美術館
サイバーアーツジャパン - アルスエレクトロニカの30年
3/22まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫’10 第4回

雑貨

1.サイバーアーツジャパン展 入場記念缶バッジ / 東京都現代美術館 / 0円
2.底取れ式デコレーションケーキ型20cm / 貝印 / 1080円

単行本

1.電気回路論 (改訂版 12版) / 電気学会 / 400円
2.過渡現象論 (65版)/ 電気学会 / 400円
3.電気磁気学 (26版)/ 電気学会 / 400円

アマチュア無線

1.アマチュア局再免許用紙 / 日本アマチュア無線連盟 / 362円+税

------------------------------------

今回はあまり収穫というほどのモノでもなく。

最初は、土曜日に見学したサイバーアーツジャパン展の入場記念缶バッジ。
詳細は別項で。

次は、いわゆるケーキ型というやつ。
今まで、炊飯器を使ったチーズケーキを何度か作ってきたけど、次はレアキーズケーキを作ってみたいなぁと思い。たまにしか使わないので、使い捨てのオーブンシートとか、紙型とかでいいんだけど、なかなかぴったりのが見つからなかった。

本はいずれも大学の教科書。
この頃よく行く古書店の入り口の外にある棚(店内の本とは明らかに扱いが異なるモノ(笑))から。
店内で同様の本を探したのだけど、やはり値段と内容とあっしの好みに合うモノが無く、前回に引き続き収穫なしと思いつつ外に。ふと野ざらしの棚を見るとこの3冊がまとまって収まっていた。
たぶん、店内であれば、それぞれ3~5倍くらいの値付けだろうけど。

今頃こういう本を探さなければならないのは、「その時に勉強していなかった」ことを示している(汗)
ホント、やっぱり学校に行っているときは、勉強が仕事だね。
会社に入ってから、仕事の時間を割いてまでこういう勉強するのは、ねぇ。


最後はアマチュア局再免許用紙。
こんなに安かったかな?と思いつつ中身を見てみると・・・、封筒2通分に紙が2枚、だけ。
そりゃ安いはずだ。

申請する書式が前回と違って簡略化されたようだ。
申請する内容に変更がなければ、ほとんど記入するところが無い。
あとは収入印紙を買ってくればいいだけ。
次の休みにでも郵便局へ行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯’10 32~38日目

2010020701

今日の晩飯 38日目

豚キムチ炒め(手)
キャベツとスパムの重ね蒸し焼き(手)
野菜サラダ
長ネギとワカメの味噌汁
リンゴ


2010020601

今日の晩飯 37日目

中華丼風(手)
サツマイモの煮物(手)
野菜サラダ
麩とワカメの味噌汁


2010020501

今日の晩飯 36日目

サンマの開き(手)
サツマイモの煮物(手)
モヤシとエノキダケのカレー炒め(手)
野菜サラダ
ほうれん草とワカメの味噌汁


2010020401

今日の晩飯 35日目

中華風雑炊(手)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁
リンゴ


2010020301

今日の晩飯 34日目

鍋焼きうどん
野菜サラダ
ロールケーキ
リンゴ
野菜ジュース


2010020201

今日の晩飯 33日目

野菜炒めラーメン(手)
みつまめ+ヨーグルト
野菜サラダ(手)


2010020101

今日の晩飯 32日目

月見ワカメうどん(手)
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース
リンゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »