« 今日の晩飯’10 278~280日目 | トップページ | 今日の晩飯’10 281~286日目 »

2010.09.27

三の丸尚蔵館の特別展示『皇室の文庫 書陵部の名品』をみる

日曜日に実家に立ち寄り。

その前に、東京方面でいつものように、書店街や電気屋をまわる。

久しぶりに、皇居東御苑に入って、何回かに一度は中に入る尚蔵館へ。

なぜかといえば、「坂本龍馬が裏書きした薩長同盟の書面」を展示していると、なにかの番組でとりあげていたからである。

たぶん同じような人がたくさんいたのでしょう。
今まででは考えられないくらい込んでいました。

もっとも、同盟書だけでなく、皇室が所有する貴重な文書や絵画なども展示していますので、一カ所だけ人だかりがしているということはありません。

尚蔵館展示室の広さは15畳くらいでしょうか。
はっきり言って、狭い。
皇室にはそれこそ数え切れないくらいの文化芸術品があるのでしょうから、もっと広くても・・・。

今までは、ざっと見てすぐに出ていたんですが、今回は思わず図録を購入。
この規模で、10月17日までの約1ヶ月間の特別展なのに、図録は結構力が入ってます。

書店街に行く際は、毎度毎度内堀通りを歩いて行くので、もっと足を運んでみなけりゃなぁ。

|

« 今日の晩飯’10 278~280日目 | トップページ | 今日の晩飯’10 281~286日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三の丸尚蔵館の特別展示『皇室の文庫 書陵部の名品』をみる:

« 今日の晩飯’10 278~280日目 | トップページ | 今日の晩飯’10 281~286日目 »