« 今日の晩飯2012 26~29日目 | トップページ | 本日の収穫2012 第4回 »

2012.01.29

『没後150年 歌川国芳展』を観る

もう何年も前から、鬢には白髪が交ざっていて、こういう催しの会場を歩き回っても、ぜんぜん違和感がないんだなぁ、と我ながら思うのである。

2012012802
(観終わってから、美術館に行くための通路に掲げられているポスターを)

全く名前を知らなかった浮世絵師。
歌川国芳。

しかし、会場に掲げられている作品の何枚かは、どこかで見たことがある、あるいは、そんな気がすると言っても不思議ではない。
歌麿や北斎と比べれば、知名度の点で、あっしの中ではゼロではあったが、大胆な構図や題材、分かりやすい内容からすれば、親しみやすさは大きく越えている。

ひとつあげれば、猫づくし、なんてどうでしょう。

現代だって猫といえば、カワイイもののトップクラスであることは言うまでもありません。
それは江戸時代だって同じ。
東海道の宿場町の地名をもじって猫とシャレをちりばめるとか。

なんだか言葉にしてしまうと、面白みが1/100くらいになってしまうけど、浮世絵や歌川国芳を全く知らなくても、江戸と東京の間の時間をゼロにしてしまうだけの魅力に溢れている。
間違いなく、それは言える。

この歌川国芳展は、開催期間中の前期後期で展示物がほぼ総入れ替えだそうで、既に後期の展示になっている。それだけでも楽しめるけど、こんなに面白いなら前期も観たかったなぁ。

『没後150年 歌川国芳展』
森アーツセンターギャラリー

2012012803

|

« 今日の晩飯2012 26~29日目 | トップページ | 本日の収穫2012 第4回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/53856873

この記事へのトラックバック一覧です: 『没後150年 歌川国芳展』を観る:

« 今日の晩飯2012 26~29日目 | トップページ | 本日の収穫2012 第4回 »