« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.26

高畠華宵の本を神保町にて

ということで。

神保町に行った際、新刊書店、古書店をまわって高畠華宵に関する本を探してみた。

2012022602

とりあえず、事前に調べて分かっていたのは、大分前に発行された平凡社の別冊太陽で特集されているモノがあるということ。

新刊書店でバックナンバーが割合豊富なところがあるので、最初にそこで確認したのだが見当たらない。
古いからかと思い、古書店をまわることに切り替える。

ところが、あっしがいつも立ち寄る古書店は2~3店しかなく、しかもそのうち1カ所は理系専門。残りのお店も美術系の本がどれだけ置いてあるのか、よく分かっていない。

一応、古書店巡りする前に、新刊書店で1冊。

『華宵のおしゃれ教室』 河出書房新社 1600円+税   (写真左下)

さて、最初に探した古書店S書店は、今はなきG堂の後にできたお店。
あっしは買い物したのは一度しかないけど、神保町に来る度に書道関係、辞書関係の品揃えを確認している。
美術関係書はあったかなぁと思いつつ、入口から棚を確認していると、入ってすぐ左下に「別冊太陽」が置いてある。

その棚をざっと見てみたけど、目当ての本は無い。
「あぁ、無いかぁ」
と思い、別の店に行こうとしたとき、目の端に「判型の違う別冊太陽」があることに気付いた。

「ん?」  「あっっっ!」

なんと、1軒目で見つかってしまった。

「別冊太陽 高畠華宵 美少年・美少女幻影」 平凡社 昭和60年7月発行 2300円 (古書価格3500円)
(写真中央)

あったのはいいのだが、3500円という値付けが妥当かどうかが分からない。
これが古書素人の現実だ(笑)

とりあえず買わず、別の店でも見つけて値段の確認をしようと考えた。

ところが、美術関係や雑誌関係を扱っているお店でも見当たらない。別冊太陽のシリーズは多少は見つかるのだが、目当てのモノは無し。

そうこうしているうちに、料理関係と山岳本を扱っているところ(書店名は失念)で、展覧会図録が豊富にあることに気がついた。
よくよく見てみると、棚の上の方に3冊の図録を発見。

そのうち2冊。

「高畠華宵展」 明石市立文化博物館 1994年 (古書価格2000円) (写真左上)
「生誕100年 大正ロマンを描いた 高畠華宵展」 東急百貨店本店 1988年 (古書価格2500円) (写真右)

もう1冊、「高畠華宵大正ロマン館」図録があったけど、これは明石の「高畠華宵展」とほぼ同じ内容だったので保留。なぜ同じかというと、高畠華宵大正ロマン館の協力でつくられた、からみたい。

ちなみに、東急百貨店の図録は弥生美術館の協力。

結局、別冊太陽はその後見つからず、最初のS書店で購入。

靖国通り沿いを、あっちこっちと歩き回って、少々グッタリ。

何で疲れたかというと、ある古書店で、2階に上がったら、和綴じ本とか、巻物とか、古い洋書とかばかりで、とても素人が近寄れる雰囲気ではないところに迷い込んで、しかもそのフロアには店員さんが2~3人いて、なんだか見張られているような(笑)
まぁ、高価な品物ばかりのようだったので、それはそれでもっともだとおもうんだけど。

もうちょっと図太い神経の持ち主だったらなぁ。


さて。

別冊太陽の判型の違いですが、下の写真のように、天地方向の長さが違っています。
最初からこれが分かっていれば、もう少し見つけやすかったかも。

なお、華宵の本は「絵本名画館」というシリーズらしく、あと2~3冊同じ判型のものがS書店にはありました。
どうやら、通常の別冊太陽とは違うようですね。

2012022603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 51~57日目

2012022601

今日の晩飯 57日目

ブルーベリージャムパン
ロールキャベツ(冷)(手)
野菜サラダ
パインゼリー
野菜ジュース


2012022501

今日の晩飯 56日目

トマトチーズリゾット(手)
野菜サラダ
豆腐とワカメの味噌汁
野菜ジュース

引き続き、腹痛とモヤモヤ。



2012022401

今日の晩飯 55日目

梅鮭茶漬け
油揚げとワカメの味噌汁
野菜ジュース

腹痛とモヤモヤ感が。



2012022301

今日の晩飯 54日目

鶏の唐揚げ丼(惣)(手)
野菜サラダ
麩とワカメの味噌汁
リンゴゼリー


2012022201

今日の晩飯 53日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012022101

今日の晩飯 52日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012022001

今日の晩飯 51日目

鍋焼きうどん
チーズパン
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.23

高畠華宵の絵にやられてしまった(笑)

というわけで、前の記事に書きましたが、弥生美術館・竹久夢二美術館に行った際に購入した図録等です。

2012021903

高畠華宵の本は一般書だったのですが、これがもうなんというか、衝撃的な内容!

べつに、他人には見せられないとか、アングラな、ということではなく、あっしのスウィートスポットを撃ち抜かれたというか、そういう意味で。

この本の表紙だけを見ても特徴が現れていますが、

「目」の表現が、あり得ません。

目の瞳の左右に白目の部分があるのはいいのですが、下まぶたのすぐ上も白目になってます。

これがなんとなく艶っぽく、直接あっしに向かっている視線ではないのにドキドキしてしまいます。

よく見てみると、細い楕円形の瞼で囲まれた目の中の瞳は、楕円形の横の長さの半分くらいまであって、見えている瞳は円形ではなく、円形の下1/3程度だけが現れているような感じです。つまり、残り2/3の瞳は上瞼の裏側に隠れている!!!

見たことないっ!

ありえないっ!

なのに、その不思議さを感じさせず、夢を見ているようにも思える視線を投げかけていることに、あっしは囚われてしまっているのです。

そういえば、似たような印象を、ゴヤの『着衣のマハ』を観たときにも感じたっけ。
やっぱり人物画は目が命なのかなぁ。

高畠華宵の絵は徹底的にこの様式を貫いていて、信念というか、逆にこの目を描きたいがために人物画を描いているのではないか、なんてね。

ちなみに、他にどんな絵があるのか検索してみると、あっしの言いたいことが分かってもらえる…かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.19

『伝説の劇画師 植木金矢展』『港屋絵草紙店と大正ロマンの夢二デザイン 展』を観る

先々週のことだったか、夏目房之介さんのブログを見て、植木金矢という劇画師のことを知った。

あっしの世代から、少なくとも一世代は上でないとリアルタイムでその絵に接した記憶につながらないと思う。
なにしろ、あっしは初めて観たと言ってもいいくらい。

ここでいう劇画とは、「小説の挿絵」から「絵物語」、「漫画」に至る過渡期の作品であって、現代における劇画というくくりとはちょっと違うようだ。

2012021902

さて、ここは東京大学すぐ脇にある「弥生美術館」。
こぢんまりとした建物で、すぐ隣にある「竹久夢二美術館」とは内部で繋がっているという、一風変わったもの。
入館料で両方観ることができます。


まずは、弥生美術館。

到着したのが昼前ということもあってか、最初の展示室にはあっしともう一人の年輩の方しかいなかった。
いつもは大変混雑している美術館だったり博物館だったりするので、そういう意味では別世界で、展示されている作品に没入することができたと言える。

で、その作品はというと。

やはり時代を感じさせる。
たぶん、多くの人は、その作品を観ると、「その時代の感じ」を、知らなくてもすぐに分かるのではないだろうか。
半分以上は、時代劇やチャンバラを題材としているので、取っつきにくい部分があるかと思うが、一旦それを飲み込んでしまえば、その世界観は圧倒的な迫力であることが分かるだろう。
それに、面白い!

これ、観なけりゃ分からんよ。ホント。

なお、植木金矢という人はもう90を越えていてなお現役だとのこと。
購入した図録は本人のサイン入り! (残数少とのこと)

弥生美術館は、もともと高畠華宵という画家の作品のためにつくられたらしい。
高畠華宵の絵では、昔の中将湯やバスクリンの宣伝絵が有名。
あっしも画家の名前は知らなかったけど、宣伝絵は知っていた。
この人の絵も凄い。

ぜんぜん予備知識が無かったとはいえ、思いがけない収穫といえる。

一通り弥生美術館を回ると、その2階の一角から「竹久夢二美術館」へ行くことができる。
(といってもホンの数m先ですが)

あっしは、竹久夢二というと、「黒船屋」というイメージなんだけど、実際には挿絵、葉書や便箋のデザイン、舞台芸術など幅広い活躍があったようだ。
今回のテーマはどちらかというと前者をメインとしたモノ。
これ、今観ても新鮮な部分がある。(もちろん???という部分もあるけど)
現代に置き換えるとどんな感じのくくりなんだろう。
カワイイ、キレイ、など、色々な方向の絵やデザインが氾濫しているからなぁ。

観る方からすれば、大正時代を代表とする、つまり「過去」に流行ったモノというフィルターを通しているから、なるほどそういうモノだったのか、ということになるんだけどね。


正直、ものすごく期待して観に来た、とは言えないが、実は、ものすごく良かった、ぞ。
春の展示替えになったら、また来てみたい!

『伝説の劇画師 植木金矢展 ~痛快!ぼくたちのチャンバラ時代活劇~』
~4/1(日)
弥生美術館

『港屋絵草紙店と大正ロマンの夢二デザイン 展 ―大正元~4年を中心に―』
~4/1(日)
竹久夢二美術館

共通入館券 大人900円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 44~50日目

2012021901

今日の晩飯 50日目

カツ丼
野菜サラダ
けんちん汁(手)
野菜ジュース


2012021801

今日の晩飯 49日目

けんちんうどん(手)
野菜サラダ


2012021701

今日の晩飯 48日目

野菜炒めラーメン(手)
野菜サラダ
おにぎり
コーヒー牛乳


2012021601

今日の晩飯 47日目

野菜スープ雑煮
野菜ジュース


今日の晩飯 46日目

欠食


今日の晩飯 45日目

欠食


今日の晩飯 44日目

欠食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.12

『都区内フリーきっぷ』で東京へ

10日は平日だったので、ときどき使う『東京週末フリーきっぷ』は使えず、その代わりに『都区内フリーきっぷ』を使ってみた。

こちらに書きましたが、第1の目的地は渋谷だったので、今回の出発駅である取手からだと、

取手→渋谷: 890円

である。
つまり往復だと、1780円。

いつもは有楽町とかお茶の水あたりまでしかいかないので、この都区内フリーきっぷは選択肢には入っていませんでした。

しかし。

取手←→都区内フリーエリア、のフリーきっぷは1630円。

ということは、単純に往復しただけでもお得ってわけです。
これは使わずにはいられない(笑)

2012021003

きっぷの構成は、
1.出発駅からフリーエリア内の最初の改札出口まで
2.フリーエリア内の乗り降り自由→出発駅まで
の2枚。
これは『東京週末フリーきっぷ』と同じですね。(たぶんこういうきっぷは全部このパターンなんでしょうけど)

ちなみに、フリーエリアは東京都の23区内。

2012021004

分かりにくいですが、常磐線から時計回りに、

常磐線:金町駅
総武線:小岩駅
京葉線:葛西臨海公園駅
京浜東北線:蒲田駅
横須賀線:西大井駅
中央線:西荻窪駅
埼京線:浮間舟渡駅
京浜東北線:赤羽駅 (宇都宮線:尾久駅も)

がフリーエリアになります。

今回のあっしの行程は、

1.取手→渋谷
2.渋谷→新宿
3.新宿→お茶の水
4.秋葉原→御徒町
5.上野→取手

だったので、もちろんフリーきっぷの恩恵を十分に享受してますね(笑)
これ以上だと下りてからの行動時間が無くなってしまいます(爆)

いずれにしても、出発駅からフリーエリアの入口近くの往復だと損しますので、奥側まで行く人なら選択肢に。
ただし、地下鉄や私鉄沿線に用事がある人だと、よくよくルートを考えないとなりませんね。

とりあえず、参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 41~43日目

2012021201

今日の晩飯 43日目

厚揚げのショウガ焼き(手)
肉じゃが(手)
野菜サラダ
ネギとワカメの味噌汁
白菜の即席漬け(手)


2012021101

今日の晩飯 42日目

餃子(チ)(手)
肉じゃが(手)
野菜サラダ
白菜のレンジ蒸し(手)
ほうれん草とワカメの味噌汁


2012021001

今日の晩飯 41日目

チーズトースト
根菜と鶏モモの煮物(手)
野菜サラダ
オニオンスープ
コーヒー牛乳
バナナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫2012 第7回

雑誌

1.本の雑誌 2012-3 / 本の雑誌社 / 648円+税
2.ユリイカ 2012-2 / 青土社 / 1300円

漫画

1.日出処の天子 完全版(1) / 山岸凉子 / メディアファクトリー / 1500円+税

単行本

1.漢字と日本人の暮らし / 阿辻哲次 / 大修館書店 / 1300円+税
2.漢字の魔力 漢字の国のアリス / 佐々木睦 / 講談社選書メチエ / 1600円+税

文庫

1.青い閃光「東海臨界事故」の教訓 / 読売新聞社 / 中公文庫 / 705円+税
2.昭和文芸史 / 森まゆみ / 中公文庫 / 762円+税
3.自転車で遠くへ行きたい。 / 米津一成 / 河出文庫 / 660円+税
4.算数宇宙の冒険 アリスメトリック! / 川端裕人 / 実業之日本社文庫 / 686円+税
5.中国の知恵 / 吉川幸次郎 / ちくま学芸文庫 / 1100円+税
6.数学に魅せられた明治人の生涯 / 保阪正康 / ちくま文庫 / 840円+税

自転車関係

1.RUBINO PRO III 23-622 Full Black/ Vittoria / 3528円 x2

絵画関係

1.『フェルメールからのラブレター展』図録 / 2500円


『フェルメールからのラブレター展』を観た後、渋谷から新宿へ移動し、紀伊國屋書店で本を何冊か。

しばらくぶりに来たけど、驚いたことに4階の文庫売り場からレジが無くなっていた。
つまり、そのフロアで文庫を買おうとしたら、エスカレータかエレベータで一つ上か下の階に移動しなければならないのだ。
すごい!

さて。
「ユリイカ」は、立川談志の特集。
ちょっと前にどこかの本屋で見かけたのだが、その時に買わなかったらもう店頭から消えていた。
だからということでもないけど、わざわざ都内に出かけて買うという・・・。

漢字関係の2冊は、いつも立ち寄る書店では見かけなかったもの。
神保町でも大型書店がたくさんあるけど、それぞれ得意な分野というか、品揃えの違いがあるので、やはりチェックしておくべき(笑)

文庫では、『青い閃光』。
何年も前に『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』を読んで、その衝撃に驚き涙したのだが、それは事故後の治療を主眼としたもの。
東日本大震災発生時の原発事故でも明らかになったように、モノゴトの手順の大切さというか、何かが起きた場合の、あるいは起こさないための準備が重要だ。
本書の中身をまだ見ていないが、東海臨界事故が残した教訓が何故原発の安全性の向上に寄与しなかったか(に見えること)を明らかにしてくれる、ことを期待している。

最後はロードバイク用タイヤ。

ここしばらく、ローラー台にくくりつけになっていて、後輪のタイヤは扁平に磨り減っている。また、ローラー台を使うと状態によっては「キュルキュル」といった音が出るのだ。
本来はローラー台専用のタイヤを使うべきなのだろうけど、もうすぐ春だし、いちいち交換するのも面倒だしなぁ。
まぁ、とりあえず外走り用としてのタイヤを。
まだまだ寒くて、使うのはもう少し先になるだろうけど(汗)

そういえば、都内はロードバイク率高いですね。
そもそも、こちらと比べれば少し暖かいですし、走るのにちょうどいいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.11

『フェルメールからのラブレター展』を観る

10日はたまたま会社が休みだったので、東京に出て絵画鑑賞。

フェルメール、です。

フェルメールというと、あっしは「真珠の耳飾りの少女」くらいしか知らなかったけど。

最近では「地理学者」が観られましたっけ。
って、それ、今回の場所と同じ、Bunkamuraだったんだ。
その時はぜんぜん観る気もおきなかったけどなぁ。

今回の展覧会では、フェルメールの作品が3点。
いずれも「手紙」をキーワードとしている。

「手紙を読む青衣の女」
「手紙を書く女」
「手紙を書く女と召使い」

なかでも、「手紙を読む青衣の女」は、鮮やかな青が印象的。
細かいところでは、椅子の背もたれや座面の青い生地を留めている鋲の光りかたなども。
そんなことが気になって、手紙がどんなものか、その手紙によって青衣の女がどんな感情の変化を引き起こしたのか、なんてことを考えることができませんでした(笑)

ひとつ気になったのは「手紙を書く女と召使い」。
手紙を書いている女の脇で、召使いの女は日が入ってくる窓の外に目をやっている。
当時、オランダでは識字率が高かったらしいけど、はたしてこの召使いは字が読めたのだろうか。
女の書く手紙の内容には興味がなかったのだろうか。
なんてね。
もっとも、他人の手紙を盗み見るような不作法なことを絵としてしまうことはありえないし。
ただ、女と召使いの身分の差というか、手紙を書くこと自体で表す生活水準というか、そんなことも示しているのではないかと、この絵を観ながら思考回路がそっちに流れてしまった(笑)


それにしても。
毎回思うのだが、人物が主題の絵の周りに配されるモノが暗示していること、って、あっしのような知識の乏しい人間にとっては、面白さの半分以上に気がついていないんだろうなぁ、なんて。
例えば、人物画の中に、書物や地球儀、楽器などがあると、それはそれぞれ意味があって、その人物の人柄や地位や生活の質を示しているのだと。
はぁそうですか。
確かに、そう言われてみればそうでしょう。
だけどなぁ。
そういう暗示にどこまで気がつけるか、発見できるか、なんて絵の見方をするのは面倒だなぁ、なんて思ってしまうのですよ。

あっはっは。
まだまだだね。

2012021002

『フェルメールからのラブレター展』
Bunkamuraザ・ミュージアム

~3/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.09

本日の収穫2012 第6回

漫画関係

1.弱虫ペダル(21) / 渡辺航 / 秋田書店 / 419円+税
2.文藝別冊 総特集諸星大二郎 / 河出書房新社 / 1200円+税


「弱虫ペダル」は読まないでおいた20巻と一緒にざっと読んでみた。
泣けるなぁ。
多分、他の人にとっては何でもないコトなんだろうけど、ちょっとした一言や仕草に。

諸星大二郎。
おそらく最初に読んだ作品は「生物都市」だったのではないだろうか。
人と無機物の融合、さらにそれらと人の融合。
もう、何が何だか分からない状況だけど、それが不幸ではなく、一種の安堵というか。
あっしにとっては上手い絵を描くという印象は無いんだけど、物語の発する圧力に屈してしまうほどの印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 37~40日目

2012020901

今日の晩飯 40日目

塩鮭(手)
根菜と鶏モモの煮物(手)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁
白菜の即席漬け(手)


2012020801

今日の晩飯 39日目

野菜炒めラーメン(手)
トマト
バナナ
コーヒー牛乳


2012020701

今日の晩飯 38日目

かんぴょう巻き
サツマイモの煮物(手)
野菜サラダ
バナナ
野菜ジュース


2012020601

今日の晩飯 37日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
サツマイモの煮物(手)
コーヒー牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

本日の収穫2012 第5回

雑誌

1.東京人 march 2012 / 都市出版 / 900円
2.Net Audio vol.05 / 音元出版 / 1300円

漫画

1.僕はビートルズ 8 / かわぐちかいじx藤井哲夫 / 講談社 / 543円+税
2.MASTER KEATON (6) / 浦沢直樹 / 小学館 / 1238円+税
3.MASTER KEATON (7) / 浦沢直樹 / 小学館 / 1238円+税

文庫

1.ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来 / 最相葉月 / ポプラ文庫 / 680円+税
2.ニッポンのサイズ 身体ではかる尺貫法 / 石川英輔 / 講談社文庫 / 495円+税


「東京人」 東京鉄道遺産100
あっしには、えらくツボにはまった特集といいますか(笑)
もちろん車両も好きですが、同じ鉄分系を含む構造物の方が好きかも。
例えば、あっしは以前こんな写真を撮っていたりする。
そこは今回の特集でも採りあげられている晴海橋。
今思い出しても、撮った写真のアングルの先で消えていく線路に、なんだか胸が締め付けられるような。

あと、特集にはないけど上野駅の18番線跡とか。

まぁ、そこら辺は人それぞれだろうけどね。


「Net Audio」
今まで立ち読みくらいはしていた。
最近、PCオーディオの環境を変えたいなぁと考えていて、それに特化した機器を導入するか、半分壊れているAVアンプを新調するか、などと悩んでいる。

今回の号から定期刊行になるとのことで、ハイレゾ音源のCDが附録。
ハイレゾ音源にはあまり興味はないのだけど、聴き流し用だけどいい音で部屋を包み込むような状態にもっていきたいのだ。
最近導入したBlu-rayレコーダーも活用したいし、だったらAVアンプでそっち系の機能もあるやつかなぁ。

なんていうこの頃が一番楽しいのだ。あっはっは。


「僕はビートルズ」
第8巻では、危機を脱したあと、今までにないコンサートを終え、4人は「めざす」ことから「なる」へ、一皮剥けた感じがする。


「ニッポンのサイズ」
尺貫法って、全然分からないのである。
そういえば、永六輔さんは尺貫法存続運動みたいなことをやっていると何かに書いていたなぁ。
ちなみに、足のサイズと、肘の内側から手首関節までの長さはほぼ同じ、という話をどこかで聞いたことがある。

それはともかく、単位ができた根拠というか、その単位の意味というか、そういうことが分かるのではないかと、期待して買った一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 30~36日目

2012020501

今日の晩飯 36日目

ホッケの味醂漬け(手)
サツマイモの煮物(手)
野菜サラダ
麩とワカメの味噌汁
白菜の即席漬け(手)


2012020401

今日の晩飯 35日目

あんかけ炒飯(レ)(手)
水餃子(冷)(手)
野菜サラダ
白菜の即席漬け(手)


2012020301

今日の晩飯 34日目

天玉うどん(惣)(手)
おにぎり
野菜サラダ
野菜ジュース


2012020201

今日の晩飯 33日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012020101

今日の晩飯 32日目

カレーライス(レ)
野菜の中華スープ
トマト
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012013101

今日の晩飯 31日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012013001

今日の晩飯 30日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »