« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.22

『偉大な数学者たち』 岩田義一 by 頑固な文庫読者

岩田 義一: 偉大な数学者たち (ちくま学芸文庫)

「最高の権威といえども決して正しい判定者ではない」

 驚いたことに、構築された数学理論がその時代の最高とされる数学者においても理解されず、あるいは方向性の違うことから捨て置かれてしまうことがあるのだ。

 分からないことに初めて接したとき、普通の生活の中では問題にならない対応方法が、学問の中で起きたときにどうなるか。新たに示された理論を、命をかけて作り出したモノを、理解してもらえる筈と思っていたことが、何の反応もなかったとき、自分を否定されたのに等しいこととしてその人を打ちのめすに違いない。

 常人を越えた集中力で構築した結果である。
 固く鋭い剣は、脆さをも有している。
 なまくらを太さで補う我々とは異なっているはずだ。

 冒頭の一文は、報われなかった数学者へ向けた、著者のせめてもの慰めだろう。
 だから、アーベルとガロアに対する文章は、他の数学者のものと違う熱を帯びているように感じられる。感じられるだけでなく、その悔しさも染み入ってくる。

『偉大な数学者たち』
岩田義一著
ちくま学芸文庫 ISBN4-480-09038-X
本体1000円+税


このところ、というか何年も読書メモ(頑固な文庫読者)を放っておいたのだが、コンテンツの見栄えがなんなので(汗)
(なぜ頑固な文庫読者なのかといえば、単に文庫じゃなけりゃ読まないから、なのだ)

よくわからんのだけど、ずっと前に設定した「本の表紙画像」のリンクの方法がいつの間にか変わっていて、Amazonのアソシエイトアカウントをとらないといけないらしい。
あっしのメモを読んでAmazonで買う人がいるとは思えないし、あっしとしてはどんな表紙だったかの防備録として機能してくれればいいので。
(元々、あっし自体が他の人の紹介記事でネット買いすることがないからねぇ(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 113日目

2012042201

今日の晩飯

ホットドッグ(手)
ほうれん草と卵のニンニク炒め(手)
野菜サラダ
オニオンスープ
コーヒー牛乳
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.21

今日の晩飯2012 107~112日目

2012042101

今日の晩飯 112日目

エビドリア(レ)(手)
野菜ジュース
リンゴ


2012042001

今日の晩飯 111日目

かき揚げうどん(惣)(手)
野菜サラダ
野菜ジュース


今日の晩飯 110日目

カロメ
牛乳


2012041801

今日の晩飯 109日目

もち
コーヒー牛乳
リンゴ
レモンゼリー


今日の晩飯 108日目

欠食


2012041601

今日の晩飯 107日目

カップ麺
コーヒー牛乳
野菜ジュース
リンゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.15

偕楽園と千波湖の花

日立駅前の平和通りでも桜が満開になったということで、かみね公園まで自転車で行こうと思っていたのだけど、引き続き心身ともに低空飛行状態なのもあり断念。

洗濯をし、ブランチを食い、音楽を聴きながらウダウダしてたら昼を過ぎ。
これじゃいかんと、車で千波湖、偕楽園辺りに行って散歩でもするか、と出かけてみる。

案の定、花見の渋滞にはまり、無料駐車場に止めるのは諦めて、先日初めて使ったばかりの近代美術館前の有料駐車場へ。
考えてみれば、駐車するまでの、下手すりゃ1時間は待つくらいなら、サクッと止めてその時間を散歩なり花見なりに使った方が良いよな。

とはいえ。
そこから偕楽園までは千波湖畔を半周しなければならない。
カメラを持ちつつ南岸を歩いたが、いまいち気分が乗らない。
風は心なしか冷たく、湖面には細かい波が立つ。
桜は既に散り始めており、湖岸には花びらが集まって揺れている。

楽しむというより、猛烈に焦りを感じる。
何を理由に焦るのかは分からないのだけど、後頭部がチリチリする感じ。

ようやく偕楽園に続く歩道橋を渡り、園内へ。
さすがに梅は姿無し。

偕楽園のなかで、ひときわ大きな桜の木。
左近の桜。

2012041502

そこから南門を経由して池の方向へ歩いて行くと、ユキヤナギが満開。

2012041503

ユキヤナギの白と、桜の淡いピンク色が良い感じです。

歩道橋を渡り、護国神社の桜山方面へ。
と。
渡っている最中から、カラオケの音が聞こえてくる。
思い出したけど、以前もこんな感じだった。
駐車場を抜けて桜山に上る通路を歩いていると、さらに調子の外れた歌い声が。
あちこち幕で仕切られた山頂は、テーブルがたくさん並べられ、酒を飲む客の姿が。
ここは桜山ではなく、単なる野天の居酒屋である。
この惨状に、心身はますます低空飛行するのだ。

桜を見るどころではなく、早々に山を下りて田鶴鳴梅園方面へ。

2012041504

梅は終わってしまったけど、スイセンは見頃。

そこから線路沿い方向には、これまた笑ってしまうほどのユキヤナギ。

2012041505

そのまま千波湖畔に戻り、駐車場までブラブラ。
風は引き続き冷たく、結局、なんら心が温まるようなものも感じられず。

まずいなぁ。

たぶん、来週には福島三春の滝桜は見頃になりつつあるだろうから出かけたいんだけど、この調子じゃぁ。
中田町なんかを自転車で回る気力があるかなぁ。

う~む。
まぁ、どうにかなるでしょ(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 106日目

2012041501

今日の晩飯

メンチカツサンド
野菜サラダ
長ネギとワカメの味噌汁
野菜ジュース
リンゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.14

本日の収穫2012 第10回

2012041402

古本

1.文藝別冊 綾戸智絵 ジャズを超越するエンターテイナー / 河出書房新社 / (600円)
2.朝日ワンテーママガジン 数学ゲンダイ / 朝日新聞社 / (200円)

ムック

1.別冊太陽20 竹久夢二 / 平凡社 / 2330円+税

文庫

1.夏天の虹 / 髙田郁 / ハルキ文庫 / 619円+税


ちょこちょことあちらこちらで入手したもの。

古書はいずれも元巌松堂の場所にあるS書店で。
『綾戸智絵』の特集本は、前々から目を付けていたもの。
元々、綾戸智絵のCDが出る度に聴くのだけど、そんなにちゃんとしたファンでもなく、彼女がどういう人なのかについてはほとんど興味がなかったりする(汗)
そういうときは、こういった特集本が役に立つのです(笑)

『数学ゲンダイ』は店頭の台でたまたま見つけたもの。
発行が1993年にもかかわらず、表紙や紙のへたりもなく良い状況。
それ以上に、巻頭の数学者対談が秋山仁と森毅ですよ。ちょっと読んだだけでも面白く、即買い。


別冊太陽は竹久夢二。
初版の発行は1977年で、古書店の店頭でも見かけるのであるが、継続的に版を重ねていて新刊書店でも入手可能な状態。
たしか初版は1600円くらいの定価で、古書価格もそれ前後だった。
でも、新刊で買えるのであればと新刊で購入。
前に「高畠華宵」についての話を書きましたが、きっかけとなった弥生美術館・竹久夢二美術館を見たあとに、大正時代そのものの風物にも興味が湧いてきたので、今後も色々な画集などを拾い見していければと思っている。


文庫は『夏天の虹』の著者サイン本。
サイン本じゃないものは既に買って読み終わっているんだけど。
実はこのシリーズのサイン本を買うのは2回目。
1回目は3作目の『想い雲』だったかなぁ。
これは袋も破らないまま友人にプレゼントしてしまったので、著者のサインがどういうものかはまだ知らないままなのだ。
ただ、今回買った本も、まだ袋を破っていないので、未だどういうサインなのか分かっていない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 100~105日目

2012041401

今日の晩飯 105日目

野菜炒めラーメン(手)
野菜サラダ


2012041301

今日の晩飯 104日目

おにぎり
グラノーラフレーク+ヨーグルト
野菜サラダ
バナナ


2012041201

今日の晩飯 103日目

卵とじうどん(手)
野菜サラダ
バナナ


2012041101

今日の晩飯 102日目

おにぎり
野菜サラダ
バナナ
コーヒー牛乳


2012041001

今日の晩飯 101日目

鍋焼きうどん
野菜サラダ
バナナ
コーヒー牛乳


2012040901

今日の晩飯 100日目

おにぎり
サンドウィッチ
のむヨーグルト

引き続き、食欲戻らず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.08

『小川芋銭展』(茨城県近代美術館)を観る

小川芋銭(うせん)という人物が、いったいどういう人なのか、全然知らなかった。

なぜ観る気になったかというと。
私事ではあるが、東京方面へ車で出かけた際、高速代をケチるために(笑)、国道6号線で茨城に戻ってくるのであるが、牛久駅近くの国道脇看板に、

--------
小川芋銭
河童の碑
--------

と出ているのである。

河童に関する何かをした人らしいことは、この看板で分かるけど、それだけのことでそれ以上調べてみることはなかった。

ところが、たまたま茨城県近代美術館のHPを見てみたら、ちょうどこの人の作品の企画展示をしている。
まぁいつも行く千波湖脇にあることは知っていたが、近すぎて代えって眼中になかった(笑)

と。

いつもだったら自転車で行くところだけど、4月に入ってからどうにも調子が悪く、自転車どころじゃない。
なので今日は車で千波湖畔へ。

日曜日のお昼なのに駐車場はあまり車がいない。
いつもこんな感じなのか、たまたまなのか。
駐車料金は400円だけど、美術館観覧料を払う際にレシートを渡すと返金されるので実質タダです。

2012040802

さて、小川芋銭展。
あっしが展示室に入ると、少し前に学芸員による作品解説が始まっていたようだ。
正直、解説を聞くとそれに引っ張られてしまうのが厭なので(もちろん有用な情報も聞くことができるとは思うけど)、その集団とは離れて作品を鑑賞。

予備知識がほとんど無い状態でしたが、
・日本画 というより 水墨画風 (←絵画の知識が無いのでどういう風に表現すればいいのか分からん(汗)が、南画というらしい)
・写実的ではない というより イラスト風・ユーモアたっぷりな部分がある
ということで、とっつきやすい。

農村や湖畔の風景、身近なものたち。
厳しい目ではなく、暖かく柔らかい眼差しといえばいいのでしょうか。
とてもふんわりとしている。

河童については、展示の後半のさらに後半にあった。
「河童百図」という作品があるそうで、そのうちの何枚か。
河童の碑、とあるからには、もっと展示されているのかと思ったけど、ちょっと拍子抜け。

実は、この展示は前後期で展示作品ががほとんど入れ替わるらしく、おそらく同数くらいは後期でも展示されるのだろう。
(前期の入場券があると、後期の入場料金が割り引かれるとのこと)

前期の展示では、「鬼之洗濯図」という扇子絵、「祭魚」という獺(かわうそ)の絵、「河伯」という河童の絵が気に入った。いずれも、なんともユーモラスな作品。共通しているのは擬人化、ということでしょうか。

ん~。後期の作品も観てみようかな。

『小川芋銭展』
茨城県近代美術館
前期 ~4/15
後期 4/17~5/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 98~99日目

2012040801

今日の晩飯 99日目

高菜肉味噌茶漬け
キャベツの塩糀もみ(手)
トマト
野菜ジュース


2012040701

今日の晩飯 98日目

鍋焼きうどん
トマト
レモンゼリー

食欲無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.06

今日の晩飯2012 93~97日目

2012040601

今日の晩飯 97日目

ハンバーグ目玉プレート(レ)(手)
ネギとワカメの味噌汁
野菜ジュース


2012040501

今日の晩飯 96日目

釜玉(冷)(手)
野菜ジュース


2012040401

今日の晩飯 95日目

カレーライス(レ)
フカヒレ中華スープ
野菜ジュース


2012040301

今日の晩飯 94日目


ワンタンスープ
野菜ジュース
ブドウゼリー


今日の晩飯 93日目

欠食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

自転車日誌2012 第3走

本日の走行結果

ルート: 自宅-三の丸-偕楽園-自宅
距離: 29.27km
平均速度: 21.3km/h

この冬の寒さが長引いたために、偕楽園の梅も遅れていて漸く7~8分の状態。
本来は3月末に梅まつりが終了するのだけど、4/8の日曜日まで延長だそうだ。

まぁ、あっしは花が咲いていれば、祭だろうが何だろうがあまり興味がなく、もともと今日行く予定だったのであまり関係ない(笑)

偕楽園の前に三の丸の弘道館裏梅園にも立ち寄り、こちらも7~8分。
いつも気にしている臥竜梅も咲き始めていて、ちょっと嬉しい。

さて。
偕楽園に到着してみると、駐車場は一般車両で満杯。
しかし、観光バスはゼロ。
梅まつりの延長は最初から決まっていたのではないから、観光バスというかツアーの予定が組まれていないわけですね。

園内外の出店も3月中までと比べると少なく、祭の雰囲気もほとんど無い。
出店の関係者だって、4月からの予定があるだろうから、そちらに行ってしまったんでしょうね。


今日は往復とも風向きが微妙に追い風だったので、6号筑波台の登り坂も30km/hくらいで上れた。

調子が良かったと勘違いしそうだが、やっぱり勘違いだねぇ(笑)
部屋に帰り着くと、くしゃみと目のかゆみで、やっぱり花粉が頑張っているということが分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 86~92日目

2012040101

今日の晩飯 92日目

餃子(チ)(手)
イカ棒と野菜の炒め物(手)
野菜サラダ
ネギとワカメの味噌汁


2012033101

今日の晩飯 91日目

肉野菜炒めラーメン(手)
野菜サラダ
ヨーグルト+ブルーベリージャム
野菜ジュース


2012033001

今日の晩飯 90日目

カツ丼(手)
野菜サラダ
チンゲンサイとワカメの味噌汁
イチゴヨーグルトゼリー


2012032901

今日の晩飯 89日目

デニッシュ
おにぎり
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012032801

今日の晩飯 88日目

おにぎり
ピザパン
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012032701

今日の晩飯 87日目

天ぷらうどん(惣)(手)
野菜サラダ
バナナ
コーヒー牛乳


2012032601

今日の晩飯 86日目

サンドウィッチ
おにぎり
野菜サラダ
バナナ
コーヒー牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の収穫2012 第9回

自動車関係

1.ハロゲンバルブ(H1/3950K) / ワイド / 798円

雑誌

1.ハヤカワミステリマガジン 2012-05 / 早川書房 / 920円
2.トランジスタ技術SPECIAL 2012 Spring / CQ出版社 / 2310円

文庫

1.父・手塚治虫の素顔 / 手塚眞 / 新潮文庫 / 630円+税
2.文人悪妻 / 嵐山光三郎 / 新潮文庫 / 520円+税
3.私の銀座 / 「銀座百点」編集部編 / 新潮文庫 / 550円+税
4.富子すきすき / 宇江佐真理 / 講談社文庫 / 581円+税


雨の夜、車を運転していて、何となく暗いなぁ、と思っていたら、何のことはない、前照灯の右ランプが切れていた。
車屋かディーラーで交換してもらおうかと考えたが、取説を読んでみると自分で交換できそう。
で、会社帰りに近くのホームセンターで交換用ランプを購入。
ネットで見るとたくさん種類があって選ぶのに困るくらいだけど、実際に店頭に並んでいるのは数少なく、あっしの車で使えるH1という規格のものは2種のみ。青っぽい光りは厭だったので、残ったのはこれ。なんだか他のと比べて安いし、中国製となっているのが不安だけど、まぁ仕方が無い。

雑誌では、ハヤカワミステリマガジン。
今まで買ったことはないが、特集が「内藤陳」の追悼特集だったため。
あっしにとって内藤陳はコメディアンではなく、冒険小説の伝道師みたいなイメージ。
文庫になった「読まずに死ねるか!」シリーズ、「このミス」のラインナップくらいしか読んでいないし、そこに採りあげられていた本を読んだかといえば、ほとんど読んでいない。
つまり、内藤陳の文章のファンだったと言えるのかもしれん。

文庫では、『文人悪妻』。
なんといっても嵐山光三郎だ。
少し前にようやく『悪党芭蕉』を読み終わったばかり(汗)だが、この人にかかったら歴史上の人物は読む人の目の前に現れるから不思議なのだ。
『文人悪食』『文人暴食』『追悼の達人』など、読んだら驚きますよ、ホント。

『富子すきすき』
これは、タイトル買い(笑)
今まで読んだことのない作家だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »