« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.24

『孤独のグルメ 谷口ジロー原画展』 (明治大学 米沢嘉博記念図書館) を観る

2012062303

ということで、国立新美術館のある乃木坂駅から新御茶ノ水駅へ。

明治大学の裏手というのか、靖国通り寄りにあるはずの米沢嘉博記念図書館でやっている『孤独のグルメ 谷口ジロー原画展』を目指したのだけど・・・。

記憶していた地図が間違っていたらしく、どこまで歩いても見つからない(汗)
結局、路地一本を間違えていて、ノドがヒリヒリした。

『孤独のグルメ』は、文庫版で出たときに読んでいて、つい最近の深夜にやっていた実写版も見た。
漫画も実写版も、とても面白く、実は文庫版は友人にもプレゼントしたことがある。

初めて米沢嘉博記念図書館に来てみたが、原画展は1階フロアの約1/3を使って行われていた。
とはいえ、1階フロア自体は15畳弱くらいの広さしかないので、逆に言えば狭い(笑)

壁の半面が原画を展示するアクリルケースとなっており、一枚一枚が個別に収められていた。
まだ単行本になっていない原画が2本分。それと単行本に収録されているものから2本分。

あまり原画を見る機会がないのであれですが、思いのほか、原画自体の黒さが無い。それが雑誌や単行本になってしまうと、濃い、引き締まった感じの黒さになるのが不思議。

他には、実写版『孤独のグルメ』DVDの映像やら、谷口ジロー作品の単行本やら。

知らなかったけど、DVDが出てたんですねぇ。
安かったら買っても良いかと思うんだけど、ちょっと(汗)

主人公の井之頭五郎を松重豊が演じていました。
ちょっと前後関係があやふやですが、『運命の人』でも政治部の部長役かなにかをやっていて、両方の雰囲気の違いが混じってしまって変な感じがしたのを思い出しいます。

いや、でも、井之頭五郎役ははまってましたね。
顎が細いのが原作とのイメージを違えていますけど、それを除けば原作世界ほぼそのままだったと言ってもいいかも。

今後3回の展示替えがあるそうなので、また行ってみようと思ってます。

『孤独のグルメ 谷口ジロー原画展』
明治大学 米沢嘉博記念図書館
~9/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西洋絵画の400年』 (国立新美術館) を観る

2012062302

白状しますと・・・。

エルミタージュ美術館、って、フランスにあるのかと思ってました(汗)

どこかで聞いたことあったんですよ。エルミタージュって単語。
フランス語っぽいじゃないですか。
だから、ね。

実際には、ロシアのサンクトペテルブルクにあって、18世紀に女帝エカテリーナ2世が収集した美術品を自分が鑑賞するためにつくったのが始まりらしい。

知らんよ(汗)
知らんけど、見応えありました。
16世紀から20世紀にかけての絵画の流れが見渡せる、という感じのまとめかた。
宗教画からキュビズムなど現代に繋がる変化の具合が、比較的コンパクトに。

全部で89点ありましたが、一つを、ということであれば、あっしは

ウェヌスの帯を解くクピド』 ジョシュア・レノルズ

ですな。

どんな絵かは、リンク先を見ていただけると分かりますが、あっしはやっぱり「視線」にやられてしまいました。

たぶん、会場にあったどの絵よりも、直接「見る人」に投げかけている視線が超鋭く、超蠱惑的。
それに輪をかけて、口角が上がっているのが、刺激的!!

なんか、これが見られただけでも満足だわ(笑)

あとは、

自画像』 エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン
  ・かわいい!

死の天使』 オラース・ヴェルネ
  ・死の床にある若い女性を後ろから抱え上げる黒い羽の天使がなんとも!

アカバの族長たち』 レオン・ボナ
  ・写真をレタッチしたらこうなってもおかしくない素晴らしさ(変な形容だけど)

といったところが。

土曜日の昼前に入りましたけど、予想よりも空いていた。
いつだったか、『マン・レイ』展を観たときは、同じような時間帯だったけど、もう少し混雑していたような記憶があるけど。

『大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西洋絵画の400年』
~7/16
国立新美術館


さて。
次の目的地は・・・、『孤独のグルメ』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 170~176日目

2012062401

今日の晩飯 176日目

餃子(チ)(手)
野菜のチーズ蒸し(手)
野菜サラダ
小松菜とワカメの味噌汁


2012062301

今日の晩飯 175日目

ピザドッグ(チ)
鶏の唐揚げ
野菜サラダ
フカヒレの中華スープ
コーヒー牛乳


2012062201

今日の晩飯 174日目

マグロ丼(手)
コロッケ
野菜サラダ
白菜とワカメの味噌汁
卵豆腐


2012062101

今日の晩飯 173日目

おにぎり
リングデニッシュ
野菜サラダ
コーヒー牛乳
野菜ジュース


2012062001

今日の晩飯 172日目

野菜炒めラーメン(手)
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012061901

今日の晩飯 171日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
野菜ジュース


2012061801

今日の晩飯 170日目

おにぎり
ベーコンチーズデニッシュ
野菜サラダ
コーヒー牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

今日の晩飯2012 169日目

2012061701

ハムカツサンド(惣)(手)
ワンタンスープ(手)
野菜サラダ
卵豆腐
ココア牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.16

今日の晩飯2012 163~168日目

2012061601

今日の晩飯 168日目

鯖の文化干し(手)
筑前煮(手)
野菜サラダ
卵豆腐
ネギとワカメの味噌汁


2012061501

今日の晩飯 167日目

ゴボウ天うどん
ママレードとヨーグルトのパン
野菜サラダ
野菜ジュース


2012061401

今日の晩飯 166日目

かんぴょう巻き
野菜サラダ
ほうれん草と卵のスープ
缶フルーツ+ヨーグルト


2012061301

今日の晩飯 165日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳


今日の晩飯 164日目

欠食


2012061101

今日の晩飯 163日目

グラノーラフレーク+ヨーグルト
ワンタンスープ
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.10

今日の晩飯2012 162日目

2012061001

ハヤシライス(レ)
シューマイ(チ)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁

箱を確認しなかったのもあれだけど、カレーを食べたかったのに、ハヤシライスのレトルトを茹でていた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

今日の晩飯2012 156~161日目

2012060901

今日の晩飯 161日目

鶏モモのカリカリ焼き煎酒生姜風味(手)
野菜サラダ
きぬさやとワカメの味噌汁

煎酒イイねぇ。
鶏モモと煎酒、おろし生姜をビニール袋に入れて少し置いてからフライパンで焼くだけ。
皮が焦げ気味なのは煎酒の影響か、いつもよりも鶏皮からのアブラが出てきていないから。
まぁ、味の染みた鶏皮の香ばしいところもご飯がすすむくらいだから、いいんですっ。

付け合わせの野菜も一緒にフライパンに入れて焼いたので、ほんのりと梅酢の利いたような味になって、野菜自体の甘さを強めているのだ。


2012060801

今日の晩飯 160日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012060701

今日の晩飯 159日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜ジュース
コーヒー牛乳


2012060601

今日の晩飯 158日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012060501

今日の晩飯 157日目

天丼
冷や奴
野菜サラダ
ほうれん草と卵のスープ


2012060401

今日の晩飯 156日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.05

『特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝』 東京国立博物館 を観る

2012060204

さて。
横浜を昼過ぎに出て、そのまま東京国立博物館に直行すれば良かったのだけど、お茶の水で降りて書店街をうろつき、3時過ぎに漸く上野駅の公園口を出る。

こんな時間だというのに、あっしの行く先にはたくさんの人。

一部は動物園に。
のこりは右に曲がっていき、半分くらいは科学博物館へ。
そののこりは国立博物館へ。

ひぇ~、こんなにいるの? ってな驚き。
午前中は込むという情報があったので、閉館少し前あたりが空くのかなぁと思ったんだけど。
同じ事を考えている人は多いのだろうか。
それとも、これもいつものパターンなのだろうか。

特別展のチケットを買うまでに10分並び、会場である平成館の入口で20分以上の待ち行列。
漸く会場に入って、音声ガイドを借りるまでさらに10分。

もう、この時点で、あっしの見学意欲は半分未満に低下(笑)

まぁ、あっしの観たかったものは、
尾形光琳 「松島図屏風」
曽我簫白 「雲龍図」
くらいだったので、その他は人垣の後ろから、ざっと観る程度。

と思いきや、小袖、唐織、帷子などの織物が美事。
見とれてしまいました。

日本画だけでなく、仏像、刀剣、織物など、国外に流出してしまったモノの、なんともったいないことか。

当たり前と思っている自前の文化が、新しい文明文化と出会ってしまうことで価値を見誤るといいますか、極論すれば、無価値に見なしてしまうことがこういう状況を生んでしまったのだ。
本当ならば、わざわざ高いお金を払って見に来るのはバカバカしい、といえるかも。


それはそれとして。
結局、あっしは並び疲れたのと、人の多さで、やっぱり気力が続かず、せっかくのご対面も受け入れる目が、脳が、許容量を超えてしまいましたとさ(爆)

やっぱり、会期前半に来るべきでした。

あとは、図録でガマンします(笑)

『特別展 ボストン美術館 日本芸術の至宝』
東京国立博物館
~6/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

『特別展 ヨコハマ ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-』 神奈川県立歴史博物館 を観る

2012060202

先週見学を断念したボストン美術館展をと、久々の東京週末フリーきっぷを使って東京方面へ。

と、思ったんですが、それだけでは面白くないというか、もう少し足をのばしたいなぁと考えて、神奈川県へ突入です。

ヨコハマ。

あっしが横浜に足を運んだのは、もういつだったか覚えていないくらい。
会社に入りたての頃は、一時期もう少し西側にいたこともあって、頻繁に横浜あたりをうろついても良さそうなもんなんですけど、出不精だったのでねぇ。

それはともかく。

横浜周辺の博物館や美術館で面白そうな所はないかと探していて見つけたのがコレ。

どうやら山口百恵が出るんじゃないかというようなタイトルですけど(笑)

桜木町で電車を降りて、日本丸、赤煉瓦倉庫、といったところを見てから目当ての神奈川県立歴史博物館へ。
ちょっと遠回りをしてしまいましたが。
知らなかったんですけど、この日は横浜開港記念の催しがあったらしく、たくさんの人が桜木町から出てきました。

さて。
この博物館は、明治時代にできた横浜正金銀行の建物で、なかなか重厚な造り。

2012060203

この入口が博物館の玄関かと思ったら、実は反対側が正面玄関のようです。
ただ、どうせならこの入口を入って、気分を高めてから、ね。

話はそれますが、ここに来るまで他にもいろいろと由緒がありそうな建物がたくさんありました。
そんなことならもっと時間をとって歩き回るような予定にしておけば良かったですよ。


『ヨコハマ ヨコスカ ストーリー』
このタイトルからは、今ひとつ催事の内容が掴めません。
いずれも港町、そして終戦後占領下のある時期に日本であって日本でないような体験をした場所と言えます。
あっしは戦後大分経ってから生まれてますから、全てが後情報、後知識でしかなく、特に言うべき言葉は持ち合わせていません。逆に、積極的にそういった情報を得ようと思ったこともなく、今日まできているという感じです。

会場には、戦後のヨコハマやヨコスカの様子を写した写真がたくさんあって、ピントのはっきりしないモノクロの画像は、今からでは想像できない日本の姿が残されている。

占領下、進駐軍など、知っている言葉と、その当時の生活がうまく結びつかないあっしにとって、何をどう感じればいいのかさえ分からない。

ただ、当時の輸出品として、スカーフなどの生産品が展示されていて、「MADE IN OCCUPIED JAPAN」というタグがついているのを見て、ずっと前に読んだ かんべむさし の『メイド・イン...』という短篇の印象が浮かんできた。
この作品も占領下でつくられたものに「MADE IN OCCUPIED JAPAN」と書かれていたことを題材にしていたような記憶があって、微妙なやるせない読後感だったような。

戦前、戦後、占領下、現在。
どんなときでも何らかの方法で生きていく糧を得なければならない。
占領下では、それがタグ付きの記録として残ってしまうものもあったのだ。

でもなぁ。
ホントは、どんなものにでも見えないタグがついているんだよね。
別に誰かが付けているわけではないんだけど。
何かが特別で、何かは特別でない、なんて。
それぞれの人にはそれぞれの特別さがあるし、立場や想いが込められているのだ。
そういうものに、ちょっとだけ気付かされたような気がする。

雰囲気変わって。
会場の途中から、どこからともなくジャズが聞こえてくるようになっている。
日本のジャズは進駐軍から始まっている、のかどうかは知らないが、少なくともそれを加速したのは間違いがないだろう。
フィーチャーされているのは原信夫。
原信夫とシャープス&フラッツ。
残念ながら、名前は知っているけど積極的に聴いたということはない。
それはともかく、ジャズが乾ききった空気を徐々に潤していったような感じで広まっていったであろうことは想像に難くない。新しもの好きは日本人の特徴ですから(笑)
壊れてしまったものを、もう一度組み立てていくのに、今までの方法であっても構わないし、全く新しい方法でも構わない。それが音楽であっても。


一通り会場を回り、結局、分かったつもりにもなれなかったかなぁ。
ただ、ヨコハマ、ヨコスカが結果的に担った歴史的な意味というか、現在に繋がる道の、少し先を歩いていたんだなぁ、という雰囲気を感じたとでも言いましょうか。

『特別展 ヨコハマ ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-』
神奈川県立歴史博物館
~6/17(日)


このあと、東京に戻って、いよいよボストン美術館展へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2012 149~155日目

2012060301

今日の晩飯 155日目

餃子(チ)(手)
モヤシのレンジ蒸し(手)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁


2012060201

今日の晩飯 154日目

ハンバーグ弁当
肉じゃが(手)
ほうれん草とワカメの味噌汁
野菜ジュース

上野駅にて駅弁を。



2012060101

今日の晩飯 153日目

肉じゃが(手)
鰯の蒲焼き(缶)
野菜サラダ
麩とワカメの味噌汁


2012053101

今日の晩飯 152日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012053001

今日の晩飯 151日目

おにぎり
ソーセージパン
冷や奴
野菜サラダ
野菜ジュース


2012052901

今日の晩飯 150日目

おにぎり
ソーセージパン
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2012052801

今日の晩飯 149日目

おにぎり
ソーセージパン
野菜サラダ
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »