« 今日の晩飯2012 149~155日目 | トップページ | 『特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝』 東京国立博物館 を観る »

2012.06.03

『特別展 ヨコハマ ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-』 神奈川県立歴史博物館 を観る

2012060202

先週見学を断念したボストン美術館展をと、久々の東京週末フリーきっぷを使って東京方面へ。

と、思ったんですが、それだけでは面白くないというか、もう少し足をのばしたいなぁと考えて、神奈川県へ突入です。

ヨコハマ。

あっしが横浜に足を運んだのは、もういつだったか覚えていないくらい。
会社に入りたての頃は、一時期もう少し西側にいたこともあって、頻繁に横浜あたりをうろついても良さそうなもんなんですけど、出不精だったのでねぇ。

それはともかく。

横浜周辺の博物館や美術館で面白そうな所はないかと探していて見つけたのがコレ。

どうやら山口百恵が出るんじゃないかというようなタイトルですけど(笑)

桜木町で電車を降りて、日本丸、赤煉瓦倉庫、といったところを見てから目当ての神奈川県立歴史博物館へ。
ちょっと遠回りをしてしまいましたが。
知らなかったんですけど、この日は横浜開港記念の催しがあったらしく、たくさんの人が桜木町から出てきました。

さて。
この博物館は、明治時代にできた横浜正金銀行の建物で、なかなか重厚な造り。

2012060203

この入口が博物館の玄関かと思ったら、実は反対側が正面玄関のようです。
ただ、どうせならこの入口を入って、気分を高めてから、ね。

話はそれますが、ここに来るまで他にもいろいろと由緒がありそうな建物がたくさんありました。
そんなことならもっと時間をとって歩き回るような予定にしておけば良かったですよ。


『ヨコハマ ヨコスカ ストーリー』
このタイトルからは、今ひとつ催事の内容が掴めません。
いずれも港町、そして終戦後占領下のある時期に日本であって日本でないような体験をした場所と言えます。
あっしは戦後大分経ってから生まれてますから、全てが後情報、後知識でしかなく、特に言うべき言葉は持ち合わせていません。逆に、積極的にそういった情報を得ようと思ったこともなく、今日まできているという感じです。

会場には、戦後のヨコハマやヨコスカの様子を写した写真がたくさんあって、ピントのはっきりしないモノクロの画像は、今からでは想像できない日本の姿が残されている。

占領下、進駐軍など、知っている言葉と、その当時の生活がうまく結びつかないあっしにとって、何をどう感じればいいのかさえ分からない。

ただ、当時の輸出品として、スカーフなどの生産品が展示されていて、「MADE IN OCCUPIED JAPAN」というタグがついているのを見て、ずっと前に読んだ かんべむさし の『メイド・イン...』という短篇の印象が浮かんできた。
この作品も占領下でつくられたものに「MADE IN OCCUPIED JAPAN」と書かれていたことを題材にしていたような記憶があって、微妙なやるせない読後感だったような。

戦前、戦後、占領下、現在。
どんなときでも何らかの方法で生きていく糧を得なければならない。
占領下では、それがタグ付きの記録として残ってしまうものもあったのだ。

でもなぁ。
ホントは、どんなものにでも見えないタグがついているんだよね。
別に誰かが付けているわけではないんだけど。
何かが特別で、何かは特別でない、なんて。
それぞれの人にはそれぞれの特別さがあるし、立場や想いが込められているのだ。
そういうものに、ちょっとだけ気付かされたような気がする。

雰囲気変わって。
会場の途中から、どこからともなくジャズが聞こえてくるようになっている。
日本のジャズは進駐軍から始まっている、のかどうかは知らないが、少なくともそれを加速したのは間違いがないだろう。
フィーチャーされているのは原信夫。
原信夫とシャープス&フラッツ。
残念ながら、名前は知っているけど積極的に聴いたということはない。
それはともかく、ジャズが乾ききった空気を徐々に潤していったような感じで広まっていったであろうことは想像に難くない。新しもの好きは日本人の特徴ですから(笑)
壊れてしまったものを、もう一度組み立てていくのに、今までの方法であっても構わないし、全く新しい方法でも構わない。それが音楽であっても。


一通り会場を回り、結局、分かったつもりにもなれなかったかなぁ。
ただ、ヨコハマ、ヨコスカが結果的に担った歴史的な意味というか、現在に繋がる道の、少し先を歩いていたんだなぁ、という雰囲気を感じたとでも言いましょうか。

『特別展 ヨコハマ ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-』
神奈川県立歴史博物館
~6/17(日)


このあと、東京に戻って、いよいよボストン美術館展へ・・・。

|

« 今日の晩飯2012 149~155日目 | トップページ | 『特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝』 東京国立博物館 を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/54870217

この記事へのトラックバック一覧です: 『特別展 ヨコハマ ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-』 神奈川県立歴史博物館 を観る:

« 今日の晩飯2012 149~155日目 | トップページ | 『特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝』 東京国立博物館 を観る »