« 今日の晩飯2012 204~218日目 | トップページ | 今日の晩飯2012 219~225日目 »

2012.08.05

『マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝』 (東京都美術館) を観る

2012072802

この日(7/28)は隅田川の花火大会があった。
午後4時過ぎに東京都美術館に着いたのですが、チラホラと浴衣姿のカップルなんかもいましたね。

ところで、あっしは昼前に弥生美術館に立ち寄って、東京大学の中を突っ切り、お茶の水で本を漁って、なんて行動をしてきた後なので、チケット売り場の前のベンチでしばらく体力回復を図りましたよ(汗)

期間当初は土日の開室時間は午後5時半までだったんですが、人気が高いため6時半まで延びてます。(8/30まで)
それを見越して遅めの入場。これはあたりでした。入場待ち時間なし。お目当ての「真珠の耳飾りの少女」の直近観賞列も、さほどの長さではありません。

可能な限り閉館間際を狙った方が良いみたいですよ。

さて。

「真珠の耳飾りの少女」は順路の約2/3くらいのところで現れるのですが、あまりに印象が強すぎて、観てしまうとそれまでの別の絵の感想が飛んでしまい、この後の絵が頭の中に入ってきません。

あらかじめ、そんなことになるのではないかと思ってましたが、まさにそうなるという…(笑)

あっしの感想はというと。

「この瞬間の後、この少女は涙を流すのではないか」

ってなもんで。

実物を観たことはなく、画集やTVで観ていたときはそんなことを感じなかったんですけど、なんでかなぁ。

何となくまなじりが下がっていて、
ものを言いたげに開き始めた唇。
視線は直接あっしに向き、
鈍く光る真珠は重たげ。

少し、今のあっしの精神状態を反映しているのかなぁ、あっはっは。

もうね。
これだけで十分ですよ。


それから。
会場を出て、物品販売ブースを抜け、下りエスカレータに乗る前に、もう一つ見ておく所があります。

それがこれ。

2012072803

今回の展覧会の発表イベントの時に、武井咲さんが着ていた衣装です。
ここは撮影OKだそうなので、パシャパシャと撮って下さい。

ただ、残念なのは、マネキンのバックが白だってことですね。
あの絵と合わせて黒くなっていれば、雰囲気アップなんですが。

『マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝』
東京都美術館
~9/17

|

« 今日の晩飯2012 204~218日目 | トップページ | 今日の晩飯2012 219~225日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/55360260

この記事へのトラックバック一覧です: 『マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝』 (東京都美術館) を観る:

« 今日の晩飯2012 204~218日目 | トップページ | 今日の晩飯2012 219~225日目 »