« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.28

『会田誠展 天才でごめんなさい』 (森美術館) を観る

2013012806

2012年の12月某日。

何か面白そうな美術展や博物系展示がないかと、首都圏の美術館や博物館のHPをせっせとブックマークしている。
もちろん、ちょっと趣味の違う分野なんかは除外しているのだが。

そんな中。

ある日見つけたのがこれ。

『会田誠展 天才でごめんなさい』

なんと不敵な(笑)

一見、アニメ調の美少女たちがわらわらと滝をバックに。
なんだこれ。

あっしがこのHPを見つけた頃は、あまり詳しい情報がのっておらず、それでも何かしら妖しい雰囲気が漂っていた。


会田誠という人を全然知らなかったが、実際にこの場所で作品を観て、天才だ! とは言わないけど、異才であることは確かだと思う。偉そうにあっしが言うのもナンだけど(笑)

エロ、グロ、センス。

多分、この3つの単語で網羅されてしまう。
昔であれば、ナンセンス、というのだろうけど、それを通り過ぎて一回り半してしまっている感じ。
分かっていて、それを実際に表現してしまう。

アニメ調の美少女群も、これらの単語を忍ばせる格好の題材であるのだろう。

実際、会場の冒頭に現れる『切腹女子高生』という作品は、全体がラメで光る中、刀を持つルーズソックスの女子高生と周りで倒れている女子高生がいるのだが、倒れている女子高生はハラワタを飛び出させていたり、首だけになっていたり、腹に刀を刺していたり、とまぁ、なんと言いますか状態。

グロいのにそれを感じにくくする、というのか、女子高生の眩しさで死の暗闇を覆っているというか。

あるいは『ジューサーミキサー』という作品は、ジューサーミキサーの中に充填されている裸の美少女たち。
底の方の美少女は、既に刃で切り刻まれていて赤く染まっている。上の方の美少女は、それを知ってか知らずか無表情。

これまた、エロを前面に押し出していてグロと死を直接的には感じさせないようなことを意図しているような。
まぁ、解釈は色々あるだろうけど。


会場の途中には「戦争画RETURNS」シリーズの部屋がある。
ここで観るべきは、もちろん戦争を、その時代を、あるいは雰囲気を感じさせる作品だとは思うが、それだけを観るのでは不十分なんだろう。

ナニが言いたいのかというと、それらの作品が「ビールケース」の上に置かれているところに作者の意図がある、と思うのだ。

戦争という愚かな行動の土台には、蹴飛ばせばすぐに向こうに行ってしまいそうな、壊れそうな、不安定なものが隠されている、といったことを暗示しているのではないか。
偉そうな思想の上で行う愚行は、ほとんどナニもない空疎な土台しかない、ということを。


かといえば、こんな作品もある。

2013012802
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この 写真 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

実は、この展示で唯一カメラ撮影可能な作品。
『考えない人』

おにぎり頭、半眼、緑のカラダ、金色の糞。

2013012803
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この 写真 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

なぜ糞かというと、肛門から吹き出ているからだ(笑)

このポーズで相当長い時間いるという設定らしく、下の方から草も生えている。


他にも、『日本語』という作品。
これは、巻物に流暢なひらがなや行書っぽい字が書かれているのだが、一見すると平安時代のものを模した感じ。しかし、内容をよくよく読んでみると、実に下らないことが書いてある。
あっしはこのことに気がついたとき、吹き出してしまって、近くにいた人に睨まれてしまった。
だけど、その人はなぜあっしが吹き出したか分かっていないようで、それはつまりその作品の表面だけを見ていたんだと思う。


大きな展示スペースには大作がいくつか。(先に書いた『ジューサーミキサー』もそのひとつ)
やはり、エログロセンスの塊。
あるいは、死の匂いを隠蔽しているとでもいえるもの。
言葉だけでは分からないだろうなぁ、と思いますよ。


会場の最後近くには、なんと「18禁部屋」があります(笑)

あっしが一般の美術館博物館で18禁部屋に出会うのは2回目だ。(1回目はこちら)

なるほど、こりゃお子様には見せられないなぁ、という作品ばかり。
エログロセンス。
だけど、面白いんだよね。
センスが。


センスと言えば、これ。

2013012807

これは全くのオリジナル、ということではなく、この作品にインスパイアされたものらしい。
実は、この前に行った国立近代美術館で観たばかりだったのだ。


とまぁ、ほんの一部ではあるが、それ以外の作品も、何かしら一言挟みたくなるようなモノばかり。

なお、あっしが観覧したときには、音声ガイドが無料だった。

2013012804

会田誠本人の、あまり元気そうでないしゃべりを聴けるチャンスです(笑)
作品の意図も、ホントかどうか分からないけど語っています。

結論としては…、超オススメです!
観るべし。

『会田誠展 天才でごめんなさい』
森美術館
~2013/03/31

2013012805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.27

『特別展 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』 (東京国立近代美術館)を観る

2013012702

昨年の11月某日。

皇居内を散歩して、三の丸尚蔵館で『鎌倉期の宸筆と名筆』を観た後、その脚ですぐそばの国立近代美術館へ。

前回ここに来たのは『岡本太郎展』だったかな。東日本大震災のあとだ。
その前はなんだったかな。確か、『手塚治虫展』なんていう(近代美術館としては)驚くべき特別展もあったっけ。

さて、今回の展示はその名の通り、日本近代美術を広く浅く、しかも人気のある作品ばかりを全館あげて展示するという力の入ったもの。

いつも思うのだが(けっこう繰り返してブログでは同じ事を言っておりますが)、人気があるとか、有名な人の作品だから、ということが、則ち自分にとっても心に刺さる作品かといえば、そうではない。ところが知らなかった個人の作品展だって、思いがけず気持ちを揺さぶるものにぶつかることもある。

だからこそ、ここ最近は実際に足を運んで実物を観る、ということに熱心になっているともいえるし、こういう多くの画家の作品を採りあげる展示で「何かしら」引っかかる部分を見つけ出すのも、そういう意味で楽しみでもある。


今回の中では、

・『三遊亭円朝像』 鏑木清方

 本人がどんなかは見たことないけど、威圧がすごい。頭上の空間がたまらない。

・『母子』 上村松園

 だれでも、どの世代でも共有できている想い

・『虫魚画巻 夜露』 小茂田青樹

 夜露によって浮かび上がる蜘蛛の巣。人はそのもの以外からそのものを推し量る力をもっている
  (リンク先の図版ではちょっと分かりにくいですが)

・『南風』 和田三造

 肉体の持つエネルギーは、ときに自然の力よりも大きい。

・『金蓉』 安井曽太郎

 不可思議な存在感。

といったところが、グッと来ました。
こう言ったらナンだけど、けっこうベタな選択だなぁ(笑)

他にも「おっ」と思うモノはあったんですが、これらと比べると、あっしの場合には印象が薄くなってしまう。


今回の展示のあとには別会場で「実験場1950s」という戦後からしばらくの間の前衛芸術ともいえる作品群が公開されていた。
広島長崎の原爆投下による被害や、労働争議、社会不安などなど、その時々を象徴する現象がそれぞれ作品に形を変えていく。

混沌。

なんだか、あっしにとっては許容範囲を超える世界だったので、なにがなんだか分からない。
それは記録なのか、記憶なのか、芸術なのか。
それらが曖昧になって、ひとつの器の中からはじけ飛んできたような感じ。

ホント、パワーは感じたけど、圧倒されてヘトヘトになった。


と、いうことで、前半ワクワク後半ヘトヘト、というのが今回の結論であります(笑)

ところで、途中で気がついたのだけど、今回の前半の展示は、基本的に撮影可だったようです。
何人かが、パシャパシャとシャッターを押してましたし、それをとがめる学芸員もいませんでした。
それならあっしも上に挙げた作品を撮っておけば良かったかな?
ちょっと違う気もするが。

『特別展 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年』
東京国立近代美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2013 15~27日目

2013012701

今日の晩飯 27日目

ゆで卵カレー(手)(レ)
モヤシとツナのレンジ蒸し(手)
野菜サラダ
小松菜とワカメの味噌汁


2013012601

今日の晩飯 26日目

スタミナ丼(惣)
野菜サラダ
長ネギとワカメの味噌汁
野菜ジュース


2013012501

今日の晩飯 25日目

かき揚げ目玉そば(惣)(手)
野菜サラダ


2013012401

今日の晩飯 24日目

おにぎり
コロッケパン
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2013012301

今日の晩飯 23日目

おにぎり
サンドウィッチ
野菜ジュース
コーヒー牛乳


2013012201

今日の晩飯 22日目

おにぎり
サンドウィッチ
バナナ
コーヒー牛乳


2013012101

今日の晩飯 21日目

かき揚げうどん(惣)(手)
バナナ
野菜ジュース


2013012001

今日の晩飯 20日目

バナナ
ワカメと麩の味噌汁
野菜ジュース


今日の晩飯 19日目

欠食(パワーゼリー)


今日の晩飯 18日目

欠食(カロメ)


今日の晩飯 17日目

欠食(パワーゼリー)


今日の晩飯 16日目

欠食


2013011501

今日の晩飯 15日目

カップ麺
黒豆の煮物
野菜ジュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

日本橋三越の『生誕100周年記念 中原淳一展』の告知ページがありました

ということで、約2週間後から始まる

生誕100周年記念 中原淳一展

の告知ページが日本橋三越のHPにできていました。

雑誌の表紙絵や挿絵、原画をはじめ、人形も展示されるとのこと。

約400点だということです。

あっしは人形を本でしか見たことがないので、超タノシミです!

2/6(水)~2/18(月)
日本橋三越本店 新館7階ギャラリー にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.14

今日の晩飯2013 8~14日目

2013011401

今日の晩飯 14日目

メンチカツサンド(惣)(手)
ロールキャベツとジャガイモのコンソメ煮(手)
野菜サラダ
コーヒー牛乳


2013011301

今日の晩飯 13日目

ぜんざい(手)
辛味噌鍋(手)
冷や奴
野菜サラダ


2013011201

今日の晩飯 12日目

ミニカツ丼
野菜サラダ
豆腐とワカメの味噌汁
野菜ジュース


2013011101

今日の晩飯 11日目

天ぷらそば(惣)(手)
いなり寿司
野菜サラダ
冷や奴


2013011001

今日の晩飯 10日目

鍋焼きうどん
ソーセージフランス
野菜サラダ
野菜豆
コーヒー牛乳


2013010901

今日の晩飯 9日目

サンドウィッチ
カレーパン
イチゴジャム+ヨーグルト
野菜ジュース


2013010801

今日の晩飯 8日目

サンドウィッチ
ピザパン
野菜サラダ
コーヒー牛乳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.07

『小村雪岱展 大正・昭和のグラフィックデザイン』(ニューオータニ美術館) を観る

2013010702

11月某日。

ニューオータニ美術館には、マリー・ローランサン展で初めて立ち寄ったのですが、小さいながらもちょっと目の付け所が違うというか、コアな展示もするのだなぁと思った次第。

小村雪岱という人を全く知らなかったが、彼による本の装幀画は現代においても光るモノを感じさせる。

今回の展示は、小村雪岱の装幀画を中心としたもので、泉鏡花、久保田万太郎、里見弴などの単行本を数多く集め、表紙のみならず、見返しにも施された絵もじっくりと観ることができた。
現在のハードカバーなどでは、見返しに何かが描かれているということはほとんど無いと思うが、そう考えれば大正、昭和の初めころの本は贅沢な造りである。

表紙絵と見返し絵のつながり、表裏で感じる季節の移り変わり。
奥行きを感じさせない絵であったり、遠近感を強調した絵であったり。
風景であったり、デザイン調であったり。

いやはや、面白い。

ホンの小さな面積であるのだが、いくつもの表現手法を凝らして、思う存分楽しんでいる様に思える。

また、表紙絵や挿絵などに登場する美人画もまた面白い。
浮世絵の流れを汲んでいるようなのであるが、基本的に狐顔(笑)
これまた独特で、一旦この絵を観ると、別の絵を観ても、「これは雪岱だな」とすぐ思い浮かぶようなインパクト。

正直、あまり期待はしていなかったんだけど、こういうことがあるから楽しいんだよなぁ。

逆に、このような装幀画が持つ力を現代の進んだ印刷技術を用いても追いついていない、という不思議さも感じるのだ。

『小村雪岱展 大正・昭和のグラフィックデザイン』
ニューオータニ美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩飯2013 1~7日目

2013010701

今日の晩飯 7日目

カップ麺
缶フルーツ+ヨーグルト
野菜ジュース

新年会後、軽く済ます。


2013010601

今日の晩飯 6日目

豚のショウガ焼き(手)
桜エビの厚焼き卵(手)
野菜サラダ
油揚げとワカメの味噌汁


2013010501

今日の晩飯 5日目

豚とキャベツの塩鍋(手)
野菜サラダ(手)
黒豆の煮物
海苔


2013010401

今日の晩飯 4日目

コロッケサンド(惣)(手)
フィッシュソーセージの卵焼き(手)
鶏団子汁(手)
野菜サラダ
野菜ジュース


2013010301

今日の晩飯 3日目

塩鯖(手)
鶏団子汁(手)
黒豆の煮物
野菜サラダ
海苔
野菜サラダ


2013010201

今日の晩飯 2日目

雑煮(手)
おせちセット
ホットサラダ(冷)(手)


2013010101

今日の晩飯 1日目

雑煮
おせちセット
野菜サラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

『生誕100周年記念 中原淳一展』 の追加情報です

いままで先行してこちらこちら、で情報を載せていましたが、『中原淳一ホームページ』でも正式に情報が公開されました。

 →→ こちら

いよいよ、あとひと月…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.03

『日中国交正常化40周年 特別展 中国王朝の至宝』(東京国立博物館) を観る

2013010302

昨年の11月某日。

中国の文物は、なにかしら惹き付けられるモノがある。

それはやはり歴史の重みを感じるからであり、日本がその影響を受けてきたということもあって、西洋の歴史的事物に比べて親しみを覚えるからでもある。

東京国立博物館では今までにも中国文明に関する特別展を数多く開催しており、あっしが最初に観たのは2006年の『書の至宝』だったかな。
その後、『北京故宮博物院200選』まで空いてしまったけど。(その間にもいくつかの中国関係の特別展があったけど、見逃した(汗))

あっしがそれらを観たときは、混雑もイヤになるほどで、展示物とは別に観覧環境としては甚だ悪い印象しかない。

ところが、今回は違った。
それなりに人は入っているのだが、長蛇の列という言葉は全く必要のない状態。
思い当たるのは、昨今の尖閣問題なのだが。
まぁ、それはそれとして、政治と文化交流は切り離してほしいですな。
国対国もそうだし、それぞれの国民間も。その国自体に対する感情はともかくとしてね。

もう一つ違ったことがあった。

それは、音声ガイド。

今回の特別展では、2種類の音声ガイドがあって、ひとつは従来の普通のもの。もうひとつは、音声に「キングダム」というアニメーションの声優二人がかけあいをしている部分のあるもの。
あっしは、後者がオススメなんです、という案内嬢の言葉を受けてそれを使ったんですが・・・。

ダメだ。あっしには。

アニメ調(といっても見ていないので分からないんだけど)の会話が、展示されている文物と全然マッチしていないので、興が削がれるというか、なんというか。
だから、その世界に浸ろうという気分になりきれず、せっかくの文物の凄さや重みが受け取れなかった(涙)

それ以前に、今回の特別展では、書以外の陶磁器や金属工芸品などが主であって、あっしにとっては漢字成分が少なくて物足りなかった、というのもある。

ということで、今回はちょっとなぁ、という…。

まぁ、こんなこともあるよね。
観る人が観れば、また違う感想もあるだろう。

『日中国交正常化40周年 特別展 中国王朝の至宝』
東京国立博物館
2012/10/10~2012/12/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

元日の行動

元日の朝は実家で雑煮と煮物を食って、昼前には帰途につくのがここ何年かの行動。

帰りの途中で、犬吠埼に行ったり、筑波山に行ったりと、その時の気分でどこかに立ち寄る。

今年は、なんだかナニもせずに、とっとと部屋に帰って音楽でも聴いていたい気分だった。
常磐道や国道6号線からあまり離れた所には立ち寄る気が起きなかったので、どこか近場で何かないかと探したら、大洗のアクアワールド大洗水族館が元日限定の入館料半額というのを見つけたので、フリーな時間が何時間かとれたら立ち寄ろうかと決めた。

と。

その前に、実家からしばらく走ったところで、鉄塔工事(電線の張り替え後の碍子交換工事)をしているのを見つけ、小一時間ほど写真を撮ったり、警備員のおじさんと話をしたり。

それで気分も少しは晴れてきたので、ちょっと遅くなるが、水族館にも寄ることにした。

自転車では何度もすぐそばを通り過ぎていたんだけど、実際に中に入ることはなかった水族館。

午後2時前に到着したが、駐車場はほぼ満杯。

すぐに、アシカ・イルカショーを観て、その後は館内をブラブラ。
なんか癒されるな(笑) クラゲ。

最後に、もう一度イルカショーを水槽の下から楽しんで帰宅。

いいなぁ、水族館。

いろいろなショーも、ホントは苦手なんだけど、その雰囲気の中に浸かってしまえば、いろいろな想いは浮かんでくるとしても、少しは忘れられる。

やっぱり時間が短かったこともあり、すべてを見まわることはできなかったので、また機会があったら来てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

あけましておめでとうございます

今年がより良い一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »