« 『メトロポリタン美術館展』 (東京都美術館) を観る | トップページ | 久々に六本木で、ミュシャを… そのあとは中原淳一 »

2013.03.17

『小野佐世男 モガ・オン・パレード』 (川崎市岡本太郎美術館)を観る

2013031702

いよいよ2013年の分。(遅いって(笑))

松もあけた後の休みの日、東京週末フリーきっぷを使って長駆川崎へ。
新宿から小田急線で向ヶ丘遊園駅。
歩いて20分くらい。
途中で日本民家園というのがあったけど、そこを通り過ぎて林の中を進んでいくと、階段が待ち受ける。

雲ひとつ無い空に、誰が見ても岡本太郎と分かるモノが浮かぶ。

えー、それはそれとして。
本題は小野佐世男なんですが、常設展の「岡本太郎の少年時代」というのを観なければたどり着かないんです(笑)

本当は、岡本太郎にはあまり興味がなかったんですけど…。

開館時間からあまり時間が経っていなかったんで、常設展入口の先にはホンの数人がいるのみ。
早足で通り過ぎるのもナンなんで、じっくりと岡本太郎の作品を観ていくと、これがけっこう面白い。

実は以前に岡本太郎展を国立近代美術館で観ていたのだが、観覧状況が良くなかったのであんまり印象が残っていなかったりする。

ところが、こうやってじっくり見ると、主に曲線で構成された独特の線、造形に圧倒される。
それも少年時代から一貫しているのだから、ブレなさが際立つ。

また、岡本太郎の発言も面白い。
順路の途中で本人がしゃべるビデオ映像が流れていたのだが、これまたグイグイと惹き付けられる話で、小一時間モニターの前で聞き入ってしまった。

思いの外どっぷりと世界に浸ってしまい、多少ヘロヘロで漸く小野佐世男のコーナーへ。

コーナーといっても場所はたっぷり。

あっしは今回の企画展を夏目房之介氏のブログで知ったのだけど、毎度のように誰だか知らない人(爆)

ちなみにこんな感じの絵

風俗画、挿絵、表紙絵、漫画、などなど。
独特のバタ臭い顔立ちに豊満かつエロティックな姿。

ちょっと言葉では伝えにくい画風だなぁ。
最初はびっくりするけど、数多くの絵を観て世界に入りこむと癖になる。
良くも悪くも、この洗練とは対極にある。
これはこれで戦前から戦後しばらくにかけてマッチしていたんだろう。

笑っちゃうけど、ホント、癖になりますよ。

2013031703

そうそう。
駅前から延びる歩道には、こういったポスターがあちこちに貼られていました。
町をあげて協力している感じが滲んでいます。

『小野佐世男 モガ・オン・パレード』
川崎市岡本太郎美術館

|

« 『メトロポリタン美術館展』 (東京都美術館) を観る | トップページ | 久々に六本木で、ミュシャを… そのあとは中原淳一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/56977535

この記事へのトラックバック一覧です: 『小野佐世男 モガ・オン・パレード』 (川崎市岡本太郎美術館)を観る:

« 『メトロポリタン美術館展』 (東京都美術館) を観る | トップページ | 久々に六本木で、ミュシャを… そのあとは中原淳一 »