« ひたちなか祭り花火大会2013 にて | トップページ | さらば 逓信総合博物館(ていぱーく) »

2013.08.27

『大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二・高畠華宵とその時代』 (八王子夢美術館) を観る

横浜で『ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家』を観た後、JRの横浜線に乗って、桜木町から八王子駅まで約一時間。

八王子駅から斜めに延びる小径を突き当たりまで10分ちょっと歩くと、その美術館はあるはずなのだが、なんだかあまりそういう雰囲気ではなかった。茶色い大きなビルのロビーの少し奥に、小さな看板があって、エレベータで2階に上がると大きな看板と共に美術館の入口があった。

20130827a

もう、いつだったか覚えていないけど、東京大学のすぐそばにある弥生美術館・竹久夢二美術館で、大正から昭和の挿絵やら、雑誌やら、附録やら、掛け軸やら、を観てからというもの、そういった時代に活躍した人の作品に心が引っ張られている。たぶん、このブログをチェックしている人ならば、分かっている人も多いだろうけど(笑)

この『大正ロマン昭和モダン展』というのは、長期にわたり全国を巡回している展覧会らしく、検索してみるとあちこちの美術館で開催されている。茨城では4年前に茨城県天心記念五浦美術館でもやっていた。そのときに気がついていればなぁ。わざわざ八王子まで行かなくたって…(笑)

それはそれとして。

この長期間巡回している、というところがポイントで、弥生美術館・竹久夢二美術館から貸し出されている作品を含めて、軸などの一品ものに関してはあまり目にする機会がないということなのだ。

だから、実際にここで観た竹久夢二や高畠華宵の作品はどれもあっしが初めて観るものばかり。
特に嬉しかったのが、華宵の肉筆画が多数あったこと。
そういう意味では貴重な作品だらけだったなぁ。

さらに、橘小夢、蕗谷虹児、中原淳一、岩田専太郎、松本かつぢ、小村雪岱など。

ほかにもいたけど、それはあっしの趣味に合わなかったので名前は挙げません(笑)

びっくりしたのは、大倉九節という人の「花かんざし」という本の挿絵。
これがまぁ、中原淳一の「娘十二ヶ月」シリーズなどにみられる着物の娘そっくり。
しかも、図録には載っているのに大倉九節なる人物の素性が書かれていない、という摩訶不思議な状態。
この人、検索してもあまり情報が無く、国会図書館の蔵書でも1件しかヒットしないので、本当は裏方さんなのかもしれないなぁ。
(他にも、ひろし、という人の楽譜絵も蕗谷虹児風?という微妙な感じで、この人物も素性不明)

この中原淳一の絵に似た作品は、その後に昭和館で開催された「中原淳一展」で謎解きの一端があり、おそらくこれは「ニセジュン」という中原淳一の絵柄を真似た戦中戦後のニセモノ作品群のひとつらしい。
いやはや面白いものだ。

規模の小さな美術館ながら、なんだかお腹いっぱい。
来た甲斐がありました。

『大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二・高畠華宵とその時代』
八王子夢美術館
2013/02/01~2013/03/24

|

« ひたちなか祭り花火大会2013 にて | トップページ | さらば 逓信総合博物館(ていぱーく) »

コメント

ごぶさたしています。お散歩PhotoAlbumの安部です。更新来て安心しました(笑)
当地でも2年前にこの展示があり行ってきました。弥生にはない個人蔵の作品もけっこうありましたよね。白拍子など特に印象に残っています。
ダンナが華宵の描く女性の三白眼に魅せられたらしく、画集を買ってきました。さらには、弥生美術館に日帰りで行けないかなど無謀なことを申しております。

投稿: 安部 | 2013.08.30 19:28

どうもどうも。お元気そうでなによりです。
白拍子の絵も含めて、展示されていた華宵の絵はあっしが今までに見た中では軽やかな感じの筆遣いのものだと思いました。画集は古書店をけっこう回って、だいたいのものを入手してしまったかなぁ(笑) 1500部限定なんてのも、気絶してしまいました。
さて、弥生美術館ですが、3階の華宵常設展示室は10畳くらいで、展示作品は小さいもの(挿絵の原画など)が主で、軸は3~4点。企画展が行われる1~2階の展示室の1/5以下の広さなので、華宵メインで考えると物足りなく思われるかも。2008年、2011年に華宵の企画展が行われていますので、来年あたりにまた企画展があるかもしれません。

投稿: みそがい | 2013.09.01 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/58078194

この記事へのトラックバック一覧です: 『大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二・高畠華宵とその時代』 (八王子夢美術館) を観る:

« ひたちなか祭り花火大会2013 にて | トップページ | さらば 逓信総合博物館(ていぱーく) »