« 『生誕100周年記念 中原淳一展 』 が茨城県近代美術館に来る! | トップページ | 『患者さん、いらっしゃ~い!』 街中の劇物 2013-05 »

2013.11.22

『二年後。自然と芸術、そして レクイエム』 (茨城県近代美術館) を観る

20131122a

東日本大震災から、ちょうど2年。
そのタイミングで、この企画展が開催された。

人の暦で、2年。

はたして、その時間は何を意味するのだろう。


展示物の中で圧巻だったのは、やはり、横山大観の『生々流転』だろう。

元々国立近代美術館の所蔵品であるが、以前そこで観たときは前半部分だけが展示されていた。(後半部分は別の期間に)

今回、美術館の展示スペースの幅いっぱいを使って、丸々一巻、最初から最後までを展示。
これだけでも足を運んだ価値があった。

山奥に降る雨。
川となり、谷を下り、飛沫を立て、あるいはゆったりと。
やがて海に至り、黒い渦を巻き、再び天へと。

墨の濃淡で表された自然は、大地と植物が主体であり、人間を含む動物はほとんど登場しない。
最後の黒い渦は、一見しただけだと単なる黒一色の嵐かと思ってしまうが、よくよく見れば、将に昇らんとする大きな龍の姿が隠れている。

多分、この巻物にとって、人間は描くに値しないくらいの存在でしかないのだ。
大地に水が循環する時間。
龍の姿に変わり、再び空から舞い降りるまでの長い時間。
それが繰り返される間に、大地が音を立てたり、山の様子が変わったりするのだろう。

その中で、ほんの少しの場所と期間を人間に与えられているだけなのだ。
変化していく世界の、隙間を縫って生きている我々にとって、それ自体が取るに足らないことだと。

この感じが大観の意図に沿っているかどうかは別として、一つの作品は一度に全部観るべきだね。
期間を分けて前半・後半なんてのじゃ、作品の流れが把握しにくいもん。

(ただし、巻物の本来の鑑賞の仕方は、所定の長さを鑑賞しつつ巻いていく、らしいのだが、ホントだろうか)

『二年後。自然と芸術、そしてレクイエム』
茨城県近代美術館
2013/02/05~2013/03/20

|

« 『生誕100周年記念 中原淳一展 』 が茨城県近代美術館に来る! | トップページ | 『患者さん、いらっしゃ~い!』 街中の劇物 2013-05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/58624729

この記事へのトラックバック一覧です: 『二年後。自然と芸術、そして レクイエム』 (茨城県近代美術館) を観る:

« 『生誕100周年記念 中原淳一展 』 が茨城県近代美術館に来る! | トップページ | 『患者さん、いらっしゃ~い!』 街中の劇物 2013-05 »