« 謹賀新年 | トップページ | 『高橋秀の世界 版画 1959→2010』 (世田谷美術館) を観る »

2014.01.02

『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』 (世田谷美術館) を観る

20140102a


世田谷文学館には何度か行ったことがあるけど、世田谷美術館には初めて足を運んだ。

桜が開花してすぐだったが、えらく寒い日で、東急田園都市線の用賀駅から歩いていても、体が温まらなくて参った記憶がある。
そんな陽気だったのに、砧公園では花見客が沢山いたのが驚きだった。

さて。
エドワード・スタイケン。

例のごとく、全然知らない。
それに、写真系の企画展にはあまり興味をそそられないのでなおさらであった。

だけど、この写真のような、何とも言えない技巧を凝らしているようなものを見て、ビビッときてしまったのだ。
エドワード・スタイケンという人は、所謂ファッション系写真を主に撮っていたらしい。

たとえばこれは、モデルの顔を直接我々に伝えるのではなく、模様のある紗をかけることにより、我々の中にある美の追究心のようなものを引き出し、モデルそのものの美しさに想像の美しさを付加する役目を持たせているのではないか。


「ルーブルで見るから芸術なんだよ。
  『ヴォーグ』をルーブルにしよう」


という言葉を残している。

強烈な皮肉である。

場所であったり、金額であったり。
そういった、見る対象とは直接関係ないコトが、我々の「眼」を曇らせてしまったり、眩しがらせてしまったりしているのは否めない。
おそらく、発表媒体自体を美術館と同じ土俵にすることによって、美術館における芸術未満をあぶり出すことも意図している言葉なのだろう。

展示されている写真は、どれもモノクロ。

でも、ほとんどすべてが色っぽい。

それは女性がモデルである写真はもちろんなのだが、男性であってもそうだし。(たとえば、ガーシュウィンの写真なんて、すごい)
靴だけの写真だって、そう。

目からウロコ。

あっしなんかのへっぽこ写真なんて、即ゴミ箱行きですよ。
写真そのものの表現力を知る、威力を知る、という意味では、観なければ分からないという、そのこと自体を再認識した次第。


実はこの日、この企画展を観た後、恵比寿の東京都写真美術館でもファッション系写真展を観ることにしていたので、追って。

『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』
世田谷美術館
2013/01/26~2013/04/07

|

« 謹賀新年 | トップページ | 『高橋秀の世界 版画 1959→2010』 (世田谷美術館) を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/58871360

この記事へのトラックバック一覧です: 『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』 (世田谷美術館) を観る:

« 謹賀新年 | トップページ | 『高橋秀の世界 版画 1959→2010』 (世田谷美術館) を観る »