« 『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』 (世田谷美術館) を観る | トップページ | 『アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密』 (東京都写真美術館) を観る »

2014.01.03

『高橋秀の世界 版画 1959→2010』 (世田谷美術館) を観る

エドワード・スタイケン写真展』を観終わったあと、館内のもう一つの展示室でやっていたミュージアムコレクション展にも立ち寄ってみた。

高橋秀
これまた、いつものように知らない(汗)
期待はしていなかったのだが…。

タイトルの通り、版画なのだが多くの作品にエンボス(凹凸)が入っている。比較的単純な形状、かつ、色使いも数色くらい。でも、エンボスのあるところには、光線の加減によって陰影がつくため、鑑賞する位置によって面白い効果が出るようだ。

と、概要はこうなのだが、実際のところ、展示されている半分以上の作品は、見方によってはエロティック。

それらの作品のイメージするところは女性の局部なんだろうなぁ、ということなのだ。しかも、エンボス加工されている部分も相まって、単純化されている形状にもかかわらず、ふっくらとしたお尻だったり、×××だったりと…。

ホントは、最初なんだか分からなかったんですよ。それで、1/10位の作品を流し見したあとに気がついて、もう一度最初から観直したりして(笑)

たまたま、鑑賞している人がそんなにいなかったもんだからいいんですが、沢山の人がいたら、そういう行動をしているあっしを見て、どう思ったでしょうかねぇ(汗)

ともあれ、今までに観たことがない作品群にぶつかって、半分赤面し、半分楽しく歩き回ったのは間違いない。
思いもよらぬところで、小っちゃな宝石を拾ったような気分。

『高橋秀の世界 版画 1959→2010』
ミュージアム コレクション2012-III
世田谷美術館
2013/01/25~2013/04/21

|

« 『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』 (世田谷美術館) を観る | トップページ | 『アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密』 (東京都写真美術館) を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/58874231

この記事へのトラックバック一覧です: 『高橋秀の世界 版画 1959→2010』 (世田谷美術館) を観る:

« 『エドワード・スタイケン写真展 モダン・エイジの光と影 1923-1937』 (世田谷美術館) を観る | トップページ | 『アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密』 (東京都写真美術館) を観る »