« 村岡花子の『婦人文庫』寄稿 | トップページ | 『我が家専用のバス停?』 街中の劇物2014-02 »

2014.09.12

『頑固な自動販売機』 街中の劇物2014-01

今年は事情により福島の桜巡りをすることができなかった。
誠に残念です。
来年には何とか。

という話はおいておいて。

この写真は、昨年三春滝桜に行ったときに撮ったモノ。
(桜そのものじゃなくてすいません(汗))

20140912a

たしか、滝桜を愛でる巡回路から駐車場に下っていく道に分岐するところにあった飲料の自動販売機。

なにが劇物だとおっしゃる貴方。

貴方は多分見たことがないモノを見ているんですよ。

20140912b

左側の販売機には、お茶しかありません。

コーラが飲みたくても、コーヒーが飲みたくても、水が飲みたくても、貴方には売らないんです。

「俺はお茶しか売らないんだよっ! 違うモノが飲みたいんなら他に行っとくれ!!」

ということなんですよ。お金を入れて、どのボタンを押しても出てくるのはお茶だけ。せいぜいペットボトルの大きさが違うくらい。小さいペットボトルなら、ホットも選べるのだ。

その意気や良し。

あっしは、その頑固親父のような自動販売機から、ホットなお茶を一つ買いました。

だけど、頑固親父の頭のように、カッカと熱い・・・、ではない優しい温かさでしたけどね(笑)

|

« 村岡花子の『婦人文庫』寄稿 | トップページ | 『我が家専用のバス停?』 街中の劇物2014-02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60304857

この記事へのトラックバック一覧です: 『頑固な自動販売機』 街中の劇物2014-01:

« 村岡花子の『婦人文庫』寄稿 | トップページ | 『我が家専用のバス停?』 街中の劇物2014-02 »