« 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る | トップページ | 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 »

2014.11.28

『幸田文展 会ってみたかった』 (世田谷文学館) を観る

何故、あっしが「幸田文、幸田文」と書き込んでいるかといえば、きっかけはこの展覧会を観に行ったことによる。

去年の今頃、たまたま招待券が当たって、場所も世田谷文学館なので行ったこともあるし、ということで、足を運んだのだ。

20141128a

しかし、幸田文の名前は、というか、漢字の並びは知っていたものの、「あや」と読むのか「ふみ」と読むのかはっきりしないという有様。『うる星やつら』のラムちゃんの声優さんは「平野文」で、こちらもどう読むのか判然としなかったけど、逆であることは何となく分かっていた。
なので、幸田文が「あや」ならば、平野文が「ふみ」であることが、あっしの脳味噌の中で確定したのである(笑)

幸田文その人については、幸田露伴の娘だか孫だかで、『小石川の家』という本と関係あることくらいしか知らず、実質的にはほとんど何も知らないに等しい状態だった。
(なお、幸田文は幸田露伴の娘。『小石川の家』は幸田文の娘である青木玉の作品であり、小石川の家とはこの三人が暮らした家(蝸牛庵)のこと)


幸田文の人生は、誕生から結婚生活まで、離婚から露伴の死まで、文筆生活の開始から亡くなるまで、と大雑把に分けることができる。

明治37年(1904年)に生まれ、平成2年(1990年)に亡くなる。
幸田文には姉の歌、弟の成豊がいたが、母が亡くなり歌は夭逝、露伴が再婚後に成豊も結核で亡くなっている。つまり、露伴には文しか残されなかったわけである。

継母との仲も芳しくなく、継母の病気もあり、尋常小学校を卒業し女子学院入学後に家事一般を露伴から学び家庭を支えていくのである。そうはいえ、露伴の家事教育は理論的かつ厳しく、その様は何度も何度も文の作品に登場する。

24歳の時に酒問屋の三男と結婚し一女(のちの青木玉)をもうけるが、家運が傾き廃業。自ら小売り酒屋を営むもうまくいかず、10年後に離婚し露伴家に戻る。

露伴没後、その思い出を綴ることで評価を受けることになるものの限界を感じ、一時断筆宣言をして、芸者置屋で女中として働くなど、自らの生き方に迷った時期もあったのだが、その後は再び作品を発表するようになり、女中の経験を生かした『流れる』で新潮文学賞、日本芸術院賞を受賞するなど、人気を博した。
また、奈良法輪寺三重塔の再建に奔走したことでも知られる。


とまぁ、簡単に書けばこんな所なのだろうけど、実際の展示物から受ける迫力というか、生き方の力強さというか、思わず後ずさりしそうな感じを受けたのだ。
あっという間に惹き込まれ、いわば一目惚れ(笑)

また、一生を着物で通した人であり、展示されていた着物もガラスケースの前でうなるほどの存在感だった。(別の場所でも自らデザインした着物も飾られていて、そちらも見事だった)

自分の興味のあることには、足を運び、話を聞き、笑い、泣き、とエネルギッシュな面も見逃せない。捕鯨船に乗り李承晩ライン近くまで行ったり、背負われてでも山を登り崩れゆく地形を見に行ったり。自然に接する目は温かく、そして本質を見逃さない。

あぁ、ノックアウト!

本当に、会ってみたかった!

20141128b

これはミュージアムショップで購入したもの。
左側の餅と和紙は別として、「KODA AYA」と書かれたものは図録で、小さいカードは「おふくわけ」と書いてあり、裏に幸田文の作品からとられた文が書かれている。

図録はあまり見ないデザインであるが、何なのかというと、
20141128c
二重構造になっており、つまり、マッチ箱を模しているのだ。
これは展示物にもあったのだけど、昔の配り物の小さなマッチ箱に文自身がいろいろな千代紙を貼ってコレクションしていたものに由来する。だから、カエデをデザインした外箱から中の図録本体をスライドして取り出す、というわけ。すると、マッチが描かれている図録が出てくるという寸法。(ちなみに茶色い部分はマッチを擦るやすり部分ね。もはや知らない人がいるかもしれないので書いておくけど(笑))


何故わざわざこれを紹介するかというと、村松友視の著書の中に『幸田文のマッチ箱』というタイトルのものがあるのだ。
(文庫は現在でも入手可能で初めに買ったんだけど、古書店で単行本も買った馬鹿はあっし)
20141128d
編集者(というよりは話し相手として)幸田文邸に訪れた村松氏は、このマッチ箱を気に入り、訪れるたびにもらってきたという。また、幸田文自身も、村松氏の期待に応える形でせっせと貼っていたらしい。
(なお、この本の表紙のデザインは竹久夢二のデザインです)


もう、何もかもが新鮮かつ強烈な引力であっしの頭をかっさらっていく感じで、展示を観終わるとふらふらだった。
だがしかし、だった。

その後の成り行きは、ここでも書いたように著作を読みあさるということになったわけ。


あぁ、まだまだ言い足りない。
けど、とりあえず一旦筆を置きます。


『幸田文展 会ってみたかった』
世田谷文学館
2013/10/05~2013/12/08

|

« 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る | トップページ | 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60728474

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸田文展 会ってみたかった』 (世田谷文学館) を観る:

« 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る | トップページ | 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 »