« 『動物のぞき』 (幸田文著) を読む | トップページ | 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る »

2014.11.23

文庫化された幸田文の作品

というjことで、数えてみたら27冊ありました。

なお、複数の出版社から出ているものは除いてあります。

20141122b

左側の新潮文庫は、本来全部で10冊になるはずですが、4番と5番が抜けており、それぞれ、
『黒い裾』
『北愁』
になります。
この2冊は、後に講談社学芸文庫で再発売されているので、そちらで読みましたが、新潮文庫のリバイバル版で発売された『北愁』もとりあえず入手してあります(笑)

(→ もし、他にもここにに無い作品があったら教えてください!)

今後、新しく発売されるとすれば、講談社学芸文庫になると思いますが、いずれにしろ絶版となっている新潮文庫の『闘』『動物のぞき』あたりかと。

もちろん、元々単行本には収録されていない作品もたくさんありますが、それはそれで対策を打ってありますので、そのうち紹介します。

|

« 『動物のぞき』 (幸田文著) を読む | トップページ | 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60699106

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫化された幸田文の作品:

« 『動物のぞき』 (幸田文著) を読む | トップページ | 『輝ける金と銀 -琳派から加山又造まで-』 (山種美術館) を観る »