« 『幸田文展 会ってみたかった』 (世田谷文学館) を観る | トップページ | 『幸田文全集』(岩波書店版) ですよ »

2014.12.01

『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07

20141201a

これも2006年の写真データから拾い上げたもの。
おそらく皇居から駿河台下に向かう道を歩いていたときに撮ったと思うが定かではない。

なにが乱暴かというと、自転車レーンを真っ直ぐ進むと「柵」にぶつかってしまう、ということである。

というのは後から気がついたこと。
まぁ、こういったバカバカしいペイントを押しつけられる自転車乗りは、実は為政者から馬鹿にされているのだ。


で。
本当は、こちらが本来のネタです。

20141201b

自転車レーンの真ん中に捨て置かれている本。
なんと、

『ランボー詩集』

ですよ。
まぁ、ランボーな話。

だいたい、本を捨てるなんて、それ自体乱暴なことですよ。
何度、車に轢かれたことか。
雨もポツポツと降ってきて、ページがどんどん濡れていきました。

このままでは、この本の行く末は分かっていたけれど、拾わずにただ通り過ぎていっただけの自分が、何か悪いことをしているように感じてしまったのだった。

|

« 『幸田文展 会ってみたかった』 (世田谷文学館) を観る | トップページ | 『幸田文全集』(岩波書店版) ですよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60744697

この記事へのトラックバック一覧です: 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07:

« 『幸田文展 会ってみたかった』 (世田谷文学館) を観る | トップページ | 『幸田文全集』(岩波書店版) ですよ »