« 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 | トップページ | 仁義なき戦い 「メロンパンの皮」の巻 »

2014.12.05

『幸田文全集』(岩波書店版) ですよ

20141205a

ということで、大分前のことになりますが、幸田文の文庫版の本が全て集まる前に、岩波書店から出されていた『幸田文全集』を古書店で入手しました。

バカですね。

この全集は、1994年から1997年にかけて全23冊が刊行されたものと、2003年に別巻を追加して再刊行されたものがありますが、23冊組みのもの(箱の背が見えているもの)は初版本で、オレンジ色の帯が付いている箱のものは2003年の別巻です。

ちなみに、古書店価格だと、23冊組みの値段よりも、別巻1冊のほうがはるかに高い(笑)
別巻は出物が見当たらず、いろいろと探してようやく入手しました。
全ての本にはスリップが付いたままになっていて、元の所有者はおそらくほとんど本を開いていなかったのではないかと思う。箱の色あせがあるのは、もう20年前の本ですからしょうがないけど。

個人全集を買うなんてことは、昔、筒井康隆全集刊行開始時にどうしようか迷った経験があるけど、その時は金が無かったからなぁ。
今も、金があるかといわれると微妙だけど、パンチのある展覧会が背中を押し続けてくれたんだと思う。

なお、この全集を買う前に、中央公論社から1958年~1959年にだされた7冊組みの『幸田文全集』も買ってあったりします(爆)
これについては、また別にご紹介しましょう。

|

« 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 | トップページ | 仁義なき戦い 「メロンパンの皮」の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60765249

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸田文全集』(岩波書店版) ですよ:

« 『ランボーな話』 街中の劇物 2014-07 | トップページ | 仁義なき戦い 「メロンパンの皮」の巻 »