« 幸田文の話はまだ続く | トップページ | 手作りクリスマスケーキ2014 »

2014.12.23

手作りクリスマスケーキ (ただし、去年の)

あぁ、そうですね。クリスマスですね。

実は去年(2013年)も作ったんだけど、アップするの忘れていたんで、もしも、もしも、これから作る人は参考にしてください。
ただし、分量は忘れてしまったので、手順だけです。

このクリスマスケーキは、

チーズケーキ+イチゴジャム

のフルスクラッチ(笑)

まず、材料はこんな程度。
20141223a

卵は卵黄と卵白に分けて、メレンゲを作って、あとからクリームチーズと卵黄と砂糖とバターとヨーグルトを混ぜたものと合わせて小麦粉を振る。
20141223b

それを炊飯器の内釜に流し込んで、トントンと空気抜きをして炊飯開始。
20141223c

炊飯終了時はこんな感じ。
20141223d

少し冷ましてから取り出してみると、こうなります。(この写真は一日寝かせた翌日のものだったかも)
20141223e

さて、ここで2枚に切り分けなければなりません。
元々、ベイクドチーズケーキとはいえ、ヨーグルトも多めに入っているので滑らかな仕上がり。
ですから、水平に切らないと上にのせたものが滑ってしまうのです。
色々考えましたが、この方法を試してみました。
20141223f

割り箸と糸を用意して、同じ高さで結びます。
それだけ。

すると、ケーキを水平において、さらに割り箸を垂直に立てたままケーキに食い込ませていけばいいのです。
多少はノコギリみたいにしなければならないかもしれませんが。
20141223g

すると、なんということでしょう。
こんなところに収納が。じゃなくて、同じ高さで2枚に切り分けることができました。めでたしめでたし。
20141223h

さて、ジャムですが。
今回はイチゴ6個をそれぞれ6等分くらいに切り、グラニュー糖を同量程度、レモン汁大さじ1杯程度入れて、暫く置きます。
水分が出てきたら、弱火にかけ、そこから目を離してはいけません。
20141223i

量が少ないので、弱火でも結構ふつふつとしてきます。白い灰汁が出てくるのでこまめに取り除きます。
灰汁が出なくなってきたら火を止めて、冷やしておきます。
20141223j

さて。
翌日のデコレーション。
1段目は薄切りにしたイチゴを並べます。
20141223k

その上に、2段目のチーズケーキをのせます。
実は、切断面が滑らかすぎて、滑るのです。これは誤算でした。
20141223l

2段目の上には、炊飯器で焼いたときの壁ができていますので、それに合わせて作ったジャムをのせていきます。
20141223m

うむ。
これだけでも美味そうですね。(自画自賛(笑))
20141223n

残りの生クリームとイチゴを飾って、今回は終了。
20141223o

できあがりはこんな感じ。
唯一残念だったところは、生クリームの固さが緩かったこと。
味は別にいいんだけど、やっぱりこういうのは見てくれが大事ですよね。
20141223p

ということで、昨年作ったクリスマスケーキ、どうでしたでしょうか。
以前の記事も参考にしてみてくださいね。

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年(製作記事は書いてませんでした(汗))
2011年
2012年

今年もとりあえず作りますが、処々の理由で手抜きバージョンになります。

|

« 幸田文の話はまだ続く | トップページ | 手作りクリスマスケーキ2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60854855

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りクリスマスケーキ (ただし、去年の):

« 幸田文の話はまだ続く | トップページ | 手作りクリスマスケーキ2014 »