« 山種美術館と弥生・竹久夢二美術館へ | トップページ | USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その2 »

2015.01.13

USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その1

最近、ネットワークオーディオ、ハイレゾ、なんて言葉が飛び交ってますが。

あっしは、ハイレゾ音源を持っていないし、入手するつもりも無い。
だからというか、今持っているCD音源を最大限いい音で聴くことができるようにすることの方が重要なのである。

『Digi Fi』という雑誌は毎号買っているのではなく、付録に興味があって購入。

20150112a

付録のキバンはこんな感じ。(80 mm x 65 mm コネクタ類の出っ張りは含まず)

20150112b

キバンに印刷されている単語にピンと来た人は、多分オーディオ方面に詳しい人かと思います。

Olasonic

最近、雑誌などで小型のDACユニットやアンプ、CDデッキなど好評価を得ている会社。

むき身のまま、一度使ってみたことはあったのだが、そのままほったらかしにしておいたので、ちゃんと使えるようにしてみた。
本来ならば、ノイズの関係で金属ケースに入れるべきなのだろうけども、そんな道具もないし100円ショップのプラケースで済ます(笑)

元々、キバンを4カ所固定するネジとスペーサは付属しているが、スペーサとケースを固定するネジが無いのでそれも購入。(M3x10 4本)

20150112c

固定した状態、および、各ケーブルを接続した状態では、こんな感じです。

キバンが向かって右側に寄っているのは、ヘッドフォンジャックとアップ/ダウンボリュームスイッチの位置がほぼ面一になるようにしたからです。

ヘッドフォンとボリュームスイッチ側。

20150112d


USB端子とライン出力端子側。

20150112e


電源はパソコンのUSB側から供給されるので、外付け電源は不要。
詳細は次回あたりで少し解析してみようかと思います。

使った感じは、スカッとした音で押し出しも強く、なかなかいいです。
これは、先日買ったインナーイヤー型ヘッドフォンATH-CKR10との相性が良かったからかもしれません。

同じオーディオテクニカの長年使っているオーバーヘッド型ヘッドフォンATH-A900だと、少し落ち着いた音になりました。

次回に続く・・・

|

« 山種美術館と弥生・竹久夢二美術館へ | トップページ | USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その2 »

コメント

ふと見ると、ヘッドフォンの話題が・・・・
昨年、ここコピー商品大国で3台のヘッドフォンを購入しましたが、
結局 ワイヤレスで、カッコよく、母国にはないタイプと思い、4台目のLG HBS-750(正規品)で決着付けました。
安かろう悪かろう。最初からこれにしておけば余計な出費せずに楽しめたものを。

なお母国より安いので、家族にも購入しましたが、
電源SWをONにすると、こちらの言葉で、「SWが入りました」とか「接続機器とペアリングができました」としゃべりまくり、
非常に違和感があると苦情を申しております。
「聞き流してほしいものです」

まだ寒い日が続きますが、風邪などひかぬよう気を付けて!

投稿: PAM冷却 | 2015.01.14 16:05

あぁ、久しぶりです。お元気そうで。
そのヘッドフォン、検索したら最初装着のしかたが分かりませんでした(笑)
なかなかかっこいいですね。こちらでは見かけない形かなぁ。
おしゃべり機能は、それ自体を切ることができないのかな。
でも、いい音には代えられないでしょ。
ということで、いろいろと大変でしょうがお身体にはお気をつけください。
ではまた。

投稿: みそがい | 2015.01.14 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/60965723

この記事へのトラックバック一覧です: USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その1:

« 山種美術館と弥生・竹久夢二美術館へ | トップページ | USB DAC付ヘッドフォンアンプの話 (Digi Fi No.10 付録) その2 »