« 『バチあたり』 街中の劇物 2015-06 | トップページ | 『壁画』 街中の劇物 2015-07 »

2015.05.17

『特別展 上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち』 (山種美術館) を観る

上村松園の絵は、国立近代美術館で「母子」、東京藝術大学美術館で「序の舞」を観たことがある。(いずれも重要文化財)

いずれも女性がモデルであり、清らかな、いわゆる松園顔とでもいうのだろうか。どの画家でもそうだけど、顔には特徴が表れる。顔を観るだけで画家の名前が浮かぶというものだ。

先の2枚の絵を観て気に入ったので、ミニ画集を入手したりした。

今回、山種美術館が所有する松園の18作品を一挙公開ということで、ワクワクしながら恵比寿駅を降りる(笑)

でですよ。

20150516a
( ↑ クリックすると拡大します )

例えば、このポスターに使われている「新螢」。
御簾から顔を覗かせて膝元を飛ぶ螢を追う。
団扇で口元を隠し、たおやかな姿の半身を現している。

これだけでも十分に来た甲斐があったというモノだ。

「牡丹雪」
画面の1/4の左下に描かれた2美人。
重さを感じるように雪で白くなっている傘と、手元を着物で隠して寒さをこらえている様子。

他の絵も、凜とした姿であったり、内面の力強さと清廉さを併せ持つ姿であったりと、まとめて観ると、いかに女性の表情や仕草の表現に心をくだいていたかが分かる。

とかく伝統芸能の世界は男性社会であり、松園が帝室技芸員になったのは女性で二人目であり、野口小蘋との二人しかいない。元々女性画家が少ないということもあったかもしれないが、男社会の中で伍していかなければならないプレッシャーはいかほどのものかと思われる。

とはいえ、作品からはそんなことは一切感じさせない魅力を放っている。
放っているからこそ、美人画の中で確固たる位置に松園がいるのだろう。

Google Cultural Institute にある上村松園作品

『特別展 上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち』
山種美術館
~2015/06/21

|

« 『バチあたり』 街中の劇物 2015-06 | トップページ | 『壁画』 街中の劇物 2015-07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4338/61605272

この記事へのトラックバック一覧です: 『特別展 上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち』 (山種美術館) を観る:

« 『バチあたり』 街中の劇物 2015-06 | トップページ | 『壁画』 街中の劇物 2015-07 »